タグ:味スタ ( 4 ) タグの人気記事

夢も希望もある魂の90分

2日続けて味スタへ。
昇格プレーオフ決勝 千葉対山形
3時頃のバックスタンドは西日が眩しく、観客は目を細めていたが、キックオフ時刻になるとその陽もメイン側スタンドの影に隠れた。
前日も同じ時間に試合が行われた。その試合は引き分けに終わりFC東京は9位でシーズンを終えた。
12勝10敗12分けで調度真ん中の9位。
c0068891_21582162.jpg
この試合、勝てば山形は4年ぶりのJ1復帰となる。昇格したその後の道がどんなに険しくとも目の前にあるチャンスは逃すまいとするだろう。天皇杯も勝ち残って波に乗っている山形はファンも元気だ。
c0068891_2211150.jpg
山形からバス20台で応援に。
c0068891_22153757.jpg
千葉は2010年からのJ2暮らしにようやく終止符が打てるか。スタンドは全体的に黄色の千葉ファンが優勢。
c0068891_2221124.jpg
音楽も雰囲気もこの一番を盛り上げる。中位のファンとしては羨ましいという思いも。
c0068891_222348.jpg
われらが幸野志有人も33番を付けて先発。東京ファンとしてはどっちかというと山形寄りになっている部分が多いように見受けられるのは土地の魅力といえるものか。
c0068891_22243526.jpg
少ない決定機を生かした山形が前半に上げた1点を守り切って勝利。山形の守備の頑張りが際立っていた。特に浦和からレンタル移籍のGK山岸が頼もしく立ちはだかった。精神的にも支えになっていただろう。
c0068891_2225521.jpg
6年目のJ2を戦うことになった千葉。この試合では個々の良さが見られるものの、それが有機的に繋がって相手を圧倒するまでには至らなかった。
c0068891_22264115.jpg
おめでとう山形。親しい友人がゴール裏で泣いていることを思うと私も胸がいっぱいになった。
c0068891_2228394.jpg
来期の厳しさは皆が覚悟しているだろう。それでもどれだけやってやれるか楽しみもあるだろう。この試合で魂は見えた。東京も負けないようにしなければ。

昇格プレーオフは1、2位が霞むほどの盛り上がりに疑問を呈する向きもあるが、確かに35,000人を集め、成功と言えるだろう。この試合の熱い、緊張感と期待感に溢れた雰囲気が今期一度でも同じ味スタで東京の試合であっただろうか。
前日の試合後の淡々とした空気を思ってしまった。

最後に千葉のファンのマナ―の悪さには正直驚いた。喫煙場所以外で喫煙する、ごみは散らかし放題。東京の試合の時の10倍はあったのではなかろうか。私はバックスタンドで友人は上層で及ばずながらゴミ拾いをした。山形のファンが一人もいなかったわけではないが、数はずっと千葉が多かった。自分の出したごみをコンコースまで持っていく気遣いも出来ないというなら当分上がってこなくてもいいとさえ思う。
よそのうちに来てそこをきれいに使おうという意識もないってどういうこと?選手に色々求めるなら自分たちもちょっとでいい、何かしようよ。スタジアムをきれいに使うってことで昇格できるのかって?わからないそんなこと、でも東京が降格したとき、ボランティアに登録する人が増えたのはどんなことでもいいからチームに貢献したいと思う人が増えたからじゃないかな。
サッカーファンはみんなマナ―がいいとありがたい誤解をしている一般人もいるが、そんなことないんですよって言うのは残念じゃない。

山形も千葉もそれぞれのところで頑張って!そしてそちらのスタジアムに伺うことを楽しみしている!
[PR]
by inadafctokyo | 2014-12-07 22:30 | サッカー

天皇杯2回戦 対青い稲妻秋田!

7月12日午後6時キックオフ。
久しぶりのホーム味スタはわくわくしますね。
c0068891_141484.jpg
ブラウブリッツ秋田はTDKを前身として創部。男鹿市を中心としていることから、ドロンパもナマハゲコスプレです。春一番さんを偲んで。
日中は外へ出るのが躊躇われるような蒸し暑さでしたが、5時過ぎてから一息つけるようになってきました。
c0068891_149314.jpg
カテゴリーはJ3、今のところ10位の青い稲妻は与那城ジョージ監督です。
c0068891_1427775.jpg
秋田のサポーターのみなさん。ようこそ味スタへ!
c0068891_14334143.jpg
ヘッドギア装着のゴンちゃん。練習で怪我をしたのかな。
c0068891_1537951.jpg

