タグ:U-18 ( 22 ) タグの人気記事

You'll win everything with kids

凹むなら気持ちじゃなくて腹を凹ませたい私ですよ、ええ。
c0068891_1311751.jpg

浦和駒場スタジアム13:30キックオフのU-18の試合(プリンスリーグ関東)に行きました。
日差しが暖かいスタジアムで、ユースを応援する皆さんが手作りのフラッグを飾り付けて、太鼓付きで気合の入った応援です。対戦相手は大宮でしたが、良かったですね大宮。結果は2-4で敗戦となってしまいました。
前半開始直後に失点、その後も大宮に支配され前半の終盤には2点目を奪われ苦しい展開でしたが、前半のうちに1点を返し、ようやく動きが良くなった東京。後半も持ち直して、同点に追いついてからは完全にリズムが良くなった時間帯もありました。そこで追加点が入っていれば・・。
c0068891_13415612.jpg
さすがに落胆の色濃い試合後。でもまだわずかに参入戦への可能性はあると聞きました。次節は12月8日最終節、小平で11:00から浦和レッズユースとの対戦です。お時間の有る方はぜひ応援に!
この後、柏でチケットが余っていると聞き、どうしようかと迷いましたが、この時点で寒かったので、あっさり諦めて明大前LIVREで観戦。年なのでマリノスと一緒で寒いと動きが悪くて・・・。
柏戦チケット難民収容所と化した暖かいLIVREで顔なじみと飲みながらの観戦は、勝てば言うこと無しだったのですが、そうは問屋が卸さない。
2回めのPKまではいい試合になる感じだったのですが、完全にリズムも計画も狂ってしまいました。ジャッジに文句を言っても仕方ないとは言え・・内心では言いまくりたい。
2つのPKに動揺を抑え、3失点目で目を覆い、ナオの魂のゴールで1点を返したことだけが心の拠り所となるような敗戦でした。
現地でもテレビ観戦でも打ちのめされた面々はそれぞれに魂の救いを求めて、肉食ったり魚食ったり、焼いたり煮たり、飲んだり浴びたりしたのでした。

とにかく最終節はホーム味スタですよ。ルーカスもポポもリーグ最終節。挨拶もあるでしょう。
すっとこどっこいなことは全部柏の地に捨ててきた。次節味スタでは笑って〆よう!そして天皇杯につなげよう。
お酒は楽しく飲みたいよ。

2連敗は応えたって言えば応えたのですが、歓喜もあれば落胆もあることは承知の上、勝っても負けても一人じゃない。色々なことを私たちはまだまだ勝ち取れる!

SOCIOの更新をしました。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-12-01 14:39 | FC東京

高円宮杯プレミアリーグ イースト 第18節  @深川グランド                  

コンサドーレ札幌U-18はこの試合の結果次第、またヴェルディユースの結果次第では優勝の可能性があり、FC東京U-18はこの試合に勝てば自力でプレミアリーグ残留が決められるという、両者ともになんとしても勝ちたい試合。
c0068891_2051338.jpg
ホームです。力になりたい。
c0068891_2052894.jpg
3年生のためにそれぞれのフラッグに寄せ書きを。
c0068891_2154432.jpg
キックオフ時にはそのフラッグを掲げる。
c0068891_21768.jpg
ここまでなかなか結果の出ないFC東京、最終節で残留を勝ち取りたい。
c0068891_21113486.jpg
ヴェルディと優勝を争う札幌は5人のトップ昇格が決まっている。強いし上手いという印象。余裕もある。先制点はびっくりするようなミドルシュートが決まる。それはもう仕方ないとしか言いようがないシュートで。我慢して粘り強く機を伺う東京は、後半セットプレイから同点にする。ファンがここぞとばかりに声を出して、手を叩き後押しをする。しかし、後半残り僅かというところで、やはりセットプレイからリードを許してしまう。気落ちする自分に鞭打って、なんとか前へボールを運びたい東京だったが、そのまま試合終了。
ヴェルディ対三菱養和は0-1で養和が勝利していた。深川で札幌のイースト優勝と東京のプリンスリーグへの降格が決まってしまった。

試合終了後、フラッグを3年生たちに手渡すということだったが、少し先にグランドを後にした。大して見ていない自分がその場にいるのは僭越だと思った。
3年生の気持ちを思うと、どういう顔をしていいのかわからない。

