タグ:柏戦 ( 7 ) タグの人気記事

最後まで共に

柏に行って来た!
c0068891_1333219.jpg
駅に着いたらノーベル賞受賞お祝いの幕が!何度来ても道をちゃんと覚えてない私は黄色い人をつけていって無事にたどりつけたよ。そして何度来ても時間のつぶしようがないスタジアムだね。
c0068891_13371733.jpg
柏で立ち見は久しぶり。ゴール裏では手作りの旗が配布された。
c0068891_1353382.jpg
遠いけれど、拳人はいつもどおりいいところに入っていって、シュートを打つけど決まらず。しかしPKを獲得して、森重が決めた。PKは森重が蹴ることになっているのだ。しかし、どきどきした。正直、浦和戦の負けでがっかりしたままここまでやってきた私の気持ちがこのゴールですっきりしたとは言えなかったが、先制すれば勝てるとファンも選手も思っている。
c0068891_13582224.jpg
東のゴールが決まってこれで完璧!と思ったのにwオフサイド判定。残念すぎる。このまま高い集中力で柏の攻撃をかわして0-1で試合終了。
c0068891_1405884.jpg
何がなんでも勝たなければという気持ちが現れた勝利ではあった。
c0068891_1415248.jpg
すっかりキャプテンらしくなった。
徳永も良かった。わたしの位置からよく見えたんだ。秀人も拳人も他のみんなもしっかりと戦っていたよね。

試合後の監督のコメント:「選手の大多数とは二年間いっしょに働くことができた。彼らのことをほんとうに誇りに思うし、最後の最後まで誇りに思いつづける」(後藤勝公式マガジンTokyoWasshoiより)この意味するところが気になってしまう。
とにかく最終節を勝利で飾りたい。
水曜には天皇杯がある。雑音は排して力を合わせて。マッシモTOKYO!
[PR]
by inadafctokyo | 2015-11-09 14:35 | FC東京

You'll win everything with kids

凹むなら気持ちじゃなくて腹を凹ませたい私ですよ、ええ。
c0068891_1311751.jpg

浦和駒場スタジアム13:30キックオフのU-18の試合(プリンスリーグ関東)に行きました。
日差しが暖かいスタジアムで、ユースを応援する皆さんが手作りのフラッグを飾り付けて、太鼓付きで気合の入った応援です。対戦相手は大宮でしたが、良かったですね大宮。結果は2-4で敗戦となってしまいました。
前半開始直後に失点、その後も大宮に支配され前半の終盤には2点目を奪われ苦しい展開でしたが、前半のうちに1点を返し、ようやく動きが良くなった東京。後半も持ち直して、同点に追いついてからは完全にリズムが良くなった時間帯もありました。そこで追加点が入っていれば・・。
c0068891_13415612.jpg
さすがに落胆の色濃い試合後。でもまだわずかに参入戦への可能性はあると聞きました。次節は12月8日最終節、小平で11:00から浦和レッズユースとの対戦です。お時間の有る方はぜひ応援に!
この後、柏でチケットが余っていると聞き、どうしようかと迷いましたが、この時点で寒かったので、あっさり諦めて明大前LIVREで観戦。年なのでマリノスと一緒で寒いと動きが悪くて・・・。
柏戦チケット難民収容所と化した暖かいLIVREで顔なじみと飲みながらの観戦は、勝てば言うこと無しだったのですが、そうは問屋が卸さない。
2回めのPKまではいい試合になる感じだったのですが、完全にリズムも計画も狂ってしまいました。ジャッジに文句を言っても仕方ないとは言え・・内心では言いまくりたい。
2つのPKに動揺を抑え、3失点目で目を覆い、ナオの魂のゴールで1点を返したことだけが心の拠り所となるような敗戦でした。
現地でもテレビ観戦でも打ちのめされた面々はそれぞれに魂の救いを求めて、肉食ったり魚食ったり、焼いたり煮たり、飲んだり浴びたりしたのでした。

とにかく最終節はホーム味スタですよ。ルーカスもポポもリーグ最終節。挨拶もあるでしょう。
すっとこどっこいなことは全部柏の地に捨ててきた。次節味スタでは笑って〆よう!そして天皇杯につなげよう。
お酒は楽しく飲みたいよ。

2連敗は応えたって言えば応えたのですが、歓喜もあれば落胆もあることは承知の上、勝っても負けても一人じゃない。色々なことを私たちはまだまだ勝ち取れる!

