タグ:大地を守る会 ( 11 ) タグの人気記事

酒、米、人

毎年この時期に恒例となっている大地を守る会の「大和川酒造交流会」
喜多方の大和川酒造で大地を守る会の会員と原料米の生産者と蔵人が交流して、絞ったばかりの酒を飲むこの会は今年で16回になる。
c0068891_22423837.jpg
喜多方は雪に包まれていた。
いつもは、何も無ければ、この世の極楽ツアーとリピーターにより命名されたこの交流会は、酒大好きの大人たちと雪大好きの子どもたちの笑顔が炸裂する宴であるのだ。そこになんの憂いもない。だがしかし、今年はいつもとは違った。
それは昨年の3月、200年以上地元の米と水で酒を造って来た大和川酒造が、その蔵の伝統を途絶えさせてしまうのかと不安を覚え、日本一旨い米を作ると日夜努力を怠らなかった須賀川・稲田の生産者が、今年は米を作れるのかと呆然とした震災、それに続く原発事故があった。
しかし、躊躇う間もなく、米を作るために、酒を醸すために彼らは動き出す。須賀川の稲田稲作研究会では、専門家を招き放射能汚染を防ぐための手立てを探り、出来ることは全てやった。例えば田んぼへのケイ酸カリウムの散布は、稲のセシウム吸収を抑えることに大きな効果があった。また田んぼ一枚毎に稲の生育にあわせて細かくデータを取っていった。
大地を守る会のオリジナル純米酒「種蒔人」の原料米は須賀川の稲田稲作研究会が無農薬で作っている。昨年は放射能対策に追われ、酒米を無農薬で育てることは出来ないと判断し、稲田では苗を育て、その苗を大和川酒造の自社田で栽培をした。
水や米の検査はきめ細かく行われた。
それを可能にしたのは7月に大地を守る会から研究会に貸し出された放射性物質測定器「NaIガンマ線スペクトロメータ」だ。大和川から何度も検査のために稲田に水や米が運ばれた。
c0068891_23402221.jpg
そして、今年も新酒を絞ることができた。
c0068891_23523147.jpg
米を磨き
c0068891_2355560.jpg
水を吸わせ、蒸かし
c0068891_23561781.jpg
麹を作り
c0068891_23573913.jpg
発酵に必要な酵母を育て、その酵母に蒸し米、麹米、水を3回に分けていれて仕込む。
c0068891_043189.jpg
どんなに技術が進み、機械が導入されようと人に及ばないところはある。お酒の神様松尾様も見守っている蔵の仕事。
c0068891_0114977.jpg
大和川酒造北方風土館での宴会
c0068891_0124544.jpg
心づくしの料理の数々。身欠きにしん、馬刺し、牛ステーキ、天ぷら、数の子入りひたし豆、黒豆、粕漬け、小つゆなどなど。そして絶品の蕎麦。
c0068891_0173549.jpg
須賀川の稲田稲作研究会のみなさん。福島にわたしはできるだけの寄付をしたが、届けたかったのはお金だけではなくて、どんなときも一緒にいるよという気持ちだった。
c0068891_0251814.jpg
大和川酒造の佐藤社長さん。喜多方は被害が少なく、震災後すぐにありったけの一升瓶に仕込み水を詰めて、県内の被災地に届けた。福島・会津を蹂躙した原発への怒りは大きい。
c0068891_028154.jpg
様々な困難がありながらも米を収穫し、酒を醸すことが出来た。そこには決して生産者を孤立させまいとする大地を守る会の働きがあり、それを支持しすぐさまカンパに応じたたくさんの会員がいた。
今年の「種蒔人」は関わるみんなの強い思いがこもった酒になった。たくさんの人に飲まれ、たくさんの人を繋いでいってくれることを願っている。
また来年、ここで会いましょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-02-13 00:44 | 大地を守る会

片思いでいいの

今日は私が信頼する「大地を守る会」について少しお話します。
大地を守る会は1975年に出発しています。大地を守る会の会長であり、株式会社の社長でもある藤田和芳さんが一人のお医者さんと出会った事が発端です。
農業の現場で広く使われている農薬の危険性を強く訴えるその医師に、無農薬で野菜を作っている農家を紹介され、「農薬の危険性を100万回言うよりも、無農薬の大根一本を売ることから始めよう」と決意したのです。

