Kバレエ・カンパニー「ベートーヴェン第九」

震災以後、もしベジャールがいたら、この国の苦難に際してどのような作品で応えてくれただろうと思うことはあった。

しかし、私たちには熊川哲也がいた。日本にはK-BALLET COMPANYがある。
c0068891_9454691.jpg

オーチャードホールでKバレエの「ベートーヴェン 第九」と新作2作を観た。
新作はブリテンの曲に熊川哲也が振りつけた「シンプル・シンフォニー」とドビュッシーにリアム・スカーレットの振り付けによる「プロムナード・センチメンタル」
どちらもそれぞれの音楽と融合した踊りの楽しさ、カンパニーの充実を伺わせる作品。

そして2008年初演の「ベートーヴェン 第九」を今年再演するのには彼なりのメッセージがあるはず。そう思って劇場に向かったが、期待を裏切られることはなかった。

第一楽章 大地の叫び
第二楽章 海からの創世
第三楽章 生命の誕生
第四楽章 母なる星

第一楽章はダンサーたちの頭上に赤い塊が燃え、舞台は炎のような赤で彩られている。
あの震災と事故を想起するのは決してこじつけではない。
傷ついていまだに立ち直れないでいる土地や人に対して、次の楽章では大らかに水を湛える海のイメージを贈る。生命は海からやってきて、永い永い悠久とも言える時を経て今の地球が存在している。
第三楽章では生命の不思議さを感じさせられる。人のいのち、生きもののいのち、星のいのちをもっと畏れるべきではないのかと。
そして第四楽章に至る。ここで合唱付きとなり、更に壮大さが増す。
苦難の中で未来に希望を持つこと、次の世代に確実につないでいくことを、圧倒的な熊川哲也のダンスと群舞が表現している。
ダンサーの塊が舞台中央に出来、やがてその下から小さな男の子が希望と再生の象徴として現れる。

第一次世界大戦後の新年にヨーロッパの平和を願って書かれたシラーの「歓喜に寄す」に感銘を受けて、ベートーヴェンは交響曲第9番を作曲した。
それ以降、第二次大戦後にウイーン国立歌劇場の復興に際して上演され、東京オリンピックでは分断されていた東西ドイツの選手団の国歌の代わりとして演奏された。
長野オリンピックの開会式においては5大陸で同時に演奏されたことは、日本人の記憶に残っているだろう。

その第九を熊川哲也は壮大なバレエに仕上げた。
鎮魂と再生、願いと祈りに満ちたこの作品は私たちの財産となろう。

美しく迫力のある舞台を創りだしたたKバレエ・カンパニーのみなさん、合唱の藤原歌劇団のみなさん、ソプラノ佐々木典子、メゾソプラノ向野由美子、テノール小山陽二郎、バリトン泉良平の各氏、素晴らしい舞台をありがとう。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-04-14 18:07

いつか見た桜

c0068891_231457100.jpg

さまざまのこと思い出す桜かな(芭蕉)

この何の変哲もない句は芭蕉の句であることによって、われわれに深い感慨を与える。
若くして武士の道を捨て、俳諧の道を選んだ芭蕉。この句は40半ばで詠んだのだが、桜の花に何を重ねたのか、いつの春を思っていたのか。

東京の桜は不意討ちの早咲き。
わかっていれば花見の宴を用意したのに。

駒沢陸上競技場でのナビスコカップ第1 節鳥栖戦。
三田啓貴が初先発。緊張のためかお世辞にも良い出来とは言えない。前半で交代かと思われたが、後半にはすっかり落ち着いて、惜しいシュートもあった。
36番、2002年の駒沢を思い出す。

ゼロゼロの引き分けではあったが、草民も持ち味を出し、面白かったので良しとしよう。

芭蕉の第一作とされている句は次のもの。

春や来し年や行きけん小晦日(こつごもり)

こちらの方も当たり前のような句だが、芭蕉独特の観念、人生観を19歳のこの頃から表しているような気がする。

月日は過ぎ去るもの、永遠のなかでこの春を楽しもうか。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-03-21 23:13 | FC東京

