タグ:FC東京 ( 56 ) タグの人気記事

意見交換会「FC東京2015VISION振り返りと次のビジョンに向けて」

2014年12月10日 調布グリーンホール
この意見交換会に向けて、アンケートに答えることによって改めてクラブのビジョンを確認し、評価する機会をもった人も多かったと思うのですが、折角の機会ですので自分としてはもっと一つ一つ検討をすれば良かったし、ここに参加する権利のないしかし東京のファンである人たちの意見も聞ければ良かったかなと考えながら社長の話を聞いていました。

2015VISIONについて、出来たこと出来なかったことについてはそのうちホームページで発表されるでしょうし、私たちの感じていることとそれほどズレはないだろうと思います。
ビジョンについてはこちらを
予めアンケートによって示されたソシオの意見を紹介し、それについて社長が感想や現状認識、クラブの見解を話していき、のち質問に答えるという形で進められましたが、私にとって印象に残ったいくつかを紹介したいと思います。
またこの投稿は私のメモと記憶による感想ですので、全てが社長の発言ということではありません。

1.トップチームに常に選手を輩出する育成体制の確立
これは1試合とはいえ、アカデミー出身の選手が5人出場したことをクラブもファンも今期の一つの達成として考えていると言えるでしょう。
またアカデミーから直接ではないものの武藤選手の活躍はFC東京の名をしらしめるものとなりました。もっとも慶応大学の名の方が上がったのかもしれませんが。
U-12の設立を望む声がありましたが、社長からの言及はありませんでした。

2.Jリーグで常に優勝争いができるクラブづくり
残念ながら、これはまったくと言っていいほど達成されていません。
しかしいつもと変わらぬ中位力などと言われることについてはファンの気持も理解しながら、これまでは夏に弱かったチームが中断期間後は14戦負けなしであった点を評価したいと言われました。
その中断期間後マッシモは選手の話をよく聞くようになり、それにより選手の戦術理解も進んだのだと言うことです。
またセカンドチームの設立を明言されました。強化という点で期待できるではないでしょうか。

3.満員のスタジアム、魅力的なスタジアムの実現
1試合平均3万人の来場者数という目標は達成されませんでした。今期で言えば4/19セレッソ、8/23レッズ、11/22アルビレックス、12/6マリノスとの試合が3万人を超えただけでした。
W杯効果もほぼなし。しかし対戦相手の動員も軒並みダウンするなかで、年間来場者数で昨シーズンを上回った点は評価できるのではないでしょうか。スポボラとして試合に携わって実感するのはビジネススタッフの頑張りと各スポンサー企業の集客への貢献です。

スタジアムのワンダーランド化の一環で行われている青赤横丁を更に楽しむためにホームとアウェイを入れ替える案については、記者席とペア席を入れ替えるのに莫大な費用がかかることから無理と判断しているとの報告がありました。

4.「応援」「支援」していただけるファン・サポーターの拡大
数字的な目標が達成されているかどうかは聞き漏らしました。ソシオでなくてもサポートメンバーに入っている人は増えている印象です。

5.サッカーを中心としたスポーツの普及・振興及び地域コミュニティの活性化への貢献
都内20箇所でのスクール開校(スタッフ派遣も含めて)、指定管理業務、スタジアム周辺各地域でのイベント参加によって着実に地域に貢献し、またファンの拡大にも繋がっていると感じています。

6.FC東京ブランド価値の向上
ソシオの皆さんからは、やはり23区での露出、知名度を高め東京のクラブとしての地位を更に強固なものにしてほしいと言う要望が多いようでした。
それに対して、クラブはその点が不足していると認識しているものの、敢えて株主自治体を中心として営業を行ってきたということです。人が限られている以上効果を充分に見込めないところに注力は出来なかったということ。
今後、東京駅や羽田など10箇所に情報発信基地を設置していくことを引き続き課題と位置づけています。現在京王線には大変協力していいただいているのですが、都営線にはニュースを置くまでは至っていません。
ホームタウンで他地域のクラブのポスターなどを見かけるとあまりいい気持ちはしませんが、東京がよそのクラブのホームタウンに出る時は予め話を通しているのですが、他クラブは知らん顔のことが多いそうです。(レッズを起用した某会社のポスターやジェフのポスターの東京駅への掲示の件など)そうした事例を見かけた場合は教えて欲しいとのことでした。
商店街で見かけるフラッグは現在6千本程度掲出されているそうです。

