タグ:石川直宏 ( 27 ) タグの人気記事

石川直宏ファンミーティング

チーム始動の1周間前にナオさんのファンミーティングが催されました。会場は昨年と同じ、青山ベルコモンズ内のホールに200名の参加者を迎えました。
昨年は大雪でしたが、今年は穏やかな天候でした。
そしてビルの入り口でベルコモンズが3月いっぱいで閉館することを知りました。
1976年開業以来、この地らしいファッションビルとして時代を牽引してきたベルコモンズもその役割を終え、今後はオフィスビルとして新しい道を探るようです。

受付を終えて、トークショーが始まるのを自分の席で待っていると、控え室から近かったこともあって、ナオさんがお子さんをあやす声が聞こえてきました。二人目のお子さんが産まれ、余裕のあるお父さんぶりが伺えます。会場には弟さんやご両親を含めてご家族がいらっしゃいました。そのこともナオさんらしいことだと思いました。

ブログやインタビューでも「もどかしい」「今年は技術的な部分よりも精神的な部分で鍛えられた」「無気力な姿を見せてしまった」と複雑な胸の内を匂わせていましたが、トークショーでもかなり踏み込んで話してくれました。
昨シーズンは非常に辛い時期があったこと。プロ生活の中でも横浜で試合に出られず悩んでいた当時と同様な苦しさであったと言い、たとえほんの一時期ではあってもサッカーをやめるというようなことも頭をよぎったようです。

湧き出てくるような思いがないという言い方でしたが、怪我をして試合に出られない時期、そしてコンディションが上がってきても試合に出る時間が短く、心と体が整わないような状況が続き、常に前向きに強い思いで取り組んできたサッカーに対する姿勢にも迷いが生じたということではないでしょうか。
どんな苦境にも前向きに立ち向かって、転んでも必ず立ち上がってくる人。私たちはナオさんにそんなイメージを抱いています。
東京で在籍期間がもっとも長くなり、東京の重要なアイコンになっていることを自覚し、立ち居振る舞いにもそれが現れています。
一方では新加入した選手が着実にスタメンに名を連ね、若い選手も伸びてきて出場の機会を争うこともある。内心穏やかではないでしょう。しかしそうした状況をもきっとプラスに変えてくれるはず。そんな周囲の期待も時には重いと感じることもあって当然です。

昨シーズン、眠れない夜はどれほどあったでしょうか。ご家族の前でつい浮かない顔をしてしまったこともあったと伺われます。

ポポ監督や社長にも話をするなかでアドバイスを受けたり、日々チャレンジしていくなかで徐々に回復の過程をたどって行ったことが語られました。
危機は乗り越えられたのです。
この場だからこそ、ここまでの話をしてくれたのでしょう。

その後、試合後や移動途中に撮った仲間の写真を紹介しながら、肩の凝らない話もたくさん聞けました。スパイクやユニフォーム、私物のプレゼント抽選会もあり、いつもながらの暖かい雰囲気の中で会は終了しました。

私たちはこの人が決してくじけないこと、転んだり立ち止まったりしたときはまた更に強くなって、新たな武器を携えて戻ってくることも知っています。
今シーズンは監督も変わり、フラットな競争が始まります。ナオさんの特徴を理解して貰って、スタメンにこだわり、結果を残す中で代表をも視野に入れてほしいと望んでいます。
現役の間は欲張って、きらきらしていてほしいと願う私は、今年こそゲーフラを作りたいと思っているのです。

c0068891_16255028.jpg
一緒に参加した友人と。友人の許可を得ないで掲載してしまいます。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-01-19 16:31 | FC東京

ホーム開幕!

c0068891_9452938.jpg

さあ、行くよ~。
今年も18にした。そんなの聞かなくても分かってる?
そうか~ (笑)
一応毎回考えるんだけどね。

東が加入して、ナオさんの定位置にはルーカスが。
大分戦では僅か5分程度の出場になった。

東に関して、ナオさんは「今年の中心選手になってほしい」と言っている。
冷静に状況を見て、チームのことを考えながら、また闘志を燃やして爪を磨いでいるに違いない。
そうやってずっと戦い続け、成長を続ける18番に今年も期待する!
[PR]
by inadafctokyo | 2013-03-09 09:53