来期はプリンスリーグへと戦いの場を移す。その構成チームを見れば決して楽なリーグではない。
きっともっとたくましくなってくれるだろう。

3年生はこのチームで挽回することはできない。整理のつかない気持ちはあるだろうが、道は続く。
どんな道であっても、今と同じように自分を鍛えて進んでいって欲しい。
そして、ずっとあなたたちを見守り、応援してきた人たちが、項垂れたあなたたちを、精一杯の拍手で迎えた情景を忘れずに大切にしていってほしい。
さあ、顔をあげて歩いて行きなさい。決して一人ではないから。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-12-11 22:22 | FC東京

清清しい試合

毎日FC東京を見ている馬場康平さんが「勝つ可能性はゼロではない」 「東京劇場が開催されるかもしれない」と書かなければならないんです。(笑)

後藤健夫さんは「勢いだけ」とばっさり。

そりゃそうですよね。決して楽観はしていませんが、悲観もしていないのです。
思い切ってやってほしい、それだけですね。
せっかくですから。
もうこれ以上悪いことなんて起こらない。怪我は気をつけてくださいね。
ああ、楽しみだ!あした天気になあれ。

26日朝、やっぱり思い立って大阪に行ってきました。
どんなに寒くてもユニフォームでと決めていたので、下にいっぱい着込んでホカロン入れて18番を着ていたのですが、寒いという言葉では言い現せないほどでしたね。
c0068891_1650139.jpg

c0068891_16514524.jpg

c0068891_1702942.jpg

c0068891_1704844.jpg

c0068891_1712721.jpg

c0068891_1714460.jpg

c0068891_1773244.jpg

c0068891_1775047.jpg
3回追いついたのですが、4回目はありませんでした。マリノスは強かったです。
両チームともボール際にも気持ちも強い良いチームでした。

東京は佐々木君が怪我で出られないのは影響があったかもしれません。ちょっとだけ運も無かった。
でも本当に頭も体も持てる能力すべて十分に使っての結果だったと思います。
私は納得しています。
こんな清清しい後味の試合を見せてくれてありがとう!!

東京に居た何年間がこれからのあなたたちの苦しい時を支えてくれることを願います。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-12-28 17:35 | FC東京

サッカーって素晴らしい

テレビで見るだけじゃなく、やはり生観戦が一番。
南アフリカは遠いけれど小平は自転車で1時間!
クラブユースサッカー選手権関東大会2次リーグ 対ジェフ千葉ユース
c0068891_0202797.jpg
ノリオがランニング、がんばれよ。
c0068891_021529.jpg
詳しくは公式をご覧ください。サリが一生懸命やってますから。(眠いだけです)
c0068891_0212924.jpg
決まる時って実にきれいに無駄なく選手もボールも動いて決まるものなんですよね。3-2、信吾が2点決めて試合後はシャーを。
c0068891_0215780.jpg
2点失うのはこれまでにない展開ですが、それほど心配する必要はないと思います。

10番の佐々木君は観客席の眼前で華麗なテクニックを見せる余裕も。うーん、素敵。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-06-21 00:42 | サッカー

明日はナビスコそして週末は東京ダービー@深川

明日はナビスコ仙台戦 現地に向かう人は羨ましい。
わたしはLIVREで観戦します。

そして、日曜は東京ダービー、プリンスリーグ関東です。
トップチームでは実現できない熱いダービーが深川グランドで展開されます。
もしかしたらトップチームでは半永久的に見られないかもしれないんですね。
ま、そんなことはいいんですが、ユース年代では大きなライバルであるヴェルディ・ユースとの対戦です。
否応無くお互いを意識する存在。負けられない戦い。

今年の新人戦ではヴェルディが勝利し”We are TOKYO” と誇らしげに凱歌をあげられてしまったのです。
そのことをFC東京U-18の選手たちは忘れていません。あの時とは違うというところを見せたいと思っているでしょう。その彼らをたくさんのファンで応援してあげたいのです。



バナーをクリックするとチラシが現れるはず。印刷してお持ちになると、作成者のkulkarakuさんからプレゼントは何もないのですが、メンバーが載っているので便利です。

