タグ:ユース ( 9 ) タグの人気記事

引き分け!そしてユース応援企画

7月19日の鹿島戦はボランティア参加でした。
味の素デイということもあり、アジパンダは勿論のこと、アジパンナちゃんという女の子キャラも登場したそうです。全く見れませんでした。
かわいかったですか?
この日のお仕事はサンプリング、てっきりCookDoを配布するものと思っていたら、後半戦年間チケットの案内配りでしたよ。
CookDo回鍋肉は味の素の社員さんが配布してくださいました。なので、貰いそびれた人もちょいちょいいて、貰ってな~いなんて言う人のために配布場所に行って貰ってきたりするのもお仕事のうち。
慣れないと配布というのは案外タイミングが難しかったりします。
そしてこの日は回鍋肉一択でした。2種類だとあっちがいい、こっちがいいというお客様もいらっしゃるので・・。
先着1万名の回鍋肉はキックオフ40分前位には終了していました。

年間チケット案内はソシオの方には必要ないものですので、一般入場まではただゲートでにこにこお出迎え。
ソシオ招待のお客様がこの日は多く、その方たちにはしっかり受け取っていただきました。
みなさん、ソシオ招待頑張っているんですね。鹿島戦というのも良かったのかもしれません。

この日はお子さんが多いと感じませんでしたか?
お子さんが多いとKFCの行列がいつもより長くなりますね。
選手たちが先日小学校訪問を行いましたが、その際には親子向けにチケットを販売しますので、親子連れが多くなります。選手と一緒に体育館や教室で楽しい時間を過ごして、「試合を観に来てくださいね」と言われたら、行きたくなりますよね。実は選手が一番の営業マンでもあるんですね。
また来てくれるといいな~。

ぐっさんのものまねも見られなかったのですが、写真で見ると楽しそうでしたね。

鹿島に久々に勝利するいい機会だったのですが、引き分け。
これは外す方が難しいというようなチャンスが2回。あれを決めていれば!
でも決して悪い試合ではなかったと思います。
次回に期待が持てる内容でした。


さて、また今年もあります!
FC東京ユース応援企画
2014 FC東京ユース応援Tシャツ企画
この企画はとっても選手の親御さんたちに喜ばれているのです。私も直接FBでお礼を言われて(名前でわかったらしく)、感激したことがあります。みなさんどうぞたくさんのご支援を宜しくお願いします!
[PR]
by inadafctokyo | 2014-07-21 17:42 | FC東京

FC東京ユースを応援しよう

恒例のユースファンによるFC東京ユース応援企画が発表されました。

今年はタオルマフラーです。
c0068891_13575346.jpg


折よく昨日、クラブから三田啓貴くんの来期新加入内定も明らかにされました。
スクールからFC東京で育った三田くんのタイトル歴が輝かしい!

年に数回しかユースの試合を観戦していない私のようなものでもその名前が記憶に残るような選手であったことは確かです。

毎年、この企画に携わっている方のハンドルネームから連想することが、「くるねこ大和」という漫画家さんのブログです。
彼女は捨て猫を放って置けない人で、何度も何度も子猫を拾っては育てます。
乳飲み子は手がかかります。何時間おきかにスポイトで授乳、保温、排泄の世話、そして離乳させ、遊ばせ、健康に気を配り、手が離れるようになったら、里親を探し、可愛がってくれるご家庭に引渡します。
仕事を中断しての子育て、人間と違ってあっという間に一人前になりますが、いつもいつも感心する猫育てっぷりです。
子猫が何匹も駆け回っていた大騒動がやがておわりを告げ、元通りの生活になって呆然とする彼女を大人ネコがそっと慰めに来ます。
本当ならきっとそうやって手をかけ愛情をかけ育てたねこはずっと手元に置きたいでしょう。
でも、彼女の家には既にねこさんたちが住んでいて、そのままではすぐに限界がやってきます。
もううちにはスペースがないから受け入れられない、というわけには行きませんから、名古屋中のそして日本中の猫好きとネコが幸せになるように、彼女はこれからもねこを育てるでしょう。

FC東京のホームページで、これまでに下部組織からプロになった選手たちの名前を知ることができます。育成・普及
村林さんが嬉しそうに口にしていた選手たちの名前。
そこに載っていなくても、私たちの下部組織にはもっとたくさんの選手たちがいて、今もしっかりとそれぞれの道を歩んでいます。