ナオの魔法の粉

c0068891_174265.jpg
爆弾低気圧による大雪と横殴りの風のなか青山ベルコモンズに赴いたのは、ナオさんのファンミーティングのため。

第3回になるファンミーティングですが、これまでより大幅に参加者数を増やしたせいもあってか(私自体も初当選)見知った顔が多かった印象です。
受付で会費を支払って、座席番号のカード(抽選券でもある)を受け取り、会場へ。

c0068891_1754434.jpg
展示されていたFoot&ArtのJunさんの写真。Junさんは中学生の時にナオと対戦し、弟さんとはフットサルのチームで一緒でした。
展示されていた海辺でボールと遊ぶナオを撮った写真は光と風を感じさせる余韻のあるものでした。
Footartist Jun

日々野真理さんの司会でトーク・ショーが始まりました。進行中の写真撮影は許可されておりませんでした。

日々野さんはナオさんの結婚式の司会もされていて、すっかり息が合って、時々会場の奥さまにナオの発言内容について確認しながら会話をリードしていました。皆さんの前には登場しませんでしたが、樺音ちゃんも来ていました。
オフは大好きなハワイに家族で出かけたナオさんですが、年末年始は偏頭痛で苦しんで何日か寝込んだそうです。
シーズン前の時期に終わらせて、シーズン中には症状が落ち着いていて欲しいものですね。

昨年はミーティングが行われなかったので、2年間を振り返りました。J2の2011年、結婚や出産、そして子供が生まれてからの印象的なゴールについて話されました。

10/19の横浜FC戦では途中出場での決勝弾でした。アディショナルタイムに徳永のクロスを横浜のDFがクリアし、そのボールをダイレクトで決めてまもなく試合終了。選手サポーター一体となってのゆりかごはナオも私たちも忘れられない場面です。
娘が大きくなって、言うことを聞かなかったら、この日の録画を見せると言うナオさん。
こんなにたくさんの人達が誕生を祝ってくれたんだよと・・。

あのきれいなゴールのシーンはスローモーションでコースが見えていて、その通りに打った印象だったそうです。

J2では「それほど簡単ではないと思っていたが、どのチームも決勝戦のような雰囲気で向かってくる、相手は選手もスタッフもひっくるめて総力戦だった。」そのあたりで苦労もしたのですね。試合中や試合後も相手からきつい言葉を浴びせかけられたりというようなこともあって、改めて自分たちの立ち位置を確認したことでしょう。

優勝を決めた鳥取戦は偏頭痛で欠場。メンバーとして現地入りしていたので、当日朝に永里源気が呼ばれ、飛行機も満席だったところスタッフが持っていたチケットがあって、間に合ったのです。
この年は怪我もあり途中出場が多く、不完全燃焼だったのですが、天皇杯では納得のいく仕事が出来たのではないでしょうか。

そして、2012年。ポポヴィッチ監督の「とにかく行け。スピードを生かして、チームに勢いとパワーをもたらせ」という言葉に奮い立って、自分自身の武器を思い切り活かすことに迷わず進めたのです。
またタイミングや走り方などで早く見せることも出来ると経験からの工夫も。

ACLは楽しかったというのは選手も私たちも同じです。ナオもクラブでアジアに挑戦するという責任と楽しさを感じ、また中国でやりたいと言っていました。

抽選会ではナオのユニフォームや練習着、ハワイのお土産、果ては着ていたカーディガン(アディダス提供のようでした)までプレゼントに。
わたしは残念ながら当たりませんでしたが、このミーティングに当選しただけで今年1年頑張れそうな気がしています。

いつもナオさんに接すると幸福な気持ちになります。
妖精が杖の先から発するキラキラの、光のような粉のようなものが周囲の人をたちどころに幸せにするようなのです。

今年も競争を勝ち抜いて、樺音ちゃんと入場する姿を見せてほしいと思います。そしてたくさんゴールをサポートして、ナオゴールも決めてクルクルしてくださいとお願いしてきました。
契約制度が変わり、移籍しやすくなったことで今後選手の流動化は進むのかもしれません。だからこそ、石川直宏という選手を大事にしたいと思うこの頃です。
c0068891_17395924.jpg


