人気ブログランキング |

2008年 12月 12日 ( 1 )

アデレード対ワイタケレ

c0068891_1313529.jpg

聖火があかあかと踊っている様子に思わず心が揺れる。
ここでオリンピックが行われたのは、もう随分前のこと。

そしてここには何度も来ているが、ゴール裏で観戦するのもしばらくぶりのこと。
ナビスコの決勝以来。
あの日どのあたりに立っていたかを確かめる。

ワイタケレはしっかりと準備をして、成長を見せた。
昨年の痛い経験は無駄ではなかった。
試合後はピッチに座り込んでいたが、落胆とともにやりきったという充実感もあったに違いない。
後半途中に出場したケイン・ビンセントは以前、高木ケインとしてセレッソ大阪でプレイ経験がある。ゴール裏には「TAKAGI」という旗を掲げた一団が見られた。
ニュージーランド人のお父さん、おじさん、日本人のおかあさん、おばあちゃんも応援にかけつけた。

アマチュアのワイタケレの選手たちにはこの後残って観戦するような余裕はない。
それぞれの本業もある国へと今日帰っていく。
by inadafctokyo | 2008-12-12 13:31 | サッカー