タグ:ホーム ( 156 ) タグの人気記事

いいもの見たな~ 横浜戦

国立での横浜FCとの対戦。
選手紹介ではカズにも拍手が起こり、交替で退く時にも東京ゴール裏からはカズ・カズ・カズ!とカズコールと拍手が送られた。
草民がそんな様子をちらっと見ている写真がどこかにアップされていた。
草民にはまだ、その重さがもしかしたらわからないかもしれない。でも、この日のことはずっと覚えていてほしい。

横浜はヴェルディに7点献上して負けた試合よりは立て直して見えたが、全体的には良いところを発見するのが難しく、岸野さんのチームとしては物足りない内容だった。

1点目は梶山がジャンプして降りたところにボールが来たような・・・コーナーを蹴った矢澤が偉い!
最近はこれまでと違ってコーナーキックがチャンスになるのである!

羽生さんがトーキョーワッショイのインタビューで語っていたように、「一辺倒にならないように、深さと幅を大事にして、そこから崩せるようなイメージ」をもった攻撃が功を奏して、2点目、3点目が生まれた。

この日初めてスタジアムを訪れた人にも、選手たちは鮮烈な印象を残していたようだった。
c0068891_1435131.jpg

国立って席と席の間が狭くて足もとに傾斜はあるし、階段は滑りやすいしカップホルダーは無いし、売店もいまひとつ、ソシオ入場口がひとつしか無いからナビスコ決勝みたいに並ぶし、でもまぁそれ以外はなんとなくいいよね。
c0068891_14373751.jpg
今日も可愛くて元気いっぱいのチアさんたち。
c0068891_1440079.jpg
あなたがまたぐのを見られて今日も良い日だと実感した。
c0068891_14415545.jpg
知り合いの息子さんがエスコートキッズに。むっくんと手をつないで入場!なーんて羨ましい。ずっと覚えていてね。(本当は塩田を希望していたのだが、この日は怪我のため権田が出場。)
c0068891_14444739.jpg
「点が入る前に8,9人が集まって、ああしようこうしようと話した。」(羽生さん)それが結実した。
c0068891_14481974.jpg
「枠飛ばせ」コールは ”かっ飛ばせ”って言っているのかと思った。ホームランホームランヤザワって続くのかなって。矢澤はああ見えて繊細らしいから、羽生さんがそう言うなら、外しても気にしなくていいよって言ってあげた・・いや知らん顔しておいた方がいいかもしれないな。
もちろん、みんなシュート外す以外は貢献度が高いって分かっているのだが。

さて10/19のアウェイ横浜戦では「勝たなあかん!シート」が募集開始
お弁当、お茶、監督・コーチスタッフのサイン付き。

チケットは購入しましたか?
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-27 14:59 | FC東京

いまさらながらの熊谷でのホーム栃木戦

順番が前後してしまいましたが、写真だけでも。
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場、入場者数 6,795人。いつも来ている半分以上の人が来れなかったわけで。
c0068891_1313221.jpg
外のフードコート。熊谷ホルどん。
c0068891_13283065.jpg
焼きそばは基本です。
c0068891_1492455.jpg
豚串です!
c0068891_14202957.jpg
豚串、やわらかくて旨かった。ホルどんはホルモンを入れた炒めうどんのことでした。美味しかったのですが、ホルが少なかったな~。そしてどれも値段は首都圏相場だった。
c0068891_14305551.jpg
入場待機列を尻目にビール飲みつつお喋り。ソシオ待機列がはけるまでに時間がかかりましたね~。
c0068891_14445275.jpg
スタジアム内のフードコート。こちらは韓国料理やブラジル料理の店がありました。
c0068891_14523621.jpg
台湾カキ氷というのは氷にもともと味や色がついているカキ氷のこと。これは氷にミルクが入っています。岐阜にもあったね。流行っているんでしょう。でも500円は高いと思うなぁ。チョコレートがけにしました。他にはイチゴやマンゴーなど。
c0068891_151166.jpg
ややや、向こうに見えるカプセルはなんぞ?
c0068891_1555544.jpg
特徴といっても特にこれといってないかな・・。
c0068891_15103086.jpg
本日のボールパーソンはこちらの方々。試合を集中して見ていて、ボールを追うのを忘れたりしていましたけど・・^^;これからもサッカーを楽しんでくださいね。色々な立場で。
c0068891_15161181.jpg
ご存知の通りゼロゼロで引き分けでした。元教員クラブの割にはえげつないなぁ。だからこそ1点を取って溜飲を下げたかったんですけどね。
もうすこし意外性が必要なんじゃないかと思いました。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-12 12:04 | FC東京