今年も私たちの気持ちを届けるために、この企画への参加をお願いする次第です。
↓リンクをクリックしていただくと企画のページに飛びます。
2012 FC東京ユース応援企画
[PR]
by inadafctokyo | 2012-07-25 14:05 | FC東京

日本ブラインドサッカー選手権B1大会とクラブユース選手権大会

2週間も東京の試合を観られないと、代表選があったとはいえ、そろそろ禁断症状が現れる頃ですよね。そんなあなたに身近で楽しんでいただける試合の紹介です。

日本ブラインドサッカー選手権B1大会が味の素スタジアムで行われています。
生憎の雨の中、熱戦が繰り広げられています。
c0068891_14552466.jpg
味の素スタジアムの人工芝部分にピッチが作られています。ホームゴール裏が開放されていますので、屋根の下での観戦が可能です。人工芝部分がピッチなので観客席からでも近く感じます。
c0068891_1457562.jpg
しかしながら、その迫力を感じていただけるのはなんといってもピッチ脇です。
ボールが壁沿いの滑る、壁を叩く音、選手同士のぶつかり合い、キーパーやコーラーの声、コーチが叩く壁の音。その音を近くで聞いてみて欲しいのです。

本大会には全国から12チームが参加し、4つのグループに分かれて戦います。
第一日目の今日はAコート、Bコートそれぞれ6試合が行われます。
二日目の明日は順位決定戦が行われます。
サッカーをいつも観ている皆さんなら、各チームの戦い方や選手の技術に関心を持たれることでしょう。
私の注目は3月のフィアットカルチョでスペイン代表チームを敗って優勝した「たまハッサーズ」、大会5連覇を狙う「F.C.Avanzare」そしてフィアットカルチョでは連合チームでしたが、スピーディーなパスサッカーを見せた「松戸ウォリアーズ」でしょうか。
これ意外のチームにもそれぞれ優れた選手がいて、その発見が楽しみになるでしょう。
明日は9時から、決勝は14:20からになります。
府中アスレチックFCが登場するエキシビションマッチは14時から。

そしてもうひとつ、明日は小平でFC東京U-18のクラブユース選手権大会関東大会の試合があります。対戦相手はエスペランサユース。午後3時から。こちらの方に行ける方はぜひご観覧ください。

私は午前中から田んぼの学校のボランティアがありますので、終わってから小平は間に合わないのですが、ブラサカの決勝には間に合うかもしれないと思っています。
明日はまあまあの天気になるようです。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-06-09 15:36 | サッカー

大事なお知らせ

大事なお知らせが二つあります。
ひとつは「ミツバチの羽音と地球の回転」調布上映会のおしらせ
8月7日(日)たづくり にて
調布上映実行委員会のおしらせ
c0068891_1418772.jpg

原発 ほんとうに必要ですか?
核は人と共存できますか?

山口県の島に降ってわいた原発建設計画、その計画を巡って島の人たちはどのように感じ、暮らし、動き、言葉にしてきたのか。28年に及ぶ記録です。祝島では今も反対運動が続けられています。

「祝の島」(ほうりのしま)こちらの上映会もあります。
おしらせ


岐阜戦の当日ですが、お時間あればぜひ。


そしてもうひとつは、恒例の
ユース・ジュニアユースを応援しよう企画!
c0068891_14155433.jpg

今年はネイビーと白のTシャツになりました。文字のグラデーションが美しい!
2011年という年はだれもが忘れられないものになると思いますが、年若い多感な彼らにはまた、私たちとは違った思いがあるでしょう。
今年も変わらず、今年はもっと熱い大きな気持で応援したい。

1枚3,000円で注文していただきますと、選手やスタッフのみなさんにもTシャツをお届けすることができます。
締切は8月7日です。どうぞよろしくお願いします。
ご注文フォームはこちらから!