またファンからの要望も多い、東京ドロンパの認知度向上と人気向上に向けた施策についてはドロンパの所属の関係もあり、いつでもどこでもとはいかないようです。要するにお金がかかるので戦略的な判断が必要ということですね。FC東京専属のマスコットであることは確かなことですが、版権?マネージメント権?を持っているのは別なんでしょうね。
「東京ドロンパプロデュース」はかなりな予算をつけた企画だったわけです。
笹幡商店街(実家の近く!)は費用ももって呼んでくれていたって知りませんでした。
ジバニャンとの共演が叶わなかったのは向こう側の事情だそうです。キャラクターには細かい決まり事があるんですね~。

7.更なる「総合スポーツクラブ」化へ向けた次のステップへの移行
ファンの間にももっと進めてほしいという意見もあれば、それよりもサッカーに力を注いでほしいという意見もあります。
ただ、Jリーグ人気が落ち着いた現状、首都東京の特徴から考えて、サッカー以外のスポーツとの連携や個人スポーツの選手への支援なども視野に入れていく方がFC東京の名前が広く知られていくことにもつながるのではないでしょうか。
例えば新潟ではスノーボードの選手が所属し、オリンピックに出場しています。
藤森由香選手
女子サッカーチームの創設も待たれるのですが、はっきりとした方針は示されませんでした。

総じて、守りに入ったとまでは思わないものの外へ外へというよりはまず足元を固めようとしてきた印象です。

社長から選手たちへは宿題が出されたそうです。
14戦負けなしだった理由、そして継続すべきこと。その後失速した原因。それぞれ個人とチームについて考え、文章としてまとめ、始動日に監督に提出すること。
大変興味深いのですが、私たちの目に触れることはないのでしょう。来シーズン後にでもその成果を発表してほしいものです。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-12-14 13:31 | FC東京

片思いでいいの

今日は私が信頼する「大地を守る会」について少しお話します。
大地を守る会は1975年に出発しています。大地を守る会の会長であり、株式会社の社長でもある藤田和芳さんが一人のお医者さんと出会った事が発端です。
農業の現場で広く使われている農薬の危険性を強く訴えるその医師に、無農薬で野菜を作っている農家を紹介され、「農薬の危険性を100万回言うよりも、無農薬の大根一本を売ることから始めよう」と決意したのです。

大地を守る会は市民運動団体として青空市で野菜を売ることから始まりました。決して華々しい世間的に注目される存在ではありませんでしたが、やがて団地、公園、幼稚園と場を広げ、評判を呼び、共同購入システムへと発展して行きました。
数人から十数人のグループをステーションと呼び、ステーション毎に発注、配送、集金を行っていました。そのステーションが増えて来ると、野菜を運ぶトラックや大型冷蔵庫も不足してきますが、当時、市民団体では融資も受けられません。
市民運動をする株式会社を立ち上げよう。1977年、野菜の流通部門として、株式会社大地が誕生しました。
しかし、ある程度まで増えると会員数は頭打ちになりました。ステーションを作れる条件のある人が限られていたのです。共働き家庭が年を追うごとに増え、小さい人数の家庭が増えてきました。生産者からも取扱い量を増やして欲しいという要望があり、いかにして会員を増やすかは緊急な課題となっていました。

紆余曲折を経て、1985年から夜間宅配が始まります。私はここからの会員です。個人宅の玄関先まで野菜やその他の食料品を運んでくれるサービスは画期的なものでしたが、それまでの会員からは賛成ばかりだったわけではありません。
ステーションの時は配送も販売も全て社員がやっていたのですが、宅配を軌道に乗せるには配送会社を入れることになります。会員と社員、会員同士の結び付きが弱くなるのでは、という危惧を抱く会員が多かったのです。
私たちはただモノを買っているだけではない。社会を少しでも良い方に動かしたいと思っているのだ。
この言葉こそ、今に至るまで大地を守る会の会員の思いを一番良く表していると思うのです。

そのころ、社長の藤田さんとお酒を飲みながら話した時に、会員を10万人にしたいと言われ、頷きながら聞いていたものの、内心ではなんて大風呂敷を広げるんだ!と思ったものでした。おそらく当時、1万人程度だったでしょうか。急に会員が増えたせいか、欠品は当たり前。今週は一体何が来るんだろうとのんびりしたものでした。
その後、農業、食糧を取り巻く環境は大きく変化し、何かしらの危機、問題が起こる度に会員を増やし、今や10万人は目の前。

