Kバレエ・カンパニー「ベートーヴェン第九」

震災以後、もしベジャールがいたら、この国の苦難に際してどのような作品で応えてくれただろうと思うことはあった。

しかし、私たちには熊川哲也がいた。日本にはK-BALLET COMPANYがある。
c0068891_9454691.jpg

オーチャードホールでKバレエの「ベートーヴェン 第九」と新作2作を観た。
新作はブリテンの曲に熊川哲也が振りつけた「シンプル・シンフォニー」とドビュッシーにリアム・スカーレットの振り付けによる「プロムナード・センチメンタル」
どちらもそれぞれの音楽と融合した踊りの楽しさ、カンパニーの充実を伺わせる作品。

そして2008年初演の「ベートーヴェン 第九」を今年再演するのには彼なりのメッセージがあるはず。そう思って劇場に向かったが、期待を裏切られることはなかった。

第一楽章 大地の叫び
第二楽章 海からの創世
第三楽章 生命の誕生
第四楽章 母なる星

第一楽章はダンサーたちの頭上に赤い塊が燃え、舞台は炎のような赤で彩られている。
あの震災と事故を想起するのは決してこじつけではない。
傷ついていまだに立ち直れないでいる土地や人に対して、次の楽章では大らかに水を湛える海のイメージを贈る。生命は海からやってきて、永い永い悠久とも言える時を経て今の地球が存在している。
第三楽章では生命の不思議さを感じさせられる。人のいのち、生きもののいのち、星のいのちをもっと畏れるべきではないのかと。
そして第四楽章に至る。ここで合唱付きとなり、更に壮大さが増す。
苦難の中で未来に希望を持つこと、次の世代に確実につないでいくことを、圧倒的な熊川哲也のダンスと群舞が表現している。
ダンサーの塊が舞台中央に出来、やがてその下から小さな男の子が希望と再生の象徴として現れる。

第一次世界大戦後の新年にヨーロッパの平和を願って書かれたシラーの「歓喜に寄す」に感銘を受けて、ベートーヴェンは交響曲第9番を作曲した。
それ以降、第二次大戦後にウイーン国立歌劇場の復興に際して上演され、東京オリンピックでは分断されていた東西ドイツの選手団の国歌の代わりとして演奏された。
長野オリンピックの開会式においては5大陸で同時に演奏されたことは、日本人の記憶に残っているだろう。

その第九を熊川哲也は壮大なバレエに仕上げた。
鎮魂と再生、願いと祈りに満ちたこの作品は私たちの財産となろう。

美しく迫力のある舞台を創りだしたたKバレエ・カンパニーのみなさん、合唱の藤原歌劇団のみなさん、ソプラノ佐々木典子、メゾソプラノ向野由美子、テノール小山陽二郎、バリトン泉良平の各氏、素晴らしい舞台をありがとう。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-04-14 18:07


<< GK二人の名古屋に逆転勝ち いつか見た桜 >>