タグ:天皇杯 ( 32 ) タグの人気記事

天皇杯2回戦 対青い稲妻秋田!

7月12日午後6時キックオフ。
久しぶりのホーム味スタはわくわくしますね。
c0068891_141484.jpg
ブラウブリッツ秋田はTDKを前身として創部。男鹿市を中心としていることから、ドロンパもナマハゲコスプレです。春一番さんを偲んで。
日中は外へ出るのが躊躇われるような蒸し暑さでしたが、5時過ぎてから一息つけるようになってきました。
c0068891_149314.jpg
カテゴリーはJ3、今のところ10位の青い稲妻は与那城ジョージ監督です。
c0068891_1427775.jpg
秋田のサポーターのみなさん。ようこそ味スタへ!
c0068891_14334143.jpg
ヘッドギア装着のゴンちゃん。練習で怪我をしたのかな。
c0068891_1537951.jpg

初戦は難しいものですから、若干の不安はありました。先週の練習試合の出来もあまり良くなかったようですし。しかし、結果は8-0。お祭り騒ぎの味スタでしたが、中断期間の成果を見せられたという意味ではほっとしました。
秋田がガチガチに引いただけのサッカーではなかったことも東京にとっては有りがたかった所はありますね。秋田のみなさんにとってはなかなか飲み込み辛い経験になってしまったかもしれませんが、7点取られた頃から、すこし落ち着きを取り戻して、最後まで秋田のサッカーをやろうとしていました。
偉そうなことは言えませんが、J1のチームと公式戦で対戦してわかったこと、得たことをクラブ全体で今後に生かしていって貰いたいものです。
東京の選手たちも決して気を抜かず、笛が鳴るまでしっかりとプレイしていました。
東京は三田と武藤と河野が一緒に出ると楽しいですね。
c0068891_14581167.jpg

夕暮れ時、不思議な美しい空でした。いよいよJリーグが再開されます。サッカーは面白い、しかしわからない。そんなことをずっと感じていた1ヶ月。来週からのスタジアムで面白い楽しい、心に残る体験が出来ますように。
c0068891_1539813.jpg
風の気持ち良い夕暮れでした。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-07-13 15:54 | FC東京

良いお年を~

負けた試合で終わるのもなんだから、天皇杯準々決勝仙台戦を振り返って今年を終わろうと思います。
c0068891_12344032.jpg
このスタジアムではあまりいい思い出がないけれど、ここでは終われない。
c0068891_12373257.jpg
サンタ帽がいっぱい。杜の都に東京からサンタがやってきた!
c0068891_1251451.jpg
仙台のゴール側にはカメラマンがゴールシーンを撮ろうと集中。業界の人ってよくわかってるよね。でもその勘が外れることだってあるのさ。東京なめんなよ~。
c0068891_1254211.jpg
東京側は4人。ハーフタイムであっち側へ移動するカメラマンに向かって、こらー後悔するぞ~~と叫んだものの、やっぱりそうだよねとも思う(笑)
c0068891_1301136.jpg
でも林の逆転ゴール後の大騒ぎを間近に撮れたのはこの4人だったんだな。
前半終了間際の宏介のフリーキックにより同点ゴール、そして延長終了間際の林のゴール。この試合を観戦出来て本当に良かったと思います。
c0068891_1314020.jpg
ボラの忘年会で当たった林くんの練習着。しっかり着込んだ感じで、この2年あまりチャンスらしいチャンスもない中で、彼の日々の思いと練習で流す汗が結実するようにと心から願い、来年とは言わず、天皇杯で活躍出来るようにと声をかけたのですが、本当になるとはね!
その彼も来季はレンタルでの移籍が決まったようです。たくさん試合に出て自信を付けて戻ってきて欲しいですね。

仙台戦はこの1年応援してきたファンへのご褒美のような試合でした。
また来年、毎週の試合を楽しみにして仕事も様々なことも頑張ろうと思います。
どうぞ、良いお年を。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-12-31 11:30 | FC東京

