タグ:ホーム ( 156 ) タグの人気記事

9年ぶりの勝利

c0068891_14432173.jpg
青山門でスポボラの仕事をしていたら、神宮球場と間違えて来るお客さんが何組もいました。
ヴァレンティンのホームラン記録効果ですかね~。神宮は満員で3万1,047人。
国立競技場は34,756人。少し前ならゴールデン・カードとして4万でも驚かなかったのですが。
リーグで前回勝ったのは2004年9月23日味スタは41,469人。その時出場していた選手で今もいるのはルーカスのみです。(塩田がサブ)
所属選手ではナオ、トク、梶山がいます。
そして国立競技場も来年解体、建て替えとなります。色々と感慨深い試合で思ったのは、いい相手に恵まれて有難いということです。
失点シーンは双方ともに課題が見えましたが、レッズには上位チームの手応えがあったように思います。

c0068891_14444726.jpg
試合後はブーイングをして相変わらず厳しいところを示した赤いゴール裏ですが、どうしても負けたくない東京側に対して、負けても2位だし、対戦成績は全然上だし、まだまだ余裕がありそうです。

この日決まった5つのゴールのうち4点がDFとMFで唯一のFWが奪ったゴールが決勝点で、それが平山でした。しかも全てリプレイからの得点。
平山が決めてくれて良かった。ここ2年は色々な葛藤があったことでしょう。
いよいよ怪物平山の本領発揮となってほしいものです。

またこの日は、試合後浦和のゴール裏が2シーズン制に対する反対の思いをたくさんの弾幕やゲーフラで表現しました。大きな弾幕一つではなく、たくさんのゲーフラや弾幕でというのが浦和らしい。
対して東京ゴール裏は東京オリンピック招致を祝福する内容の弾幕でした。

そのことに対して、浦和は2シーズン制反対、東京は賛成(容認)という捉え方をする向きもありましたが、それはどうでしょう。
浦和、東京、それぞれにゴール裏の文化が違います。
浦和はもともとああした主張をまとめやすい風土があるのかもしれない。「総意ですよ」と言えるような日常的な繋がりなりなんなりがあるのでしょう。
それは違うんじゃないのと思っている人は居心地が悪いかもしれないけれど。
東京がもしそういう主張を(賛成にしろ、反対にしろ)展開したら、たちどころに「いや、わたしは反対だ」あるいは「オレは賛成だよ」という意見が続出するのではないでしょうか。
東京のゴール裏が呼びかけて、誰も彼もが賛同したのは、風船を集めた時となぜかは知らないけれど(笑)トイレットペーパーを集めた時でしょうか。
東京のゴール裏中心部というのは、微妙なバランス感覚とセンスによって多くのファンの承認を受けていると見ています。

Jリーグの観客動員数の頭打ち傾向には危機感を持っています。代表ファンとJリーグファンとの乖離にももどかしさは感じます。そしてJリーグをずっと見続けた、お金を払って、足を運んで、できることはやって来た私たちのことを信頼してくれとも勿論思っています。
だけどリーグの偉い人がどうであれ、方向性がどうであれ、自分のクラブは支えていかなくてはならない。来週も来年も続いていくのです。
まだまだ歴史の浅い日本のプロサッカーリーグに、紆余曲折はあるに違いないのですが、サッカーのある日常を大切にしていきたいと思います。そしてその形は色々あっていい。


余談ですが、青山門でもしもしホットラインの日のカードを配っているとレッズファンが相当来場します。ユニを着ていなくてもたちどころにどっちのファンか判断して、積極的にカードを渡す場合とさりげなく「いる?いらないよね?」オーラを出して対応する場合とあるわけです。
日が暮れてくると青赤と赤黒の区別が付きにくくなってきます。ソシオなのに黒赤っぽい服とか・・・紛らわしいじゃん。
胸にPOLUSのTシャツやユニ、今年のレッズのスポンサーはなんだろうと思ったら、住宅販売会社なんですね。ふーん。
浦和ファンでも記念にしたいのか結構受け取ってくれる人は多いですし、こんにちはと挨拶をしながら渡していると、ちゃんと挨拶を返してくれる人も多いんですよ。
次の国立は鹿島戦ですね。リーグでは最後の国立、勝利で飾りたいですね。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-09-15 16:27 | FC東京

