タグ:川崎戦 ( 14 ) タグの人気記事

追加点大事!

多摩川クラシコだからとことさら言わなくても、負けられません。
トップの試合前にココラシコ
c0068891_19322226.jpg
川崎の監督はいまだに奥さま方に絶大な人気を誇る佐原さん。
c0068891_1933731.jpg
そして東京の監督は池上礼一さん。こちらはいまだにナオさんのブログにアップされた写真の印象が強すぎる人(笑)
残念ながら負けてしまいましたが、何しろ川崎でも東京でもクラシコ負けなしの佐原さんが相手ですから、仕方なしと言ったところ。トップが勝てばいいんです。

川崎は聞いていたほど酷くは無かったのですが、先制されると苦しい。互いにミスはあっても東京のほうがそれをカバーできていたという印象ですね。
用事があって昼過ぎに薄着で家を出たので、夕方になってからの強風と寒さにまったく対応できず、お湯割りを買いに行って戻る途中にルーカスのゴールを目撃しました。先制するとホッとしますね~。いくらボールを持って優位に進めていてもゴールを決めないと勝ちにはならない。惜しいだけではなんにもならないのは大分戦で身に沁みています。

相手が川崎だということを割り引いて考えないといけないのでしょうが、取られても取り返すをちゃんとやりきっていたし、攻守の切り替えも良かったですね。
横浜、大宮とは違うとは言うものの、付け入る隙がある相手にはきっちりと勝つということを出来たことが良いことです。
c0068891_1949686.jpg
アウェイ側のコレオ。WINではなくてなぜwingと思ったら、今年のスローガンなんですね。アウェイでこのコレオを準備するのは大変だったでしょう。苦しいチームをなんとか力づけようということだったんでしょうね。今後も楽ではなさそうです。(上からとか言われそうww)
c0068891_19542887.jpg
悪い顔のドロンパ、いいですね~。
後半に東が追加点を上げてすっきり勝ちました。追加点大事~!
ファンの声(東のシュートは入らない、いいとこにいるけどね~)と言うのが聞こえたのか、この日は冷静にグラウンダーで決めました。よしよし。
ミスが有った割にはこの日はみんな良かったと思えたのは、結果のせいばかりではないでしょう。
ここからさき、勝てる相手にはちゃんと勝つ。強い相手には苦しくても我慢して勝ち点1でももぎ取る覚悟で!
目標の3万には届かず2万6千人の観客でしたが、勝った時は引けるのが遅いので、コンコースは大渋滞。そしてルーカスチャントと東チャントが歌われました。
みんないっぱい飲んだかね?
[PR]
by inadafctokyo | 2013-04-28 20:09 | FC東京

いたたまれない・・・

3連休は引越しで潰れた。引越しというものは遠くても近くても大変さにあまり変わりはない。隣の部屋に越しただけでも、結局前後1ヶ月くらいは影響を受けてしまう。
清水はケニーズで、川崎戦は味スタで。
多摩川クラシコで、3万4千人という数字は立派なものだと思う。川崎戦では1,2を争う観客数だった。今期の動員数から言って4万人という目標設定には疑問があるが、株主招待、ソシオ招待、こどもチケット200円と様々な手で動員に努めた結果の数字は評価できる。
スポボラでサンプリングとハイタッチフレンズの場に付いたが、来場者の出足の早さには驚くべきものがあった。
試合中の雰囲気も大変良く、ゴール裏に反応するバックスタンドの拍手や声も力強いものだった。
いつもこれくらい入ったら雰囲気が良いなぁと思わされた。
続々と入場する人々を迎えながら、こういう時に是が非でも勝って欲しいと願っていたのだが。