全日程終了

c0068891_1052686.jpg
天皇杯準決勝は晴天に恵まれ、眩しい日差しの中で行われました。
c0068891_106186.jpg
勝利を信じて、願って、あと少しでたどり着きそうだったそれは、するりと逃げて行きました。この1年を振り返ると象徴的なことかもしれません。元旦の国立で、これまでに叶えられなかったこと、その様々な無念を最後に一気に晴らそうというのは虫が良すぎたのでしょう。でもそんな結末はとても東京らしいことのように思えて、素敵な締めくくりと決め込んで。

c0068891_10323114.jpg
シーズンを安定して戦い、多少の波はあっても上位を維持し続けた2チームが天皇杯を賭けて決勝を戦うのは真っ当なことでしょう。ちっとも面白くないけれど。

試合後にあれこれゴール裏を批判する声が聞こえてきます。自分の思い通りにならなかった結果を受け入れがたく、叩くのに適した何かを求めることはよくあることでしょう。そして多分ゴール裏ってそうした対象になりやすい。そこに自分は一切の責任がないかのような言い方は、よそのサポーターや物書きならともかく、承服し難いものを感じました。

一気に人事が発表されはじめ、それぞれの道を目指していきます。
今年味わった苦い味を消化して、生き生きとした中にも味わいとコクのある大人のチームとして魅力あるサッカーを見せてほしいと思います。

決勝のチケット、アウェイ側は動員力では東京より難しいチーム、遠方でもあるしなかなか譲り先が見つからないようですね。わたしのも余っています。
完売なのに空席が目立つなんてことにならないと良いのですが。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-12-30 11:27 | FC東京

止まらないサマーライオン

久しぶりの味スタでの試合は天皇杯2回戦、昨年敗れた横河武蔵野との対戦になりました。
懲りもせず、試合開始までは翌日の東京中日の見出しがチラチラ見えていました。
「FC東京 貫禄の勝利!」
ところが、試合が進むに連れ、あれれ?という感じになり、後半は完全に見出しに修正をかけていました。
「FC東京 辛勝・・・」

一人ひとりの力の差は明らかなのに、ゴールは決まらないんです。
ゴール前は黄色い壁が出来、横河のキーパー、飯塚が良すぎました。
千真のPKを止める、何度かあったビッグチャンスも悉く防がれ、平山とナオの素晴らしいシュートもセーブ・・・・。

この日は天皇杯の初戦には珍しくゴール裏も応援をしていました。今年は負けさせられないということでしょうか。
延々続くサマーライオン、否応なしに覚えたよ。

バモバモバモ東京 バモバモバモバモ東京 この気持ち止まらないぜ おおおおお×3東京.

延長後半に平山がついにヘディングを決めてくれました。あとは残り時間を気にしながら、とにかくサマーライオンw

ひとつのチャントを延々続ける意味がわからないという感想もありましたね。
何かの意図というよりはその時の気分なんだろうと思っていますが、東京ファンの中にあるそうした反応にも耳を傾けてもいいかもしれないね。
スタンドの多くの人を巻き込んで欲しいから。

なんとか初戦突破をしたのですが、横河はいいチームではあったけれど、そこまで強いというわけではない。そこに苦戦する姿を見ていると、今後も苦労しそうですね。苦労しながら改善していければいいとは思います。

待ちきれないよ きらめく空
今年もあの季節が
来た来た来た来た
天皇杯がやってきた!

わくわくするゲームを見せて欲しいです。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-09-08 12:06 | FC東京

江戸っ子だってねぇ寿司喰いねぇ、酒飲みねぇ、憂さは晴れたかい?