SOCIOの更新をしました。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-12-01 14:39 | FC東京

飛田給は快晴、柏に快勝!

c0068891_9223779.jpg
いよいよホーム開幕です。飛田給駅の階段がこんな風になっていました。味スタ至近の階段も国体仕様でした。
c0068891_9274241.jpg
フードコートは大賑わい。
c0068891_9321743.jpg
東北復興応援グルメは福島、岩手、宮城の各県から。福島のエゴマ豚は入荷がなく、急遽マグロのカマ焼きに。
c0068891_9494083.jpg
岩手は煮込みハンバーグ、豚汁
c0068891_1015682.jpg
ベアレンビールが美味しかった!
c0068891_1015258.jpg
マグロのカマ焼きと宮城のフカヒレスープです。コンコースの気仙沼ホルモンとソーセージも旨かった!
c0068891_1020835.jpg
東京中日特別版!
c0068891_10225963.jpg
中面です。読みごたえありです。
c0068891_1033415.jpg
待ちかねたホーム開幕戦です。入場者2万6千人あまり。ポポさんが望んだ3万には届きませんでしたが、今期に期待するファンの気持ちがスタジアム中に満ち溢れている、その明るい雰囲気が選手を後押しします。
c0068891_1045239.jpg
6分に千真のゴールが決まって先制です。2点目も千真。今年はやるやるとは思っていたのですが、凄いです。
昨年1年かけてポポのサッカーを理解し、李の加入も刺激になって覚醒に繋がっているのでしょう。
草津とのPSMで見た時は、サッカーはやはり距離感や連携が重要で、東が本来の力を発揮するのは少し時間がかかるかもと感じたのですが、この試合の東はとても良かったと思います。
そして特筆すべきは守備でしょうか。攻守の切り替えもバランスも非常に良かったのです。
新しく就任したヴラドコーチの力が大きいようですね。ラインの上げ下げやマークの仕方を練習で教えてもらっていると高橋秀人も話しています。(トーキョーワッショイ)
千真とアーリアがゴールを決め、東と李の非常に惜しいシュートがありました。昨年に比べると全体にシュートタイミングも良くなっていると感じます。
ナオが李に決めさせようとしていましたが・・。次節くらいには取りそうな気がします。
リ・リ・リ・リ・・・という李のチャントには最初スタンドがざわざわしましたが、こどもたちが試合後に何度も歌っていました。
おーヒガシケイゴーというチャントは例によって微妙系の音程です。

c0068891_1115550.jpg
チーム内での競争があって、全員がレベルアップしていくことで、強い東京になっていくのです。これから長いシーズン、期待していいですよ。この試合に来場されなかった人も、少し足が遠のいている人もぜひスタジアムで体感してくださいね。
c0068891_11112320.jpg
試合後は新しく南口に出来たローソンも大賑わいでした。ソシオカードやCSMメンバーズカード、またチケット半券でから揚げ半額のサービスもあります。

夜が更けても多くのファン・サポーターがあちらこちらで歓喜の宴を繰り広げましたね。
相当飲みました・・・
[PR]
by inadafctokyo | 2013-03-10 11:22 | FC東京

神様お願い

c0068891_20463425.jpg


クマは何一つ当たらなかったの・・・・でも金のクマも銀のクマも白ベアもいらない、もう金輪際何も欲しがらない、だからナオの怪我は大したことがないように!

何度も試練を乗り越えてここまで来たのだから、もうこれ以上は苦しみも悲しみも与えなくてもいいのではないですか?

4点目のパスは出さなければ良かったと羽生さんは言っているけれど、この試合何度も柏のDFは振り切られ、あの場面で3番近藤直也は後ろから当たっていきました。もうシュートを打っていた後でそれは無意味なチャージだったと見えました。
(※コメントによりますと、ナオにぶつかっていったのは7番の選手でシュートを打つ前だということです。)

ナオを取り囲む両チームの選手たち。それ以後スタンドのファン、サポーターは心ここにあらずの状態でした。
選手たちはよく気持ちを切り替えて、試合を続行したと思います。
城福監督は変わりに入った草民と北斗と大竹に対してでしょうか、非常に厳しい評価をしています。

・・・僕は彼らの姿勢には非常に不満です。若い選手がああいうサッカーの姿勢で取り組んでいるのならばこのクラブは強くならない・・・・

マスコミに対して試合後にあそこまで言ったことは初めてではないでしょうか。

それほど悪いとは思えなかったのですが、相手のDFによって中心選手が負傷させられた状況で、交替で入った意味を感じればもっと戦う意志を見せるべきということだったのかもしれません。

試合に集中することができなかったので、なんとも言えません。

直接彼らに話したとも聞きますので、よく意味を汲んで真摯に、くよくよせず前向きに毎日の練習に取り組んでほしいと思います。

浮かない顔のサポーターたちがかもし出す雰囲気は4-0で勝った試合の後とは到底思えません。
うつむきがちに駅へどこかの店へ或いは家へと口数少なく足を運び、笑顔が弾けることはありませんでした。

最後にナオの一日も早い快復を祈って、この人の笑顔で締めくくりましょう。
c0068891_21104318.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-17 21:23 | FC東京

