タグ:横浜FC戦 ( 6 ) タグの人気記事

幸せに包まれるスタジアム

三ッ沢に行った者もそうでない者も、何度でもこれをご覧。

ナオのゆりかごゴール

今日は決まらないなー・・誰もがそう思った。東京が圧倒的に攻めてもシュートは入らない。
後半ルーカスがほぼフリーで打ったシュートは枠のわずかに上。
羽生のゴール正面からのシュートはバーを叩き、セザーのシュートも大きく外れる。ヒデトのシュートはここまで来ても集中を切らさない横浜のDFに阻まれる。
そしてロスタイム、コーナーに向かうナオにファンの声援は一層大きくなる。決めてくれ!私たちの思いはこれ以上ないほど膨らんだ。
梶山が滑り込みながらゴール前に送ったパスに今ちゃんが必死に合わせるもネットに触れることはない。
こういう時もある、入らない日なんだよね・・・スコアレスドローでも拍手で迎えよう。
そんなことを自分に言い聞かせていた刹那、横浜の選手のクリアがナオの目の前に飛んで行き、ナオがボレーで打ったシュートは私たちが吸い寄せたようにネットに突き刺さった。
そこから先は、よくわからない。たぶん10分以上ナナナナーナーナーナナナナ イシカワナーオーとエンドレスで歌い続けた。三ッ沢に足を運んだ何千人かで「ゆりかご」をしながら。

選手たちは整列し、お互いに健闘を称え、審判と握手を交わし、インタビューを受けるナオ以外はスタンドに挨拶へ向かう。その間もずっと両腕を曲げて揺らして歌い続ける。嬉しくて赤ちゃんを放り出しそうな勢いで揺らしている。

苦労したらそれだけ報われてほしい。この人は特に。
私たちはこの人をずっと見てきた。若いころは足りないところはあったがそれを上回る魅力に惹きつけられ、ずっと見守り声援を送ってきた。
オリンピックで泣いた時も、日産スタジアムで大怪我を負い、顔を覆って運ばれて行く時も、苦しく長いリハビリの間もそれから復帰した時も、2009年に18得点をあげ、代表復帰。ワールドカップへ期待が膨らんでいたにも関わらず、再度の膝の怪我で代表選出を逃した時も。
私たちを大きな喜びと興奮に包んでくれる人の失意を私たちはいつも一緒に受け止めた。
一緒に喜んで一緒に泣いて。だから三ッ沢はこの時、幸せに包まれた。ナオの感じた幸せが増幅して共振してスタジアムを包んだ。

ナオが歩いて来る。自分を待っているたくさんの人たちのもとへ。少し困ったように笑いながら。スタンドのたくさんの人たちも笑っている。ナオが感動しているのがわかるから。

一人の選手をそしてクラブを愛して見続けることの幸せを体いっぱい感じながら、長い坂道を下って帰った。少しも苦ではなかった。横浜の街の灯が見えてくると温かい気持ちになれた。

今日の午後は眠くてとても集中するどころではなかった。嬉しくて2時ごろまで眠れなかったのだ。

*youtubeに上げてくださったonoichi18さん、ありがとうございます。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-10-20 15:42 | FC東京

今日は行くわよYOKOHAMA

c0068891_13271085.jpg
FC東京ニュース最新号はルーカスとセザーなのだ。
そして、このタイミングで(まあ、そういうタイミングではあるが)マリノスからルーカスにオファーが届いたとのニュース。
おかげで私のtwitterのタイムラインは「こら!マリノス!」だらけの様相を呈しているのだ。
私が「こら!マリノス!」とツイートしたら、みんながRT,RT,Rt・・・(笑)

むかしむかしのことではあるが、アマラオにもマリノスはオファーを出して、私たちの背筋を凍らせてくれたのだ。
そのチームにとって重要な選手にオファーを出すのは当たり前と言ったら当たり前ではあるが、FC東京だから引退を撤回したと言っているルーカスにオファーを出すのは、よほどの勝算があってのことか一か八かなのか。

ともかく、今日は折よく横浜FC戦である。FCにはなんの恨みもないが、同じ横浜ってことでぎゅうぎゅうの目にあわせてやりたい。(ほーんと八つ当たり)

なんと手提げにはルーカスTシャツも入っておるw
しかし、Tシャツでいるのは寒い陽気だ。みなさん気をつけて。

5時には会社を出る予定。
ルーカス、寒いからしっかりアップしてね!
[PR]
by inadafctokyo | 2011-10-19 13:42 | FC東京

こんなにジュビロを応援したことはない

というか初めてですよ、わたし。
MXの中継では同時に行われている大分-磐田戦の経過が随時伝えられていました。
ジュビロリードが画面に映し出されると、拍手そしてジュビーロイワタ!のコールが。

結果としては一位でなくても二位で突破できたようですが、一位が気持ちいいですよ。それによその結果をチェックして計算してどうのこうのやってからようやく喜ぶよりも、試合終了⇒即大喜びハイタッチ、乾杯の方がいいでしょう。

最下位ジュビロのモチベーションはどの辺りにあったのでしょうか。カレンのオリンピックへの意欲ですかね。感心感心。

後半カズが投入された辺りからどきどきしました。うちの子はかなり緊張して、カズがクロスに反応してゴールに突っ込んで来たシーンでは、カズをくそじじい呼ばわりしてみなさんに笑われてしまいました。
大変申し訳ございません。カズさんのことはリスペクトしておりますが、東京の勝利を強く願うあまりでございます。

