タグ:千葉戦 ( 16 ) タグの人気記事

それぞれのホーム最終節

昨日はそれぞれのホーム最終節を迎えた各地の様子をツイッターやJ'sGoalが、またスカパーが伝えていた。
柏では「やってやれ」のコレオがスタンドに描かれ、甲府では「大好き甲府 戦え甲府」の横断幕が、そして福岡では田中誠や山形辰徳への愛惜の念に溢れたメッセージがスタンドを彩るそのさ中、FC東京サポーターは喜作に並び続け、ツイッターのタイムラインにはソーセージ盛り画像が満載されたのだ。
蝗恐るべし、感動的な幕切れよりも憤慨する品切れが最後まで私たちには相応しい。
この日、400キロを準備したと言われる喜作のソーセージ、盛り付けるバイトさんたちの不慣れもあってか食べつくすには至らなかった。キックオフぎりぎりまで並んでいたことを考えると、もう少し手際が良ければ完売も可能だったのではないかと思われる。いや、別にいいんですけどね。

ホーム最終節はスポーツボランティアで締めくくった。
降格を機にボランティアを始めたのだが、お客さんを迎える側の立場を知ったことはこれからのファン生活に大いに役立つことがあると思われる。
思っていたよりずっと多くのことが1試合のうちに行われている。オフィシャルサイトやマスコミなどを通じて私たちが知るのはその一部でしかない。運営やイベントについて感じた疑問や不満が解消された部分もあった。
何よりたくさんのスタッフが力を合わせて試合を運営していくことの凄さを強く感じることになった。

たくさんの人たちが立ち去りがたく残っていて、ごみ収拾は遅くなったが、笑顔で帰る皆さんを見送ると、このシーズンの意味を改めて思った。

降格に意味はないと思っていたが、意味あるものにするのはスタッフや選手、そしてわたしたちファン、サポーターに課せられた任務だった。
今年、商店街の人や職場の同僚、時々観戦に訪れる友人などから、FC東京への期待の高さを感じる言葉を何度もかけられた。1年で復帰するのは当たり前で、J1で今後はしっかりと結果を残して欲しいというような言葉だ。
首都のクラブで、いい選手もいるじゃないですか、名前に相応しい活躍をして欲しいという言葉の数々。

このクラブに甘さがあったとしたら、それは私自身の認識の甘さでもあったと思う。
ついついわがクラブの不甲斐なさを笑いで誤魔化してしまう。
雑草のはずだったのに、苦労知らずのおぼっちゃん、大店の三代目、いつの間にかそんなキャラクターになっていたのかも。そしてそれでも可愛いわけだが。

今期、選手は本当にいい経験をしたと思う。うまくいかない時に自分たちで乗り越えたという自信は今後のサッカー選手としての人生に必ず役に立つだろう。
そして大熊監督の数々のコメントからはこのクラブへの深い愛情と責任感が感じられた。
後藤勝さんのメルマガで省略のないコメントを読むことができて、良かったと思う。

さて、次節の札幌は今期最終節、TLにはジンギスカンが大量にアップされることになるだろう。壮大な卒業記念宴会を心から楽しむことが出来るように、昇格をかけて全力で向かってくる相手にいいゲームをして勝利して欲しいもの。

まぁ、内容がいまひとつでも我慢して機を見て勝つという昨日のゲームからも成長は伺えた。
なにかしら見せてくれるかなと楽しみにしている。
c0068891_1146412.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-27 11:54 | FC東京

素敵な週末(笑)

試合前21日に三軒茶屋で開催された千葉を食べちゃう会
「さんじゅうまる」にて
c0068891_949882.jpg
イワシの麹漬け、甘露煮、胡麻漬け
銚子の胡麻漬け大好きだけど、これから海が心配だよね。
c0068891_953797.jpg
刺身!!ばちまぐろ、ほうぼう、まとう鯛、鱸
c0068891_9544257.jpg
サラダ
c0068891_956884.jpg
マグロの竜田揚げ
c0068891_9564110.jpg
あら煮!

酒は宮城の一の蔵。魚が本当に旨かったぁぁ だからいいや・・なんてな。

c0068891_9585668.jpg
むかつくわー
c0068891_9591741.jpg
あっち
c0068891_100192.jpg
こっち
c0068891_1025116.jpg
こっちも
c0068891_104577.jpg
でかかった。前半はそれでもやられる気はしなかったけどね。
c0068891_1094884.jpg
交代する度に大きくなる千葉とどんどん小さくなる東京。
バランス崩してまで今ちゃんを上げたけど効果なしorz
平山がいないのは痛い、でもそんなこと言ってられないから、高松やブラジル人選手を効果的に使えるように!