大地を守る会は市民運動団体として青空市で野菜を売ることから始まりました。決して華々しい世間的に注目される存在ではありませんでしたが、やがて団地、公園、幼稚園と場を広げ、評判を呼び、共同購入システムへと発展して行きました。
数人から十数人のグループをステーションと呼び、ステーション毎に発注、配送、集金を行っていました。そのステーションが増えて来ると、野菜を運ぶトラックや大型冷蔵庫も不足してきますが、当時、市民団体では融資も受けられません。
市民運動をする株式会社を立ち上げよう。1977年、野菜の流通部門として、株式会社大地が誕生しました。
しかし、ある程度まで増えると会員数は頭打ちになりました。ステーションを作れる条件のある人が限られていたのです。共働き家庭が年を追うごとに増え、小さい人数の家庭が増えてきました。生産者からも取扱い量を増やして欲しいという要望があり、いかにして会員を増やすかは緊急な課題となっていました。

紆余曲折を経て、1985年から夜間宅配が始まります。私はここからの会員です。個人宅の玄関先まで野菜やその他の食料品を運んでくれるサービスは画期的なものでしたが、それまでの会員からは賛成ばかりだったわけではありません。
ステーションの時は配送も販売も全て社員がやっていたのですが、宅配を軌道に乗せるには配送会社を入れることになります。会員と社員、会員同士の結び付きが弱くなるのでは、という危惧を抱く会員が多かったのです。
私たちはただモノを買っているだけではない。社会を少しでも良い方に動かしたいと思っているのだ。
この言葉こそ、今に至るまで大地を守る会の会員の思いを一番良く表していると思うのです。

そのころ、社長の藤田さんとお酒を飲みながら話した時に、会員を10万人にしたいと言われ、頷きながら聞いていたものの、内心ではなんて大風呂敷を広げるんだ!と思ったものでした。おそらく当時、1万人程度だったでしょうか。急に会員が増えたせいか、欠品は当たり前。今週は一体何が来るんだろうとのんびりしたものでした。
その後、農業、食糧を取り巻く環境は大きく変化し、何かしらの危機、問題が起こる度に会員を増やし、今や10万人は目の前。

いったいどんな変わり者がこういうところで働くのかと思われた会社が、今では人気企業。ちゃんとした大学でちゃんと勉強して卒業した人がわさわさ受けに来る!
取扱品目も比べ物にならないほどの種類があります。すべてが驚きです。

この業界でトップと言える会社になってから入会した会員にとっては、何もかもが当たり前。当たり前だと思っていた事が満たされないとクレームになり易いこともあるのではないでしょうか。
私は、正式なクレームは余程でないと言いません。やたらと丁寧な言葉で対応されたり、何でも返金されてしまうのが嫌だからです。お客さん扱いは居心地が悪いと感じるのです。
もちろん、クレームはきちんと上げるべきです。ただ私は、こう思うのです。
一緒に歩いてきた仲間じゃないの。例え片思いであっても、私はそう思っていたいのです。

多分、それはFC東京に対しても同じです。
何かしてほしいということよりも、何ができるかしら、私が出来ることはなんだろう。
そんなことを考えていたいと思います。選手や監督、スタッフについても文句を言うより、ほかにやることはないだろうかと。

人それぞれにクラブに対する関わり方はありますが、私はそんな風に考えます。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-03 16:33

土と平和の祭典2009@日比谷公園

c0068891_16511532.jpg
今年行われる民間主催の農業イベントとしては最大の
”土と平和の祭典2009”が18日(日)日比谷公園で行われます。

全国からたくさんの生産者、賛同するアーティスト、流通団体が一堂に会し、トークショーやコンサート、ファーマーズマーケット、飲食スペースなどが展開されます。

詳しくはこちらでご覧ください。

大きく呼吸をして、体を伸ばして、いまこの国の農業の力を実感しませんか?
美味しいものがいっぱい。有機農産物や加工品も出店されています。

私も種まきファーマーズマーケットの「大地を守る会」ブースにおります。

せひ遊びに来てください。

※マイバッグ、マイ箸、マイ食器をご持参くださいね。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-16 17:01 | 大地を守る会

