人気ブログランキング |

タグ:テレビ ( 5 ) タグの人気記事

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

15日は一時間スペシャル「井上雄彦 闘いの螺旋いまだ終わらず」。
小さなビデオカメラで1年間に渡って井上の仕事の現場を追った力作と言えるだろう。
井上雄彦と言えば“漫画界の生きる伝説”だそうだ。
このような言い方になってしまうのも、私は「SLAM DUNK」も「バガボンド」も読んだことがないからだ。
彼の苦悩を伝えるこの番組を見ていると、ただの1ページも目にした事がないことが申し訳なくなってくる。
漫画家として自らに課していることは次のようなことだ。
「レベルは上がることはあっても下がることは有り得ない。」「手に負えないことをやる」

例えば、セリフも擬音もない絵だけで40ページのバスケットボールの試合を描ききる。
ペンではなく筆を使い一気に書いてゆく。極細の面相筆で人物の顔を描いていくところは息詰まるようだ。下書きは非常に大雑把で本人以外では何らの当てにもならない。自在に描線を操り表情を作り出していく。この仕事に入るきっかけも画力を買われたからというのも納得できる。

創作の過程は地獄の無限ループだ。
ネーム→下書き→筆入れと進むが、週末に行われるネームと呼ばれるコマ割やセリフなどの構成を考える作業が肝である。だからして作者は呻吟する。 
今、井上が取り組んでいるのは11年に及ぶ連載が終幕へ向かう「バガボンド」だ。原作は吉川英治の「宮本武蔵」。

武蔵がある言葉を呟く、それまでの武蔵とは違う何かを表現しようとして、それがうまくいかず原稿は進まない。締切当日にようやく合格と言える表情が描ける。
一晩眠ってまた次の回のネームに取りかかる。
締切当日になって筆入れという場面もあり、さすがにカメラに苛立ちの表情を見せることも。

過去には人を斬ることでしか人と交流できない佐々木小次郎を描くことで、その苦しみのあまり一年間の休筆に追い込まれた。
追い詰められ、用紙を見ることも嫌になり、優しい音楽しか聞けなくなった。しかし途中で放り出すことはできないと連載を再開した。
キャラクターに相応しくないことはしない、言わない。作者の都合で登場人物を動かさない。とことんその人物に寄り添い、迫って表情を探る。細い筆が迷いなく動いて表情があるべきものとして現れたときに、初めて井上も納得し、苦悩の日々から解き放たれる。しかしそれもほんの僅かな間でしかない。
本当にこの人はどこに行こうとしているのだろう。
両親の離別により8歳で東京から鹿児島へ移り住んだ。その地で祖父から絵を褒められた。
生まれ育った地を離れざるを得なかったこと、父親を失ったこと、それらの喪失感を絵を描くことで埋めていくような内向的な少年だったように想像してしまうことはこちらの勝手でしかない。しかし、失ったもの、欠けたものを求めて必死に足掻くような人間でなければ、創造はできないのも確かではないか。

「SLAM DUNK」の桜木花道というおかしな名前の主人公の負けず嫌いで努力を惜しまない性格は、この人そのものなのだろう。
人がなんと思おうと、苦しむことこそ人生だ。時折柔らかい光を見出してそこに至福を感じながら前進せよ。
by inadafctokyo | 2009-09-16 11:18

8月15日

夏になるとNHKは良い作品を送り出す。
何日か前の番組になるが、三夜連続のNHKスペシャルで12年にも及ぶ「海軍反省会」の記録を取り上げていた。

昭和55年から10回に亘って極秘裏に行われた「海軍反省会」での証言がテープに残っていたということを、知らない人も多いだろう。

全てを見たわけではないので、なぜ敗戦から35年も経ってからの反省会なのか、そのきっかけはどういうものだったのかはわからない。反省会という軽い名前に違和感も覚える。しかし、番組を見るうちに12年にも亘って反省会を開き続け、記録を取り、今回それが公にされたことは非常に意義のあることだったと感じていた。

何度語っても、何度問い返しても、何度記憶を掘り起こしても、無駄ではないのがあの戦争に関わる全てのことだと思う。

特に印象に残ったのは「特攻」について言及された部分だった。
特攻は海軍が始めたものだった。
会の参加者からは軍が責任を認めないことへの批判が相次ぐ。
大西中将が発案し、軍令部が認めた。
特攻兵器は次々開発されたが、それについて「思いつきで有効でなかった」と指摘する。

死ぬことが既定であった特攻兵器であることを伏せて乗組員を募集した。
「戦局打開の新兵器」という触れ込みだった。
鉄の棺おけには菊の紋章が刻まれていた。

反省の言葉は次々に吐かれていく。
「無批判に新兵器に頼りすぎた。」
「海軍の体質で思わぬ方向、好まぬ方向に流されていった。」
「やましき沈黙があった。」
「これはいかんと思ったときに言えていない。組織の空気に呑みこまれていく。」

今に至るまで、わたしたちの社会にはこうした悪弊が蔓延っている。海軍だけの話ではない。

特攻を計画し、進めた偉い人は生き残り、戦後を生きた。多くのケースでは軍での階級がそのまま生きたのではないか。
ある者は宗教に没頭し、ある者は自衛隊の幹部になり、ある者は日本を代表する企業に入った。そして多くを語らずにきた。

彼らの反省はわたしたちによって活かされなければならない。

証言録は本になって出版されている。
海軍反省会
by inadafctokyo | 2009-08-15 11:05

君は東大応援部を見たか

たしかNHKだったと思うが、東大応援部を取り上げていた。
東大に、あの東京大学に詰襟を着て、根性だとか、魂だとか言いそうな、大声を張り上げる応援団があると、君は思っていたか?