わたしは・・・金曜の夜に高速バスで福知山へ、そこから電車で宮津へ。何のためかと言うと、土曜日に棚田で田植えをします。1泊して日曜に帰りますが、11時には絶対間に合いません。申し訳ありません。

みなさん、かわいいうちの子たちを応援しに行ってください!
お知らせと言い訳でした・・・。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-05-25 23:42 | FC東京

プリンスリーグ開幕

順番が違いますが、本日(4月11日)のプリンスリーグから。

JFAプリンスリーグU-18関東はJリーグと同じ様に24チームが1部と2部に分かれて、4月から7月まで11試合が行われます。
1部の下位4チームと2部の上位4チームが入れ替えとなります。
昨年度FC東京U-18は1部1位、三菱養和SCユースが2位でした。

開幕となる今日の試合は深川グランドで昨年度2部4位で1部昇格を果たした武南高校です。
昨年度1位対2部4位とは言っても、3年生は卒業して抜けているわけですから、圧倒的な力の差があるわけではありません。

この日の深川は初夏の陽気。折り畳み傘の用意はしていたのに帽子は無し。暑くて日焼けによるシミの心配をしながらの観戦となりました。今思ったのですが、雨傘でも差していればまだましだった!

FC東京ファンもピッチ脇に5~60人くらい?来ていましたが、やはり数では応援団や同級生、卒業生が押し寄せる高校にはかないません。東京の数倍は応援に来ていました。武南にはチアもいましたね。

武南高校は運動量も多く、切り替えが早いチームでした。ボールを持ってもなかなか自由にはなれませんよー。
c0068891_0102067.jpg

c0068891_012166.jpg
武南高校は声もよく出ていましたね。バックの選手がときどき怒るんですよ。がんばっていました。

c0068891_0225324.jpg


11番の秋岡選手が得たPKを自分で決めて先制。
c0068891_0351065.jpg
はじっこに集まって喜ぶ選手たち。観戦している武南高校OGらしき女性が”なんであんなはじっこで?”と素朴な疑問を。その後1点を返され1-1でハーフタイム。
c0068891_0382741.jpg
2点目は22番の村松選手が上げたクロス?がそのままキーパーの頭上を越えてゴール!何度かいいチャンスを迎えながら、相手の守備に防がれ焦りが出てきそうな時間帯に大きな追加点。このあたりからパスが何本もつながりチャンスが増えたような。3点目は速攻で交代で入った橋本選手が頭で決めました。
c0068891_049547.jpg
3-1で初戦勝利。精度が東京の方がちょっと良かったかも。そして体力も少し上回っていたかもしれませんね。決して楽な試合ではありませんでした。
c0068891_053321.jpg
挨拶後、むらまつコールを受け、この上なく恥ずかしそうに「シャー」をする村松選手です。

東京が対戦するのは三菱養和、マリノスユース、ヴェルディユース、桐光学園、流経大柏、浦和レッズユース、ジェフU-18、八千代高校、ベルマーレユース、市立船橋、武南高校です。
ホーム&アウェーで行われます。お時間があるときはぜひU-18を応援に行ってみていただければと思います。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-12 01:01 | FC東京

駒場で勝利!

浦和に着くと、赤いユニを着て自転車に乗っている人を何人か見かけます。
おいおい、ここではユニが普段着か?!さすがというかなんというか・・・と呆気にとられていましたが、第2試合が浦和ユース対静学だったのですね。
c0068891_16282413.jpg
米子北のみなさん。第1試合では静学に3-1で勝っていますので、周囲の青赤応援者からも強いらしいぞと囁きが聞こえます。
c0068891_16285329.jpg
FC東京U-18のスターティングメンバー。三田くんは後半きっと出るのはみんながわかっています。
c0068891_16291055.jpg
君たちの力を出せば必ず勝利がつかめるはずです。
c0068891_16293041.jpg
1点目は年森くんでした。2点目を取った梅内君を中心に。
何度も胸がきゅんとなるような攻撃がありました。後半はもっと点を取って欲しかったですが。得失点差を考えると取れるときは取っておきたいですね。重松君へのマークはさすがに厳しかったです。
ユースのナオもいいですね~。彼がボールを持つと取られるような気がしません。
c0068891_16294831.jpg
第1試合終了後に赤度が増すスタジアムを後にしました。
浦和のパルコの地下に以前から行きたかった店があります。
軽井沢MINORIYAのロイヤルスウィートバニラ。ジョン・レノンが絶賛したというソフトクリームが復活しました。後口爽やかでコクがある味が懐かしい。駒場に行くことがありましたら是非!隣の果物屋さんにもソフトクリームがありますが、お間違えなく。この他大丸東京店、鎌倉店、梓川サービスエリアにもあるようです。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-09-13 17:08 | FC東京

