人気ブログランキング |

タグ:野球 ( 6 ) タグの人気記事

江川卓と西本聖

TBSで放映された 20世紀スポーツ名勝負「ライバル伝説・・・光と影」を見た。
小谷美可子と奥野史子、江川卓と西本聖、中田ヒデと岡野雅之、松坂大輔と横浜・PLナインというラインナップだったが、江川・西本以外は前菜かコーヒーくらいの役割しか果たしていなかった。どんなに劇的に盛り上げようとしても、テレビの画面には薄いものは薄い、重いものは重いことが曝け出される。
江川卓、西本聖、この二人の名前は野球音痴の私でさえ、迷うことなくキーに打ち込むことができる。

江川卓、栃木県出身。作新学院のころから怪物と言われ、高校野球史上最高の投手という評価もある。さまざまな経緯を経て巨人に入団。速球とカーブ主体のピッチングで実にリズムが良かった。指が短いためフォークが投げられなかったという話も伝えられた。
彼がプロ入りして驚いたのは試合の時間が短縮されたことだ。江川が登板するとテンポよく投げ込むし、三振・凡打は多いしで中継が始まったらまもなく終わったというような印象がある。その頃の野球中継は今考えたらおかしなことだが、途中のイニングから始まっていた。きっちり短い時間で試合を終える江川はわたしにとって良い投手だった。

西本聖、愛媛県出身。松山商からドラフト外で入団。この年のドラフト1位は甲子園のアイドル定岡正二。(わたし定岡は好きでした。野球選手にしてはスマートでジーンズが似合っていたので。すみません)
プロ入り後は二軍で過ごし3年目に一軍定着を果たす。切れ味の良いシュートが武器。真面目に野球に取り組み、誰よりも練習し、ようやくエースになろうとしたその時に江川が入団してくる。

「自分はいつも2番目だった。」江川に対して常にその思いを持っていた西本が江川を超えた、あるいは超えるチャンスがあったのが83年の西武との日本シリーズであると番組では詳しく取り上げている。
エース江川は足の故障で不調、2敗を喫してしまう。意地と根性の西本はここという試合で強い。西本が2勝をあげ3勝2敗で6試合目に臨む。西武に2-1とリードされて迎えた9回表に逆転。あと1回を押さえれば日本一という場面でリリーフを任されたのは、準備していた江川ではなく、西本。周囲も本人もまさかと思ったこの起用は結局失敗に終わる。
短いイニングなら絶対に抑えて、いいところがなかったこのシリーズで日本一を決めるマウンドに立つと意気込んでいた江川のショックも大きく、同点にされてから上ったマウンドでは集中力が切れてしまっていた。
この回の起用が7試合目の登板にも響いて、巨人は日本一を逃す。

プロ入り1年目3年目の時に十分な結果を残しながら、江川がひとつの目標に掲げていた沢村賞は西本の手に。
投球練習で隣り合わせた時には、どちらも先に止めようとせずキャッチャーが止めるまで300球を投げ込んだ。
江川に負けるものか、その西本の強烈なライバル意識が江川にも感じられなかったわけはなく、「あいつが投げる時は“打たれろ”と思っていた」と江川も言う。互いの存在がより一層持てる力を輝かせた本当のライバル関係だった。他のチームではなく、同じチームに最大のライバルがいたことがチームの成績にも直結した。

巨人退団後は中日、オリックス、そしてまた巨人とチームを変わり、ドラフト外入団選手としては最多の165勝をあげた西本聖。9年で現役生活にピリオドを打った江川は135勝を記録。

二人のストーリーに強く感じるものがあるのは、もちろん自分自身が同年代ということもある。
ジョンがダコタ・ハウス前で射殺され、チャールズ皇太子がダイアナ・スペンサーと結婚した。
お父さんの貴乃花と輪島が引退し、「おれたちひょうきん族」 「笑っていいとも」が放送開始、NECがPC9801を発売、東京ディズニーランドが開園した。覚えていますか、そこに私もあなたもいた。
あの時代を一方で象徴するような存在であった江川と、その江川がいたからこそ井戸の水を汲み上げるように自分自身の力を引き上げることができた西本。
おそらくやり切ったという思いがある西本に比べて、江川には「もっと」という思いがあるのではないか。高卒ですぐプロ入りしていれば、あの1年間の浪人がなければ、プロ選手としてどれだけのことを成し遂げたか・・・。
しかし、江川はそのようなことは口にも態度にも出さない。笑みを含んで自分を茶化すのがいつものことだ。
長島監督の下で地獄と言われたキャンプを張った伊豆でキャッチボールに興ずる二人。
日本の中で今よりも野球が意味を持っていた時代のエースがそこにいた。