もやもやの残る試合

セレッソ戦は明大前のリブリで見ました。
前半15分はいい出来でした。この時間帯に点が欲しかったですね。
見どころとしてはセレッソのエジノのいらちっぷり3試合連続イエローって・・。
そしてデリケートな佐藤主審の性格。権田が試合終了と同時にボールを蹴ったことを自分への抗議と捉えてイエローを出し、それに対して権田が激昂して、周囲が止めに入り、森重なども何やら主審に詰め寄り、またそれをナオが制止し、監督もピッチに入ってきて・・となったわけですが、いやいやそんなこどもっぽい感性で主審なんてやられたら迷惑千万ですよ。あなたリスペクトして欲しかったら、カードで仕返しではなくて、選手からも一目置かれる人間性を表現してくださいよ。

そもそも徳永がファールを受けて(ファールを取られなかったけど)倒れて、自分でピッチを出て・・一人少なくなった時間帯からいいリズムが損なわれました。徳永の治療のためにスタッフがピッチを横切れず長引いたこともあり、そのあたりのことも不満としてくすぶっていたかも知れず。ファウルの判定もちょっと東京側に苛立ちを誘うものだったような気がします。オフサイドもねぇ・・・。
ジャッジのことは引きずっても仕方ない、選手はきっと切り替えているでしょう。あたしは絶対忘れませんけどね。

それよりもセレッソの厳しい守備、距離感、ポジショニングが良かったですね。東京の選手の出すパスが何度セレッソの選手に当たったことか。そこを打開することが出来なかった。
東京の守備にその厳しさは無かったとおもいますね。
ジャッジどうこうよりもそこがわかっていたから、選手も引きずらないのでは。
高橋もヨネもいいプレイと悪いプレイがはっきりしてましたね。
この試合がまだシーズン序盤だったので良かったということでしょう。

河野は見られている所で相手の選手を突き飛ばしたりしない!
やるなら見えないところで!
つまらないイエローは貰わないように!
試合に出たい気持ち、なかなかボールが出てこない苛立ちはわかるけど、ダメですよ。もうそろそろ大人になりなさい。とんがったところはプレイだけでいいんですよ。

それにしても佐藤は・・

いやいや切り替えて次ですよ、次。

ポポさんと塚田通訳の攻防も興味深いものがありました(笑)
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-03-17 09:33 | FC東京

飛田給は快晴、柏に快勝!

c0068891_9223779.jpg
いよいよホーム開幕です。飛田給駅の階段がこんな風になっていました。味スタ至近の階段も国体仕様でした。
c0068891_9274241.jpg
フードコートは大賑わい。
c0068891_9321743.jpg
東北復興応援グルメは福島、岩手、宮城の各県から。福島のエゴマ豚は入荷がなく、急遽マグロのカマ焼きに。
c0068891_9494083.jpg
岩手は煮込みハンバーグ、豚汁
c0068891_1015682.jpg
ベアレンビールが美味しかった!
c0068891_1015258.jpg
マグロのカマ焼きと宮城のフカヒレスープです。コンコースの気仙沼ホルモンとソーセージも旨かった!
c0068891_1020835.jpg
東京中日特別版!
c0068891_10225963.jpg
中面です。読みごたえありです。
c0068891_1033415.jpg
待ちかねたホーム開幕戦です。入場者2万6千人あまり。ポポさんが望んだ3万には届きませんでしたが、今期に期待するファンの気持ちがスタジアム中に満ち溢れている、その明るい雰囲気が選手を後押しします。
c0068891_1045239.jpg
6分に千真のゴールが決まって先制です。2点目も千真。今年はやるやるとは思っていたのですが、凄いです。
昨年1年かけてポポのサッカーを理解し、李の加入も刺激になって覚醒に繋がっているのでしょう。
草津とのPSMで見た時は、サッカーはやはり距離感や連携が重要で、東が本来の力を発揮するのは少し時間がかかるかもと感じたのですが、この試合の東はとても良かったと思います。
そして特筆すべきは守備でしょうか。攻守の切り替えもバランスも非常に良かったのです。
新しく就任したヴラドコーチの力が大きいようですね。ラインの上げ下げやマークの仕方を練習で教えてもらっていると高橋秀人も話しています。(トーキョーワッショイ)
千真とアーリアがゴールを決め、東と李の非常に惜しいシュートがありました。昨年に比べると全体にシュートタイミングも良くなっていると感じます。
ナオが李に決めさせようとしていましたが・・。次節くらいには取りそうな気がします。
リ・リ・リ・リ・・・という李のチャントには最初スタンドがざわざわしましたが、こどもたちが試合後に何度も歌っていました。
おーヒガシケイゴーというチャントは例によって微妙系の音程です。

