タグ:アマラオ ( 13 ) タグの人気記事

アマとジャーンに会いに行ったよ 「Re-member」

ベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」
Shonan BMWスタジアム平塚

BMWスタジアムにBMWに乗って行って来ました。
どこでもドアがあったら平塚行きたいと呟いたら、奇特な方が車に乗せてくれました。
いやいや、どこに幸運が転がってるかわからないので、みんな頑張ろう。
SOCIO継続しましたよね?

写真中心で簡単に。
c0068891_19153086.jpg
総合公園の駐車場はいっぱいでした。駅の近くに置いて、徒歩でスタジアムへ。いつもの通り屋台でいっぱい。2011年以来の平塚。J1昇格を成し遂げた明るさが集まった人たちからも感じ取れます。
c0068891_19273679.jpg
お待たせしました。いなごさんたち、しらす丼ですよ~。対戦が楽しみでしょう?
c0068891_19294862.jpg
ほらほら、旨かったよ~
c0068891_19344044.jpg
希望者は選手とハイタッチ出来るというのでそちらの列に並びました。もちろん黄緑色の人ばっかりなんですが、臆せずに青赤で並んでいましたよ。
c0068891_19365394.jpg
きゃー ジャーン!
c0068891_19375280.jpg
わ~きゃ~~~アマ!アマ!大騒ぎw
c0068891_19403750.jpg
名良橋さん。
c0068891_19473715.jpg
元監督の植木繁晴さん(猿江町BAさんにご指摘いただきました)
c0068891_19482622.jpg
同じく古前田充さん、上田栄治さん(同様です)
c0068891_19561194.jpg
加藤望さんですよ。たくさんのベルマーレファンにとっては懐かしい選手たちが登場しましたが、写真に撮れたのはほんの少しです。
c0068891_2003320.jpg
富士山がきれいでした。私が湘南のファンだったら、富士が湘南の未来を寿いでいると言ったことでしょう。
c0068891_2014546.jpg
中田英寿1995~1998 
c0068891_20212156.jpg
アマラオ 2004 アマの在籍は1年のみ。ベルマーレファンにとってはそれほどの印象は残せていないかもしれませんが私たちにはいつまでもKing of Tokyo!
c0068891_20283122.jpg
ジャーン 2007~2010 この後のインタビューでジャーンは現在は代理人とブラジルのクラブのスカウトを、アマラオはコーチの勉強とインテリアの店を準備中とのことでした。
c0068891_20342013.jpg
こんなのも来てました。
c0068891_20352567.jpg
第一試合はベルマーレOBとレイソル・ジュビロOBはアマのゴールもあって2-1でベルマーレの勝ち。ヒデからアマにパスとか、もうね!アマは土肥ちゃんの弱点を知り尽くしてますからね。(土肥ちゃんがレイソル・ジュビロのキーパーでした)
第二試合はベルマーレ平塚対湘南ベルマーレ。OBと現役の混成チームです。アベノブが1番でゴールマウスを守りました。1-1
c0068891_2043782.jpg
そしてこの人も。東京にも所属した小林弘記、でっかくなっていてびっくり!スタジマムDJをしているらしいです。
c0068891_20445595.jpg
引退後も現役の時のプレイスタイルやピッチ上の佇まいというものは変わりません。この人をもっと試合で見たいものです。

前園は体調不良で出られず、ベルマーレを語るときに欠かせないと思われる岩元テルは出場しませんでした。
小島や名良橋、ベッチーニョ、外池、松原などなど、たくさんのOBが参加した「Re-member」楽しい1日でした。東京でもこうした試合が出来るといいですね。やる気になればすぐ出来そうな気はしますが。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-01-27 20:57 | サッカー

アマ現役復帰

FC刈谷のコーチに就任したアマが今度は選手登録するそうだ。

FC刈谷 ニュースリリース

42歳になったアマ。苦しいチーム事情から頼まれたら断れないのかなぁと思っていたが、コメントを見るとどんな状況でもサッカーをできることが嬉しいようだ。
90分は無理だろうけれど、45分・・・30分くらいならゴール前で仕事ができるだろう。敵味方どっちのゴール前でも!