ライバル関係が時として、とてつもなく人を成長させる。あまりにも苦しく、相手を憎むことさえすることに自らも傷つく。だが逃げればもっと苦しい敗北という現実に直面しなければならない。逃げさえしなければ、ライバルと闘って負けるのであればそれは人間としての負けではない。
平山と赤嶺にもそういう関係になってほしい。そしてそこに祐介も絡んできてほしい。
by inadafctokyo | 2009-07-22 13:41

野球のメッカはアジア

WBCの行われていた1ヶ月間というもの俄か野球ファンになってテレビやラジオ、ネットを通じて日本チーム・侍ジャパンを応援していた。

大会を通じて最も注目を集めていたのはやはりイチローだった。
監督も決まらないうちからイチローの言動は報道され、誰しも彼が再び日本の中心になるということを認めていた。その大きく重い期待を一身に受け、キャンプ中から存在感を示していたが、一次、二次を通じて不調が続き、キューバ戦ではバントを失敗し、「こころが折れかけた」と吐露。
「苦しいが辛くなって、さらに心が痛んで」「監督と目が合うのも痛かった」と打てない悩みが深かったことをうかがわせるコメントを残している。
それでも最後の最後できちんと結果を出して見せる。岩隈が同点にされたのもダルビッシュが打たれたのも、すべてイチローのためのお膳立てのように。10回表2死2,3塁のチャンスにセンター前にタイムリー打。
投手を超えてちょうど正面にきれいに弾き返した打球がテレビから飛び出してきそうに思えた。
その後の、イチローの弾け方!この人いつも自分を押さえているのだろうなぁと推測する。

日本の野球は強い。その強さはガンガン打ってバンバン点を取ってという類の強さではない。健気な強さとでもいおうか、日本的とはこういうことかもしれないと思わされた。
とにかく丁寧に粘り強く、打って、選んで、つないで、守って、カヴァーしあって、綻びは最小限に。イチローがバント失敗で心が折れかけたとき、青木のヒットで帳消しになり、「みなに支えられた」と切り替えることができた。誰かの失敗、誰かの綻びはみなで取り返したらいい、そういう考えが浸透していた。

韓国の野球も素晴らしかった。どちらが優勝してもおかしくなかったと感じる人は多いだろう。
前回のWBCで日本との対決を野球以外のことも絡めて煽情的に煽った韓国マスコミも、今回は反省して冷静な報道に終始した。両国にとってとても良いことだったと思う。
難しい問題が多く横たわる両国間ではあるが、野球は野球、サッカーはサッカー。ファンのわたしたちがスポーツの良さをぶち壊すようなことに手を貸してはいけない。

侍ジャパン優勝おめでとう。

すべての試合を見られたわけではないが、印象に残った選手は岩隈、青木、小笠原。
青木くんのユニフォームを買おうかな。


サッカー日本代表も見ている人を感動させるような戦いで、W杯出場を勝ち取らなければならない。

さて、今日は日立台だよ。
by inadafctokyo | 2009-03-25 15:56

王ジャパン、野球世界一への道

c0068891_1058195.jpg

わたしがこの本を読んでいると83歳になる母親が読み終わったら貸して欲しいと言うので驚いた。野球に興味のある人ではない。わたしの影響でサッカーには多少の知識はあるものの、実際にテレビでゲームを見るのはワールドカップくらい。その母が実はWBCを見ていたと知った。
「イチローさんは偉い」
そうかイチローか。この本の中にもイチローがいかに爺殺しであるかのエピソードがあるが、婆殺しでもあったのだ。
日本対韓国の準決勝の視聴率は瞬間で50%を超えた。その中にはほとんど野球を見たことのない母のような人たちが多くいたに違いない。国と国との戦いにはそのひとつのスポーツの枠を超えて人を惹きつけるものがある。やっぱりやってみて良かったじゃないか。

More
by inadafctokyo | 2007-06-02 11:01 |

18番はエースの印

日曜に掃除しながらテレビを見ていたら二人の18番の挑戦が取り上げられていた。
一人はポスティングで移籍すれば80億とも90億とも言われている西武の松坂大輔であり、もう一人は長らく巨人のエースとして君臨し、今期限りでチームを去る桑田真澄である。
38歳になる桑田はメジャーに挑戦すると語った。松坂とはまったく趣が異なる挑戦だが、こだわりのない良い顔をしていた。
二人ともエースナンバーと言われる18番である。この18番がエースと認められるようになったのはいつから、誰からなのだろう。
たしかに巨人の18番がエースだったのは随分と昔からで(中尾碩志・藤田元司・堀内恒夫)、他のチームも追随したのではないかというような気もするが、確かではない。