いったいどんな変わり者がこういうところで働くのかと思われた会社が、今では人気企業。ちゃんとした大学でちゃんと勉強して卒業した人がわさわさ受けに来る!
取扱品目も比べ物にならないほどの種類があります。すべてが驚きです。

この業界でトップと言える会社になってから入会した会員にとっては、何もかもが当たり前。当たり前だと思っていた事が満たされないとクレームになり易いこともあるのではないでしょうか。
私は、正式なクレームは余程でないと言いません。やたらと丁寧な言葉で対応されたり、何でも返金されてしまうのが嫌だからです。お客さん扱いは居心地が悪いと感じるのです。
もちろん、クレームはきちんと上げるべきです。ただ私は、こう思うのです。
一緒に歩いてきた仲間じゃないの。例え片思いであっても、私はそう思っていたいのです。

多分、それはFC東京に対しても同じです。
何かしてほしいということよりも、何ができるかしら、私が出来ることはなんだろう。
そんなことを考えていたいと思います。選手や監督、スタッフについても文句を言うより、ほかにやることはないだろうかと。

人それぞれにクラブに対する関わり方はありますが、私はそんな風に考えます。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-03 16:33

今週のサカダイ 表紙はおにぎり君

c0068891_2319293.jpg5連敗で・・とか、また怪我人が・・・とかいう中でこの表紙はないぜと、なかなか手に取る気になれないナイーブなFC東京サポーターのみなさん、こんばんは。

東京の選手が単独で表紙になったことないのでは?
薄々感じてはいたが、やっぱり凄いんだ!と感心して買っちゃいました。ただし古本屋。

巻頭インタビュー平山相太「怪物の本音」

第82回高校サッカー選手権は平山の大会と語られた。
 そうなの?正直に言うとJリーグが開幕してからはあまり高校選手権は見なかった。
史上初の2年連続得点王。大会通算17ゴールは歴代最多。
 なるほどね。たしかに怪物級だ。
その頃から変わらないのはきちんと取材に応えること。相手の目を見て真摯に対応していた。

移籍したその年は波に乗れたように見えたが、年が変わると目だって調子が落ちた。
「オランダの冬って、ずっと太陽が出ないんですよ。それで元気が出なくなって、パワーが出てこないっていうか。・・・・」
ヘラクレスの会長から度々金銭面で注文をつけられるようになる。
最初は「年俸が高いんだからしっかりやってくれ」程度のことだったが、会長の部屋に直接呼び出されて言われるようになる。
3年契約だが、20試合以上スタメンで出なければ、ヘラクレス側から解雇できるという契約上の条項を盾に「それでクビに出来るぞ」と何度も言われた。

しかも移籍の際に手を貸してくれた人が金銭トラブルを起こす。
「結局、真相はわからないままです。」

それに関連して、会長が訴えられると訴訟費用などを「お前のためにやってやった」と平山に請求してくる。
そんななかで「そういう大人の世界は知りたくない。」と帰国への思いがつのることになった。

国見の小嶺先生のような指導者になりたいと大学復学も希望している。
プロとしては甘いという声もあるのは十分承知しているが、少しでも時間があるなら今から行っておきたい。80年生きたとしてもそれほど長いわけではないという認識だ。

「オランダでプレーできて良かったが、周囲の人には迷惑をかけてしまった。いろんな問題があって色んな人に世話になった。」

「筑波でもヘラクレスでも得るものは本当に多かった。けれど帰ってきたことをネガティブには考えない。」


そうか・・・お金のことをあれこれ言われたら、参っただろうね。
でもそれが大人の世界ってことでもないんだよ。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-09-28 00:06 | FC東京

最近イベントの時って弱くない?

c0068891_071965.jpg吉祥寺は祭りでした。

c0068891_074487.jpg久しぶりの味スタは電車の中から嬉しくて、飛田給に着くと「帰ってきたー」と実感。

c0068891_08184.jpgソシオ・デーのお出迎えメイン側は赤嶺真吾くんと小澤竜己くんでした。
赤嶺くんは実物の方がかっこいい。
小澤くん、かわいい。ちょっと照れていたけど、しっかりした感じのする子でした。

c0068891_082262.jpgサンバ隊その1。ドラムのみの編成。わたしはけっこう好きだけど、羽付けたおねーさんいないの?という不満そうな声が・・・。

c0068891_083792.jpgサンバ隊その2。
みなさんの期待を察しておねえさんのダンサーが登場!
会場内の雰囲気が変わった。

c0068891_085535.jpg今日も知り合いが旗持ちだったのです。
前回は妙齢の女性が審判さんににっこり「よろしくお願いします」と挨拶したので、よろしくお願いされ、うちらにPKの贈り物が。
今回はきっと審判を睨みつけるかなんかしたのかもしれず・・・。
ま、どっちにしろ敗戦・・・。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-09-10 00:23 | FC東京

