等伯と是真

長谷川等伯没後400年[特別展覧会] 京都国立博物館
c0068891_2226942.jpg
開館は9時半、かなり時間があったので博物館の前にある三十三間堂に寄って、30分前に博物館に向かうと大行列ができていた。
c0068891_2228575.jpg
こんなところで味スタ並みに並ぶとは!最初に何百人か入れ、次からは60人ずつ。私たちが入るまでに45分くらいかかりました。中に入っても人の壁の間から絵を観なければならず、落ち着いて観覧できるような状況ではありません。

水墨画、障壁画、肖像画に多彩かつ非凡な才能を発揮した等伯が現代人にこれほど愛されるのは、すばらしいことと言うべきでしょうが、その本当の良さを味わうことはできたのかどうか。


c0068891_22402618.jpg
翌日に訪れた相国寺承天閣美術館の柴田是真展は月曜のせいもあって、非常に落ち着いてゆっくり堪能できました。
眠くなってしまったので、是真展についてはまた改めて。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-22 22:46


<< 3つまとめて ファーストキャビンに泊まってみた >>