この番組の中で松坂と江川卓の何年か前の対談も放映されたが、この二人の怪物の共通認識ににやりとさせられた。松坂は「全部の打者に対して全力投球などしない。それが必要のない打者もいる。」とこともなげに語り、江川も同意していた。

そうだろうなー、必要ないところでまで目一杯やってたら無駄に疲れるモンね。

しかしね、それができるのは一流だからだ。そこまで達しないのに手抜きだけ覚えてもらっても困る。(って誰のこと言ってんだ?)

まぁ、それはともかくこういった野球の常識が知らず知らず私にさえインプットされているのか、18番はなんとなくいい番号だなと思っていた。

で、うちの18番ですよ。
c0068891_019483.jpgオフィシャルよりいい出来じゃないですか?
このエポックのフィギュアってかなり揃っているのですかね。

c0068891_0213268.jpgしかし付いてたボールはどうみてもバランスボールの大きさ・・・・。
by inadafctokyo | 2006-11-06 00:30 | FC東京

弱いチームは正攻法じゃ勝てない

その後に”頭を使え、考えろ”と続きます。

楽天の野村監督の言葉。毎日新聞「検証・野村楽天」

最近は野球から学ぶことが多いようで・・・。
サッカーに関しては自分ちの試合見るだけでおなかいっぱいで、他のチームなど見る気になれない。調子いいときは他のチームやカテゴリでも見る気になるのだが。
最近は東京以外のサッカー観ても気分転換にもならない。
しかし、明日は気力を振り絞って(それほどのものか?)日産スタジアムに行ってきます。
勝てるサッカーというものを見てみたい。
あ、勝てそうな気がするサッカーというのでOKですから。

そうそう楽天ですが、野村監督の経歴をわたしはよくは知らない。したがってID野球というものの内実も理解していないわけで。
ただ、なんとなくうるさそうな野村さんがこと細かく指示するんだろうなと思っていた。
しかし、毎日の記事を見るとベンチや練習の場で野村さんがぶつくさ言うことは、心構え、プロとしてどうするべきかという部分のことらしい。

「ベンチからでも相手の動きを観察しろ」
「お前が捕手なら次に何を投げさせる」
「走者がいる場面なら配球はどう変わる」

要するに勝つために何をすべきか。
「考えて備えてプレーしろ」

「いちいち待て、打てとサイン出さないかんのか」
「野球の常識いうもんがあるやろ」

ゲーム中に監督があれこれ細かく指示を出すのではなく、自主的に考えて判断して動けと。
なーるほどね。そういう監督さんだったのか。

そして、こうも言っています。
「プロは結果が全て。でも結果の裏にあるのはプロセスなんだよ」

うーん、納得。
by inadafctokyo | 2006-10-03 23:28

日本ハム ここが変わった

時には野球からも学んでみるか。
毎日新聞の夕刊「特集ワールド」から。
北海道日本ハムファイターズは25日現在、80勝54敗で2位。
昨年は5位に低迷したが、ヒルマン監督が大味な打撃重視の野球から、つなぐ野球(スモールべーボール)に方針転換。
そして勝利の方程式を築いたことが大きい。勝ちパターンは先行逃げ切り。
1番から5番までは不動のメンバー。12球団最高の先制率。
そして投手陣は絶対的なエースはいないが、早目早目の適切な継投策で平均防御率2.31は12球団1の安定度。
ヒルマン監督はこれまでを反省し、改めるところは改めたが、頑固に通したところは通した。
選手起用がそれ。あきらめずに使い続けた選手が成長し、結果を出している。

そろそろ息切れがしそう・・・わかってるのか?自分
大体、なんとかイメージはつかめてます。

盗塁も犠打も昨年を上回り、練習もアメリカ流から日本式に。(時間が延びてチーム練習が増える)

監督、GM(高田繁さん、知ってる知ってる!!!)、オーナーの三者が責任を分担し明確にしていることが良い結果につながっている。
責任の所在を明らかにしておくと問題もはっきりしてくる。

さて、最終的にパリーグの順位はどうなるか、まだまだ目が離せないようだ。

えーみなさん、ヤクルトはパリーグじゃないって知ってました?
by inadafctokyo | 2006-09-26 23:09