いつもどおりソーセージもカレーもものすごい行列で、私は並んでまで食べる気しないので回避。
100円のお漬物を二つ買って、昼食は家から持ってきたおにぎりでおしまい。老夫婦はこれくらいで丁度良いのだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-26 10:18 | FC東京

ストレスのたまる東京サポ

ナビスコからこっち、観戦が苦行になっている東京サポーターのみなさん、こんにちは。

今朝、出勤前にテレビを見ていたら、デフレスパイラルの話を延々していて、出勤前になんて嫌な暗い話題なんだと思った。
明るく送り出してくれよと文句の一つも言いたい。しかし一般的には今日働いている勤め人は少ない。勤労感謝の日にいつもと同じように電車に乗り出勤する、そのことに特になんの感慨もなけれど、神田はゴーストタウンと化し、弁当屋は軒並み休業。
昨日の移動が疲れとなって残っているのだから、休めば良かったかもしれないが、仕事をしていた方が気が紛れるってものだ。

「はなまる」では打って変って、気持ちが明るくなる情報を得た。
それは私たち、東京のサポーターにうってつけの商品だった。
来春、ゲームセンターなどに導入されるゲームとして「ちゃぶ台返し」が紹介されていた。
画面には一家の主をその主を蔑ろ(ないがしろ)にして、好き勝手な言動を取る妻、息子、娘の姿が映し出される。そこで一家の主たるあなたはスクリーンの前に置いてあるちゃぶ台を叩いて、ひっくり返す。その勢い、力の入れ加減などが計測され、画面上でもちゃぶ台がひっくり返り、ちゃぶ台の上に乗っているものも弾け飛ぶ。その破壊の威力によってポイントを獲得できるのである。
被害総額が計算され、一番遠くまで飛んだ物の距離が測られる。
食器や醤油さしが飛ぶだけではなく、周囲の障子やガラスが壊れた方がポイントは高くなる。

そして、もう一つは
「ストレス解消 皿投げサービス」
瀬戸物の食器をコンクリートブロックに投げつけて割る、というシンプルなサービス。
コンテナ車でどこでも出張してくれるそうだ。
瀬戸物は傷やムラのために売り物にならないもので、割った後はまたリサイクルされる。

叩きつけて割る時はもちろん、思いの丈を思いきりぶつけよう。

この二つをスタジアムにぜひ導入してほしい。

儲かるよ~沖縄そばやタイカレーより並ぶね。


昨日の試合は現地で観戦した。
蘇我って面倒だ。もう当分2,3年は行くことはないと思うので、かまうこっちゃないのだが。

試合の記憶がほとんどないので、なんとも言えない。
退場がどうとか、ジャッジがどうとか、後から知って驚いた。

ちゃんと家には帰って来たが、ほんとに記憶が飛んでいる。
帰りにどこかに寄ったらしいが、7時半ごろには家で寝ていた。
きちんと洗顔して歯も磨いたらしい。

苦行はあと残すところ2試合となった。
苦行は自発的に行わなければならず、自らを高める行為である。
もう少しで宗教的至福が味わえるのかと思うとわくわくする私だ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-11-23 11:56 | FC東京

実況さんは仕事する(千葉戦)

蘇我からフクアリまで、思ったより距離あるなーと毎回思う。
スタジアムの周辺に店が最初の頃よりずいぶん増えた。

今回はコーナーアウェイ自由のすぐ隣のブロックで、先に入った知人と一緒に観戦。
席についてすぐに持ち込んだビールを飲む。勿論アウェイ仕様のドロンパ・タンブラーだ。
いいんだ、ここはどうせカップホルダーなんてシャレたものは無いのだから。

コーナーアウェイに目をやるとスネークさん発見!