むっくんに胸きゅんw

おねえさんもおばさんもおっさんもみんなむっくんに萌えたよねー。
c0068891_9361120.jpg
逆転勝ちがそもそもいつ以来か覚えていない。2009年?
先制されたときはいや~な感じがしましたが、京都は先制したことで勢いに乗るっていうより、若干ぎこちなくなりましたかね。
c0068891_9495565.jpg
むっくんはJ初ゴールでだったんですね。今までに取ってるかと思っていました。たまたま入ったとインタビューに答えていましたが、ちゃんと足首から下をコントロールしてましたよね。味スタだからのびのび出来たと話していました。そう、むっくんはのびのびとやってる時がいいよね。誰でもそうだけど。
c0068891_1018435.jpg
モリゲのヘッドが決まる直前です。あんなにフリーにしちゃ・・
c0068891_10221063.jpg
草民のコーナーキック。草民良かったですね~。前節のMDPで徳永が「草民が今後チームの象徴的な選手になっていけば、このチームにもスタイルと呼べるものができるのかもしれない」と話していました。
c0068891_1033374.jpg
ナオのコーナーキック。坂田に出したパスはナオの優しさが詰まってました。
c0068891_1047745.jpg
ルーカスのハットトリックは嬉しかったですね。なんだかとても懐かしい感じがしました。
ルーカスが初ゴールもフリーキックでしたよと言っていたのは、2004年4月14日ホームのセレッソ戦。引き分けに終わっています。この試合に一緒に出ていたのは今ちゃんとナオだけです。徳永はサブだったのでしょうか。
次は愛媛ですか。色々忙しさに紛れ、手配が出遅れました。こちらで応援することにします。
みんなのびのびとやって欲しいですね。


※味スタ帰りに西調布の方から帰ると、途中で地元の人(面識のない方)に「今日はすごい勝ち方だったらしいですね~」と声をかけられました。地元っていいな。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-11 11:02 | FC東京

せめて一服の清涼剤に

なればいいんですけど、草津戦の花火です。
c0068891_18263375.jpg

c0068891_1831515.jpg

c0068891_18504335.jpg

c0068891_18524896.jpg

c0068891_1954281.jpg
暑くて浴衣を着ていた人は大変でしたでしょう。わたしは帰りに実家にすぐ向かうので浴衣はやめておきました。
c0068891_19101798.jpg
PKをセザーが決めて、得点はこれだけでした。でも勝ち点3をしっかり取ることは大事です。点差以上の差はあったかなと思いますし、でも年に1,2回しか来ない友人が観戦に訪れて、勝つには勝ったけど、面白かったかなと気になりました。ま、花火は上がったし良しか。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-08-17 20:58 | 未分類

京都の夏と国立

金曜の夜から京都に行って月曜朝に帰ってきた。
今回は南座で行われる若柳会の踊りの会に娘が出るので、それに合わせ友人とも会った。
1日目は木屋町のカルドでパスタランチ、その後ステンドグラスが美しいクラシックな雰囲気の喫茶店フランソワで長々と機を織るように話続けた。
友人と別れ、夜は一人のときによく行く仏光寺通りの「田舎亭」で鱧と胡瓜の酢の物、お造り、賀茂茄子の揚げ出し。ビールと澤屋まつもと純米酒ね。
c0068891_1013069.jpg
京都は祇園祭の終盤を迎え、観光客が群れを成している。お茶屋には祭りの提灯が下げられ夏の風情。
c0068891_10172815.jpg
四条通りは人でいっぱいだが、裏へ廻れば静かないつもの京の町。京ことばに包まれてお酒を飲んだり、食事をしたりしているといい気持のものだ。しかし油断召さるな(笑)婉曲もここに極まれりという言い方で、けっこういろいろ言っているのだ。まあ、しかしいつ行っても京都は楽しい。
二日目の夜は錦に程近い和食の店で鱧落としに鴨ロースとたっぷり京野菜、そうだ酒盗が今まで食べた中で一番旨かった!だから酒もすすんでしまった。
その店で娘と食事をしている最中にもINFOBARで試合をチェック。5-0の結果にはしゃいで、またも酒量が・・。