U-18高円宮杯で・・・

隠れたる武闘派inadaですよ。こんにちは。
別に隠れちゃいねーよって声も聞こえますが、気にしない。

準決勝の前に大宮のNACK5で行われた高円宮杯1次ラウンド第1戦についてです。
浦和ユースとの対戦ということで、気合いを入れて出かけましたよ。

メイン側しか解放していない環境で呉越同舟。やな感じがしたんですよ。
ユースとは言え、レッズとは席を隔ててほしいです。

c0068891_141568.jpg

育成年代では、試合後にお互いの応援席に挨拶に行きます。その意味を誰もが受け止めてほしいですね。
レッズのファンは高校生である選手や審判に汚い野次を飛ばします。いつものことですが、そんなことでいい気になっているあの人たちの気が知れません。

でも、実は観客席で私はその野次を飛ばすレッズ応援者にやり返しました。

審判に汚い言葉を叫ぶ赤い男に「退場だ!そいつを退場させろ!」

根性が腐ってると選手に野次を飛ばす赤い女に、「それはあんたの方でしょ!」

いやまったく大人げない。はしたない。

あんな人たちを相手にするのはやめましょう。制止するとしたらレッズファン同士でやるべきでしょうね。
期待なんかしてませんけど。

さて、試合は残念なことに逆転負け。

後半に先制してからは、いいリズムになった東京ですが、同点にされてから若干焦りが出たのかロスタイムでの失点はもったいなかった。
前後半通じて、どちらかと言えばこっちのゲームだったと思います。

そんな結果に自分たち自身への怒りがあったのかもしれません。試合後に崔君がレッドをもらってしまいました。詳細はわかりませんが、残念なことです。
他の選手も試合中にジャッジに不服そうな雰囲気を露わにしている場面もあって、あれ?と思ったのです。

上記のようなことをする私が偉そうなことは言えません。
私が選手だったら、間違いなくレッドやイエローは貰いたい放題になる恐れはありますから。

でもユースの場合、強いだけじゃなく相手や周囲にも一目置かれる存在になってもらいたい。
東京のエンブレムを付けている以上は。

次の対戦相手はインターハイ準優勝の米子北高校。
謙虚に、ひたむきに、正GK出場停止の危機をチーム一丸となるチャンスとして戦ってください。

9月13日 駒場  11:00
今度は相手のファンに嫌な思いをすることはないと思いますので、みなさんぜひ応援に!
[PR]
by inadafctokyo | 2009-09-08 14:46 | FC東京

大宮経由味スタ行き

c0068891_10555042.jpg

さあ、そろそろ出発です。

kulさんTシャツ届きました。ありがとうございます。

出発前に aoaka noteさんのエントリを見て気合を入れました。

今年はまだユースの試合は少ししか見られていませんが、ビッグフレームスにも入会して気持ちはすごーくあるんです。

好きなこと、自分で決めた道だからといって困難がないわけではありません。非常に厳しい道であることは間違いありません。そんな道を進む彼らに娘の姿を重ねて、心から応援したい思います。
苦労は必ずなんらかの形で実りになる。どんなときも未来を信じてほしい。

がんばれ。

赤いっぱいいるでしょうね。いくぞーー!
[PR]
by inadafctokyo | 2009-09-06 11:06 | FC東京

高円宮応援Tシャツを着てユースを応援しよう

c0068891_13212160.jpg
詳細はこちら
昨年に引き続き、T シャツ企画を立ち上げてくださったみなさま、ありがとうございます。
昨年も選手たちにもご両親にも大変喜んでいただけた応援企画です。

どうぞ、このTシャツを着て1度でも会場に足を運んでいいただいて、みんなが応援しているよ、ということを示してあげてください。どれほど力になることか。

17日までと短期間の募集です。よろしくお願いいたします。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-08-07 13:24 | FC東京