自分を、仲間を、自分の好きなことを信じて、それが未来につながることを信じて。

いつもこの応援企画を準備して、動いてくださるみなさん、ありがとうございます。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-07-29 14:18

うちのねこたちも応援する

FC東京ユースの子たちです。
c0068891_13553142.jpg

今年も応援企画がスタートしています。
昨年一昨年とTシャツを購入してくださった方も多く、時々その姿を見かけると嬉しくなります。

それは勿論ユースの選手たちも同じで、自分たちの手元にも届けられるTシャツと同じものを観覧席に見かけるのは嬉しいもののようですよ。

今年はタオルマフラーを作ることになりました。

企画してくれたのは、毎回ありがたいことに、こちらの 可楽blogさんです。

好きでやっているから、とおっしゃいますが、ユース好きのみなさんのおかげでユースを応援する楽しみが増していることは確かです。

U-15、U-18の子たちを見ていると、試合前の緊張やチーム内での競争、怪我や学業などの自分自身との戦いなど、バレエをやっていた私の娘と重なるものがあって、時々胸が苦しいような思いを味わいます。

どんなことも決して無駄になることはない、どんな道に進んでも彼らの大きな未来のために一緒に見守って、応援してください。

タオルマフラーは可楽さんのところで予約できます。
締め切りが25日までですので、急なことで申し訳ありませんがお願いいたします。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-07-22 14:07 | FC東京

深川でリフレッシュ!

日本のロックと言えば はっぴぃえんど だよと思うみなさん(大していない)こんばんは!

プリンスリーグ関東第5節はFC東京U-18 対 ジェフ市原・千葉U-18

日差しが強かった、暑かった深川グランド。
いつも気持ちの良いゲームをありがとう!
昨年のチームに比べると力の差はあると聞くけれど、どうしてどうして今の時期にこれだけやれたら、先が楽しみなんじゃない?
c0068891_2312840.jpg
序盤から積極的に攻め込む東京、サイドが基点となりボールも人もよく動く。
c0068891_2315163.jpg
前半30分過ぎ、信吾のシュートがポストに当たってこぼれたところを江口くんが押し込んで先制。
c0068891_23273.jpg
あれ、今日は信吾ばっかり撮れてるよ。
c0068891_23222100.jpg
ほんとに前線から良く追っている。後半少し疲れが見えたけど、倉又さんはロスタイムまで変えなかった。
信吾だけじゃない、11番のFW秋岡くんの運動量も半端じゃなかった。7番の武藤君の生きのいい猟犬のようなドリブルやチェイスを観るのは大きな喜びだ。
c0068891_2342217.jpg
佐々木君も橋本君も江口君も良かった。前後半通じて積極的に攻めたが1点しか奪えなかった。それでも決まらなかったシーンでも倉又さんは拍手していた。
c0068891_2343929.jpg
江口君のシャー。嬉しそう。

次回は5月5日11時KO、レッズユース戦@小平
トップチームの前にぜひ応援を!小平から味スタは自転車が一番ですが、バスで武蔵小金井、武蔵小金井からJRで武蔵境、武蔵境からまたバスというシチメンドクサイことこの上ないルートですが、間に合わないことはありません。4人いればバスの代わりにタクシーって手も。

明日は起きられれば、安曇野の豊科美術館に行こうかな。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-05-02 23:58 | FC東京

深川で食べたのは深川丼ではなく

デニーズだったんだけどね。
プリンスリーグ関東 FC東京U-18対八千代高校 観戦後に10人で行くところといったら、デニーズくらいしかなかったわけで。

八千代高校との一戦、詳しくは携帯サイトを見てください。(え?)
天気の良い深川には、今年からユースを観始めた人たちの姿も多く、東京中日の携帯サイトで連載されていたユース座談会などの効果が明らかなのではないかと思います。
熱心な応援者の言葉が影響しないわけはなく、クラブからの発信とはまた違った説得力を持つものですね。

c0068891_2329338.jpg
先制点は30分くらい。それまでは落ち着かない試合でした。
c0068891_2342224.jpg
2点目は大きな展開から気持ちよく。前半は2-0で終わります。後ろに見えるマンションですが、あのベランダから試合を観ることができますし、むしろピッチ脇よりよくわかるかもしれませんね。そのマンションの住人も応援にいらしていて。。ビックリしましたね、深川に住んでいると聞いていたので「歩いて何分?」と聞いたら、あそこと指差したのが・・。
c0068891_23452934.jpg
後半に1点返され、また1点追加し、2点目を取られ、3-2で終了。
負けなし!点が取れるっていい、気持ちよい試合でした。

八千代高校も一瞬の隙を逃さず決められるのはいいですね。

キーパーの三浦君はビッグセーブがありましたし、10番の佐々木君には再三感心させられました。
シンゴも良かったと思います。
次の試合は5月2日、11時キックオフ、深川グランド 対戦相手はジェフ千葉です。


