人気ブログランキング |

サッカー王国復活へ「清水スペシャル・トレーニング」

清水はサッカー先進国だった。こどもが歩き始めるとサッカー・ボールを追いかけると言われていた。優秀な指導者が多く高校サッカー選手権の上位進出はいつものことだった。
当然いい選手を輩出している。例えば武田修宏、大榎克己、相馬直樹、藤田俊哉、FC東京関連でも三浦文丈、長澤徹、堀池充洋、佐藤由紀彦。枚挙にいとまがない。
エスパルスのメンバーはほとんど清水出身。いや言い過ぎ、でもほとんど静岡県出身は本当。

武田が浜松出身でありながら高校で清水東に進学したときは大騒ぎだった。東京都内でどこに進学しようと大した問題にはならないと思うが、サッカー王国静岡では当時大変な問題だった。選手権がかかっている。中学の頃から脚光を浴びていたストライカーがどこに行くかは決定的だった。地元では不満や非難の声が渦巻いた。しかし武田はレベルの高いところでやりたかったのだ。

最近では低迷していると言っても、サッカーの裾野が広がり、他の地域のレベルも上がったのだと思うのだが、それでは名門のプライドが許さないらしい。昨年から始まったプロジェクト「清水スペシャル・トレーニング」の取り組みをスポナビが伝えていて興味深い。

小学生から高校生までが一緒にトレーニングするというユニークな試み。ポジションも何もない、力関係で決まる、「この中で何をするか、ということも自分で考えるしかない。サッカーとはそういうもの。」という考え方。
「ボールが扱えて、駆け引きができる。どんな相手にも通用するサッカーの根本的なもの」を養おうとする。
また、フィジカルとプレッシャーの意味についても目を開かされた。フィジカルも技術であるということ。

これからの息の長い活動が楽しみなシミスペのひとつの目標は「どこに行っても自分の意思を持って自分の技術を持ってサッカーができる子がいっぱい出てきてほしい」ということなのだろうし、清水から発する日本サッカーへの提言と言えるだろう。
清水が低迷しているとは言っても、サッカーの文化はまだまだ先を行っていると思う。それは人材の面でも2002年の日韓ワールド・カップのベース・キャンプ受け入れなどを見ても感じたことだ。それについてはまた後日。
清水スペシャルトレーニング
by inadafctokyo | 2005-08-10 23:20 | サッカー


<< サッカーJ+ Vol.1  F... 8月9日に >>