そしてウォームアップを見ていないので、何が起こっていたのかは全く知らずにいた。

前半は確かに素晴らしい内容だった。よし行けると思ったが、何度もチャンスを作りながらゴールを決めることが出来ない。内容から言えば3点位は入って良かった。しかし、0-0で前半を終了する。
良い流れの時に点が取れないということからくる微かな不安を振り払って、それより後半はきっとゴールが決まると思った。
しかし、後半開始9分で2点を奪われる展開。前半の入りの悪さを改善したら、後半の入りが悪くなってしまった。
先制され、追加点が入ると、前半の余裕は何処へやら、落ち着かない動きになり、連携も悪くなってしまった。ヨネの交代も響いたかもしれない。
腕組みをするポポさんと通訳さんの厳しい表情・・。
東京の得点はエジミウソンの1点に留まり、敗戦という結果に帰りの客足は来場したときと同様に早く、有明海の引き潮のように引いていき、アウェイ側はいつまでも余韻に浸っている。

何時にないゴミの多さはどれほど人が慌ただしく立ち去ったかを示しており、責める気にもならない。黙々と汗を流してごみを拾うことで心の安定が戻ってくるような気がしたのだが、その最中にも何か不可解な誹謗を川崎のファンから受けたのはどういうことだろうかと思うばかり。
そして、終礼時にも激昂したアウェイサポーターがはるばる本部テントめがけて押し寄せた時も少しも事情を了解できなかった。すぐ後で知ったわけだが、ますます気分は沈む。もうどうでも良いくらい沈む。いたたまれない思いでスタジアムを後にした。

ビグフレ交歓会には申し込んでいたが、昨日の今日では気分転換を図れそうになく、欠席とした。その代わりと言ってはなんだが、家飲みをして、だいぶ元気が出た。

ポポさんの言うことも理解できるが、勝たないと何にもならないこともある。
わたしたちは次の試合を期待する、その次をそしてさらに次を。でも次が無い人もいる。
仕事の都合でめったに来れない人がシフトがようやく合って、楽しみにして来場して、次はいつになるかわからない。
お父さんの大好きなサッカー、大好きなFC東京、そんなにいいのかなと思って初めて来てみた奥さんとお嬢さん。
そして、たくさんのこどもたち・・。こどもたちにはわたしなどより遥かに長い日々が保証されている。しかし、こどもに、次は・・と言うのは理不尽すぎると思うのだが。

この日、選手とハイタッチして興奮で顔を輝かせていた皆さんの顔を思い出して、自分を励ますようにする。
どうかまた来てくださいね。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-09-24 10:46 | FC東京

これがFC東京です!

c0068891_22103749.jpg
桜を楽しみながら歩いて登戸まで、そこから電車に乗りました。
c0068891_22151639.jpg

等々力でのアウェイ川崎戦。
2年ぶりにここに来て、1年を経て帰ってきたのだと思いました。いつも華々しくも馬鹿らしい面もある試合になりがちな川崎戦、今年はこれまでと違って、それほどバカな試合にはならないと思っていました。
c0068891_22163667.jpg
待機列での花見を満喫してやる気満々な東京ファンのみなさん。もともと楽しむことは得意だったのですが、J2暮らしを経て、またひとつ抜けだしたような気がします。
c0068891_2223659.jpg
あれ?いつもうちに来るおばちゃんだ。こんにちは~。
私もねこでも連れてくれば良かったと思うほど、日陰の席は寒かったのです。
c0068891_22252648.jpg
悪そうなドロンパ。
c0068891_22263834.jpg
寒いわ、アーリアは退場になるわ、帰り道に迷うわ(おまけに負けるわ)では踏んだり蹴ったりだと思って、今日は引き分けでいいと思っていたのに・・
c0068891_22285028.jpg
勝ったのよ~あーっはっは 何があっても気にしませんわ。帰りに本当にダンナが電車を間違えたわ。
憲剛はいいねぇと思ったのですが、それ以外があんまり怖くなかったのですわ。
ジャッジは贔屓目で見てしまいますので、なんとも言えませんが、どうなんでしょうね。勝ったからそれもあまりこだわらないのですが、アーリアは5試合で4枚は貰いすぎ。1試合出て2試合休んでは、いかんよ。

選手たちのコメントに「いいね!」連発のわたしだ。タイトルは徳永のコメントから。

さて、明日の新聞が楽しみ。
お疲れ様でした。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-04-08 22:41 | FC東京

