タグ:決勝 ( 4 ) タグの人気記事

夢も希望もある魂の90分

2日続けて味スタへ。
昇格プレーオフ決勝 千葉対山形
3時頃のバックスタンドは西日が眩しく、観客は目を細めていたが、キックオフ時刻になるとその陽もメイン側スタンドの影に隠れた。
前日も同じ時間に試合が行われた。その試合は引き分けに終わりFC東京は9位でシーズンを終えた。
12勝10敗12分けで調度真ん中の9位。
c0068891_21582162.jpg
この試合、勝てば山形は4年ぶりのJ1復帰となる。昇格したその後の道がどんなに険しくとも目の前にあるチャンスは逃すまいとするだろう。天皇杯も勝ち残って波に乗っている山形はファンも元気だ。
c0068891_2211150.jpg
山形からバス20台で応援に。
c0068891_22153757.jpg
千葉は2010年からのJ2暮らしにようやく終止符が打てるか。スタンドは全体的に黄色の千葉ファンが優勢。
c0068891_2221124.jpg
音楽も雰囲気もこの一番を盛り上げる。中位のファンとしては羨ましいという思いも。
c0068891_222348.jpg
われらが幸野志有人も33番を付けて先発。東京ファンとしてはどっちかというと山形寄りになっている部分が多いように見受けられるのは土地の魅力といえるものか。
c0068891_22243526.jpg
少ない決定機を生かした山形が前半に上げた1点を守り切って勝利。山形の守備の頑張りが際立っていた。特に浦和からレンタル移籍のGK山岸が頼もしく立ちはだかった。精神的にも支えになっていただろう。
c0068891_2225521.jpg
6年目のJ2を戦うことになった千葉。この試合では個々の良さが見られるものの、それが有機的に繋がって相手を圧倒するまでには至らなかった。
c0068891_22264115.jpg
おめでとう山形。親しい友人がゴール裏で泣いていることを思うと私も胸がいっぱいになった。
c0068891_2228394.jpg
来期の厳しさは皆が覚悟しているだろう。それでもどれだけやってやれるか楽しみもあるだろう。この試合で魂は見えた。東京も負けないようにしなければ。

昇格プレーオフは1、2位が霞むほどの盛り上がりに疑問を呈する向きもあるが、確かに35,000人を集め、成功と言えるだろう。この試合の熱い、緊張感と期待感に溢れた雰囲気が今期一度でも同じ味スタで東京の試合であっただろうか。
前日の試合後の淡々とした空気を思ってしまった。

最後に千葉のファンのマナ―の悪さには正直驚いた。喫煙場所以外で喫煙する、ごみは散らかし放題。東京の試合の時の10倍はあったのではなかろうか。私はバックスタンドで友人は上層で及ばずながらゴミ拾いをした。山形のファンが一人もいなかったわけではないが、数はずっと千葉が多かった。自分の出したごみをコンコースまで持っていく気遣いも出来ないというなら当分上がってこなくてもいいとさえ思う。
よそのうちに来てそこをきれいに使おうという意識もないってどういうこと?選手に色々求めるなら自分たちもちょっとでいい、何かしようよ。スタジアムをきれいに使うってことで昇格できるのかって?わからないそんなこと、でも東京が降格したとき、ボランティアに登録する人が増えたのはどんなことでもいいからチームに貢献したいと思う人が増えたからじゃないかな。
サッカーファンはみんなマナ―がいいとありがたい誤解をしている一般人もいるが、そんなことないんですよって言うのは残念じゃない。

山形も千葉もそれぞれのところで頑張って!そしてそちらのスタジアムに伺うことを楽しみしている!
[PR]
by inadafctokyo | 2014-12-07 22:30 | サッカー

あけましておめでとう、決勝は負けたことありません

天皇杯の決勝戦に出場するときはもっと色々準備をしたかったけれど、結局のところ、掃除はあるし、おせち料理も作らないといけないし、ゲーフラとか被り物とか、まったく手付かずだ。