年とともに切り替えってやつが簡単にできなくなってきているinadaなのだ。
でもね、試合後に寿司パーティーを予定していて、がっくりきながら魚をパルコに買いに行って、みんなで賑やかに旨い寿司に旨い酒を堪能した。
仲間っていいよな~。寿司の写真、ちょっとだけ。やっぱりプロって凄いよ。寿司職人修行中の知人に自宅で握ってもらったのだが、パルコの魚屋で買った魚が大変身ですよ!
c0068891_06959.jpg
私が切ってご飯に乗っけてもこうは旨くならない!プロは魔法の手をしている。
本当はサッカーのプロ選手も魔法の足をしているんだよ。
でもね、時にはどうしてか魔法が効かない時もあるんだね・・・。
c0068891_0102761.jpg
微笑ましかったなぁ。横河の応援者のブース。ここまで来れた喜びが溢れていた。
私たちも元日の天皇杯は本当に楽しんでいたのにね。リーグだ、ナビスコだと連戦の中で、天皇杯だ!という喜びはあったのかどうか。
ゴール裏の応援もどっちが迫力があったかというと言うまでもない。東京には東京のやり方があるのはわかっているけれど、全てにおいて力の差を見せつける、相手にとってはいつもと違う雰囲気で落ち着かなくさせるような応援があっても良かった。
c0068891_0193963.jpg
人数をかけて、しっかり集中して守る相手から点を取るのは難しいということはもちろん分かっていた。
降格以来のショックではあるが、もう仕方ない。巻き戻せないのだ。
翌日は所要で休みを取っていて良かった。負けたの?なんて何度も聞かれたらたまらない。
後藤勝さんのメルマガはさーーーーっっと読んだ。
まだ、おめでとうは言えないでいる。
わかってるよ、大人げないし年甲斐もないって。
でもこの年で無理は禁物なんだ。なんてね。
選手たちもいろいろな思いに囚われていることだろうが、次々試合はあるのだ。
あなた達はわたしのように勝手に凹んではいられない。
プロとしてやるべきことをやってください。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-09-13 00:45 | FC東京

サンキューオオクマ

c0068891_1703214.jpg
この日を決して忘れない。
わたしは分かっていなかったな。本当に望まなければ実現しないこと。失ったものを思って嘆くより、必死に前を向いて、それぞれが出来るだけのことをして、必ず強くなって復帰するんだと思った。
c0068891_1721099.jpg
それでも、このような結末を本当に信じていただろうか。J1に戻ることは絶対に成し遂げなければと思っていたが、それ以上に大きなものを掴んだ。
c0068891_1792912.jpg
足りなかった逞しさと謙虚さを厳しく要求したクマさんは、国立の階段を登っていく選手たちを見ながら、感極まっていた。
「旅立つこどもを見送るような」(エルゴラの泰良さん)、「卒業生を送り出す教師のよう」(後藤勝さん)な表情を見せ、試合後には初めて選手を称えたという。
c0068891_17183444.jpg
由紀彦が言ったという「J2は魂の磨かれる場」という言葉の意味も初めてわかった。
どのような場であっても、自分に与えられた場所で必死にやるべきことをやって初めて道が開けるということ。
本当に学ぶべきことが多かった。
c0068891_17371715.jpg
素晴らしいゲームになったのは京都が対戦相手だったことも大きい。思ったとおり強く、今後が楽しみなチームだった。
ゴール裏はいつも通りの楽しい雰囲気を作ってくれた。全ての力を結集した試合であるように、その願いは満たされた。

c0068891_1741083.jpg
試合後には飛田給に戻って優勝報告会。アミノバイタルに約5,000人が集合。
せっかくの会だが、苦言を呈しておきたい。
司会の手際が悪かった。打ち合わせどおりには行かないとは言え、もう少し臨機応変さが欲しかった。こうしてみると三田涼子さんという人の存在は大きい。試合内容についても言及でき、選手一人ひとりについても把握している。司会を担当した方にはもっと努力をしてくださいとお願いしたい。
そして、選手のみなさんには話すことも仕事の一部とわきまえ、自分の考えを述べる機会を大切にしてほしい。
人前で話すのは苦手、なんて甘えが許されるのは学生の時だけ。いついかなるときも社会人、プロスポーツ選手としての準備を怠らないように。