こどもたちへ

夏休みということもあって国立にたくさんのこどもたちが観戦に来ていた。
きみたちはこれからスタジアムでたくさんのことを学ぶ。一番は辛抱や忍耐だ。
どんなにシュートを外しまくっても、呆気にとられるようなパスミスを連発しても、そんなことでがっかりしたり怒ったりしていはいけない。いや、がっかりしたり怒ったりするのは構わない。
周りの大人を注意深く見てごらん、頭に両手を当てたり、唸ったり、ぶつくさ言ったり、きみたちが真似をしたらおかあさんに睨まれるような言葉を発したりしている。
きみたちはスタジアムに来るたびに観戦態度についても学ぶだろう。どのパターンを選んでもいい。目にするものはみな腐そうが大抵のことは大目にみようが、結局はおなじこと、また試合毎に引き寄せられてくるわけだ。
貴重な休みの日の過ごし方としてどうなんだろうという疑問が芽生えるのはずっと後のことだし、そういう疑いの声が頭に響く頃にはクラブにしっかりと縛り付けられていて、その声に真摯に耳を傾けるなんて出来ないに違いない。

いまのところ東京がきみたちにとって、かっこよくて魅力的でスタジアムで過ごすことが極上の経験であってくれることを願う。きみたちの笑顔が溢れるスタジアムはとても素敵だから。
次の試合は必ず勝つからね。懲りずに来て下さい。(ああ、こんなこと言っちゃって、裏切ることにならなきゃいいな。)
[PR]
by inadafctokyo | 2006-09-01 15:13 | FC東京

ガーロさん お元気で

人間ガーロ。
tokyo-boys12さんのこのエントリを読んで、くすくす笑ってそしてしんみりしました。
その当惑ぶりに共感できたので、妙に可笑しかったのです。

わたしもガーロさんは好きではなかった。
東京に関わる人はできれば嫌いにはなりたくない。だから当然、いつでも誰にでも点数は甘くなっているはず。
良いところを見るようにしている。

まじめで敬虔で融通が利かない。
それが欠点とは、そこが好きでないとは言いづらいやね。
「まぁちょっと辟易してるんだ、でもよくやってくれますよ、ええ、うちの監督はね。」
いずれそんな風に言える日が来ればいいなぁと思っていました。

フロントだって、ガーロさんとサポーターとの溝を埋めようと、ファンクラブ通信でガーロさんの人となりを紹介していた。

とても印象に残る応答があります。
1日だけ他人になれるとしたら、誰になりたい?それはなぜ?
「ジョージ・ブッシュになって、世界中の恵まれない国や平和のためにお金を遣いたい」


真面目で心打たれる考えですが、やっぱりずれてるな。
世界の貧困や紛争の解決のためにはブッシュじゃダメでしょ。

それはともかく、ガーロさんにチャンスを与えてもらった選手は感謝しているでしょう。悪いことばかりでもなかった。
新聞記者のカメラに顔を隠したあなた。選手時代にルーカスのような挫折を味わうことはなかったのでしょうか。39歳のあなたにはかなり受け入れがたい結果だったでしょう。
でも人生はまだまだこれから。お互いに今回のことを今後に活かしていきましょう。

ガーロさん、お元気で
[PR]
by inadafctokyo | 2006-08-29 23:49 | FC東京

今日は国立ね ホームなのにMXはライブ中継

蘇我からの帰りの電車で話していた選手のチャント・コールに関して。
ジンギスカンの系譜 岡元→アマラオ→福田→ノリオ(一時)→アカミネ
定着するかなー。ジンギスカンというとあの福田健二のイメージが強くて、決めないイメージを払拭できるか。
あ、わたし健二好きですけどね。

最近歌われていませんが、馬場憂太の“オーレオレオレオレ ユータ ユータ”というのは東京らしくない。ユータらしくもないよねー。
ブルーハーツの「リンダリンダリンダ」なんていいんじゃない?
ってうちの子が言う。
ユータユータユータ~ ユータユータユータ~~

オーレオレオレ東京が好き ダンナよりも~こどもよりも~トウキョウ!
[PR]
by inadafctokyo | 2006-08-23 15:09 | FC東京

何がスキだって?

