人気ブログランキング |

おとゝひはあの山こえつ花盛り

京都の二日目はレンタサイクルで嵐山・嵯峨野へ。

c0068891_15392368.jpg
竹の塀の枯れた風合い、瑞々しい緑、椿の紅
c0068891_1548746.jpg
落柿舎遠景。芭蕉の門人向井去来の庵。
c0068891_15525766.jpg
芭蕉も度々滞在し、ここで「嵯峨野日記」を書き上げました。
c0068891_15541493.jpg
こちらは一門の句会所です。今でも借りることができます。
c0068891_1558638.jpg
この鹿脅しはイノシシを追い払うために作られたということです。この庵が作られたのが1685年。寂しいところだったのでしょうね。
芭蕉は吉野の桜や松島といった名所では句を詠むことはありませんでした。その気持ちはわかる気がします。

まだ続きます。
by inadafctokyo | 2011-04-18 16:24


<< おしなべて花のさかりになりにけり 龍馬の平日 >>