楽しめ、無理しても楽しめ

c0068891_2292648.jpg
フードコートは賑わっていました。味パンダとドロンパとかつお武士です。そろそろ本当にカメラを買わないといけないと思いました。この1枚前の写真に見知らぬ男性がしっかりとカメラ目線で写っていました。いえ、別にあなたを撮ったわけではありません。液晶が壊れているだけなんです。
c0068891_2210055.jpg
一番奥にブラジル料理の店がありました。フェイジョアーダとソーセージです。今まで食べた中で一番美味しいと思いました。レストランではなくおかあさんの味ですね。店をやっているのも女性二人で、ソーセージにもフェイジョアーダにもキャッサバの粉をかけてくれました。これをかけると美味しいのと言って。
c0068891_22102058.jpg
お弁当箱も当たったし、勝ちたかったなぁ。2008年の味の素デイには小さいバッグが当たったのです。味の素しか当たらないみたい。文句言っちゃいけないね。

あと1勝でなんとかなるというところまで来て、固くなったのか気負いが出たのか守備は素敵なプレイが見られましたが、攻撃は素敵とは行きませんでした。自由さが失われ、シュートまで手間がかかりました。
川崎の守備は要所要所効いていたかな。

本当の優勝争いをしたことはありませんが、本当の残留争いもしたことはありません。ここから先はかなりな重圧と戦うことになるでしょう。

なんとかしてあげたいけど、自分たちでなんとかするしかないからね。
スタジアムや小平で応援することしかできないから。

もう来年はソシオを辞めるってtwitterで宣言していた人もいました。こんな辛い思いまでして試合を観たくないって。
人それぞれだから仕方ないですよね。
私にとっては子ども、家族と一緒だから、一緒に喜びたいし、一緒に辛い思いをしたいのです。
今日の試合後のように、選手たちのあれだけがっかりした様子を見ると、やはり自分のことより彼らに大丈夫だよって言ってあげたい。
だって、彼らの方が大変でしょう?

次は優勝を決めた名古屋、肩の力が抜けて手ごわいのか気が抜けているのか・・もう順位のことや何かは気にしないでと言っても無理ではありましょうが、ここまで来たら思い切ってやるっきゃない!
サッカーで一番大事なことはプレイを楽しむことだそうですよ。(ジーコ)
行って来ますよ、名古屋。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-11-21 00:05 | FC東京

GET THE RIVER UNDER CONTROL

17日の天皇杯ではヤング東京が躍動して大きな勝利を掴み取ったお陰で、主力を休ませることができ、チームに活気も与えました。楽しい試合でした。
エルゴラの草民、ヨンドク、健太郎、大竹の喜び合う姿は可愛かった!!
彼らの示したものを無駄にしないように、今日スタメンで出場するメンバーはそれを上回る内容と結果を見せて欲しいものです。

対する川崎フロンターレは中村憲剛を累積で欠き、けが人やアジア大会で欠場する選手も居て、東京が有利な状況と言えるでしょう。でもやってみないと何が起こるかわからない。相手がどうあろうと落ち着いて、やるべきことをきっちりとやってくれれば結果は付いてくると思います。

昨年のクラシコ・マフラーを久々に引っ張り出し、着うたをダウンロードして準備万端です。
着うたダウンロード数は15日時点で川崎に負けていました。まだという方はぜひ!315円かかりますが。

天気も良いようで、たくさんの人の来場が見込めるようです。

最高の雰囲気の中で、みんなの力で勝利を掴みましょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-11-20 07:57 | FC東京

サポーターとしては圧勝(J’sGoal よりこっち)

自転車で来れる距離を飛行機でやってくる川崎のアウェイツアーに対抗して、ペーニャLIVREのメンバーとLIVRE常連さんを中心として迎撃作戦が行われた。

まず前日から大島入りして迎え撃ちの準備を進めるとともに、同じ船に潜み、いきなり現れてゲーフラで迎え撃つメンバーも(まさに呉越同舟)。このあたりはJ’sGoalの写真を見ていただきたい。

そこまでやる?の川崎アウェイツアーの更に上を行く、なぜそこまでやる?FC東京サポーター・ペーニャLIVREの馬鹿さ加減万歳!!