わたしたちは何を食べるのか

土曜日は福島の稲田稲作研究会へ行ってきました。
大地を守る会の生産者のところへお邪魔すると、いつも大切なことに気づかされたり考えたりすることができます。
c0068891_17284614.jpg
米Tシャツメンバー。
米の漢字はお百姓さんが八十八回手をかけるからと、子供のころ毎日のように母に聞かされました。
c0068891_17292288.jpg
田んぼが大好きです。春先の初々しい田んぼも、若々しい夏の様子も、こうして実りの秋を迎え静かにしている田んぼも。
毎年稲が実ることは当たり前のことではありません。天候は人にはどうすることもできません。病気や虫の害を防ぐために日夜手を掛け気を配り、1年にたった1度の時を待つのです。
c0068891_17294377.jpg
雀やカラスに睨みをきかせてくれていたカカシの吉田さんです。
c0068891_17304941.jpg
稲田稲作研究会のお米は籾のまま太陽熱で乾燥され、一番おいしい水分量のまま保存されます。猫や犬が砂をかけるようにかきまぜます。
c0068891_17312514.jpg
保存タンクです。1本150トンだったけ?
c0068891_1732543.jpg
保存タンクの中を覗いてみました。高床式になっていて床はすのこになっています。通風がいいのです。温度が上がらないようにタンクの上に屋根がついています。

c0068891_17323692.jpg
昨年から研究会で取り組んでいた野菜や果物の冷風乾燥です。
なんとか自給率を上げたい。それにはまず捨てないことだと、なんでも乾燥してみました。
Sさんは楽しげに、これは何々、それはこれこれと説明してくれます。農業の現実は決して明るいものではないけれど、明るく楽しくやりたいんだとSさんもIさんも言うのです。胸がいっぱいになります。

c0068891_1733019.jpg
食べ物は美しいです。人工的に飾らなくても、ちゃんと美しく美味しいです。

c0068891_17343212.jpg
心づくしのご馳走がたくさん並びました。
ごぼううどん、にんじんうどん、よもぎうどんは先ほどの乾燥させた野菜の粉を混ぜ込んでいます。
これはよもぎうどん。感触がつるつるで香も味も結構でした。

c0068891_17344913.jpg
研究会自慢の”えごま豚”
出荷前にえごまを食べさせることで、脂身が酸化しないそうです。

c0068891_17374184.jpg
焼しゃぶです。いや、ほんとに旨かった!

食べるものが体を作ります。簡単に考えてはいけないと私は思っています。
何を求めるかはさまざまでしょう。でも安さだけを追い求めていては一番肝心なことを失います。
美味しければ安全であれば、どこで作ってもいいかというとそれも違うと思います。

この国の未来のために、農民が百姓が希望を持てる社会にしなければいけないのです。国の基礎となるのは農業です。あなたやわたしが生きていく力をくれるものなのです。
日本の農業には本来そうした力があります。アジアに地球に貢献できる知恵や技術があります。
そんなことを考えながら、わたしは大地を守る会の会員でいるのです。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-07 18:31 | 大地を守る会

日々の暮らし

今日は大地の来る日です。
冷蔵品や冷凍品をしまって、野菜、米、雑貨を片付け、東武デパートで買った釣り鯵を叩きにして、野菜の段ボールを見ると大根の隣に何か黒いものが・・・。
c0068891_23112867.jpg


箱を開けてみるとルーが。どうしてこんなところに入るの?箱が好きなのはわかるけど、大根の隣ですよ。
c0068891_23115048.jpg


小梅ねえさんはセラムヒーターの前が大好き。テーブルから片手をだらりんと伸ばして、とろけそうに寝ています。
c0068891_2312670.jpg
普通のことをきちんと。食事や家事をこなして、週末に備えましょう。体にいいもの、美味しいものを食べたり、好きな音楽に浸ったり、映画を見たり、自分に元気を与えましょう。

肉厚で張りのある真っ赤なパプリカは高知の高生連から。みずみずしく香り高いグリーンセロリは愛知県の天恵グループ。その繊細な緑の美しさに見とれてしまうぱりぱりのレタスは千葉県山武のもの。
生き生きした野菜を見ていると、自分自身の生命に空気と水が新しく送り込まれていくようです。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-03-17 23:28 | ネコ