お土産はナオデザインのTシャツがありました。あとで写真アップしますね。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-01-15 17:46 | FC東京

暇なので小平へ

最終節は気持ちよかったな~。
シーズンの振り返りはまた後にするとして、週末に試合がないと暇です。
「そうだ小平行こう!」というわけで土曜の練習試合に行って来ました。
c0068891_1745934.jpg

中央大学との練習試合、前半はGK常澤、DF:徳永、加賀、丸ちゃん、太田、MF:長谷川、米本、ナオ、?、千真、FW:ボジョビッチ(千真はトップ下?)
ワントップは話題の外国籍選手ボジョビッチ、ツイッターで既に写真も上がってましたね。凄いな、サポの嗅覚が。
この試合はテストの意味もあるのでしょう、積極的にシュートを打っていましたね。
前半のゴールは千真さんかボジョビッチかギャラリーの意見は相半ばしていましたが、ファンサゾーンで千真さんに確認したら、千真さんが落としたところをボジョビッチが決めたということでした。去就に関してもいい感触を得たのですが、さっそく報知に載りました。本当だったらいいなぁ。
c0068891_1814519.jpg
トクが投げた手袋がネットの目から飛んできました。
c0068891_18163145.jpg
ポポさん、この日も時間をかけてファンサをしてくれました。
c0068891_18174163.jpg
みんな週末を持て余しているんですね・・・
c0068891_18465775.jpg
後半はフレッシュなメンバー、周囲で誰?だれ?と言う声が飛び交います。
むっくん、加賀、丸ちゃん、武藤くん、ケント、河野、草民、平山以外は多分練習生。
勢いはありました。草民と河野と相太で点が取れそうな雰囲気です。
相太が奪ったボールを河野にパスして、河野がループで決めたところでは思わずうまい!と声が上がりました。

羽生さんと梶山、モリゲ、高秀先生はランニングだけでした。そして、羽生さんはファンサゾーンには現れませんでした。羽生さん待ちはわたしだけでは無かったのですが・・・。
ACLユニにサインを貰いたいという願いは叶うのかな~。

そしてずっと前からこのTシャツにサインをして貰いたかったナオさん。
c0068891_1835472.jpg
このTシャツのイラストは手描きです。
c0068891_18403779.jpg
説明を聞きながら見入る
c0068891_18413258.jpg
見入る見入るナオさんw
スタジオ14のデザイナー堀内さん、ナオさんとっても感心していましたよ!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-12-09 18:49 | FC東京

ナオおめでとう!

ナオに娘さんが誕生した。昨日の夜にナオTVを見たら、そのお知らせが。

なんだー、もっと前に言ってくれれば良かったのに、水臭いよ・・・って、ちょっと・・あれ?

もしかして指折り数えた人いた?(笑)

いいのいいの、ちっちゃいことは気にしない!

早くナオが赤ちゃんを抱いて入場するところが見たい。いやいやその前にホームでゴールして揺りかごか。

今ちゃんがあれだけテンションあがっているが、平常心のナオはどうなんだろうね。

とにかく現役の間にこどもが生まれて良かったよ~

年々、東京の看板選手としての重みが増して、4日に配信された後藤さんのトーキョーワッショイメルマガではこのようなコメントが

「去年悔しい思いをしたぶん、ことしは一戦一戦恩返しじゃないですけど、強くなってJ1に復帰することもそうですし。ぼくらがいきいきしたプレーができれば、サポーターのみなさんも嬉しいと思うので。そういう気持ちでワンプレーワンプレーを大事にしています。
 ほんと総力戦だと思いますし、誰が出てもFC東京のサッカーができるように貢献したいと思うし、最後は気持ちですかね。勝ちたい気持ち、上に上がりたい気持ち、強くなりたい気持ち、自分にとっての意地もありますし。
苦しいプレッシャーがかかる試合がつづきますけれども、なかなかこういう試合が自分の人生のなかでやってくるときもないので、大事にしながらも、でもアグレッシブに、FC東京らしいサッカーをして昇格したいと思います」


他の媒体には掲載されていなかったと思うので、紹介させてもらった。

東京の選手はみないいコメントをするけれど、(どこかの分かってない新聞だかがJの選手もなでしこを見習えとか言っておったが、大して知りもしないくせにと言いたい)ナオはいつもファン・サポーター、周囲の人たち、クラブのことなど上辺だけでなくいろいろ考えている。簡単なことではない。言ったとおりにしているからね。

(この回の配信は東京と徳島(旧大塚製薬)との古い付き合いにも触れられて、この若いチームにもそれなりの歴史があると感じられた。みんなに読んで欲しかったな~。)

というわけで、はい、みなさん御一緒に!