そして当日・・・・・
調布飛行場に到着する海豚軍団を迎え撃つために参集した青赤サポーター18名~。やってくる川崎サポーターと同数。わたしもうちから歩いて向かった。
待合所でせっせとゲーフラを作っていると、空港関係者が恐る恐る近づいてくる。
平和的な意図をもった出迎えと知って安心する。100円の突っ張り棒では凶器準備集合には当たらない。
c0068891_2218021.jpg
やってきた飛行機
c0068891_22182982.jpg
お出迎えに来たフロンタ。やたらでかい。近くでは見たくなかった。
世の中には可愛くもかっこよくもないマスコットが存在するのである。
c0068891_2219157.jpg
わたしたちには飛行場内でお出迎えする特別な許可が下りなかったので、外で待機。
c0068891_2219269.jpg
どうだ。
c0068891_22194735.jpg
参ったか。
c0068891_22202083.jpg
終始戸惑い気味の川崎さんたちとのゲーフラ対決。
c0068891_2221094.jpg
次こそ泳いで来いよと浮き輪をプレゼントする。
c0068891_22212071.jpg
東京スカパラダイス・オーケストラがDOWN BEAT STOMP、Pride of Lions、You'll never walk aloneの計3曲を熱演!
ユルネバは勿論サポーターもマフラーを掲げて熱唱。スカパラのマネージャーもぐっとくる雰囲気だったが、川崎サポーターがブーイングという無粋加減に呆れる。
いろいろ含めて当日のサポ対決はFC東京の勝ち。
c0068891_2221486.jpg
ナオのゴールで2-0
ま、このまま終われば良かったのだが。良いところも悪いところも出た試合。ブルーノの退場後10分で3点を失う。
10人になったときに切り替えがすっきりできなくて、その隙をつかれちゃったね。その辺がまだまだ大人の試合運びではないなぁ。

ゲーム後にコンコースでよっちさんを見つけて、「ほんとに残念だよ~」と嘆いたら、「しょうがない」という答え。
それが諦めているという言い方ではなく、力を込めて「こういうこともある、いろんなことがあってサッカーだから受け止めないと」という意味だったと解釈した。
そうだ、ジャッジには不満がある。しかし、有利不利はどっちに転ぶかわからない。
ブルーノのファウルは痛すぎた。でもテセならあの程度で倒れずにシュートを決めるくらいのことはできたのではないかと思っていたので、吃驚した。必死でくらいつくDFを振り払って、或いは軽くかわしてゴールする。その方がずっとかっこ良い。東京の選手であればなおさら、簡単に倒れてしまうとがっかりする。
だから、あまりくよくよしない。いいのさ、次は試合も勝てば。


スカパラのマネージャーによる日記

8月のスカジャンボリーのチケットも購入済み。とっても楽しみだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-05-25 23:08 | FC東京

わたしが結婚指輪を外した理由

c0068891_22504991.jpg
試合前に小平市の少年少女サッカークラブによる試合がありました。
こどものサッカーって8人制でしたっけ?
超コンパクトでスペースがないにも関わらず、逆に言えば密集を抜け出せばそこは広大なスペースなのですが、こどもたちはドリブルが大好きでした。
Jリーグではありえないくらいドリブラーが出現するこどもサッカー。
要するにボール持ったら放したくない、それがこどもの生きる道!