c0068891_1115550.jpg
チーム内での競争があって、全員がレベルアップしていくことで、強い東京になっていくのです。これから長いシーズン、期待していいですよ。この試合に来場されなかった人も、少し足が遠のいている人もぜひスタジアムで体感してくださいね。
c0068891_11112320.jpg
試合後は新しく南口に出来たローソンも大賑わいでした。ソシオカードやCSMメンバーズカード、またチケット半券でから揚げ半額のサービスもあります。

夜が更けても多くのファン・サポーターがあちらこちらで歓喜の宴を繰り広げましたね。
相当飲みました・・・
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-03-10 11:22 | FC東京

ホーム開幕!

c0068891_9452938.jpg

さあ、行くよ~。
今年も18にした。そんなの聞かなくても分かってる?
そうか~ (笑)
一応毎回考えるんだけどね。

東が加入して、ナオさんの定位置にはルーカスが。
大分戦では僅か5分程度の出場になった。

東に関して、ナオさんは「今年の中心選手になってほしい」と言っている。
冷静に状況を見て、チームのことを考えながら、また闘志を燃やして爪を磨いでいるに違いない。
そうやってずっと戦い続け、成長を続ける18番に今年も期待する!
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-03-09 09:53

開幕戦勝利!

だがしかし、私は観ていない・・・

なので、いまさらだがPSMの草津戦である!(えばってごまかす)
シーズンシートを持っているBMWに乗っていった。(うそ、BMには乗せてもらったけどね)
群馬はあくまでも空が高く晴れて、清々としているが、風が強かった。
かかあ天下とからっ風というのは本当だった。以前に行った時より厳しい風だった。
c0068891_20102353.jpg
ザスパ草津群馬(長い・・・)
c0068891_20114416.jpg
プロレスラーがゲスト(名前失念)でザスパのサポーターを煽るのだが、乗りが悪く、がっかりしていた。たしか以前も草津のファンはこんな感じだったな。会場外でもプロレスラー参加の何らかのイベントが行われていたらしく、そこでの東京サポの反応に気を良くしたプロレスラー氏は草津に見切りを付け、東京サポへ語りかける始末(笑)
ホームゲストにはもっと反応してあげよう!
c0068891_2037363.jpg
この強い風と荒れたピッチに東京は手こずることになった。
c0068891_2040459.jpg
今期初観戦だ。
c0068891_20481274.jpg
さあ、行くが良い!
c0068891_20493332.jpg
こんもりした山が見えるが、たしか九十九山。
c0068891_20523429.jpg
アップするサブメンバー。安定感はある、力の差も感じさせるが、なかなか点が入らない。膠着した状態を打ち破るのは誰だ。
c0068891_20562062.jpg
後半からナオさんに変わって高秀先生。地元の方々は喜んだであろう。そして李に変わって河野が投入されると、静かな空気をかき回すような効果があった。先制点は河野のシュートのこぼれを太田が決めた。
c0068891_21194929.jpg
一挙に投入して、試合を終えた。
c0068891_21214911.jpg
李くん、大人になったね。強気な発言がいいよ!
c0068891_21253580.jpg
楽しかった。やっぱりスタジアム観戦はいいね。東京を離れた分、色んなことから開放された気もする。色々なことがあるが、今年も1試合でも多くスタジアムへ行こう。
c0068891_21325130.jpg

ユウトくん、また会おう。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-03-03 21:38 | FC東京

期待の若手

c0068891_12512563.jpg

市川春猿。歌舞伎役者。猿翁一門の若女形。1970年生まれ。「澤瀉屋」
父は画家、母は会社員という一般の家庭に生まれ育ち、幼少の頃より歌舞伎に魅せられ、中学の時には周囲からもその歌舞伎熱を認められるほどだった。
卒業後、運命のように国立劇場第9期歌舞伎俳優研修生になり、88年に修了後念願の猿之助門下に。
笑也、笑三郎とともに人気女形として引っ張りだこ。気風の良い江戸の芸者、可憐な町娘が似合うが、これから経験を積んで芸に深みを増していくことが期待される。

