引き分け!そしてユース応援企画

7月19日の鹿島戦はボランティア参加でした。
味の素デイということもあり、アジパンダは勿論のこと、アジパンナちゃんという女の子キャラも登場したそうです。全く見れませんでした。
かわいかったですか?
この日のお仕事はサンプリング、てっきりCookDoを配布するものと思っていたら、後半戦年間チケットの案内配りでしたよ。
CookDo回鍋肉は味の素の社員さんが配布してくださいました。なので、貰いそびれた人もちょいちょいいて、貰ってな~いなんて言う人のために配布場所に行って貰ってきたりするのもお仕事のうち。
慣れないと配布というのは案外タイミングが難しかったりします。
そしてこの日は回鍋肉一択でした。2種類だとあっちがいい、こっちがいいというお客様もいらっしゃるので・・。
先着1万名の回鍋肉はキックオフ40分前位には終了していました。

年間チケット案内はソシオの方には必要ないものですので、一般入場まではただゲートでにこにこお出迎え。
ソシオ招待のお客様がこの日は多く、その方たちにはしっかり受け取っていただきました。
みなさん、ソシオ招待頑張っているんですね。鹿島戦というのも良かったのかもしれません。

この日はお子さんが多いと感じませんでしたか?
お子さんが多いとKFCの行列がいつもより長くなりますね。
選手たちが先日小学校訪問を行いましたが、その際には親子向けにチケットを販売しますので、親子連れが多くなります。選手と一緒に体育館や教室で楽しい時間を過ごして、「試合を観に来てくださいね」と言われたら、行きたくなりますよね。実は選手が一番の営業マンでもあるんですね。
また来てくれるといいな~。

ぐっさんのものまねも見られなかったのですが、写真で見ると楽しそうでしたね。

鹿島に久々に勝利するいい機会だったのですが、引き分け。
これは外す方が難しいというようなチャンスが2回。あれを決めていれば!
でも決して悪い試合ではなかったと思います。
次回に期待が持てる内容でした。


さて、また今年もあります!
FC東京ユース応援企画
2014 FC東京ユース応援Tシャツ企画
この企画はとっても選手の親御さんたちに喜ばれているのです。私も直接FBでお礼を言われて(名前でわかったらしく)、感激したことがあります。みなさんどうぞたくさんのご支援を宜しくお願いします!
[PR]
# by inadafctokyo | 2014-07-21 17:42 | FC東京

天皇杯2回戦 対青い稲妻秋田!

7月12日午後6時キックオフ。
久しぶりのホーム味スタはわくわくしますね。
c0068891_141484.jpg
ブラウブリッツ秋田はTDKを前身として創部。男鹿市を中心としていることから、ドロンパもナマハゲコスプレです。春一番さんを偲んで。
日中は外へ出るのが躊躇われるような蒸し暑さでしたが、5時過ぎてから一息つけるようになってきました。
c0068891_149314.jpg
カテゴリーはJ3、今のところ10位の青い稲妻は与那城ジョージ監督です。
c0068891_1427775.jpg
秋田のサポーターのみなさん。ようこそ味スタへ!
c0068891_14334143.jpg
ヘッドギア装着のゴンちゃん。練習で怪我をしたのかな。
c0068891_1537951.jpg

初戦は難しいものですから、若干の不安はありました。先週の練習試合の出来もあまり良くなかったようですし。しかし、結果は8-0。お祭り騒ぎの味スタでしたが、中断期間の成果を見せられたという意味ではほっとしました。
秋田がガチガチに引いただけのサッカーではなかったことも東京にとっては有りがたかった所はありますね。秋田のみなさんにとってはなかなか飲み込み辛い経験になってしまったかもしれませんが、7点取られた頃から、すこし落ち着きを取り戻して、最後まで秋田のサッカーをやろうとしていました。
偉そうなことは言えませんが、J1のチームと公式戦で対戦してわかったこと、得たことをクラブ全体で今後に生かしていって貰いたいものです。
東京の選手たちも決して気を抜かず、笛が鳴るまでしっかりとプレイしていました。
東京は三田と武藤と河野が一緒に出ると楽しいですね。
c0068891_14581167.jpg