大熊さんが厳しい父親のようだったとすれば、わたしも意識して厳しい親にならなければいけないときはそうしようと思う新しい年の始まりだった。(普段からそうじゃないですか?というご意見はありますかね・・・そうかもしれませんww)

3月までに色々と準備をしないとですね。ああ、大変だ!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-01-04 17:54 | FC東京

あけましておめでとう、決勝は負けたことありません

天皇杯の決勝戦に出場するときはもっと色々準備をしたかったけれど、結局のところ、掃除はあるし、おせち料理も作らないといけないし、ゲーフラとか被り物とか、まったく手付かずだ。

チケットが初めて無駄にならなかった。

元日は何か予定ある?って聞かれたら、決勝があるの!って答える。

このクラブにとっての初めての元日の決勝進出。
どんな一日になるのだろう。
選手はおそらく、緊張で浮き足立つなんてことはないだろう。ほどほどの緊張の中で冷静に、そう、クマが望んだように生き生きと楽しんでくれるに違いないと思う。

わたしたちファン、サポーターはいつもどおり、貪欲に目いっぱい楽しんで、選手と一体となって応援を繰り広げるだろう。
目を輝かしながらわたしたちにカメラを向けるプレスの人たちが目に見える。

奇しくもJ2のチーム同士の対戦となった。東京は京都と今年2度対戦して2度とも勝っている。しかし、そんなことはなんの担保にもならないことはよくわかっている。
準々決勝くらいまでは勢いや運でも出てこれるが、決勝まではそれだけでは無理だ。
京都もわたしたちと同じように、この1年で苦労しながら大事なものを掴んできたであろうということは、わたしたちが一番よく知っている。

あらゆる面で強いほうが勝つ、それだけだ。
そのあらゆる面の中にはわたしたちの力も入っている。

国立に来たくても来れないファンやサポーターもいる。
今日の国立のピッチに立ちたくても立てない選手もいる。
その誰もが喜びに震えるような結末を用意しよう。

では、みなさん、風邪をひかないように、準備をお願いします。

明大前あたりで最強ハードコアサポとして知られる(?)うちの子が準決勝から参戦しているので、京都対策はばっちり!!(笑)
[PR]
by inadafctokyo | 2012-01-01 00:24 | FC東京

別れの予感

天皇杯準々決勝 対浦和レッズ (熊谷スポーツ文化公園)
1-0で浦和を下し、準決勝進出。
c0068891_1365270.jpg
バスを仕立ててくれた人がいて、25名で行ってきました。お弁当は「鳥藤」の鳥めし。これも手配していただきました。
凄いでしょう?あかふじ観光ってんです。
c0068891_13222773.jpg
青と赤のサンタ帽がきれいな東京側。日当たりが良くて、コートいらずでした。
ゴール裏も思わぬ暑さに”なーつだなつだとんがろう”と歌うと、浦和がブーイング。すかさず「意外と暑い!」コールを飛ばすわれらがゴール裏。
c0068891_13301388.jpg
こちらレッズゴール裏。日陰で寒そうです。競技場のせいや単純に人数のせいでなく、以前より迫力が無くなったかなと感じました。
c0068891_13321127.jpg
このゲーフラ好きです。人様のゲーフラを見せていただくのは楽しいのですが、自分ではなかなか・・・。元旦に出ることになったら、作りたいと希望だけ述べておきましょう。大掃除も満足に出来ていないのに、何を言うかっていう感じですが。
試合中の写真はよそでご覧になってください(笑)。前半は非常に良かったと思います。先制点が入った時間帯の気持ちよさ。そしてやっぱりナオだよね~というシュート。後半は浦和にボールを持たれ、あまりいいところで取れなくなり、それでもゼロで終わるだろうなと思わせる展開。
c0068891_13353669.jpg
試合後はゴール裏からサンタ帽が投げ込まれ、それを被って喜びをあらわにする選手たちと、やや距離を置いて笑顔を見せない今ちゃん。それを見て、思いました。やっぱり、そうなのか。今ちゃんは正直すぎるよ。