FC刈谷は現在17位と苦戦、少しでも上に行けるように頑張れ。

次節7月5日はアルテ高崎との対戦、アマラオ・ダービーだ!
[PR]
by inadafctokyo | 2009-07-03 15:58 | サッカー

東京での時間、日本での思い出

Number715はオシムさんの表紙だったので手に取ってみたら、中ほどにアマラオの記事がありました。

日本定住の記録。
外国からサッカーをするために日本にやってくる。仕事が終われば国へ帰る。当然のことだ。しかし中には日本に住み続けるという選択をする選手もいる。彼らにその選択をさせたものは何か。
アマラオ、エスクデロ、ハーフナーの3人にインタビューをしている。

エスクデロ・セルヒオ 元アルゼンチン人、埼玉栄高校サッカー部監督。
ハーフナー・ディド 元オランダ人、名古屋グランパスコーチ
二人は日本国籍を取得している。エスクデロは息子のため、ハーフナーは毎年毎年のビザ更新が面倒だったから。それぞれ息子がサッカー選手としてJのチームに所属している。

アマラオは”ブラジル人。少年サッカースクールコーチそして未だキング・オブ・トーキョー”と紹介されている。

アマラオの映画で見たように、他のコーチたちと一緒に用具を片付けたり、こどもたち一人一人に丁寧に対応しながらスクールコーチの仕事をしているアマラオにインタビューをする。

「頼まれると断れない、そこが僕のいいところでもあるし、最大の弱点でもある」
そんなアマラオだから長い間東京に在籍し、日本に住み続けている。


東京ガスの頃は楽しかった?
楽しかったよ。

東京ガスの頃が懐かしい?
ものすごく懐かしい。

だってすごく大変で、がっかりすることも多かったのに。やっとプロになれたのに。
懐かしいなんて言うの?

アマラオはいつかブラジルに帰るだろう。
「日本は経済的には恵まれているだろうけれど、ブラジルにある喜びのようなものがない」
アマラオはいつかブラジルに帰る。たくさんのサポーター、たくさんのスクール生たちに暖かい思い出を残して。
わたしたちもアマラオも決してお互いのことを忘れることはない。
味の素スタジアムにあの旗がずっとあるのだから。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-10-31 07:20 | サッカー

アマラオ みんな ありがとう

c0068891_14335289.jpg吉祥寺のバウスシアターで「KING OF TOKYO」を観た。連日8時40分からの1回放映というレイトショー。整理券も配っているが、ぎりぎりに行っても十分席はある。
FC東京グッズを持っていけば1,200円の割引に。あ、湘南でも高崎でももちろん。
時間より早めに着いたので、旦那とフレッシュネス・バーガーで生ビールを飲む。
アマラオの映画の前に上映しているのは小泉今日子主演「グーグーだって猫である」
わたしは猫にすこぶる弱い。旦那はキョンキョンに弱い。

アマラオはいつも通りのアマラオだった。それ以下でもそれ以上でもなく映画は案外淡々と進行していく。それが良かった。ムサ美卒だから言うわけじゃないけれど、この太田綾花という監督は良いのではないだろうか。
淡々と、と言っても冒頭の引退試合の映像あたりで、もう涙腺が緩くなる。
東京とブラジルを行ったり来たりしながら、わたしたちはアマラオの人生を振り返る。もう十分に知っていることばかりのはずだけれど、ひとつひとつのエピソードはきちんと胸に納まっていく。
スクリーンには猿江の町が映る、東京ガスグランドが映し出される。低い建物が並ぶブラジルの町並みが映る。アマラオが弟たちとボールを追った空地が映る。両脇が何かの畑になっている田舎の道が映る。昔アマラオが綿摘みをした畑だ。古びたイトゥアーノのスタジアムが映る。カメラは再び日本へ、そしてわたしたちの味の素スタジアムが映し出される。こんなに美しいスタジアムだったか?錯覚に違いない。でもアマラオが10年以上をかけてたどり着いたスタジアムは美しいと思える姿で現れた。そのことが嬉しかった。