夕暮れ時、不思議な美しい空でした。いよいよJリーグが再開されます。サッカーは面白い、しかしわからない。そんなことをずっと感じていた1ヶ月。来週からのスタジアムで面白い楽しい、心に残る体験が出来ますように。
c0068891_1539813.jpg
風の気持ち良い夕暮れでした。
[PR]
# by inadafctokyo | 2014-07-13 15:54 | FC東京

笑顔でごきげんよう

また久々の更新になってしまいましたが、ホームの試合は観ています。別に勝たなきゃ更新しないというわけでもないのですがw
ゴール出んウィークと嘆いた0-1(4/29名古屋)、0-1(5/3浦和)、0-1(5/5大宮)と3連敗、5/10の徳島戦は0-0・・・・。4試合ノーゴールはイタリアでも経験がないというフィッカデンティ監督ですが、後藤さんの練習リポート、阿久根社長他の情報によると、ぶれずに取り組んでいる、積極的な姿勢が見られるとのこと。期待をもって迎えました。
負けられない一戦にスポボラで参加。中断前最後のホーム味スタでのリーグ戦には2万6千人超が足を運びました。うち、アウェイサポーターは約3千人。ようこそ!
この日は新人選手研修として平岡翼(ひらおか たすく)、圍謙太郎(かこい けんたろう)両選手が運営ボランティアの仕事を体験しました。
メイン会員受付を担当したわたしの目の前にずっと平岡選手がいたのですが、しばらく気づきませんでした。スーツでしたので165センチの平岡選手はフロントの新入社員かなと思ってしまって(笑)ごめんなさい。圍選手はさすがに大きいので、間違えようがありません。
椅子ふきから、ミーティング、会員受付、報道対応、ごみ収集まで体験して最後のスポボラミーティングにも参加して、挨拶をしてくれました。二人ともとてもしっかりした挨拶が出来る選手です。
さて試合です。席についた時には2点先制・・・。う、嬉しいことは嬉しいんですが。
前半早い時間に点を取れて、楽になった東京はのびのびとしたプレイが目立ちました。
もともとそんなに失点しないという後ろへの信頼があるので、先に点を取ってしまえば前の選手は肩の荷を降ろして自分の力を発揮出来ます。
千真、平山を先発から外して、エドゥー、武藤に変えたことが功を奏しました。河野、三田も持ち味を発揮して動きが良かったですね。
エドゥーは出場機会が少なくモヤモヤもあったと思いますが、日本のサッカー、生活に慣れて本領発揮する時期だったのではないでしょうか。
前半と後半早い時間にいつも東京は攻勢に出ることが多いと思いますが、そこで点がとれたことが全てですね。そして守備での奮闘も全員が素晴らしかったと思います。

負けた時は観客は足早に帰っていきます。後ろは振り返らないとでも言うように。
昨日はみなさんゆったりと帰り支度をして、スタジアムはなかなか空っぽになりませんでした。
ファンクラブテント前を通って行く人の列を見ていると、自然と笑顔になります。
そう言えば、この日は意識しなくてもずっと笑顔でいられました。
c0068891_17414352.jpg
見学者のみなさん。ナオさん、ヘルニアはだいぶ回復してきたようです。
c0068891_17543375.jpg
梶山も中断明けには出場可能となるでしょうか。スーツは圍選手。

東京は権田、森重、ガンバは遠藤、今野がそれぞれW杯出場メンバーとして選出されました。遠藤と今野はあまりその存在感は見せられませんでしたが、今野がCBに下がってからの方がチームが落ち着いた感があります。ボールを持つたびブーイングをされ、まさかとは思いますがちょっと萎えていたのかも。そういうメンタルが愛される理由でもあるのですが。権田と森重はザック監督の目にはどう映りましたでしょうか!
日本代表選手のブラジルでの健闘を祈ります。