チケットが初めて無駄にならなかった。

元日は何か予定ある?って聞かれたら、決勝があるの!って答える。

このクラブにとっての初めての元日の決勝進出。
どんな一日になるのだろう。
選手はおそらく、緊張で浮き足立つなんてことはないだろう。ほどほどの緊張の中で冷静に、そう、クマが望んだように生き生きと楽しんでくれるに違いないと思う。

わたしたちファン、サポーターはいつもどおり、貪欲に目いっぱい楽しんで、選手と一体となって応援を繰り広げるだろう。
目を輝かしながらわたしたちにカメラを向けるプレスの人たちが目に見える。

奇しくもJ2のチーム同士の対戦となった。東京は京都と今年2度対戦して2度とも勝っている。しかし、そんなことはなんの担保にもならないことはよくわかっている。
準々決勝くらいまでは勢いや運でも出てこれるが、決勝まではそれだけでは無理だ。
京都もわたしたちと同じように、この1年で苦労しながら大事なものを掴んできたであろうということは、わたしたちが一番よく知っている。

あらゆる面で強いほうが勝つ、それだけだ。
そのあらゆる面の中にはわたしたちの力も入っている。

国立に来たくても来れないファンやサポーターもいる。
今日の国立のピッチに立ちたくても立てない選手もいる。
その誰もが喜びに震えるような結末を用意しよう。

では、みなさん、風邪をひかないように、準備をお願いします。

明大前あたりで最強ハードコアサポとして知られる(?)うちの子が準決勝から参戦しているので、京都対策はばっちり!!(笑)
[PR]
by inadafctokyo | 2012-01-01 00:24 | FC東京

その後の二人

後味の悪い決勝が終わって、今年の1月に行われた高校サッカー選手権の決勝を思い出していた。特に高校サッカーファンではないが、いつまでも試合が続けばいいと思い、心から両方に勝たせたいと願って見守ったあの試合が懐かしい。

野洲高校と鹿児島実業高校。どちらも持ち味を発揮してよく戦った。
鹿児島実業の赤尾主将は試合が終わると、必ず相手の選手の肩に手をかけ、座り込んでいれば手を取って起こし、声をかけ感謝していた。しかしこの試合、延長で負け涙する赤尾くんの肩を抱き、慰め励ましていたのは累積で出場できなかったエースの栫くんだった。

二人をまたどこかで見たいものだと思っていたが、栫大嗣くんは現在サガン鳥栖に、赤尾公くんは鹿屋体育大学に進学している。
今日、7月10日は栫大嗣くんの誕生日だったことをJリーガーのランキングとチェックで知った。おめでとう!
[PR]
by inadafctokyo | 2006-07-10 16:36 | サッカー

国旗と国歌のはなし

別にきな臭くありません。

決勝進出した両チームの話。

c0068891_13402832.gifみなさん、よーくご存知「自由・平等・博愛」のトリコロール。
1789年のフランス革命で国民軍の旗として用いられました。当時は3色の順番が違っていたのですがこの順番になった経緯については知りません。目の錯覚で3色同じ面積に見えるけれど、白が少し狭いというのは知っていますね?

国歌は「ラ・マルセイエーズ」革命歌ね。

正義のわれらに旗はひるがえる、立て、武器を取って進め、邪魔する敵はやっつけろ

というような歌を試合の前に歌うのですから、適わない感はありますな。

c0068891_13491114.gifこちらはイタリアの緑・白・赤
国土と雪と情熱を表し、革命運動では大先輩のフランスの旗に倣ったと言われます。
イタリアは都市国家としての歴史が長く、統一運動が巻き起こったのは19世紀になってから。この運動のシンボルとして3色旗の中央に王家の紋章が入った旗が用いられたそうです。

国歌は「マメリの賛歌」
イタリア統一運動の詩に第二次大戦後、曲が付けられました。

剣を取れ 命を捧げよう 国のため

いやいや、どちらも勇ましい。
いい試合を期待しましょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-07-06 13:59 | サッカー