今野選手への評価はどこのクラブであっても変わらないだろう。
今野はそういう選手だ。
ただそれを金額にした時に、そのクラブなりの額になるのは致し方ないところだ。
東京と甲府ではお金での表現力が違うように、ガンバの力とわがFC東京とでは聞くところによると勝負にならないほどの差があるらしい。

お金だけで動くとは思わない。しかし、環境を変えようかと思った時にお金の要素は大きいだろう。
自分にいくら払ってくれるのかに無関心であるはずがない。
私はサッカー選手の年俸は安すぎると思っている。高額年俸を取れるならその機会を無碍に捨て去ることはない。
私自身の敗北感は置いておいて。
そして、もし東京が同じ額を提示したとしたら、どうなのだろうと思う。
それでも移籍するのなら仕方ないのだが、清水から飛び降りても提示することも出来ないのではないか。
残念だが、それもうちのクラブの力だ。悔しい。悔しいからさっそくソシオの来期分を支払った。
毎回チケットを購入するより、シーズン前にお金が入ってくることが重要なのだ。
ソシオを増やして、所属する選手にもっとお給料を出せるようにしたいものだ。

環境は自分で変えられる・・と前監督さんは言ったものだ。
わざわざ移籍をしなくても、自分で自分を追い込むことはできると。
努力の大切さとともに、精神的な甘さを移籍でしか改善できなかったある選手のことも話された。

もっと強く、もっとうまく、もっともっとと自分のハードルを上げ続けることはプロとして必要なことだ。
東京よりも自分の成長のために他のクラブを選ぶという人を止められない。
いっそ、単にお金の為だったらいいのにと思う。
私は今野に要望したい。

もし、移籍するならこれまでの応援に対するお礼などいらない。
本当に私たちに為になる言葉を残してほしい。
このクラブに何が足りないのか。
何を求めて移籍するのか。

苦いことで結構、おためごかしは要らないの。

そんなことを思っていたのですが、あの熊谷での今ちゃんを見ていたら、もういいから、と思いました。
もういいから、遠慮しないで発散しようよ。そんな微妙な顔しないでよ。
東京の選手でいる間はいっぱい応援するから。

そして、別れたあとは未練がましく追うなんて真似は一切しません。
かつて、大切に思ったこともあったな・・と思いながら、淡々と接するつもりです。
それがわたしなりの愛し方。

あなたはあなたが選んだクラブのために全力を尽くすでしょう。
今年、学んだことが必ず役に立つはず。
わたしはこのクラブを選んでくれた選手と一緒に、このクラブを首都のクラブに相応しいクラブへと成長させるために全力を尽くします。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-12-25 14:09 | FC東京

もうすぐ卒業します

アウェイの横浜FC戦、同じくアウェイの湘南戦、そしてこの天皇杯3回戦(対神戸)この3試合は今季を振り返った時に、私にとっては重要な試合になるだろう。

昨年、大事なところで勝てなくて、力が足りなくて東京は降格した。同様に苦労していたけれど、私たちを勝ち点2上回って残留した神戸。
わたしたちに足りなかったものがあった神戸に、今度はどうしても勝ちたい。

前節でやっと残留を決めた神戸とは言え、やはりJ1のチームだった。
試合を見ていて楽しいと感じた。ここへ戻らなければ、と選手もスタッフもファンも強く思ったことだろう。
これまで積み重ねてきたことを信じてやり切ると決めた全員の高い集中力と冷静さ、最後まで諦めない気持ちが最後の最後に勝利を手繰り寄せた。