喜多方に行ってきたよ

毎年恒例の大地を守る会、大和川酒造ツアー
写真を見て雰囲気を楽しんでいただければ。
c0068891_22562715.jpg車で東京を発って、11時には喜多方に到着。昼は毎年喜多方ラーメン。
今年は町外れの「食堂 はせ川」 
ラーメンマップには載っていない店ですが、旨かった!
もう来年もここでいいかな。
c0068891_2304870.jpg大和川酒造の飯豊蔵を見学、すぐに試飲が始まります。これが楽しみなんです。今年の出来は?うんうん、いいようだねー。オリジナル純米吟醸酒「種蒔人」のしぼりがこの日始まったところです。
c0068891_2331834.jpgしぼりたてってやつですな。牛乳でもなんでもしぼりたては旨いね。
酒のしぼりたてはちょっと炭酸ガスが残っています。
写真の左側にホースがあるでしょう。もろみが圧搾機に入っていくホースとしぼられた酒が出てくるホースが見えています。牛乳のような白い液体と透き通った液体が見えます。
c0068891_237554.jpg床の下に格納されているのはタンクです。ここでもろみが熟成していき、酒になるときを待っています。
c0068891_2371937.jpgもろみも飲んじゃいます。酒のお粥みたいなんです。旨いです。
c0068891_23131194.jpg袋しぼりです。もろみを袋に入れ、木の圧搾機にかけます。機っていうのもどうかと思うくらい、昔ながらのしぼり方です。これは袋しぼりで酒を作りたいというお客さんの希望でやっています。
c0068891_23132964.jpgぽたりぽたりと実に時間をかけて出てきます。
c0068891_23181299.jpg澱びきです。しぼった酒のにごりを沈殿させています。澱びきの間に炭酸ガスが抜け味が落ち着きます。
c0068891_23182987.jpgこれも飲んじゃいます。
c0068891_2322544.jpg精米機です。食べるお米と違って、酒米はたくさん時間をかけて精米します。磨いて磨いて磨いて、60%、55%、50%、45%、40%、半分近く或いは半分以上が糠になってしまいます。
その糠も普通の糠よりずっとずっと肌理が細かい、白粉のような細かさです。
酒米は普通の飯米よりも大きいって知ってますね?それをちっちゃくなるまで時間をかけて磨いて行きます。お米の真ん中に白いところがあるでしょう。その芯白(シンパク)も大きいです。外側のたんぱく質や脂肪は、お酒には邪魔なので磨くのです。
c0068891_23381640.jpg飯豊蔵から大和川酒蔵店の「北方風土館」へ。
平成2年に押切川の飯豊蔵が完成するまで、この寺町の蔵で酒造りと家族の生活がありました。
c0068891_23432252.jpgその座敷で蔵の人と、お米の生産者と、消費者会員が集っての宴会です。心と気配りのこもった料理が並べられました。

毎年毎年、ここにやって来れる幸せを感じました。
お酒って手間隙かかって大切に造られています。
だから、美味しい酒を飲まないといけないのです。


青赤なブロガーの会(3/1)についてのお知らせは昨日の投稿をご覧ください。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-02-15 23:49 | 大地を守る会

遠い社会復帰への道

シーズン中は不義理とか嘘つきとかへっちゃらだ。
毎年シーズンが終了すると社会復帰と称して、突如として一般人(東京サポ以外の人)に愛想がよくなり、付き合いもよくなる。
一昨日は大地を守る会の打ち合わせがあった。毎年2月に行われる大地最大のイベント「だいちのわ」の各地で行われる地区集会のうちの一つを担当することになっているからだ。
打ち合わせが進むにつれ、チェックを頼まれていた原稿にほとんど目を通しもせず手も入れていないことに気付く。なにか上の空でスルーしてしまった。多分、そのメールが来たのが土曜の試合の後か前だったと思われ。

そういえば今年はチームの成績が振るわないこともあり、特に負け方がひどい試合があったりして、心痛のあまり?一般人に対しては甚だしく無愛想な態度を取り続けていたような気がする。
こうしたことに思いが至るあたり社会復帰は近いと言えるだろう。
しかし、まだEmperor Cup 略してEカップ に勝ち残っている。