オーレオレオレ東京が好き 女よりも仕事よりも東京

フクアリで聞いた新曲は“ベルディだけには負けられない”“今日は負けられない日だ”のシリーズかな? ちょっと微妙な旋律で。
東京のゴール裏にぴったりじゃありませんか。
うちの子としては“何それ?”って反応ですがね。
幾人もの顔が浮かびましたよ。あなたたち、どこどこまでも行ってください。今さら引き返さないでね。普通の幸せなんて求めないでいいから。

女の人はどうするか、“女よりも”を“男よりも”に変えただけではダメですね。
男性の場合“女”と何かが天秤にかかるのかもしれませんが、女性の場合はいわゆる“男”と何かを計ることはないでしょう。よほど「男好き」の人に限ってはそういうことも言えるかもしれませんが、もっと対象を特定しないと気持ちが入らない。“ダンナよりも”“彼氏よりも”“こどもよりも”
あー“こどもよりも”東京が好きって言ったら、すごく好きってことだな。
人それぞれ、スタジアムで色々叫んでみようか。

ぽちよりもみけよりも
ラーメンよりも牛丼よりも
スキマよりもスイッチよりも
[PR]
by inadafctokyo | 2006-08-22 13:35 | FC東京

みんなありがとう

c0068891_0271534.jpg初めてのフクダ電子アリーナ ありがとう
駅前のコンビニはすぐに物がなくなったけど、ありがとう
行列が長くてフクアリの食事情はよくわからないけど ありがとう
今日フクアリに来た人たち ありがとう


c0068891_0274549.jpg2点あっさり先制されたけど、まったく怯まなかったサポーターの応援 ありがとう
その応援に応えて最後まで戦った選手たち ありがとう
3点取られたけど、4点取って ありがとう

c0068891_028153.jpgナオ シャーやってくれて ありがとう
阿部ちゃん 再登場してシャー ありがとう
赤嶺くん アカミネコイ!とかアンコールかけられて 出てきてくれてありがとう
そして、よそのホームでこんな大騒ぎをやらかすわたしたちを笑って(呆れて)見ていてくれたジェフのサポーターのみなさん どうもありがとうございました。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-08-21 00:47 | FC東京

なぜ失敗したガーロ東京

今日のトーチュウは「なぜ失敗したガーロ東京」というタイトルでけっこう大きな記事を掲載している。Confidential Review なのだよ。マル秘記事?マル秘なのか!こんなところに書いていいのかって、もともと新聞に載ってるんだし。

ありがたいね、トーチュウ。
東京の監督交代なんてどこも大きく扱ってくれないもの。
身近で観察していたトーチュウの記者さんだからこそ、こうして伝えてくれるんだね。

ガーロさんのやろうとしたサッカーが東京の選手には合わなかった?
これがよくワカンナイのね。
理解が足りなかった?そもそも能力的な問題?

個人としては特性というか特徴を活かして、いいところを伸ばしていく。そしてチームとしてはイメージを共有していく。
それが大事なことなんじゃないの。
無いものねだりをしても成功の可能性は低い。
ガーロさんの融通の利かなさと経験の少なさが選手の活かし方を見誤ったのではないのか。

もっと気になるのは、主力と控えの選手に対する扱いの違い。
練習中も控えの選手にはなんの指示もなかった、それで士気が低下したという。
ブラジルではそれが当たり前なのだろうか。それでも懸命に這い上がってくるのが当然と考えていたのだろう。そういう考え方はありだと思う。ただ、その場合はコーチなど他のスタッフがケアすることが日本では必要ではないか。
せっかく取った選手の士気の低下やチームにとって望まない移籍は避けたほうがいいわけで。
今回の人事異動でヘッド・コーチに就任した徹さんは、昨年までなかなか試合に出られない選手のモチベーション維持に手腕を発揮していたと思う。

記事を読むと、この時期での監督交代はやはり避けられない事態だったと思う。
サポーターだけでなく選手にも監督に対する不信感があったのでは。

しかしねぇ、フロントとコーチングスタッフ、フロントと選手、選手とコーチングスタッフ、そのコミュニケーションはどうだったの?
結局、うまくいってなかったからこういうことになっているわけだね。

以前、職場が合併や吸収で天地がひっくり返るような状態になって、思い出したくないくらい辛い思いを体験したけれど、どんな世界も自らの力を頼みに切り開いていくしかない。

がんばろう、がんばって。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-08-19 15:47 | FC東京