その国立では18,000人しか入らなかったのに、試合中にもかかわらず売店のすべての飲食品が売り切れ、「J2嘗めてました」の横断幕は国立に譲ったらどうかと言われていた。
今年初めてうちのゲームを担当したわけでもないのに、東京の事前チェックも甘かったんでしょうか。
で、またもや東京食い尽し伝説が生まれたわけで、早速とうこくさんがエルゴラに描いていた。
朝、駅でエルゴラを買って、電車の中でこれ見よがしに開く。
強い東京にお尻がそわそわするのだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-07-27 10:41

岐阜戦の快勝

今頃ですが、簡単に振り返っておきます。
なんたって女子は世界一、東京は首位。
c0068891_11182891.jpg
暑かったですね。せんがわ劇場で打ち合わせ後の味スタだったので、仙川の京王ストアで西瓜とトマトを買いました。入場の荷物チェックでは「あ、スイカだ!」と係りの人が思わず大声を(笑)
c0068891_11204386.jpg
ようこそいらっしゃいました。しかも2週連続での味スタ。前節とは違って賑わう味スタをご覧いただけてよかったです。スコア的にも賑やかで・・・懲りずにまた・・いらしたときはまた寂しい味スタかもしれませんが。
c0068891_11254289.jpg
懐かしいルーカスのフラッグ。こういうのを保管しておくのも御苦労でしょうね。
c0068891_1128326.jpg
1点目はアウェイ側で徳永が、私はセザーだとは思わなかったのですが、決まるとは思っていなかった・・・。だって3年ぶりですよ。ごめんなさい。この日は特に積極的な仕掛けが良かったと思います。昨年の彼にかかった重圧を思う時、思いきって走る姿を見ていると「よしよし」って言ってあげたくなります。
これは2点目のシーン。カメラを構えていたのにゴールが入る瞬間は前の人が立ち上がって背中がしっかり撮れていました・・・。モリゲに頭を抱えられている草民。
c0068891_11345413.jpg
セザーはこの日、PKも決めて2得点。
c0068891_11395353.jpg
この日一番好きな写真。羽生さんが交代するとき沸き起こった大声援。みんな分かってるから。
c0068891_11392272.jpg
砂被り席が登場。観にくいけれど、試合後はすぐ近くを選手が通るからいいですね。いくらになるのでしょう。
c0068891_114418.jpg
ルーカスとセザー、お互いに相乗効果を期待できますね。ルーカスの加入によって草民も大竹もよりレベルアップを求められるわけですね。


私は今夜、京都に行きますので週末の試合は観戦できません。チケットは無事お譲りしました。
千駄ヶ谷の駅まで勝利の歌を響かせてください。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-07-22 11:55 | FC東京

さすがに梶山ですよ・・

流石に梶山だ・・・ゴール裏に向かって腕を突き上げる梶山を見て、私は感心していた。
FC東京ニュースvol.81には、このように書いてあったからだ。
『スタジアムでは、勝利の後、その日に活躍した選手が "シャー"と呼ばれるパフォーマンスを披露するのが慣わしにもなっている(中略)しかし梶山は自分に言い聞かせるように「勝利パフォーマンスは封印したい」と言う。』
もっと質の高いパフォーマンスをして、試合を決定づけるプレーがしたい。そしてJ1昇格を決める試合で活躍したら、その時に…と梶山は語っているわけだが、いやはや秋まで待たずに梶山のシャーを見られて、本当に嬉しい。
何事にも拘らない、ちっちゃい事は気にしない、東京の10番に相応しい大きさだ!
ヒーローインタビューの最中だか後だか、そう言えば俺、夏に海外移籍するんだっけか?と思い出したのだろうか。いや、海外移籍についてもそう言えばそんな事言ったっけ?ということになるのかな。

