インド占星術で占う日本代表

インド戦はフィギュアの合間に覗き見していました。
(インドの選手たちは半袖ユニしか持っていなかったのですね。普段は必要ないけど。)

せっかくなので、インド占星術で日本代表選手のごく一部を占ってみました。(選択に他意はあります。)

小野伸二 (女宿) 力量があり、特に組織の中で権力をもつとものすごく力を発揮します。グループをまとめていく統率力があります。ただし、ワンマンさから身を滅ぼすことになりかねません。大きな組織ではナンバー1よりは、ナンバー2としてのほうが能力が発揮できます。

加地亮 (柳宿) 普段はおとなしく、頭の良い正義の味方という人物で、ソフトなイメージがあります。しかし反面短気な面もあり、大胆な行動で大成功する星の下に生まれています。とても個性的で、いい意味で常識にとらわれないので、だれもが尻込みして飛び越えられなかったハードルを楽々クリアすることが可能です。

久保竜彦 (壁宿) 一般常識は通用しない、ちょっと風変わりな宿です。何を考えているのか周囲にはわからないけれど、気取りが無いので反感を買うこともありません。飄々とした性格が嫌味の無い魅力。ボーっとしているようでシャープな面もあり、1歩づつ着実に出世します。

巻誠一郎 (井宿) 直感で行動するタイプです。コンピューターのように正確で几帳面でもあるので、成功の確率は高いでしょう。しかし持って生まれたクールさがあり、人望は厚くありません。

佐藤寿人 (氏宿) 何をしでかすかわからない謎のパワーを秘めた宿です。度胸と張ったりで世の中を渡り、どんな境遇にいても大物振りを発揮する。でも何事においても最後の詰めが甘い。

この3人のFWの相性はとても良いです。
佐藤から巻の相性は「この相性の相手はあなたに最高のアドバイスと絶好のチャンスをくれる人です。」
久保との相性は「あなたのピンチを後々救ってくれることになるのがこの相性の人です。たとえちょっと離れた場所に住んでいたとしても、なにかの時にはすぐに飛んできてくれるはずです。」
佐藤くん、良かったね。

しかし小野とこのメンバーとの相性はさほど良いとは言えないようで、加地、久保とはまあまあ
ですが、巻とは最悪。巻の失敗の尻拭いをするはめになるのが小野です。

さてわれらがモニ。
茂庭照幸 (虚宿) ドラマチックな人生が待っています。波乱万丈な一生を送るでしょう。人に頭を下げるのがきらいで、目的意識が強く、少々の挫折には負けないファイトも十分持っています。下積みからワンチャンスで夢を実現するはずです。合わないと感じたら転職するのが明るい未来へのパスポートだってさ。

最後にジーコさん。
ジーコ (亢宿) 非常に正義感が強い。自分の主義主張に対しては非常に強情です。ただ時としてその正義感は思い込みに過ぎないこともあるのでご注意ください。独りよがりになっていないか気をつける必要があります。

わたしとジーコの相性は「この相性の相手に深入りすると、トラブルに巻き込まれる可能性が大きくなります。いつの間にか自分までもめ事に首を突っ込んでいたりと、悪運がつきまといます。知り合い程度にとどめておく方が賢明です。」
はい、そうします。



 
[PR]
by inadafctokyo | 2006-02-23 13:39 | サッカー


<< 謎と試練と(静香の金メダル) マコロン探検隊 >>