まだ道は途中ではあるが、道がちゃんと続いていることは分かった。そんな試合。

昨日、出かける前にこれを見ていた。
2000 FC東京 その1

がんばってたなぁ~

一生懸命だったなぁ~

そんな感慨を抱いた。もちろん、誤解されては困るが、今が頑張ってないとか一生懸命さが足りないとか言うつもりは全く無い。

わたしたちは新しい玩具を与えられた子どものように無我夢中で遊んでいた。
あんなことは一回こっきり。

あの頃の気持ちに戻りたくて、昨日はいつものバックスタンドではなく、ゴール裏の一番端で声を出した。
掌が痛くなり、久しぶりにがらがら声。

勢いでLIVREバスツアーで鳥取も行くことにした。
♪東京から車で10時間 鳥取 鳥取

ここまで来ると1試合1試合が大事、来季に向けてできるだけたくさん何かを掴んでいきたい。

そしてわれらを迎え討たんと鳥取では・・・
ニュースです!

いろいろと頑張ろうw


※試合後、ゴンちゃんが泣き崩れていたのは、神戸の朴と接触して怪我をさせてしまったからということだったのね。大したことがないと良いが。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-17 16:05 | FC東京

The Long & Winding Road 天皇杯2回戦

FC東京 対 FC KAGOSHIMA は4対0で東京が勝利した。

KAGOSHIMAは気持ちの良いチームだった。
天皇杯は選手登録と監督とは分けなければいけないので、プレイング・マネジャーの田上裕選手(7)は選手登録のみとなり、徳重剛社長が監督となっていた。
田上選手はかつてFC刈谷にも所属していたが、アマラオもその刈谷では一時監督と選手を兼務していた。台所事情の苦しい地域リーグのクラブではたまに見かけることがある。

FC KAGOSHIMA の運営会社「株式会社OASYS鹿児島」は東京在住の鹿児島出身者と地元の青少年育成活動をしていたOASYS交流会が立ち上げ、既存のクラブに協力を呼びかけFC KAGOSIMAが誕生した。(更に詳しくはホームページを参照されたい)
スポーツで鹿児島を元気にしよう、Jを目指そうとしたときに、東京の鹿児出身者の中でもリーダー的存在と目されたのが徳重剛さん。上智大学で体育会サッカー部に所属し、その母校のサッカー部の監督も引き受けているくらいなので、新しいクラブの社長にというのも当然の流れだった。とは言え、大変な仕事をあえて引き受けるには相当な覚悟と鹿児島とサッカーに対する強く大きな愛があったということだ。

彼らが幼稚園バスを運転し、長時間かけて東京に向かい、試合をしている時にも鹿児島では新たなJへの動きがあった。
鹿児島にはJを目指しているクラブが2つある。ヴォルガ鹿児島とFC KAGOSHIMAだ。ところが、いま、主にスタジアムの条件がネックとなって鹿児島ではJに昇格できるのは1つだけということになっているようだ。
そこで、ヴォルガとFCKとが合併したらどうかという動きが出てきている。

そんなに簡単にまとまる話とは思えないが、ひとつもダメとならないようにと考える向きもあるようだ。
c0068891_0564599.jpg
本当はもっとたくさんの観客が入った味スタで迎えたかった。それでもJの雰囲気を選手もファンも胸いっぱい、体いっぱい感じ取って、前に進む糧にしてくれるだろうと思ったし、東京のサポーターに「待ってるよ」と声をかけられ、鳥肌が立ったと語る(*トーキョーワッショイより)彼らはそのときまさか地元では合併の話が浮上しているなんていう事態は想像していなかっただろう。
Jへの道のりはまだまだ長く険しいのかもしれない。そこに目指すに相応しい何かがあるのか私たちは示せただろうか。

試合後は東京もKAGOSHIMAも対戦相手のベンチ前と観客席に挨拶に回った。天皇杯の良いところだが、次からはJが相手なのでこうしたほのぼのしたシーンも見られないだろう。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-10-10 01:15 | FC東京