昨年の猿之助襲名披露公演「ヤマトタケル」においては弟橘媛(おとたちばなひめ)を演じた。ニンに合った良い仕事だった。

そしてこちら
c0068891_13261820.jpg
U-18から昇格した期待の大型ボランチ野澤英之選手。11年メキシコで行われたU-17W杯に日本代表として選出、8強という結果を残した。U-18ではキャプテンを務め、プレミアリーグ昇格をめざし、関東プリンスリーグ1部を最終節まで粘り強く戦ったが、得失点差で昇格を逃し、悔しい思いを味わった。
ずっと夢だったトップチームのユニフォームに袖を通し、大きな飛躍を遂げたい。

で、この二人似てませんか?似てますよね~
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-02-19 14:11

PSM鳥栖戦

明大前のLIVREにて、PSM鳥栖戦。
ベアスタには鳥栖ファンが5千人も訪れ、シーズン中のような応援風景も見られた。
東京は試合日程が発表された途端に、前半の遠方アウェイの多さに悲鳴も。
開幕後のスケジュールを思うと、ここで九州遠征は避けたいと考えても仕方がない。

この日のメンバー発表に驚きの感想を持った人も多かったと思うが、FWは平山が久々の先発。
翌日の蔚山現代との練習試合もあり、ルーカスはインフルエンザで離脱。監督はメンバーに苦心したようだが、バックはトク、チャン、森重、太田、ボランチを草民とヨネ、平山のワントップに両サイド河野、ナオ、真ん中がネマニャ。
失点シーンは鳥栖の高橋のロングフィードにゴンちゃんが前に出たところをロニに決められたもの。あのパスが良かった。草民が簡単に振り切られてしまったので、守備に関してよく考えるきっかけにしてほしいところ。
同点にしたのは後半30分過ぎ。平山の粘りから、こぼれ球をネマがシュート、再びこぼれたところをナオがシュート。河野が避けた足に当たって、ゴールとなったように見えたけど。
この後はテンポ良くパスは繋がるが、単調になってしまう場面も。
そしてショートコーナーからチャンスが。交代で入った千真がファーストタッチでネマのクロスを胸に当てて、逆転ゴール。

「勝ちぐせを付ける」と千真が発言していたが、どんな時も勝ちを貪欲に狙っていく姿勢は今年どうしても欲しい。連携面はもう少しだと思うが、コンディションは悪くなさそう。河野に積極性が見られたし、ナオも良かった。
あとはシュートの精度を高めないとな~。
鳥栖は今年も大崩は無いんじゃないかな。

今日はどんなメンバーだろう。特にDF陣が気になるね。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-02-17 10:44 | FC東京

FC東京フェスティバルは大盛況

本日、12時~17時JRA東京競馬場で行われたFC東京フェスティバル2013に行ってみました。
なんとなくあまり人が来ないと寂しいな~と思ったりしたのですが。。。
c0068891_17551379.jpg
いやいやとんでもない。正門前の駅を降りるとこんな状態。
c0068891_17595891.jpg
フードコート前はこんな状態がずっと。
c0068891_1834570.jpg
ホーム開幕戦出店をかけて争われるグルメダービー、いくつか食べて投票したかったのですが、とてもわたしのようなヤワな根性では無理(笑)どのワゴンに並んでいる列なのか訳がわからない状態で、並びに慣れている東京ファンならではですね~。よくまあ、悶着が起こらないものです。どこの店もブースもこれだけの人出を予想していなかったような対応でした。
c0068891_1810283.jpg
1回めのトークショー13:00~13:30 育成年代講座。大熊清テクニカルダイレクター、福井哲アカデミーアドバイザー、司会は土屋礼央さん、そして渡邉一平さん。
ユースカテゴリーについて、歴代ユース出身選手の紹介、ユースに入るにはどうしたらよいか、トップに上がる選手はどういう選手なのか、などについて話されました。
c0068891_18173013.jpg
わたしの場所の問題もあったのかもしれませんが、声が反響して聞き取りづらいところがありました。
U-18の選手たちも後ろの方で聞いていましたね。
c0068891_18224557.jpg
何度も強調されていたのは、技術などのサッカー面だけでなく、人間性を含めた点を見ているということでした。
小学校6年で1,400名がセレクションを受けます。書類で判断することはなく必ず何人もが一人ひとりを観るとのこと。最後は保護者との面談があるそうです。知り合いの息子さんもU-15のセレクションを受けたことがあり、若干は知っていたのですが、本当になんというか大変だなぁと。トップに上がるかどうかもですが、サッカーのことだけでなく総合的な判断というと難しいだろうなと思います。スタジアムに来た人を感動させるようなプレイが出来る選手になるかどうか・・か。三田くんについて熊さんは、中盤の選手だがゴール前での仕事が出来る、将来的には梶山のようになってほしいと言っていましたね。
c0068891_2082342.jpg
社長のご挨拶。東京競馬場が他の団体のイベントに貸すのは初めてだそうで、創立の時から府中市と深い関係を築いてきたことが評価されたのですね。
c0068891_20193544.jpg
そしてブラジル人が日本語で話しているので、誰かと思ったら・・アマラオ登場!東京のためならいつでもなんでもするよ~
c0068891_20263150.jpg
この後、新チームお披露目
c0068891_20273063.jpg
そして今年の選手会長廣永遼太郎が馬に乗ってご挨拶に。この馬が誰かというとシオでした。
c0068891_20314574.jpg