既にパソコンを膝に乗せて仕事をしているようだ。
がんばれ!今日のような試合はスネークさん及びその業界の人たちの仕事が重要だ。
みんなまだ職場でやきもきしているはず。

選手たちがアップを終え、選手紹介があり、千葉の選手たちが円陣からやけにわざとらしく元気にピッチに散り、うちの子たちがのんびり円陣を解き(そう見えただけ)、キックオフの笛が鳴った。

ボールが落ち着かない序盤から時間が進むにつれ次第にゲームを支配しはじめ、平山のスペースに出したパスに佑介が反応し、左足で決めて先制。
巻がごんちゃんに突っ込んで、うちのゴール裏にやいのやいの言われる巻らしい場面があったりしつつリードしたままハーフタイムに。
平山と今ちゃんがとても良いのでは。草民が初々しく頑張る。

後半もほぼ東京。時折ひやっとする場面も権田が押える。
獲得したいくつかのセットプレイでは工夫をしようとする意図は見えるが・・・・。
今日はさすがに大丈夫そうと思うものの、終盤やはり若干ばたつく。
ロスタイム半分過ぎたところで「眠らない街」
またもウノゼロの勝利。


この間、スネークさんは2度立ち上がった。
祐介のゴールが決まった時、そして試合終了の笛が鳴った少しあとに。
お疲れ様でした。

今日のスタメン平均年齢は23.9歳。
それぞれの持ち味が出て良い絵が描けていた。相手にも恵まれたのだが。
ヨネタンが凄いことになるかも。若い選手はゲームで日々進歩する。
でもだからと言って、契約選手数を減らせばいいとは思わないよ。

ジョーさん、羽生さん、若い選手に絵を描かせてくれてありがとう。

スネークさんのいい?写真が取れたからアップしたかったな。
座ってるとこ、立ってるとこ×2
分かる人にしか分からないけど。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-05-21 14:18 | FC東京

今日の楽しみは・・・

久々の先発らしいジョーさん。

ちょっとしたことでバタバタしてしまうチームに落ち着きをもたらしてくれるでしょう。
左腕痛くても、いっぱい拍手するよ、ジョーさん!


ソウタンとソウタ

うはー面白そう。

5時に会社を抜け出すよ!
[PR]
by inadafctokyo | 2009-05-20 11:19 | FC東京

怒りと悲しみの街

c0068891_2231111.jpg
試合終了の笛と同時に悲鳴とも呻きともつかない声が満ち溢れる競技場を逃げるように後にした。
燃やせ、破壊しろ、何よりも己の弱さを。
一刻も早くここを出なければ、ウイルスにやられてしまう。
怒りと悲しみがわたしをバイオハザードのアリスに変貌させた。
c0068891_2233125.jpg
信号で止まっていたタクシーをひっくり返し、電車を転覆させ、黄色いものを焼きつくした。わたしの叫びを聞け、腰抜けども。
明るい未来が欲しいのか。ただ座して口をあけていれば何かが手に入ると思うな。
戦え、敵を倒せ、目を背けるな、真実を口にしろ。
あっちでもこっちでも火の手が上がる。焼き尽くせ、爆発させろ、眠っている力を。

ごめんなさい。
実際にはしょんぼりと明大前のLIVREの前で店が開くのを待っていました。
マスターはどこかで何かを吐き出さなければ店を開けることができなかったらしく、なかなか戻って来ませんでした。
コンビニで酒を買ってきてそこら辺でしゃがんで飲もうかと思っていると、アルバイトの女性が開けてくれました。
c0068891_2334337.jpg
次節の先発はこの子で。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-04-19 23:33 | FC東京

今日も元気でビールがうまい

みなさーん、味スタは今日もちゃんとありますよー

安心して国立に行ってください。

洗濯して掃除してのんびりビール飲む

サイコー!!

今日千駄ヶ谷の駅前に池袋のABCーMARTさんがグッズ売店を出店する(オフィシャルショップスタッフブログでおなじみ)のですが、そこへ東京ドロンパが登場するのがなんと15時~15時25分。

はやっ!

しっぽストラップも入荷するようです。

でも開門まで相当時間ありますね。今日は少し早く行こうかと思ってはいたけれど、それにしても早すぎ。
ドロンパ、お茶にでもつきあってよ。
それともショップの手伝いか?

さて、本日の千葉戦、若干のスタメン入れ替えもあるようです。

中盤のチェックを厳しくして、巻に簡単にボールを入れられないように、巻にボールが入ったときもフリーにしない、フォローを遅らせる。巻の3秒ルールというのがあって、巻にはボールを3秒以上持たせてはいけない。ボール(チャンス)が死ぬから。

さ、これだけ守れば大丈夫!(ほんとか?)