まだ本格的な社会復帰には至らない。(至らなくてけっこう)

わたしは慌てていろいろ言い訳をしながら原稿を修正して昨日メールで担当の人に送った。

カテゴリは大地なのか?東京なのか?
[PR]
by inadafctokyo | 2007-12-13 00:49 | FC東京

宮城の生産者を訪ねる旅 2日目

c0068891_21192891.jpg2日目の朝、5時に宿を出て蕪栗沼へ。
沼で夜を過ごした鳥たちが群れで飛び立って、餌場にむかいます。
この日はミルク色の霧が濃くたちこめ、観察には適さない日でしたが、30分程度の間にいくつかの集団を観察できました。

c0068891_2120140.jpg宿で食事をとってから次の見学先、仙台黒豚会の生産者のもとへ。
久保さんの豚舎です。
わたしたちが覗くと物珍しいのか勢いよく寄ってきます。
押し寄せると言ったほうが適切か。さすが猪の血が混じっているだけあって迫力のある走りっぷりです。
お友だちの背中の上に乗って前に出ようとしています。


c0068891_21204613.jpgほらー
千と千尋だよー

おとうさん!おかあさん!
あんまり太っちゃだめだよ。食べられちゃうからね。

c0068891_21211050.jpg昼食は伊豆沼にある農家レストラン「くんぺる」で。
地元で作った生ハムやソーセージが本格的な味。お土産にもお薦めです。
伊豆沼に集まっている白鳥さんや尾長ガモ、鈴ガモさんたちです。
白鳥がいるところが井の頭公園との違いです。
近くの店や売店で鳥用の餌を売っています。慣れているので人を見るとすごい勢いで寄ってきます。
触れるところまでは行きませんが。

c0068891_21214548.jpg夜、沼で休んでいる鳥たちは昼間こんなふうにしています。
白鳥の歩くところはそれほど格好のよいものではありません。

c0068891_2122877.jpg前夜「なまずの学校」の三塚さんにレクチャーいただいた魚道です。
田んぼに水を引く水路にこのような魚道を作ります。日本在来の小型魚がここを通ります。こんな傾斜をですよ。すごいでしょう。
ドジョウやフナ、ナマズがみるみる登っていくそうです。
これは丸い筒型。

c0068891_21222657.jpgこちらは四角い木製のもの。
戦後の水田圃場整備は人間が米を生産する際の効率性のみに配慮し、水田と水路の連続性が失われてしまいました。昔から水路と水田を行き来し、生活していた生物が生き難い環境になってしまったのです。
こうした魚道を整備することで、在来種の水生生物が復活する兆しがあるということです。最近ではすっかり姿が見られなくなったメダカも発見されているそうです。

c0068891_21225027.jpg自然はたくましいけれど、大変デリケートなものでもあります。ほったらかしがいいかと言えばそうでもなく、人の手がほどよく入った状態が良い場合もあります。
かつて里山は人が薪や炭などの燃料を得るために手を入れていました。それが無くなって山は荒れ、かえって生き難くなった生き物もいるのです。沼の周囲も萱を取らなくなったために湿地としては荒れている状態です。
今、宮城の蕪栗沼、伊豆沼周辺の生産者が水田で米を生産しながら、水田を生き物が生息する重要な環境として捉え、様々な取り組みをしていることは大変示唆に富んでいると思います。
人間は愚かな行為を繰り返してきましたが、それを取り返す英知をもった生き物でもあるということです。このような生産者を支えるためにも大地を守る会を通じて、その生産物を買うということがわたしにとって環境に貢献できる活動のひとつです。

[PR]
by inadafctokyo | 2007-11-26 22:07 | 大地を守る会

宮城県の生産者を訪ねて 1日目

c0068891_6242092.jpg大地を守る会の宮城県の生産者を訪ねる旅。
23日朝に東京を東北新幹線で仙台へ。仙台から東北本線に乗り換えるところで信号機故障のために大幅にダイヤに遅れが。
なんとか約束の時間までに塩釜に到着。

c0068891_6244288.jpg遠藤蒲鉾店さん。大地がまだよちよち歩きだった頃からのお付き合いです。
普通加工品メーカーは一般品と無添加の商品と両方を生産しているところが多いのですが、遠藤さんは無添加でしかも大地基準の商品しかありません。