3Fにはスポンサーブースがありまして、アディダス・ブースにはナオさんがファンミーティングでデザインしたシューズを披露していました。思わず買っちゃった人いますよね~w
c0068891_20324992.jpg
アディダス契約の選手としてはアーリア、ヒデト、徳永もいます。あちこちで催し物があるので当日になっても誰が来るかわからない状態でした。
c0068891_20403070.jpg
アディダスの後にはキリン午後の紅茶の宣伝に協力するナオと平松。おにぎりにも合う午後の紅茶という特徴をアピールするためにおにぎりを頬張る平松です。いい人です。
こうしている間にトップ新チームのお披露目が終わった野外ステージではU-18の新チーム紹介があり、この日のために練習をしてきたピラミッドなどを披露したそうです。トークショーでも育成年代をテーマにしたり、ユース出身の阿部巧、吉本一謙、三田、野澤が登場したり、アカデミーを重視していることをはっきりと示したのは良かったですね。

この他にもたくさんのイベントがあり、最終的には9,500人が参加したフェスティバルは成功と言えるのではないでしょうか。
もう少しフードコートの運営がうまく行くと良いと思いますが、競馬開催があっても無くても時々競馬場に足を運ぶ私は、この広くてきれいで設備の良い場所を使ってサッカーのイベントをして欲しいと思っていたので大満足の1日でした。
c0068891_20572830.jpg
いよいよ新シーズンが始まります。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-02-11 21:01 | FC東京

会津の決意-喜多方の大和川酒造に行って来た

c0068891_21582659.jpg
今年も行って来ました。雪深い喜多方の大和川酒造へ。
c0068891_2232012.jpg
搾り立ての今年の種蒔人(大地のオリジナル純米酒)とても良い出来です。
c0068891_2265434.jpg
いつもの通り、もろみの段階の酒や鑑評会用の酒など何種類も試飲
c0068891_22112411.jpg
工場長を囲んで
c0068891_22133451.jpg
袋絞りの酒
c0068891_22151072.jpg
北方風土館に場を移して
c0068891_22165621.jpg
交流会となりまして
c0068891_22183526.jpg
まずは大和川酒造の社長、佐藤弥右衛門さんから「会津電力」構想のお話が。
原発事故に翻弄された日々の中で、改めて会津の土地が生み出すものと、人もモノも東京に吸い上げられてきた現実を見つめなおすことになりました。
「会津の自然を利用したエネルギーの時給を目指す」その発想は、常に地産地消を唱えて酒造り、そのための米作りを行なってきた佐藤さんだからこそのものでしょう。
c0068891_22281525.jpg
種蒔人の原料米生産者であり、我が家の定番米「大地恵穂」の生産者である稲田稲作研究会から参加されたみなさん。原発事故後の稲田での取り組みについて話されました。
c0068891_22322178.jpg
ここからは宴会だ~~~~
c0068891_2235589.jpg
会津の豊かな恵み
c0068891_2237201.jpg
たくさん飲んでたくさん食べてたくさん話して、人生ってすてきなものですね~と思ったのでした(笑)
また来年会いましょう。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-02-10 22:41 | 大地を守る会