後半の残り10分くらいでしょうか。若頭とキャプテン・コンノが露骨にボールを回してました。
若頭が今ちゃんにボールを出す、今ちゃんが返す、若頭がまた・・・と何回もやってまして、さすが若よのぉ、なかなかうちの子たちだけじゃあんな真似はできないねと感心したわけでございます。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-05-24 13:10 | FC東京

待ち望んでいた勝利-赤嶺2得点

ルーカスもワンチョペも平山もいない。
でも赤嶺がいました。
「コンディションよりもモチベーションを保つのが難しかった。チャンスを与えてもらったので結果を出したい。」
やって来ない出場機会、ワンチョペや平山に与えられる機会がなぜ自分には来ないのかということは随分考えたでしょう。

来る日も来る日も焦燥と渇望に身を焼かれるような思いをしていたはず。
でもいいタイミングで恩師の言葉がありました。
「もっと苦しめ」
苦労して、自分の個性をつくること。監督からそれなりの評価を受けるまで自分が頑張ること。腐らずに、努力することだね。
後は、絶対愚痴をこぼさないことやな。愚痴をこぼしたら、それは絶対どこかで聞こえてくる。愚痴と言い訳をするようになったらプロをやめなきゃいかん。お前にははじめての苦しみだと思うよ。苦しめ。そしたら何か見えてくると思うよ。頑張れ!楽しみにしています。
WEBサッカーマガジン

監督、真吾は自分の持ち味をよくわかっています。今日も真吾らしいゴールでした。
何度も何度も恐れずに突っ込んでいきました。喜んでいらっしゃいますか?きっと「まだまだ」とおっしゃっているのでしょう。「まだスタートラインに立ったばかり」と。

クリは縦横無尽に動き回って、攻守に効いていたと思います。真吾との相性もいいですね。
ナオとトクの右サイドも相変わらず相手にとっては危ない地帯となっていました。

後半勝負に出て、リチェーリに交替してルーカス、そしてナオに変えて梶山投入。リチェーリは珍しくルーカスとタッチしませんでした。それくらい今日の試合に思うところがあったのでしょうか。
でもルーカスはさすがの動きで決勝点のお膳立てをしました。その2点目の赤嶺のシュートがかっこよかったこと!

ヒーローインタビューのあとで赤嶺シャー劇場、さらにその後ゴール裏のサポーターと握手をしてまわっていました。

試合後のモニの疲れた顔。もっと体力つけて。

土肥ちゃん、300試合出場おめでとう!
[PR]
by inadafctokyo | 2007-05-23 23:29 | FC東京

明日は雨ではありません

明日は晴れです。
そう言いながらこっそりポンチョを荷物に入れたり。

C組首位の横浜FCとの対戦ですから、気合入れていきましょう。
明日行かないとピンズの3個目が買えないですよ。

明日はU-22代表の3人組と土肥、川口が入る模様。
大幅に変えると言っても、やっぱりという印象が強い。

梶山がまだU-18に所属していてトップチームに帯同していたころのこと。
彼をよく知るらしい年配の女性に声をかけられていた。

梶山君、大きくなったわねー

大人の人ばかりの中で大変でしょう

サッカーは楽しい?

そのひとつひとつに言葉少なくはあるが嬉しそうに答えていた。


梶山くん、サッカーは楽しい?

明日はあなたが楽しんでいるところを見せてくれる?

わたしたちも楽しみたいの。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-05-08 23:47 | FC東京

ホーム味スタ初勝利は何度でも

c0068891_2331669.jpgスタジアム通りの桜は八重なので、他の桜が散ってしまったころが見頃になる。
いつも思う、前日から当日にかけて期待が膨らみ、この道を歩いてスタジアムを目指し、試合開始前までが一番楽しいような気がする。
もちろん気持ちよく勝利を手にすれば帰り道も笑顔と歌のひとつも出ようというものだが。

c0068891_23361188.jpg職場体験中。メイン側のSOCIO・ファンクラブテントで選手カードを配布。強風で何度かSOCIOカードが飛ばされ、自慢の俊足を飛ばして取りに行ったとか。
アルバイトの人たちにも親切にしていただき、何人かの方にはお声をかけていただいて、楽しく仕事をすることができた。
お世話になったFC東京のスタッフの方、アルバイトのみなさん、声をかけていただいたSOCIOのみなさんに感謝。

c0068891_23435678.jpg今日の4点セット。
勝サンド、FC東京が食べちゃうぞ企画の月餅、ひょっとこ饅頭。青赤のボードっていうか紙。

c0068891_23592087.jpgもに来た

c0068891_2342844.jpg選手入場時に席に準備してあったボード(紙)を掲げる。ホーム側の全ての席にこの青と赤の紙が置いてある。大変なこと。そのことにも感謝。
きれい。

c0068891_005248.jpgあのインタビューはいつからと疑問に思っていたら、今期ホームでは勝っていないから今までなかったということかと。
ハァ・・・・・・・・。

”さぁさぁさっさと済ませようぜ”と言わんばっかりに先頭を歩く福西が段々良くなってきたようだよww

1得点のみの決定力のなさはアレだけど、ペーニャ・リブリのこどもたちのためにも勝って良かった。


追記:小学生チアリーディングのポピンズは思っていたより良かった。笑顔で演技も揃っていたし、日ごろの練習ぶりがわかった。写真は”パパのぶつぶつ・・・・”さんのところで見てね!!
[PR]
by inadafctokyo | 2007-04-23 00:27 | FC東京