今週FC東京ファンはこっそりニヤニヤする

c0068891_0223167.jpg
日立台のアウェイエリアは隔離されているので、ホーム側のフードコートには行けません。難民キャンプのような中庭のようなところに、じめじめした昔人口芝だった、今は剥げた敷物に成り下がっているものが敷き詰めてあって、何台かのケータリングカーが並んでいます。シラス丼、蕎麦、牛くし、ソーセージ、かき氷、ばくだん焼きといったところ。
c0068891_0224937.jpg
一番行列が長いのはビール売り場。試合開始前にはビールが売り切れていました。その後、補充されたようですが、もう少しなんとかならんもんでしょうか。
c0068891_0123656.jpg
シオはもう普通の状態ですね。日曜のサテライトに出たようですね。シオに出てもらいたいけれど、それは権田が出番を失うということで・・・。もやもやしてしまいます。
c0068891_013079.jpg
あっち側のみえみえガスサポ集団。すごい強烈な太陽教の布教活動が行われて、みなさん命の危険というか笑いをこらえるのが大変だったみたい。
c0068891_0134180.jpg
あっち側です。今日勝ったら東京ディズニーランドは浦安ディズニーランドに名前を代えてもらおう となんかどすの利いたデーモン閣下のような拡声器の声で御宣託がありました。別に全然構いません。
c0068891_0153144.jpg
こんな席なのに3,000円です。ハーフラインより向こうのこっち側のサイドで展開されると何が起こっているのかさっぱりわかりません。味スタは設備も整っているし、安いよねー。ここは近いのはいいんだけどさー。ぼったくりだよ。
c0068891_0163243.jpg
クリー
頑張ってはいたと思いますが、前線と後ろが妙に開いていて、連動もなく苦しいですねー。キックオフ直後は悪くは無かったのですが、先制されてしまうと途端に全体的に腰が引けたような。
柏サポの反応はまたかっていう感じでしたが、とりあえず試合中はそうした感情を抑えて応援をし続けていましたね。
c0068891_0171216.jpg
終盤はいつも3歳児のようにバタバタしていたのが、この日は最後まで落ち着いていました。
成長したのねー、おかあさんは嬉しいよーほんと。
c0068891_0172779.jpg
パパ梶山と息子ヨネのコンビは相変わらず良かったです。
c0068891_0175419.jpg
積み重ね、積み重ね  とか 平常心、平常心ていうコールもかけてあげましょう。
原さんから「ふかさないようにボールが落ちてくるまで待て」って言われたことをトラップしてシュート打つまでに思い出したってんだから、この人の感覚は凄いよ。そんなこともあっての積み重ね!
[PR]
by inadafctokyo | 2009-06-22 01:16 | FC東京

心まで凍えた・・

会社を早めに飛び出して、はるばる出かけた常磐線「柏」
桜の便りも届くって言うのに、寒さに震え雨まで降り出す始末。
おまけに敗戦・・・寒さが身にしみました。

だっかるび丼 500円は美味しかったけど、ウイスキーのお湯割り500円は許せん!
あんな薄いお湯割りで500円とは、どんだけぼったくりだ!もうそろそろ立派なスタジアムが悠々建てられるくらい儲かったろう、コノヤロ。と八つ当たりしておきますよ。でもほんとーにお湯が濃いこと・・・。体に悪いわ。

なんとかみんな、よろよろと家に帰り着いたわけでしょうが、本当はあのレイソルロードに死屍累々なんですよ。
青赤マフラー巻いた人たちがばたばた倒れているのがわたしには見えました。

昨日一日どころか、今週ずっと、今年に入ってずっと、昨年だって、ちゃんと毎日働いてきたわたしの何が悪くてこんな目にあうのでしょうか?
いや、むしろあたしのせいって言われた方がなんぼかましでんがな。

寒い中、時間をかけてお金もかけて、会社を休んだり早退したりして駆け付けたみなさんが見たかったものはなんでしょうか。

侍ジャパンが帰国したときの、選手たちも驚くほどの成田の熱狂ぶり。
負けても心を打つ戦いは確かにある。でも勝利はもっと強く人の心を動かす。
簡単には勝てないことをよく理解しているからこそ、人々は勝利に熱狂する。
実人生には勝利とはっきり言えるほどのことなんて、ありはしないから。

わたしたちががっかりするより、選手たちがよほど落胆して迷っているのではないかと心配ですよ。


ハーフタイムの監督の指示

○マークの受け渡しを早めにはっきりと
○サイドでの1対1に負けない
○中盤はシンプルにフリーな選手を使う

そう、そのとおり。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-03-26 12:51 | FC東京

桜咲く金町ダービー

さて、明日はまず昼から代々木公園でペーニャの花見。
おはぎを作っていこう。
みなで充分盛り上がってから、日立台に移動する。

李くんのコメントを読むと、ユースからトップに昇格した喜びと移籍を決意するまでに至った失意の大きさがわかる気がする。
激しい言葉を吐き出すほど東京への思いが強いということではないか。
本当に大きくなったこと。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-03-30 23:31 | FC東京