相太も千真もブラジルには出られなくても、まだこれからやるべきことはあるはず。私は期待しています。
それではごきげんよう、さようなら。
[PR]
# by inadafctokyo | 2014-05-18 18:16 | FC東京

桜のころ

c0068891_1130085.jpg
ソメイヨシノが終わると八重桜です。
八重桜を詠んだ歌で誰もが知っている歌と言えば・・
いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな (伊勢大輔)
この頃の京都では八重桜が珍しく、わざわざ奈良から天皇に送られた、その八重桜を詠ったものですね。
ソメイヨシノが咲く頃は今日行こうか明日行こうか、どこにしようかと心がそぞろになります。1回や2回花見に出かけてもこれで良いということはなく、その時期が過ぎてしまうと、何かがっかりしてしまいますが、ふと気づけば八重桜。
その頃には落ち着きを取り戻し、ゆっくり花を楽しむことも出来るような気がします。
飛田給駅前の八重桜には2種あり、これは薄緑と白の花びらに一筋桃色が入っていて、毎年その美しさに見入ってしまうのですが、御衣黄(ぎょいこう)という種類だと聞きました。

c0068891_12123321.jpg
この時期、飛田給の駅を降りてスタジアムに足を運ぶ人たちを八重桜が迎えるのは良い景色となっています。
スタジアムの周囲はソメイヨシノで彩られていて、鳥栖戦の際は雨を避けながらの花見の宴が開かれていました。この試合がソメイヨシノの頃だったら、浮かれるような大騒ぎのもとで行われていたでしょうから、一般的な「桜」の時期が終わっていて良かったのかもしれません。

昨日はスポボラで車椅子サポートでしたので、ずっとメインにいて写真はこの桜並木のみ。
車椅子で来場された方も昨日は多く、用意した席はほぼ一杯になりました。それにしても車椅子席の後ろで控えていると寒くて、薄いダウンを着ていたのですが、足がつってしまいました。
フォルランのお姉さんも来場されていたのですが、寒さのせいか屋内に場所を変わられていたようです。

社長が前日選手に話したそうです。「ファンの人たちが、うちはたくさん入ると勝てないと言っている。払拭しないと」
フォルラン効果でもなんでもいい、満員のスタジアムで勝たなければとスタッフも選手も勿論ファン、サポーターも強い気持ちを持って臨んだ試合でした。
選手入場時には青と赤のストライプがバックスタンドに描かれました。メインで見ると実に見事です。それを見て入場する選手は胸高鳴るものがあるでしょうね。

前半は権田の守るゴール側にカメラが殺到(笑)
はいはい、そうでしょう、そうでしょう。しかしシャッターチャンスはついに訪れなかったのですね。
私たちボランティアもシミズオクトのスタッフ同様、試合に一喜一憂してはいけないのは当然なのですが、後半2度立ち上がってガッツポーズしてしまいました。
全員が意図的に動き、よく走っていました。広島で内容が良かったというのは嘘じゃないんだなと思いました。(観ていません)
河野は水を得た魚のようですし、生まれ変わったようでもあります。
高秀先生も日頃彼にぶーぶー煩い輩をも黙らせる出来でしたね。
平山の頼もしいこと。いつの間にか大人になっていた(笑)
よっちのゴール前での落ち着き!大学もがんばって。
40,761人、セレッソファン以外には満足して貰える試合となりました。