塩釜にはかつて蒲鉾屋さんが70軒以上ありました。現在は20何軒に減っています。
200海里以後、すり身の原料価格が上がり廃業するところが増えました。練り物は安く買い叩かれやすい商品という側面があります。


c0068891_6245848.jpgこの大きな石釜3台で朝3時から練り物の生産をしています。
温度が重要です。一定の温度を上回らないように気を配って作られます。15度だったかなぁ。
必要以上に造り置きすることはないので、午前中で作業は終了します。

c0068891_6252712.jpgこの状態ですり身を仕入れます。季節季節でさまざまな小魚が入ったすり身になります。国内の信頼できる業者さんから仕入れています。
商品のパッケージに無添加と表示されていても、この素になるすり身に添加物が入っていることがあるのですが、表示義務はありません。

c0068891_626325.jpg笹かまぼこのラインの前で話す遠藤さん。
家族4人とパートさんでやっています。蒲鉾作りは人に任せない、だから偽造をして社員やパートに責任を擦り付けることはできませんよ!こだわりのない所には商品は出しません、と熱く語ります。

c0068891_6262113.jpg塩釜は今でも練り物の生産量が日本一です。
ということは揚げ油をたくさん使うということで、その廃油をどうするか。
次の見学先は廃油リサイクル工場。

c0068891_6264660.jpg廃油は通常飼料などにも使われますが、積極的に環境に貢献したいという考えでバイオディーゼル燃料のプラントができました。


c0068891_627362.jpg廃油は市内の業者からリッター10円で買い取っています。
「SBDF」(バイオディーゼル燃料)は植物油が原料なので、二酸化炭素排出量がゼロ、軽油の代わりに使用できます。ガソリン税がかからないので安く提供できます。

c0068891_6271961.jpgディーゼル車を改良することなく使用できますが、タンク内の汚れを落とすためにフィルターが詰まることがあります。
工場は週のうち6日、フル稼働している状態です。

左から右へと処理工程を経てSBDFになります。

c0068891_6273723.jpg本日3つめの訪問先。
追尾集光士気太陽エネルギー利用システムの実験を行っているJAXAの施設です。
太陽の光を感知して2枚のパネルが動くことで効率良く発電をさせようというシステムです。
中央のとんがった部分が太陽光を感知します。
もうじき実用化されるということです。

c0068891_6275398.jpg蕪栗沼に鳥観察に向かいましたが、時間が遅くなりこの状態。
翌朝を楽しみにすることにしました。

c0068891_628138.jpg夜は「なまずの学校」の三塚さんによる田んぼと生態系維持のおはなし。
詳しくは二日目に。

c0068891_6283474.jpg生産者の差し入れのぶどうです。
色も味もさまざまな種類がありました。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-11-26 07:21 | 大地を守る会

青じそ

c0068891_2224447.jpg埼玉県秩父郡荒川村の長谷川 満さんの青じそ
無農薬・無化学肥料

自家採種のちりめんしそ。親とそっくりの葉。少しギザギザの深い葉。
来年はどれを残そうか。どれも個性個性。


お豆腐に青じそを刻んで乗せました。青じその爽やかな香りと味が豆腐の甘みを引き立ててくれます。
ちりめん紫蘇はおしゃれです。
普通の紫蘇が平たく変化の無い見かけであるのに対して、ぎざぎざ、ひらひら、ふりふり
奔放です。
葉脈の間もぷっくりしています。
しばらく見とれてから刻みました。

太字は長谷川さん自身の言葉です。紫蘇と一緒に入っていました。作物に対する愛情が伝わってきますね。
自家採種とはタネを買ってきたのではなく、自分でタネを採ったということです。
いいものが出来たらタネを採る、百姓の本能のようなものです。
でも、F1(交配種)からはいいタネは採れません。
タネを採るのは固定種、在来種の野菜です。
大手の種苗会社に作物を支配されることを憂える百姓は、昔から変わらずにタネを採って蒔いて育てる技術を失わないようにするだけの知性があります。

長谷川 満さんは㈱大地の取締役でもあります。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-07-18 22:24 | 大地を守る会