人気ブログランキング |

タグ:アジア杯 ( 6 ) タグの人気記事

我らが代表

準々決勝
日本3ー2カタール

準決勝
日本2ー2韓国 PK 3ー0

決勝
オーストラリア0ー1日本


長谷部キャプテンは「日本人の誇りをもって戦う」と言った。

李忠成は「僕にとっての祖国は日本と韓国であり、両方を尊重し、尊敬の念を惜しんだことはない」と語っている。

海外を仕事の場にする長谷部、在日韓国人としての出自を持つ李によって、久々に国を意識することにもなったアジア杯。
日本人として日本で暮らしている限り、オリンピックや国際試合がなければ特に国を意識することがないというのは有難いことなのだろう。

だからと言って他国の人間の感情に鈍感で良いとは言えない。


ああ、なんだか脱線しそうだ。

日本代表の戦いは久しく忘れていた昔の恋人に遭遇した様な気持ちになった。
少し気恥ずかしいが昔の情熱を思い出して、決勝戦は一人で実家で観戦した。
実家では地上波のみの環境なので、松木さんやセルジオさんの喜びように笑わされた。
心から解放されたような気持ちになれて有り難かった。

母が大怪我をして、病院に行ったり家でも一層の介護が必要であったり、手術後のことを案じたり、気持ちが落ち込みがちだった。
そんな時に、そうなんだ、思いがけず日本代表が元気をくれた。
特に、岡崎慎司(57歳)にはね!同世代として(笑)励まされたよ!
テレ朝って・・
by inadafctokyo | 2011-01-30 23:34 | サッカー

緊張感なくてすみません(アジア杯サウジ戦)

緊張感ゼロ!いえ勿論選手のことではなく、見ているこちら側の問題です。
お酒を飲みながら見ていたのですが、もう前半ですっかり安心して布団に入ってしまおうかと思ってしまうような展開。
サウジアラビアどうしたんでしょうね。
贅沢な感想としては、もっとこう相手に骨があって、なおかつ危なげなく勝ってくれたら良かったなぁと。まあ贅沢な感想です。

なので、TLを負いながら試合を見ていると、時とともにみんなも試合そのものよりも、柏木の髪型やイノナミさんのあれこれや権田出せ(笑)についてなどが飛び交うようになり、DFが現東京と元東京、東京経験者だらけになると大はしゃぎしたりあまり集中はしていなかったようね。
(岩政が特別指定だったなんてすっかり忘れていましたよ)

岡崎と前田は良かったのではないでしょうか。
不幸そうな前田が2点を取ったのはとても良いことでした。
決勝トーナメント進出おめでとう!

昨日位の時間にキックオフしてもらえると有難いですね。

ああ、とても気になったことが一つ。
赤と黒でいっぱいじゃん!!どこのスタジアムだよとイラッとしたら、ほとんど空席でした(笑)。
今度からさいスタのゴール裏を見る時はあのアルライアンを思い出して、ああ、がらがらだ・・と思うことに。
by inadafctokyo | 2011-01-18 17:45 | サッカー

わたしはそれほど文句は無い

お疲れ様でした。
20日間で6試合。120分の後のPK戦が2回。4位。
まあ、3位でも4位でも同じことだと思っています。シード権はいいんじゃないですか。

移動のトラブルもあり、疲労は極限まで来ていたでしょう。フレッシュな選手を使うという選択肢もあったとは思いますが、どちらのリスクを取るかというときにメンバーを落とさないという選択をしたことを支持します。もう少し連携を確認する時間があればメンバーは変わっていたかもしれないし、交代はもっと早めでも良かったかもしれない。あくまでもかもしれないです。
オシム監督と同じように、わたしだって高原なら疲れていてもなんとかしてくれるのでは、と思っていました。エースってそういう存在ですよね。準決勝と3位決定戦で決められなかった高原はきっと次はもっと強くなってくれるのではと期待します。

「サウジに負けてもチャンスを与えた。2回チャンスを与えて結果を出せなかった人間にはもうチャンスはないかもしれない」とオシム監督は言っています。課題克服へ向けてもう次のことを考えているでしょう。

オシム監督の目指す”日本の強くて美しいサッカー”への厳しい道のりはまだこれからです。

代表の選手たち、お疲れ様でした。それぞれのクラブで尚一層輝きを増しますように。

オージャンウンの姿が見られて良かったです。頑張っていましたねー。梶山も見ていたでしょうか。
by inadafctokyo | 2007-07-29 11:18 | サッカー

惜しかったけど必然でもある敗戦

という気がしました。必死さが現れたのは後半35分を過ぎたあたりから。
そりゃ疲れてるとは思いますし、暑いし湿度は高いし、でも次を考えるような余裕はなかったんじゃないでしょうか。この試合が最後になるってどれくらい本気で思っていたのかな。
パスをつないで機を伺うって形に拘っていたようですが、臨機応変にできないもんですかね。
それともあれしかできないのかな。
ゴール前で一手間多いのがデフォのようなんですが、もっとシンプルに行ったほうが良いときもありますよね。代表の遠藤化って誰が言いましたっけ?

高い授業料ですが、こういうところでしか学べないものはしっかり学んだでしょう。

今日は高原と俊輔が決めてくれると思っていたんですが、二人があれ?でした。
俊輔の今日の働き次第ではドイツのことも、昔FC東京を部活サッカーと呼んでバカにしたことも許そうと思っていたけれど、持ち越しだな。

なんだか笑えそうな日韓3位決定戦。絶対26日の国立の方が面白いって!!
by inadafctokyo | 2007-07-26 00:37 | サッカー

俊ちゃんたらぁ

壁の作り方やゴール前でのプレイを確認したらしい日本代表。審判が見ていないときにじわじわ前にって・・・。Jでもやってるでしょ。
Jの試合でそういう場面を見ると、「みみっちいなーまったく。わずか数センチでさぁ、大の男のやることかよっ」とにやにや笑っているのだが、シビアな国際試合となるとその数センチが生死の分かれ目だったりするよね。
そこで俊ちゃんは「なんだっけ? マレーシア、マレーシアのプレイってことで」
あんたはお笑い芸人か!!

ブログで触れないとinadaは代表には関心ないんですか?と聞かれるが、あるある。ありますよ。やっぱり真剣勝負の国と国との戦いにはドキドキソワソワしちまいます。でもあれもこれもアップできません。
U-20も残念だった! それこそもちっとマレーシアが必要でしたかね。
by inadafctokyo | 2007-07-13 10:31 | サッカー

指の隙間から毀れた勝利

指というより壁か・・・。
壁の隙間から・・・。はぁー物凄いショックでしたよ。

甘いなー。もっと意地悪にならないと。
でもこれで終わりじゃないし、あと2試合をしっかりと気持ちを込めて戦ってほしいものです。

高原がフリーでいたのに、パスを出さないシーンがありました。このチームではとにかく高原の得点力を生かさないと。
暑そうでした。でも普段ヨーロッパで活動しているからベトナムの気候に弱いという感じはしなかった。Jの選手も同じように大変そうでしたね。
by inadafctokyo | 2007-07-10 18:07 | サッカー