別れても好きな人(大分戦)

お久しぶりでーす。
試合には行ってますよ。
家族のことで色々ありまして、なかなかパソコンに向かえません。
そのうち写真だけでも上げたいところですが。

さてホーム大分戦。3万人を超えるのではと言われていましたが、蓋を開けたら2万2千。いつもと同じ。
色々とイベントが行われたのですが、スタジアムに到着したのはキックオフ1時間前。
かろうじてこの人?だけ遭遇しました。
c0068891_7312786.jpg
ひぐまのぱっちょ!かわいい。顔は「火」になっているのよ。
我が家のぬいぐるみと一緒だ!

先発は権田、徳永、森重、ヒョンス、宏介、秀人、米本、アーリア、東、ルーカス、千真
控えが塩田、丸山、河野、ナオネマ、三田、平山(青が交代出場)

清水戦とまったく同じメンバーです。

清水戦では終了の笛がなってから「シュート打て」コールが出ました。シュートは少なかったものの、締まった試合でしたので、ゴール裏もそれほど強い調子では無かったのですが、昨日の試合では開始20分ほどで「シュート打て」コールが何度も繰り返され、ブーイングも。
大分のペースに乗せられたのか、どうにももどかしい感じがたまらない。
とは言っても周囲で苛ついたように叫ばれると聞いているこちらの方がイラッとするのですが、この日はサポーターのこの叱咤が選手の眠りを覚ましたようです。
試合中にもツイートしたのですが、夏休みの小学生がおかあさんに、何度も何度も言われたあげくに漸く宿題にとりかかるようにして、やっと先制点をあげた東京。
監督が業を煮やして?3バックにしたのも功を奏しました。

清水戦では微妙にタイミングが合わず、絶好機を逃した千真が2得点で得点王争い単独トップとなりました。
でもこの試合なら3点は取らないと。

お子さんも多く訪れた夏休みの試合を無失点で勝利して笑顔がいっぱいの帰り道でした。

この日は選手の奮起を促したコールですが、清水戦との繋がりを考えないといけない。いつでもどこでも同じでいいってものじゃないでしょうね。
サッカーを見始めて日が浅い人にとっては、応援で空気が変わる現場に出会えたわけで、ぜひまたこの現場感を味わいに足を運んで貰いたいものです。

大分はなかなか厳しい。
しかし宮沢とナオが同じピッチに立つのを観るのはただただ楽しい。
大きミヤサ゛ワコールに丁寧にお辞儀をするミヤの姿をしっかりと記憶に留めました。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-08-04 08:27 | FC東京

すっきり!

昨日の試合はスポボラにエントリーしていました。
4時頃ミーティングがあり、そこで社長の挨拶があります。
「天気が良く気持ち良い日になりました。ここまで5勝5敗1分け、ナビスコでの勝利があったとはいえ予選リーグ敗退。ファンは決してすっきりした気持ちで来場するわけではなく、なんとか今回勝って次につなげ、鹿島でも勝って中断を迎えたいという思いで来場します。そのつもりでお迎えしてください。」

この日はTOMASグランドフェスタ2013
●リソー教育グループ会員さんを2,500人ご招待。
●来場者プレゼント オリジナルクリアファイル先着2万人に。配布にはU-18の選手のみなさんが当たりました。慣れない仕事で大変だったと思いますが、最後まで元気に頑張りました。
試合後はボランティアと一緒にゴミ回収をして、集合撮影をして終了。
キャプテンの五勝出君?が挨拶をしましたが、笑顔が爽やかではきはきしていておばちゃんたちはすっかり参りました。
●オリジナルタオルマフラープレゼント:高校生以下に11,000本。
●サッカークリニック: MFPにて。リソー教育で募集した小学生37名
●スタジアム体験: 選手バス到着時にお出迎え、記念撮影。リソー教育で募集した中学生以下26名。