今期初の連勝、ホーム無敗。

今ちゃんは一時期の迷いを払拭して、頼もしいキャプテンとして君臨している。
今野と森重、そして我らがキーパー二人に後ろは安心して任せられる。あとは追加点を前の選手があげればいい。

クマはミスの連鎖を防ぐ事を選手に要求している。ハーフタイムに特に草民に名指しでミスを無くすようにと言ったようだ。草民は練習で集中力が持続しない面があって、試合の方が良いパフォーマンスを発揮するとも以前に言っていた。
今は行って戻ってまた出て行って、という厳しい要求にも当然のようについて行けるだろう。試合に出ながらだから。
若い選手の伸び代は素晴らしい。秀人もこれまで試合に出ていないから、1試合で吸収するもの、学べるものの大きさは他の選手を上回ると自分で言っている。

下田くん、ホーム初出場おめでとう。大きな1分だった。

大竹もむっくんも巧もやり切れ!
[PR]
by inadafctokyo | 2011-06-20 23:23 | FC東京

成績や内容がいまいちなので・・・

ガス抜きのためのマスコットなのかしらかしら?(笑)
c0068891_11121697.jpg
私は調布の田んぼの活動日だったのでキックオフ後に到着。旦那の撮った写真はマスコットだらけ
c0068891_1113141.jpg
これだれ?w
c0068891_11143646.jpg
試合後のツイッタ―の呟きもマスコットだらけw
c0068891_111546.jpg
他に見どころは?
c0068891_1119364.jpg
嬉しさも中位なりってところ。
c0068891_11225995.jpg
これくらいあった緩衝帯が
c0068891_11204160.jpg
これくらいまで縮小されて、お客さんはたくさん入ったし、天気は午前中ほど暑くなく風が気持ちよく吹いて、肝心なものが足りない・・・。

ちょっと中途半端な印象でした。どっちつかずみたいな。
交代はどうだったんでしょうね。
セザーは随分守備で動けるようになったので、あと少し意識してチャンスに絡んでくればいいと思うんですけどね。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-06-06 11:36 | FC東京

初めてのスポボラは引き分け

昨日はスポボラ(市民スポーツボランティア)として初めての試合でした。
初参加ですので、研修として各部署を一通り見て回りました。
ミーティングの後にまず、メインゲートで瓶缶の飲み物を紙コップやタンブラーに移す場所に入ります。
この日は風が強く,いろいろな物がばたばた煽られる中での作業でした。
紙コップを一個テーブルに逆さにガムテープで止めて、その上にコップを重ねて安定させる技に感心したり、知り合いに声をかけて驚くのを楽しんだりした後で、会員受付、サンプリング(配布物)、場内案内など各部署を見学に行きました。
こどもたちが集まるハイタッチフレンズ、ハンドウィズハンドは楽しいですね。
ハイタッチフレンズの場所に集合した子らは待つ間もじっとしていられないし、ハンドの子たちはストッキングと格闘中。小さい子には履きにくいですよね。
誰と手をつないで入場するかは、手を上げて決めます。希望者が重なった場合はジャンケン。小さい子の考えてる事はわからないわね。私なら真っ先に手を上げる選手に誰も手を上げなかったり・・。小学性になりたい。あまり小さいと覚えていないからね。
味スタ暮らしも長いので、スタジアムにどういう物があるか、大体は頭に入っています。でもやはり普段足を踏み入れない場所に行くのは少しですが、緊張しました。ロッカールームのあるエリアは特別な空気が支配する場所です。
ハーフタイムに「目指そう世界一美しいスタジアム」横断幕をもって場内1周しました。雨のために中止するかもしれないと言われていたのですが、相太じゃない平山さんの「チアがやって、スポボラがやらないわけにはいかない」の一言で決定!そうですよね、かわいいチアさんたちの方がたくさん降ってる中で踊っていました。
場内一周する為の待機場所は選手がピッチへ出入りする場所です。
45分を終えて引き上げてくる選手のスパイクの音、後半に向かう選手たちの表情、監督から選手に掛けられる声、その場に佇む事が出来ただけでもこの試合は私にとって大きな意味がありました。
羽生さんは後半に出て行く時にドロンパに手をふっていましたよ。