あるんだ、これが。
酔眼がパチッと音がするくらい醒めたよ。

野球部の応援は吹奏楽とチアとリーダーから成っている。リーダーがその詰襟の諸君だ。
番組ではそのリーダーたちの過酷な練習に迫っている。
試合に負けると、リーダーには罰練が待っている。試合に負けたのは自分たちのせいだからだ。

いやいやちょっと待ってくださいよ、と画面を見ながら思わず呟いてしまった。

あの東大だよ、かつて70連敗したこともある。試合があるともれなく罰練がついてくるわけだ。
「負けたのは応援のせい」そんなことを言われて、野球部の選手諸君はどう思っているのだろう。
野球部にも取材をして欲しかったが。

2年生の部員は練習が終わると腕、肩はひどく痛んでいる。拍手のせいで手に生傷が耐えない。
指輪をして拍手をすると手に傷が出来てしまうので、指輪を外した程度のわたしが甘かった!
彼らはそれくらい激しい思いを込めて拍手をする!!

しかし、それでも春のリーグ戦、東大野球部は1勝もできなかった。
わたしは思う。やっぱり個の力の差が大きすぎると応援ではどうにもならない。
辻さんは言う。「リーダーのせいだ」

辻さん、あんたはかっこいい!

あ、辻さんというのはリーダー長の辻 宗吉郎さんだ。
かっこいいのだ。しかし一つだけ言いたい。
眉剃りすぎ。わたしは男が眉をいじりすぎるのを好まない。

東大の野球部は最弱だが、応援部は間違いなく最強だな。
一般人は、せっかく東大入って、何やってんだかと呆れるかもしれないが、そこはさすがに東大だ。
辻さんは大手商社に就職が決まっているそうだ。
最弱の野球部を支えていた辻さん、右から左に物を流して、弱いところから収奪するような仕事をするようなことにならないと良いが。ま、大きなお世話。
by inadafctokyo | 2009-08-13 00:00

東京マラソン2007そしてモニワ

雨降らないといいなぁなんていう淡い願いを吹っ飛ばして、降りましたとも、ざんざんと。
9時に車椅子マラソンがスタート、10分遅れでフルマラソンが一斉スタート。都庁前の道路がランナーで埋まっています。都知事の号砲とともに紙吹雪が舞い、雪のように見える中を何万もの人が走り抜けていく光景は、それはもう素晴らしかった。
東京でこんな光景が見られるなんて。

たくさんの大会関係者の方たち、警察関係の方たち、ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

実際に走ったダンナに聞いてみたら、やはり東京の街を走るのはとっても気持が良かったそうです。普段有り得ないことですから、車が通っていない東京の道を走るなんて。
銀座も浅草の祭りも充分に楽しんだそうです。天候には恵まれなかったとはいえ、参加されたみなさんには本当にいい経験になりましたね。

FC東京のユニフォームを着たランナーを銀座で追い越したと言っていました。
タイムはわたしの予想より10分も良くて、練習が不足した上に天候も厳しかった割には上々でした。毎日帰りが11時過ぎなんていう状態で・・・。無駄に体力あるんですね。
もっとも彼にとっては次の荒川マラソンこそが本番なので、いいコンディションで臨んでほしいです。

紙吹雪とたくさんの人の波を見て、FC東京が優勝したときのことを妄想して、うっとりしていたのはナイショ。

※あんなたくさんの人が走って、どうやってタイムを取っているのか。RCチップを靴に結束バンドで取り付けているのです。スタートと途中ポイント、ゴールを通ることによって一人一人のタイムが計測されるのですね。凄い。

※フィニッシュしてから荷物を受け取るまでが予想通りとっても時間がかかりました。来年への改善点です。

さて、夜になってジャンク・スポーツにモニが出ていた!
怪我する前の収録だろうか。
モニに関するネタは、コンフェデの阿部フリーキックを防いだ、急遽W杯のメンバーに召集されハワイから帰国した、食事のときに知らずにヒデの席に座ってしまった、など。

早く怪我を治して復帰してほしい。本当の東京の大黒柱にならなくちゃ。
by inadafctokyo | 2007-02-18 22:46

言っちゃいなさい

W杯でちょっとだけ残念なこと。
エンタの神様がW杯特番に取って代わられたこと。

ちなみにエンタに出演する芸人さんの中で、今一番好きなのは桜塚やっくん。
どこでもやっくんを話題にするので、エンタもピン芸人も知らない人まで、やっくんの芸風を理解している私の周辺事情だ。

嫌いなのはアクセル・ホッパー、ネゴシックス。
小梅太夫は毛嫌いしていたが、最近どうでも良くなってきた。好きにして。

そこでJEFだが、三者会談ではなんでも言っちゃったほうがいいぞ。

c0068891_15153766.jpg

「言っちゃうわよ」  「言っちゃいなさい」       風藤松原
by inadafctokyo | 2006-06-30 15:19