キッズチアダンス 
280名によるチアリーディングショー

キッズマッチ
飛田給、国分寺、小平天神各スクール生(2年生)

府中カップ少年サッカー大会優秀選手招待&最優秀選手表彰式
大会に出場した125チームのそれぞれ2名の優秀選手総計250名、引率コーチ80名、最優秀選手10名を招待。

東京ウォーカー読者限定試合観戦ツアー
東京ウォーカー読者から20名
ロッカールーム見学、選手お出迎え、フードコート、スタジアム案内、ドロンパふれあい。試合後選手との記念撮影。

ざっと主だったところはこういった感じです。
多かれ少なかれ、毎試合こういったきめ細かい企画で来場者を増やそうとしています。
c0068891_17501833.jpg
表彰式。
c0068891_17513771.jpg
いいと思います。
c0068891_1753376.jpg
でもシオもこんな髪型でした・・。あは
c0068891_17542792.jpg
今日の見学者。ヨハン!おかえり~。
そして試合は拮抗した前半は両者無得点、後半に東京が2点を取って快勝。守備が締まっていた。
c0068891_1756181.jpg
高橋秀人が先制点。ミスも成功も囚われず、引きずらず、今を精一杯やることを体現したのではないでしょうか。本人も周囲の選手もそしてゴール裏も心から喜んでいて、良かったですよ。
c0068891_18114478.jpg
後半に躍動した草民、タマ、林。面白かったな~。東京の未来が少し見えたかな。
今日来てくれたお客さんはまた来ようと思ってくれたのではないでしょうか。

次が本当に大事ですね。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-05-19 18:16 | FC東京

追加点大事!

多摩川クラシコだからとことさら言わなくても、負けられません。
トップの試合前にココラシコ
c0068891_19322226.jpg
川崎の監督はいまだに奥さま方に絶大な人気を誇る佐原さん。
c0068891_1933731.jpg
そして東京の監督は池上礼一さん。こちらはいまだにナオさんのブログにアップされた写真の印象が強すぎる人(笑)
残念ながら負けてしまいましたが、何しろ川崎でも東京でもクラシコ負けなしの佐原さんが相手ですから、仕方なしと言ったところ。トップが勝てばいいんです。

川崎は聞いていたほど酷くは無かったのですが、先制されると苦しい。互いにミスはあっても東京のほうがそれをカバーできていたという印象ですね。
用事があって昼過ぎに薄着で家を出たので、夕方になってからの強風と寒さにまったく対応できず、お湯割りを買いに行って戻る途中にルーカスのゴールを目撃しました。先制するとホッとしますね~。いくらボールを持って優位に進めていてもゴールを決めないと勝ちにはならない。惜しいだけではなんにもならないのは大分戦で身に沁みています。

相手が川崎だということを割り引いて考えないといけないのでしょうが、取られても取り返すをちゃんとやりきっていたし、攻守の切り替えも良かったですね。
横浜、大宮とは違うとは言うものの、付け入る隙がある相手にはきっちりと勝つということを出来たことが良いことです。
c0068891_1949686.jpg
アウェイ側のコレオ。WINではなくてなぜwingと思ったら、今年のスローガンなんですね。アウェイでこのコレオを準備するのは大変だったでしょう。苦しいチームをなんとか力づけようということだったんでしょうね。今後も楽ではなさそうです。(上からとか言われそうww)
c0068891_19542887.jpg
悪い顔のドロンパ、いいですね~。
後半に東が追加点を上げてすっきり勝ちました。追加点大事~!
ファンの声(東のシュートは入らない、いいとこにいるけどね~)と言うのが聞こえたのか、この日は冷静にグラウンダーで決めました。よしよし。
ミスが有った割にはこの日はみんな良かったと思えたのは、結果のせいばかりではないでしょう。
ここからさき、勝てる相手にはちゃんと勝つ。強い相手には苦しくても我慢して勝ち点1でももぎ取る覚悟で!
目標の3万には届かず2万6千人の観客でしたが、勝った時は引けるのが遅いので、コンコースは大渋滞。そしてルーカスチャントと東チャントが歌われました。
みんないっぱい飲んだかね?
[PR]
by inadafctokyo | 2013-04-28 20:09 | FC東京