アマラオは映画の中でもいつもどおりの姿で、等身大だった。涙もろくて愉快で明るくてちょっと悲しくて、いつも周囲に気を配っていて、試合中はかっこいい。(時々かっこ悪い)

仙台の選手なのに東京のTシャツを着て、「アマラオが大好きですよ」と言ってくれた由紀彦ありがとう。
「どんなに長く在籍してもKING OF TOKYO 2代目になれる選手はいないでしょうね。あのスタジアムのアマラオの旗は何十年後もあるだろうし、あって欲しい」と話してくれたモニ、ありがとう。
他のチームのことなのに、真剣にアマラオの移籍を止めさせようとしたラモスさん、ありがとう。
(うちの旦那さんの解釈はアルディレスが嫌い、かつマリノスには勝たせたくなかったんだよというものだった。それも多分ありかもしれない)

この映画に出演したみなさん、ありがとう。
驚いたことにわたしまでちらっと出演してしまった。

引退試合の後にペレからメッセージをもらって大喜びして「本当のキングだ」と言ったアマが大好き。


金曜までです。まだの方はお早めに。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-10-23 14:34 | FC東京

アマラオのブログ!

アマラオがブログを始めたそうですよ。

アマブログ

植田くんはアマのために準備してあげたのはいいけれど、ちゃんと説明してあげてよね。
タイトルに本文あげてるし、画像のアップの仕方もしっちゃかめっちゃかだし。

微笑ましいけど。

まあねぇ、アマがさくさくパソコン扱ってたら、かえって気持ち悪いか・・。

(誰かの指導が入ったらしく劇的に改善されています:4/23)

クラシコの時もいつものところで元気に旗を振っていましたね。一昨年、昨年は浮かない顔をしていたことが多かったように思うけれど、いつもいつも東京のことを思っているアマですから、今の東京の状態が嬉しくない筈がないですね。

5月11日、たくさんの人に集まってもらいたい。

しっかし、某10番よりも作文が微妙だな、がんばれアマ。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-04-23 00:04 | FC東京

アマラオの引退試合について

先日のJリーグ・アウォーズでアマラオが功労賞を城彰二とともに受賞しました。
そして、城の引退試合が1/27に三ツ沢で行われるようです。

アマラオは? と思ったわけですよ。
今、お知らせがないということは無さそうなんじゃないの?

FC東京と言えば、アマラオ。いまだに梶山のことを知らない人は多くても、東京の11番と言えば”アマラオ”と言ってくれる人は多いです。
クラブやわたしたちに貢献してくれた、愛されたアマラオに引退試合のひとつも実現してあげられないなんて、FC東京の、サポーターの名折れじゃないの?
アマラオでしないなら、もう誰もできないってことじゃないのか?どうよ。

味スタを借りるとね、2時間で80万円(控え室3室込み)、30分のオプション付けると35万円。
これはウェディングの場合だけど、そう大きくは変わらないでしょう。
200万としてもね。1人3,000円くらいは払ってもいいわよね、みんな。
1万人じゃ少ないかな。でも3千万円。できるでしょう。
1万人で少ないなら、2万人集めるだけよ。

たとえば江戸川陸上競技場なら、午後を借り切っても¥37,800!わたしでも借りられるわよ。
やって欲しいな、やらなくちゃ!

どうしよう、お久しぶりのメッセージボードに書き込もうかしら。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-12-19 12:30 | FC東京

アマラオと大熊さん

今朝のトーチュウのアマラオ日記がおかしい。
大熊さんが監督になって、まだ若い彼はいつも一生懸命だったという話。
アマラオがゴールすると大熊さんがライン際でわーわー言っているので、振り向くと親指を立てて「ナイス、ナイス!」と怒鳴っていた。あの声だから怒られているのかと思ったとか・・。

大熊さんの勝ちたい気持ち、諦めない熱い気持ちがあの頃のチームを動かしていた。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-11-28 07:21 | FC東京