ナオ おめでとう!
[PR]
by inadafctokyo | 2011-10-07 10:16 | FC東京

サプライズ!

昨日は某ホテルで年に一度の大きな会議がありまして、午前中からそちらへ行っていました。全従業員が集まる会議が終わると第二部はパーティーです。いつもは失礼して帰宅してしまうのですが、今回は上司がどうしてもというので参加しました。
来賓の挨拶やらなんやらはやれやれと思いますが、会場にはホッピービバレッジの赤坂ビールや生ビール、レモンハイ、生ホッピーがふんだんに!
それならいいやと現金にも杯を進めておりました。
c0068891_13511244.jpg
美味しかった。いっぱい飲んじゃった~。赤坂は発祥地だそうですね。
c0068891_13515157.jpg
若いすてきな社長さんですよ。頑張ってます。

優秀従業員の表彰が始まって、気楽に笑いながら見ていると、自分の部署が呼ばれ、へーっと思っていると、自分の名前が呼ばれましたよ。
うそー、全然聞いてない!
舞台に上げられてもまだ半分くらい信じられない思いでおりますと、さらにサプライズがありました。他の方の時はご両親やご主人がお祝いのメッセージをビデオで話されて、ほほえましく皆でみていたのですが、わたしの時は・・・そのスクリーンに映し出されたのは!!
 ナオだったよーーーーーーー!あはははは
私はあまりにも驚いて嬉しかったので舞台上をぐるぐる走り回りました。

本社のけっこう偉い人が小平まで出向いてくれたのですが、練習時間が終わり既にナオはシャワールーム。しかし、そこで諦めずにスタッフに事情を話すと、しばらくしてからナオが出てきてくれてメッセージ撮影とサインの要望に快くこたえてくれたそうです。

ナオさん本当に突然のお願いにありがとうございました。
台風の中、30分も待っていてくれたS本部長ありがとうございました。

めんどくさいからとあっさり断ったうちのだんな、ありがとうございました(爆)

興奮していてナオのメッセージをちゃんと聞いてないよ。みんなは「あんなにちゃんと話してくれるなんて」と感心していたので、ゆっくりビデオを見てにやにやしようと思うぞ。

ホッピーの社長さんともお話できて、また味スタで何かやってくれるそうで楽しみにしています。
また、来賓でいらしていた映像関係の会社の方からはFC東京にプレゼンする予定があるとかで、色々話を聞かれました。縁は異なもの。仕事関係も億劫がらずに顔を出すことも、たまにはいいことがあるんですね。多謝。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-07 13:56

ナオ結婚おめでとう!

ナオさんの結婚がようやく発表されましたね。
若いチームメイトが次々結婚していく中で、マイペースを崩さないナオさんが一体いつ結婚するのか、周囲の関心は高くなっていました。
女性ファンは勿論、関係者間でもしばしば話題となっていたのですが、3年間の交際を経て一つ年下の女性と結婚することになったと聞いて、ほっとしたという感想を持ったのは私だけではないでしょう。

父親が30で結婚しているから、自分もそれ位になるのかもしれないと以前に発言していました。
度々横須賀の実家に帰って、それを報告する姿からは自分が育った家庭を肯定し、それを築いた両親を夫婦のあるべき姿として捉えているのだろうと感じていました。

それは私とは全く異なる環境で、やはり余計なことにエネルギーを使わないことがこどもの成長に何より大切なことだと思わざるを得ません。
三人兄弟を真っ直ぐ育てたご両親は素晴らしいと思います。

30位まで一人でいると、敢えて他人と一緒に生活する事に積極的に取り組む意欲が薄れる場合があります。
衣食住を自分で管理できて、生活上特に不便を感じないようなら尚更です。
同性の友人との付き合いも、一人で出かけるのも誰に気兼ねする事なく楽しめます。
人を見る目も出来てきて、簡単に妥協もしにくい。どんどん難しくなって、このままでも良いかななんて・・
あ、一体なんの話だ。