GK二人の名古屋に逆転勝ち

ENEOSデイのこの日、天候不順もあり1万6千人にとどまった来場者ですが、良かったね~。
スタジアムグルメは次の2点をチョイスして正解!
c0068891_13453065.jpg
肉汁うどん。練習場に近い「小平うどん」は訪れたことのある人も多いでしょう。「よしふじ」より色黒で歯ごたえのある麺です。どちらも美味しいですね。
c0068891_13472266.jpg
築地プレートは卵焼き、こごみの胡麻和え、ホタルイカの沖漬、ポテトサラダ、きんぴら、魚は鯛、鰆、鯖の3種、そしてガリの9品。お酒が進みます。
c0068891_13493413.jpg
4連敗中とは言うものの、コンコースにはワクワク感がいっぱいでした。試合前に少年たちと談笑するゆってぃとジョナサン。良い感じです。
c0068891_13504474.jpg
前半は惜しいチャンスはあるものの決まらないいつものパターン。先制され、今日負けたら相当まずいと思いだした前半終了間際にPK獲得。ルーカスがしっかりと決めました。ゴール裏からは東コールが。いやいや、わたしはそんなドキドキはいらないよと思っていました(苦笑)
1点入ってからは動きが良くなりましたね。セカンドボールを拾えたことも大きかったでしょう。どんなチームに対しても、これくらい出来るといいんですね。
米本は本当に凄いな。時々顔を覆うようなミスもありますが、彼を見ていたら絶対に逆転出来ると思えました。
ここから連勝を続けていってほしいものです。
c0068891_13552177.jpg
井上さんてば・・・・。妙な盛り上げはしないでいいですよ。ちゃんと見てください。
トゥーリオが千真のシュートを手で弾いたシーンは何度見ても故意に見えてしまうのですが。咄嗟だからと言うのであれば、元代表としてはお粗末ですよね~。

あ、ヨネが坊主になってましたが、うちの旦那も試合前日に坊主になってました。。
勝利の願掛けだそうですが、一応叶ったということにしておきますか(笑)
[PR]
by inadafctokyo | 2013-04-21 14:00 | FC東京

いつか見た桜

c0068891_231457100.jpg

さまざまのこと思い出す桜かな(芭蕉)

この何の変哲もない句は芭蕉の句であることによって、われわれに深い感慨を与える。
若くして武士の道を捨て、俳諧の道を選んだ芭蕉。この句は40半ばで詠んだのだが、桜の花に何を重ねたのか、いつの春を思っていたのか。

東京の桜は不意討ちの早咲き。
わかっていれば花見の宴を用意したのに。

駒沢陸上競技場でのナビスコカップ第1 節鳥栖戦。
三田啓貴が初先発。緊張のためかお世辞にも良い出来とは言えない。前半で交代かと思われたが、後半にはすっかり落ち着いて、惜しいシュートもあった。
36番、2002年の駒沢を思い出す。

ゼロゼロの引き分けではあったが、草民も持ち味を出し、面白かったので良しとしよう。

芭蕉の第一作とされている句は次のもの。

春や来し年や行きけん小晦日(こつごもり)

こちらの方も当たり前のような句だが、芭蕉独特の観念、人生観を19歳のこの頃から表しているような気がする。

月日は過ぎ去るもの、永遠のなかでこの春を楽しもうか。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-03-21 23:13 | FC東京

飛田給は快晴、柏に快勝!