初戦は難しいものですから、若干の不安はありました。先週の練習試合の出来もあまり良くなかったようですし。しかし、結果は8-0。お祭り騒ぎの味スタでしたが、中断期間の成果を見せられたという意味ではほっとしました。
秋田がガチガチに引いただけのサッカーではなかったことも東京にとっては有りがたかった所はありますね。秋田のみなさんにとってはなかなか飲み込み辛い経験になってしまったかもしれませんが、7点取られた頃から、すこし落ち着きを取り戻して、最後まで秋田のサッカーをやろうとしていました。
偉そうなことは言えませんが、J1のチームと公式戦で対戦してわかったこと、得たことをクラブ全体で今後に生かしていって貰いたいものです。
東京の選手たちも決して気を抜かず、笛が鳴るまでしっかりとプレイしていました。
東京は三田と武藤と河野が一緒に出ると楽しいですね。
c0068891_14581167.jpg

夕暮れ時、不思議な美しい空でした。いよいよJリーグが再開されます。サッカーは面白い、しかしわからない。そんなことをずっと感じていた1ヶ月。来週からのスタジアムで面白い楽しい、心に残る体験が出来ますように。
c0068891_1539813.jpg
風の気持ち良い夕暮れでした。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-07-13 15:54 | FC東京

本日の1試合目・・・緑対水色

僭越なことは百も承知で感想など。
c0068891_1640367.jpg
ヴェルディのゴール裏。
今日はこどもの日ですー!小さいお子さんもお父さんお母さんもみんなで応援しましょう!と挨拶していました。
最近のヴェルディは街路灯にフラッグを掲出しないのかな。
アウェイ・チームの紹介もあったのか無かったのか・・。
c0068891_16403168.jpg
こちらがアウェイ横浜FCゴール裏のみなさん。この人数ですが、声量が半端ではありません。FC東京のゴール裏がこの人たちと同じ声を出したら、とんでもないことになりますが、この人数だからこそ一人一人が最大限の声を出せるってこともあるのでしょうね。
c0068891_16405148.jpg
土肥ちゃんは今日はピンクでした。わたしが見る試合はいつも暇そう。立っているところばかりを拝見いたしました。後半に土肥ちゃんの切り替えしが見られたり、コーナーからクリアミスでオウンゴール(と思ったら、八田が触っていたらしく、八田のゴールになりました。)、終了間際のファインセーブとなんだか前半の大黒・林のゴールより目立っていたようなピンクヴァージョンの土肥ちゃんでした。

横浜FCは厳しいですね。守備も攻撃も中途半端でほとんどチャンスが作れません。バックスでボールを回しても出しどころが無く、うろうろしているのは見るに忍びない。
大黒には八田が付きましたが、マークしきれないうちに失点。早めに2失点してしまうとますます元気がなくなってしまいました。しかし1点を取り返してからは急に息を吹き返すも、遅すぎでした。前半の切り替えの遅さ、ゴールに近づくのを畏れているかのような攻め。
ヴェルディはもっと点を取れたはず。2点取って安心したかのようなペースに。

横浜のGKは岩丸だった。2点目はちょっと・・・ないやろ。

さて、これからが今日の本番ですよ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-05-05 17:07 | サッカー

夜はLIVREだが昼は味スタ

せっかく歩いていけるところにスタジアムがあるのだから、FC東京の試合がない曜日時間帯のときは観に行こうかなと思っている。
明日は13時からヴェルディ対横浜FCである。

両者ともいまひとつ波に乗れないチーム状態ではあるが、互いに古巣対決となる選手が多い対戦。
それでなくても負けられない一戦に一層の動機付けとなるだろう。

東京ヴェルディのオフィシャルサイトの表紙がいまその両チームの選手たちになっているから、興味のある人は見てみたらどうだろう。ヴェルディのサイトをクリックしようとすると手が拒否反応を起こすなんてぇ人もいるかもしれないが(笑)

さらにいしかわごう情報によると、両チームが前節の先発どおりだとすると、ヴェルディの右エリアが柴崎&藤田で横浜の左がアツ&片山。全員が国見出身なのだ。絶対に負けられない戦いの中の負けられないエリア・・・(ごうさん、パクリました)

そんなこんなで、いい試合を期待するわけなのだ。

あのまったりのんびり観戦はなかなか気持ちよいのだ。ビール飲みながらな。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-05-05 00:03 | サッカー