こんなに悲しいDVD

「KING OF TOKYO AMARAL アマラオの全て」を見ました。
娘と一緒に見て、一緒に泣きました。

現役を引退するのはつらい、FC東京を去るのもつらかった、とアマラオが語り、2003年のホーム最終戦の映像が流れたとき、ユルネバが涙で歌えなかったことを思い出して。

その試合に出ていた加地くんも戸田も宮沢もジャーンも阿部ちゃんもケリーもいないことを思い知らされて、そして土肥ちゃんもフミさんも去ることが胸にこたえて。

キッチン猿江のおかあさんが「J1に上がれたのは80%くらいはアマラオの力。いつも朗らかでみんなをまとめていた。試合中も今日はどうかなぁというときでもアマラオが出るとピリッと引き締まった」と語っていた。
結局アマラオに代わる選手をいまだに作れていないのか。

アマラオはいつも明るくて前向き。でもこのDVDで自身のサッカー人生を語る顔には悲しみや寂しさや苦しさが影を落としているように思うのは気のせいとばかりも言えないと思う。
夢よりも家族の生活を選んで日本へ来たこと。
プロとしての頂点、トップリーグでのタイトル、優勝の栄光に手が届かなかったこと。
直接は触れていないけれど、離婚をしてこどもと別れて暮らしていること。
それらのことがアマラオの表情を曇らせているのかもしれない。
でも、満ちたりていないことが逆に前に進ませてくれることだってある。

多くのサポーターに愛されて「KING OF TOKYO」の称号を得たこと。移籍を考えたときにサポーターが引き止めてくれたこと。そのことをアマラオはとっても大切にしている。

愛がクラブを成長させる。選手のスタッフのサポーターの。クラブを取り巻く全ての人の愛。
アマラオはそんなことも言っていた。

私自身の気持ちの問題もあるのかもしれないが、なんとはなしに悲しくなるような内容と紹介したら、売れない?
でも考えてご覧、いつでも元気はつらつ明るく陽気なんてそんなこと人生にはないのだから。
メチャメチャ悲しくて立ち直れないのではない、気持ちがちょっときれいになるような悲しみを味わって、そのうちに前向きになっている、というDVDだ。FC東京の応援はしているけどアマラオはよく知らないという人にも見て欲しい。
真面目にまっすぐに生きてきたブラジル人の人生を知って欲しい。そのブラジル人はFC東京を本当に愛していた。今でもと言うべきだろう。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-11-21 00:43 | FC東京

アマラオコラムは今日のトーチュウで。

今日の東京中日のアマラオコラム。
昨年の後半9試合でアルテの監督を引き受けたときは、練習メニューを考えると夜も寝られなかったそうですが、思い切って起用した若い選手が活躍すると本当に嬉しかったと言っています。

下手糞だけど練習で必死にアピールしてきて最終節に2点取ってアマを喜ばせたのは、大野寿久か?
彼は今期はどこでプレイしているのだろう。

選手で取れなかったタイトルを監督で取りたいアマ。
その瞬間に立ち会えますように。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-07-11 07:18 | サッカー

アマラオの新連載始まる

東京中日スポーツで新コラム「アマラオ King of Talk」が始まりました。
毎水曜日はお見逃し無く!

膝の調子が悪く、引退を決めたこと。走れないのは自分のスタイルではない、と21年間のプロ生活に自分でピリオドを打ちました。

東京は人生の一部。
味スタにアマラオの大きな旗があるのは、どんなときも一生懸命にプレーしてきたことにサポーターが共感してくれたから、あの旗は小さな努力が積み重なった証。
”おれが戦ってきたことのすべてだ。”

先日気付いたら、アマラオの旗を隠すようにルーカスの旗が掲出されていて、正直に言うと若干動揺しました。
ルーカスはそれについて、「アマラオの上にではなく”一緒に”掲げられていると思っている。アマラオは永遠に東京のKINGだから。」とコメントしてくれました。
それを見てわたしの心に立った波も収まりました。

今朝もアマラオらしいコラムを読んで、朝からすっきりきれいな気持ちになれました。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-06-27 07:28 | FC東京