c0068891_9223779.jpg
いよいよホーム開幕です。飛田給駅の階段がこんな風になっていました。味スタ至近の階段も国体仕様でした。
c0068891_9274241.jpg
フードコートは大賑わい。
c0068891_9321743.jpg
東北復興応援グルメは福島、岩手、宮城の各県から。福島のエゴマ豚は入荷がなく、急遽マグロのカマ焼きに。
c0068891_9494083.jpg
岩手は煮込みハンバーグ、豚汁
c0068891_1015682.jpg
ベアレンビールが美味しかった!
c0068891_1015258.jpg
マグロのカマ焼きと宮城のフカヒレスープです。コンコースの気仙沼ホルモンとソーセージも旨かった!
c0068891_1020835.jpg
東京中日特別版!
c0068891_10225963.jpg
中面です。読みごたえありです。
c0068891_1033415.jpg
待ちかねたホーム開幕戦です。入場者2万6千人あまり。ポポさんが望んだ3万には届きませんでしたが、今期に期待するファンの気持ちがスタジアム中に満ち溢れている、その明るい雰囲気が選手を後押しします。
c0068891_1045239.jpg
6分に千真のゴールが決まって先制です。2点目も千真。今年はやるやるとは思っていたのですが、凄いです。
昨年1年かけてポポのサッカーを理解し、李の加入も刺激になって覚醒に繋がっているのでしょう。
草津とのPSMで見た時は、サッカーはやはり距離感や連携が重要で、東が本来の力を発揮するのは少し時間がかかるかもと感じたのですが、この試合の東はとても良かったと思います。
そして特筆すべきは守備でしょうか。攻守の切り替えもバランスも非常に良かったのです。
新しく就任したヴラドコーチの力が大きいようですね。ラインの上げ下げやマークの仕方を練習で教えてもらっていると高橋秀人も話しています。(トーキョーワッショイ)
千真とアーリアがゴールを決め、東と李の非常に惜しいシュートがありました。昨年に比べると全体にシュートタイミングも良くなっていると感じます。
ナオが李に決めさせようとしていましたが・・。次節くらいには取りそうな気がします。
リ・リ・リ・リ・・・という李のチャントには最初スタンドがざわざわしましたが、こどもたちが試合後に何度も歌っていました。
おーヒガシケイゴーというチャントは例によって微妙系の音程です。

c0068891_1115550.jpg
チーム内での競争があって、全員がレベルアップしていくことで、強い東京になっていくのです。これから長いシーズン、期待していいですよ。この試合に来場されなかった人も、少し足が遠のいている人もぜひスタジアムで体感してくださいね。
c0068891_11112320.jpg
試合後は新しく南口に出来たローソンも大賑わいでした。ソシオカードやCSMメンバーズカード、またチケット半券でから揚げ半額のサービスもあります。

夜が更けても多くのファン・サポーターがあちらこちらで歓喜の宴を繰り広げましたね。
相当飲みました・・・
[PR]
by inadafctokyo | 2013-03-10 11:22 | FC東京

ホーム開幕!

c0068891_9452938.jpg

さあ、行くよ~。
今年も18にした。そんなの聞かなくても分かってる?
そうか~ (笑)
一応毎回考えるんだけどね。

東が加入して、ナオさんの定位置にはルーカスが。
大分戦では僅か5分程度の出場になった。

東に関して、ナオさんは「今年の中心選手になってほしい」と言っている。
冷静に状況を見て、チームのことを考えながら、また闘志を燃やして爪を磨いでいるに違いない。
そうやってずっと戦い続け、成長を続ける18番に今年も期待する!
[PR]
by inadafctokyo | 2013-03-09 09:53

Time To Say Goodbye(雨中の敗戦)

今日の晴天の美しいこと・・
なぜ昨日はあんなに雨風が私たちを襲ったのだろう。
天候には科学的な回答はあっても、心情的に納得のいく答えはない。
ボランティアをしていたので、試合後はスタジアムのごみを拾う。ボランティア・スタッフ総出で20分ほどかかってバックスタンドとゴール裏のごみをきれいにする。
すっかり静まったスタジアムに響くのは「Time To Say Goodbye」
この曲が流れるまでスタジアムに残っている人はそう多くないが、パチンコ屋さんの蛍の光のように、この曲を聞くと帰り支度を早める人が多いようだ。