ナオと麻衣子さんを見ていると大人同士の結婚という感じがします。
ナオらしく着実に穏やかで温かい家庭を築いていくでしょう。
これからは喜びも悲しみも苦しいことも二人で分かち合って。
そう思うと、心底ほっとした結婚の報告でした。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-07 23:17 | FC東京

神様お願い

c0068891_20463425.jpg


クマは何一つ当たらなかったの・・・・でも金のクマも銀のクマも白ベアもいらない、もう金輪際何も欲しがらない、だからナオの怪我は大したことがないように!

何度も試練を乗り越えてここまで来たのだから、もうこれ以上は苦しみも悲しみも与えなくてもいいのではないですか?

4点目のパスは出さなければ良かったと羽生さんは言っているけれど、この試合何度も柏のDFは振り切られ、あの場面で3番近藤直也は後ろから当たっていきました。もうシュートを打っていた後でそれは無意味なチャージだったと見えました。
(※コメントによりますと、ナオにぶつかっていったのは7番の選手でシュートを打つ前だということです。)

ナオを取り囲む両チームの選手たち。それ以後スタンドのファン、サポーターは心ここにあらずの状態でした。
選手たちはよく気持ちを切り替えて、試合を続行したと思います。
城福監督は変わりに入った草民と北斗と大竹に対してでしょうか、非常に厳しい評価をしています。

・・・僕は彼らの姿勢には非常に不満です。若い選手がああいうサッカーの姿勢で取り組んでいるのならばこのクラブは強くならない・・・・

マスコミに対して試合後にあそこまで言ったことは初めてではないでしょうか。

それほど悪いとは思えなかったのですが、相手のDFによって中心選手が負傷させられた状況で、交替で入った意味を感じればもっと戦う意志を見せるべきということだったのかもしれません。

試合に集中することができなかったので、なんとも言えません。

直接彼らに話したとも聞きますので、よく意味を汲んで真摯に、くよくよせず前向きに毎日の練習に取り組んでほしいと思います。

浮かない顔のサポーターたちがかもし出す雰囲気は4-0で勝った試合の後とは到底思えません。
うつむきがちに駅へどこかの店へ或いは家へと口数少なく足を運び、笑顔が弾けることはありませんでした。

最後にナオの一日も早い快復を祈って、この人の笑顔で締めくくりましょう。
c0068891_21104318.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-17 21:23 | FC東京

わーまた出た 

今週のサッカーマガジン、今朝の「めざまし」、今朝の東京中日、今週のスパサカ、まだ何かあったかしら?

いくら好きでも・・・・ナオ攻め・・・これでもかっ!!

イヤー嬉しいけど・・・

もうFC東京を応援してけっこうな年月になってるわけですが、慣れない・・

試合の度に、点が入って勝つって変じゃない?変じゃない・・変じゃない・・もちろん変じゃないよ!

大丈夫、普通だから、平常心だから

明日は調布の花火だけど、大宮に行っちゃうだよね。

せっかく近くに越してきたのに、残念だが仕方無い。

夏が暑いの当たり前、暑くても客が入るということを あの人 に示してやらないと!
[PR]
by inadafctokyo | 2009-07-17 14:43 | FC東京

as usual

12日はナオのお誕生日だ。おめでとう!
きっと小平ではプレゼントの山が築かれたに違いない。

移籍してきて最初に見たときから、有無を言えずにときめき続けてきた。
プレイスタイルが魅力なのは勿論のこと、言行一致、発言にも行動にもぶれがないことが素晴らしい。

わたしだって今まで様々な局面で修羅場を経験し、いろいろな種類の人間を見てきたが、人間は弱い、言葉と行動は一致しない、苦しければ苦しいほど、ぶれる、揺れる、たじろぐ。

あなたは踏みとどまる。
足元をきちんと見ることができて、遠くも視野に入る。
危機を必ずプラスに転じてきた。

だから最近は安心して見ていられる。
このクラブで8年目。最初の年に「ずっと居てください」と言っておいて良かったなぁ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-05-13 00:27 | FC東京