スタジアムでビールを買うとき、あの子から、この子からとみなさんご贔屓がおありでしょ?
わたしはラスタカラーのタオルを巻いている子がいれば、必ずその子から買います。
味スタだけじゃなく、クラブW杯の時国立にもいてびっくりしました。
いい天気でビール売れるといいねー

さー出かけようかな~(早すぎ!)
家でじっとしてれらんないよー
[PR]
by inadafctokyo | 2009-04-18 12:07 | FC東京

7試合連続得点中の東京 対 7試合勝ちなしの千葉 でも2点目が取れない同士

もうひとつ7があればね、うふふ

勝ちそうってほくそ笑んでみたり?
初勝利プレゼントしそうって焦ってみたり?

はいはい、そこのあなた、油断してもダメ、妙なこと心配してもダメ
やるべきことやって、国立でガンと行きましょ

東京のここまでのデータ(11位)
7得点
12失点
勝点9
ホーム勝点6
アウェイ勝点3
与勝点12
シュート数78本
被シュート数65本



千葉のここまでのデータ(17位)
5得点
9失点
勝点5
ホーム勝点3
アウェイ勝点2
与勝点11
シュート数59本
被シュート数114本


うはっ パッとしない対決!
Jリーガーランキング&チェックより

もういいかげん、初勝利だとか初ゴールだとかに貢献するのはやめにしてね。
昨年の最終戦をこっちも忘れないけど、あっちだって覚えているでしょう。
負けたら勝ち点だってすぐ追い付いてくる。
2点目が取れないのも同じ。ミラー監督は前節の試合を見て、対策を打ってくるだろうけど、とにかく2点目を取ることにつきる。(1点目は取れると思ってる)

まだ火曜なのに次の試合を話題にするなんて、inadaには珍しいじゃん。
そうそうそうなのよ。久々の国立とナイターが嬉しかったりして、あはは

試合終わったら、速攻で飲みに突入したいんだよね!
[PR]
by inadafctokyo | 2009-04-14 14:05 | FC東京

1人のパート社員がやめる

昨日は大地を守る会の本社で会議があった。大地を守る会の本社は海浜幕張にある。
会議後の飲み会でのこと。
わたしが「明日は必ず勝つ!」と宣言すると、困った顔のS君。
S君の部署のパート社員が巻のファンで、ジェフが降格して巻が他のチームに移籍したら、大地での仕事はやめると言ったそうだ。

「フクアリに近いからここで仕事をしているんです」
そういう彼女をS君には引き止める術がない。

「あーわかる、わかる。そりゃ仕方ないわ。あたしだって味スタの近くに越したくて、今探しているんだもん」とニコニコ話すわたしをS君は憮然とした顔で見た。

多分、辞職決定。

あ、巻が残ればいいのか。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-12-06 10:08 | FC東京

今ちゃんが

c0068891_222116.jpg
今ちゃんが、わたしの前には3人もいたのに、ピッチにはひとりもいなかった。

試合開始とともに買ったビールの半分も飲まないうちに、10人になっていた。
赤点、赤字、赤札、赤紙、赤はマイナス、赤は緊急、赤は不名誉、赤は不吉。
そんなものは今ちゃんにはまったくもって似合わない。
ちょっとびっくりして、叱られたネコのようにサーッと今ちゃんは消えていった。
わたしたちはぽかんとしていた。

今日の主役の座をはにゅーから奪ったのは、佐原。
サラサラの佐原はその日、ピッチ上で起きた重大なことのほとんど全てに頭を突っ込んで、その絶大な効果に喜んだりがっかりしたりしていた。
わたしたちは若干置いてきぼりにされかかり、呆れそうになりながら魅了された。

日々進歩を遂げる平山は生き生きと動き回り、今後の伸び代を期待させた。
わたしたちは本当には彼を評価していなかったし、彼がまだ途上にある選手で鍛えられなければいけないということにようやくにして気づいた。
〇ソリマチはその灰色の脳細胞を無意味な皮肉を言うために使うのではなく、類まれなFWをいかにして目覚めさせるかに使うべきだった。
あんな厳しい状況で、滑って笑いが取れるのだ。並みの才能ではない。

エメルソンは顔色ひとつ変えず、普段にも増して神出鬼没だった。それに比べると梶山は決して悪くは無かった、良い出来だったと言えるが、1人少ない状況では自分自身にもっと負荷をかけても良かった。(期待が大きいのでね)

1人少ない状況が大好きな藤山は虎視眈々とボールを狙っていた。

そして、わたしは久しぶりの実戦で一人少ない状況でくたくたになり、よろよろと明大前に降り立った。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-06-30 23:26 | FC東京