ユースの試合をいろいろな人が観に来てくれるのは嬉しいことです。
でも深川のピッチ脇で観戦するときは敷物か椅子をお持ちになった方が楽ですよ。前の方で見るときはみな座ります。後ろなら立って見てもOKです。でないと前に立ってしまうと他の人が見えにくいでしょう。
今日、若い男女が前の方で立って観戦されていたので、座るか後ろに下がってほしいとお願いしました。敷物をお持ちで無かったようなので、敷物をお貸ししますよと言い添えて。
非常にむっとされて、じゃあ下がりますとわずかに10センチ下がられたのですが、そのうち帰ってしまわれました。言われなくても周囲を見て気づかないのがおかしいと思うのですよ。周りが座っているのに自分たちが立っているということに何も思わないということが。
初めてのところでは勝手がわからないので、私も気をつけようと思ったのですが、あの人たちは多分どこでもああだろうな。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-30 00:05 | FC東京

3つまとめて

アウェイのガンバ大阪戦、プリンスリーグ関東、J2のヴェルディ対甲府の試合をまとめちゃう。

c0068891_23241569.jpg
4月24日、昼に打ち合わせがあったので大阪には行かず、LIVREで観戦。
お陰さまで昨日今日と酒が旨くないわ。
みんな思っていることだろうけれど、前半で点が取れていればなー。ガンバの注文通りの試合になって、悔しいったらありゃしない。
いくらチャンスを作っても(いくらって言うほど作れてないか・・)最後に決める人が足りない。じれったいなー。
攻撃にもっとメリハリを、時間をかける時とスピードアップする時とってこれも前に言ったし、セカンドを取れないって何度も呟いてるし、ため息しか出ないのだが、こういうときはユースだよね。折り良く翌日にプリンス関東があるではないか。
*写真は来月から新メニューとして登場するかもしれない「ストロベリースムージー」ですよ。店が暗いから紅茶かコーヒーにアイスクリームが入っているだけかも思ったら、フラッシュ浴びせてみたらピンクだった。


11時KOの試合に自転車で小平へ向かった。相手は市立船橋。カメラ忘れた。
30分前にはすでに市船関係者はたくさん詰め掛けていた。ホーム側の観覧席の中・上段はご家族で埋まっている。
前半はチャンスを作るものの市船のしっかりした守りをなかなか崩せない。でもリズムは悪くない。後半に期待が持てる内容だった。
後半もテンポよくボールを回し、ピッチを広く使ってチャンスを伺う。後ろの方のご家族からはサイドにばかり回すなという注文も。
先制点はコーナーキックから。キーパーが弾いたところを橋本君がすかざす決める。この日は橋本君は2得点の活躍で試合後シャーをしていた。
先制点が入ると途端にゲームが変わる。東京は余裕を持って攻め出し、合計4得点。
市船のキーパーと5番のキャプテンはそれでも最後まで仲間に声をかけ続けた。そうでなくちゃ。

試合後少し残っておしゃべりをして、自転車で家に帰りカメラを持って味スタへ。
とここから何度トライしても写真がアップできないよー。
ヴェルディ戦については明日かあさってだ。結果は甲府の劇的なロスタイムゴールが決まり2-1で勝利。
ヴェルディの1点はPKでまるでどこかのチームみたい。東京のチームは・・・。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-26 00:46 | FC東京

12月8日江戸川

Jユース・サハラカップ決勝トーナメントに進出したFC東京U-18は、2回戦を12月8日13時から江戸川で戦う。対戦相手は12月2日にジェフ千葉ユースと千葉SCとで1回戦が行われ、その勝者との対戦になる。

昨年に続いて江戸川に行く機会が増えて良かった。
準々決勝は12月16日(日)フクアリ:去年と同じ?
準決勝12月22日神戸ユニバ、決勝12月24日長居。
1年おきで決勝は関西と関東で変えたらどうだろう。

トップチームがさっさと終了したあと、ユースっ子たちが頑張ってわたしたちサポーターを腑抜けにしないように努めてくれるサハラカップですよー。

今年は両方で忙しいってことになっても全然構わないんだからねー
[PR]
by inadafctokyo | 2007-11-21 23:12 | FC東京