ファンとして観戦しにいく時は対戦相手のファンに対しては、正直に言うとあまりフレンドリーな気持ちは持っていません。ところが、スポボラという立場になると自然に相手はお客さま、笑顔でお迎えできました。

セザーの開始1分のゴールも見られませんでしたし、前半はそんなこんなで少ししか見ていません。
後半は相変わらず勝ちきれない、シュートまで手間がかかる、枠行かないという感じだったのですが、方向転換してまだ間もないことを考えれば引き分けは良しとしなければならないでしょう。
何より選手のコメントが前向きなのはほっとします。

ブーイングしていた人たちは"湘南にも勝てないのか"とでも思っていたのでしょうか。今のところそんなに余裕を持って勝てる相手はいないと思った方が良いでしょう。優勝候補も昇格確実も吹き流しのようなもの。決して諦めませんが、昔のことは振り返らない、今を見て行くという態度は必要でしょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-05-23 23:07 | FC東京

春光

c0068891_12362864.jpg
久しぶりだね、味スタ。天気が良い日のスタジアムは輝いて見える。いつもの顔ぶれ、新しい客人、迎える準備は万端。
c0068891_12402470.jpg
ついにJ’sGoalで全国デビューを果たしたムトウさんである。ジャンドロをアウェイ全試合に帯同するつもりだと発言したら、全試合と掲載された。これこそ、今までより強くなってJ1への道なのであろう。心して行くが良い。
c0068891_12404285.jpg
観客数は心配だった。いつもと同様に馳せ参じてくれた皆さん、また新たに足を運んでくれた皆さんに祝福があるように。
c0068891_1241056.jpg
ジャンドロを担いで、抱っこして、キャリーに載せて、バッグに詰め込んで連れてきた皆さんが集合。俄かに通りがかった人たちの撮影会が行われるのである。
c0068891_12411922.jpg
ムトウさんはちらし寿司を作ってきてくれた。私は今年何も出来なかったのでありがたく頂戴する。今年はとにかく何事も無く味スタに来られればそれが何より。
c0068891_12415690.jpg
阿久根社長の挨拶。試合後は大金常務とともにメイン出口で観客を見送っていらした。社長になっての初戦、みんなの笑顔に接することができてほっとしたことだろう。気さくに話ができる人だと感じている。どんどん、話しかけて欲しい。
c0068891_12422176.jpg
東京スカパラダイスオケーストラ。PAの不備なのかバックスタンドには音がほとんど届いていなかった。まったく勿体無い。ゴール裏にばかりスピーカーが向いていたせいかと思ったが、ゴール裏でもそれほどのボリュームは感じられなかったようなので、根本的に不備があったのだろうか。残念である。
c0068891_12424162.jpg
飛ばない奴はサガン鳥栖~(福岡のサポーターがダービー時に歌う余計なお世話的な歌)
遠くからようこそ。
c0068891_1243792.jpg
ゴールシーン。これじゃ何がなんだかわからぬ。詳しくはパパさんのところで。相太の得点かと思ったのだ。
c0068891_12433467.jpg
なんと1年ぶりの味スタでのwinnerの文字。
c0068891_12573341.jpg
選手たちに春の光は惜しみなく降り注ぐのである。

開幕戦で負けてはいけないという思いが強くて、慎重になってしまったのは仕方ない。
どんな形でも得点をし、失点を防ぎ、しっかりと勝ち点を積み重ねていく。それが今期の優先すべきこと。
それが出来て、なおかつ面白いわくわくするサッカーを見たい。
選手個々にはそれぞれに殻を破ることを期待する。
阿部巧もやはり硬さはあったと思うが、わくわくする気持ちが伝わってきた。
彼の成長の軌跡がクラブの調子にシンクロして実りの秋を迎えるのだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-06 14:17 | FC東京