見たことも行ったこともない場所に あなたと共に船に乗り 海を越えて旅立とう

Il Divoによる Time To Say Goodbye

今季はACLという新しい挑戦の旅に出たFC東京。昨日の敗戦で来季のアジアへの挑戦権は完全に失われたが、またこれまでとは違う新たな景色を求めて、同じ船に乗りたい。
来季も一緒に戦おう SOCIOの継続をしよう。


雨の中、17,000人を上回る観客が入った味の素スタジアム。
N2ゲートでマッククーポンを配布していたが、用意されたエコバッグが15,000、もしかしたら残るのかと思われた客足の鈍さ。ウォーミングアップ位でようやく全てはけた。いつも配布物を貰えな指定席の人も昨日はエコバッグを手にしたのではないだろうか。

せっかくの青赤横丁も営業的には厳しかったと思うが、秋川牛と東京Xのツイン丼と神戸コロッケには行列が出来ていたと聞く。面目躍如である。

雨は試合開始直前から特に激しくなり、弱まることなく降り続いた。
後半になるとピッチは大きな水たまりと化し、ボールはまったく転がらない。前半のまだサッカーが出来ていた頃に早めに点を取らなくてはいけなかったが・・。
水の中で走るのも蹴るのも体力を消耗する。体力とアイディアはどちらにも優劣をつけがたいと思った。
後半の選手の懸命な姿を見て、笑ってはいけないと思ってもつい笑ってしまうプレイが続出だった。

勝っているチームは有利に時間を使う。遠くで奮闘する選手たちを見て、なんとも言えない思いを味わううちに終了の笛。
天候のせいにするのは簡単だが、それだけではない。

残り2節、残留を避けたいガンバ、優勝を狙う仙台、さて東京は?
彼らに立ち向かって手強い壁となるんだ!わかってるか!?
[PR]
by inadafctokyo | 2012-11-18 16:07 | FC東京

先がいい?後がいい?どっち?

って聞かれてるような気がした。
J1第27節、FC東京対ジュビロ磐田 前半は個々の選手の動きがバラバラな印象。磐田が良かった。もう降格圏をふらふらしていた磐田らしくない姿はどこにもない。
東京は自分たちのうまく行かなさに気を取られたわけでもないと思うが、9分に淡白に失点。
前半で良かったと言うべきなのだろう。
1失点でハーフタイムへ。
「今日は後半が良い日なので」とツイートする。そうなってくれなければ困る。
後半、ネマニャが入ってから息を吹き返した。ハーフタイムで冷静になって色々整理したのだろう。動きも良くなった。
この日のマッチデイプログラムのインタビューは折よくネマニャ。企画した人は嬉しいね。
「とにかく試合は勝たなければいけない」と話すネマはゴール前に侵入することをいつも目指している。その良さが生きて2得点につながった。
アーリアもナオもカズマも良い所が発揮された試合だった。ナオのシュートはどうしてバーに当たるかな~。

梶山が足を痛めて交代。ナオさんもロスタイムに入るころ、足を若干引きずり気味だった。
試合後は座り込んでいた選手が何人か。公式では気温28度となっているが、日が当たっているところではもっとあるように感じた。体力気力を振り絞り、強い磐田に勝って勝ち点40とした。まず降格はない。もっともっと自分たちの優れた点を魅力的に表現していってほしい。

この日は最近結婚をした友人が観戦に訪れ、ご夫婦で我が家に立ち寄り、祝杯となった。
勝利と結婚とダブルの喜びである。
奥さんはわたしの職場の元社員。彼女が結婚した相手がまったくわたしの預かり知らぬことだが、FC東京サポーターだった!
男を見る目があるね~と大いに褒めたのだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-09-30 16:53 | FC東京