c0068891_22513731.jpg
チョンテセに寄り添うサハラ、ジュニーニョにひもをつけたようなフジ。守備は悪くなかったと思います。ところがセットプレーから2失点。崩されたわけではないとはいえ、観ていて非常に嫌な感じのする失点でした。
それでも少しも気落ちする気配を見せず、追いついて後半勝ち越しました。

c0068891_22522587.jpg
J初ゴールとなった、得意のループシュートも目を見張るものでしたが、今ちゃんに出した正確で優しいパスにも惚れ惚れしました。
本当にどうしましょう、この18歳。

c0068891_22525982.jpg
シャーは2度目でサマになってきたようです。
最近は会社の人にも”大竹っていいね”と言われるほどの世間的な注目を集めて、誇らしくもあり、いずれどこかに・・・と今から心配したり。

c0068891_22533389.jpg
ニャーのおにいさんが代表候補合宿に追加召集!
苦しんだ時期があるからこそ、今がある。
平山にもそのことを知って欲しいと思います。

さて、タイトルにある”結婚指輪を外した理由”ですが、大したことではなくて申し訳ありません。
要するに、東京の試合に行きだしてから、試合中にコールに合わせて拍手をする時間が多く、指輪をしていると90分を終えたときに手が痛くなってしまうので、タンスの引き出しにしまってしまったという、それだけです。

フロント主導のような”多摩川クラシコ”に半分しか気持ちが入っていかない雰囲気もあったスタンドですが、選手の気持ちとプレイによるリードで次第次第にノリがよくなって行きました。
同点になってからの気持ちの入ったコールと拍手の中でプレイする選手たちとわたしたちの間には”絆”があったと思います。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-04-20 23:27 | FC東京

気合入ってますか?

c0068891_1112058.gifにゅーが看板なのに出られない多摩川クラシコ。
連休中ずっと欠席ですか~(泣)

多摩川クラシコ・・・まだこのネーミングにはわずかながら違和感とためらいがあったりする。
昨年、川崎にあんなふうにやられてしまって、特別なものになったカード。

でもトラウマって程じゃない。
なんたって、今年はそれを上回るショックがあったから。
これ

いつまで引きずるのかって?心的外傷後ストレス障害(よく言えました)
多分、あの子が新しいチームでしっかり戦力になって愛されてるってことがわかるまで。

雨も上がったしスタジアムで飲むビールは格別だ。
注目に値する内容であって欲しいと思う。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-04-19 12:21 | FC東京

多摩川クラシコ

今日、川崎さんの企画で多摩川を船で渡って味スタに行こうというツアーが催行されました。
どうなったかなんて、気にしてる場合じゃない人が多いとは思いますが、一応ご報告まで。
小さな船で15人くらい?のサポーターがやってきました。でも着ぐるみのフロン太はいなかったのよ。えーーーって感じ。

そしてせっかくね、これだけ双方で盛り上げて、船で来るっていうフロン太さんたちをそっけなくスルーするのもつまんないから、明大前LIVREペーニャの仲間たちが朝もはよからお出迎えに行きましたよ。そうですとも、えらいよ、うちの男の子たちは。(女の子もいました)
ゲーフラ作ったり、フロン太たちの通る道を青赤のロードにしたり、盛り上げに一役も二役もかいました!トーチュウもクラブスタッフも来なかったけどね。
川崎のクラブスタッフに偉く感謝されたそうですけど。

緑とのダービーよりも富士通やNTTとの対戦の方が歴史を感じる部分はあるね。
だからこそクラシコなんていう名前をつけたのでしょう。

そういうところを面白がって、本気で遊び半分で乗っかりつつ楽しもうっていうスタンスが東京サポーターのいいところだと思って。最近はどうだろうと疑問に思うけれど。だからうちのペーニャの若い(わたしよりずっとね)人たちがこういうところでやってくれるのは嬉しい。
でもこれだけやるから余計に辛いよね、今日の結果は。
でもね、決して無駄じゃないから。
多摩川クラシコは続けたらいい。今年は完敗。でも来年がある、それでもダメなら再来年、わたしの孫の時代にでも必ず今日の借りは返しておくれ。
忘れるな。今日のこと。

でも引きずるな、今年中はもう思い出さなくていいから。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-10-29 00:21 | FC東京

多摩川子ラシコ

c0068891_165729.jpg

子子ラシコは1-5で負け。子ラシコは2-0で勝利!
[PR]
by inadafctokyo | 2007-10-14 16:05 | FC東京