大人のみなさんにとっては酒のうまい夜でしたね。

めでたしめでたしなのですが、私はソシオ入場よりずっと前に登録外選手を知ってしまい、リーダーの話が耳からポロポロ零れ落ちて行きました。
ガラス越しに自分の名前の横断幕を見てその人は何を思っていたでしょうか。その場所を多くのファンが振り返って見上げているのを感じてもいたでしょう。
しかしまだまだこれから。誰にとってもこのチームは可能性があり、成長のチャンスがあるのだと感じられた試合でした。
[PR]
# by inadafctokyo | 2014-04-20 15:19 | FC東京

石川直宏ファンミーティング

チーム始動の1周間前にナオさんのファンミーティングが催されました。会場は昨年と同じ、青山ベルコモンズ内のホールに200名の参加者を迎えました。
昨年は大雪でしたが、今年は穏やかな天候でした。
そしてビルの入り口でベルコモンズが3月いっぱいで閉館することを知りました。
1976年開業以来、この地らしいファッションビルとして時代を牽引してきたベルコモンズもその役割を終え、今後はオフィスビルとして新しい道を探るようです。

受付を終えて、トークショーが始まるのを自分の席で待っていると、控え室から近かったこともあって、ナオさんがお子さんをあやす声が聞こえてきました。二人目のお子さんが産まれ、余裕のあるお父さんぶりが伺えます。会場には弟さんやご両親を含めてご家族がいらっしゃいました。そのこともナオさんらしいことだと思いました。

ブログやインタビューでも「もどかしい」「今年は技術的な部分よりも精神的な部分で鍛えられた」「無気力な姿を見せてしまった」と複雑な胸の内を匂わせていましたが、トークショーでもかなり踏み込んで話してくれました。
昨シーズンは非常に辛い時期があったこと。プロ生活の中でも横浜で試合に出られず悩んでいた当時と同様な苦しさであったと言い、たとえほんの一時期ではあってもサッカーをやめるというようなことも頭をよぎったようです。

湧き出てくるような思いがないという言い方でしたが、怪我をして試合に出られない時期、そしてコンディションが上がってきても試合に出る時間が短く、心と体が整わないような状況が続き、常に前向きに強い思いで取り組んできたサッカーに対する姿勢にも迷いが生じたということではないでしょうか。
どんな苦境にも前向きに立ち向かって、転んでも必ず立ち上がってくる人。私たちはナオさんにそんなイメージを抱いています。
東京で在籍期間がもっとも長くなり、東京の重要なアイコンになっていることを自覚し、立ち居振る舞いにもそれが現れています。
一方では新加入した選手が着実にスタメンに名を連ね、若い選手も伸びてきて出場の機会を争うこともある。内心穏やかではないでしょう。しかしそうした状況をもきっとプラスに変えてくれるはず。そんな周囲の期待も時には重いと感じることもあって当然です。

昨シーズン、眠れない夜はどれほどあったでしょうか。ご家族の前でつい浮かない顔をしてしまったこともあったと伺われます。

ポポ監督や社長にも話をするなかでアドバイスを受けたり、日々チャレンジしていくなかで徐々に回復の過程をたどって行ったことが語られました。
危機は乗り越えられたのです。
この場だからこそ、ここまでの話をしてくれたのでしょう。

その後、試合後や移動途中に撮った仲間の写真を紹介しながら、肩の凝らない話もたくさん聞けました。スパイクやユニフォーム、私物のプレゼント抽選会もあり、いつもながらの暖かい雰囲気の中で会は終了しました。

私たちはこの人が決してくじけないこと、転んだり立ち止まったりしたときはまた更に強くなって、新たな武器を携えて戻ってくることも知っています。
今シーズンは監督も変わり、フラットな競争が始まります。ナオさんの特徴を理解して貰って、スタメンにこだわり、結果を残す中で代表をも視野に入れてほしいと望んでいます。
現役の間は欲張って、きらきらしていてほしいと願う私は、今年こそゲーフラを作りたいと思っているのです。

c0068891_16255028.jpg
一緒に参加した友人と。友人の許可を得ないで掲載してしまいます。
[PR]
# by inadafctokyo | 2014-01-19 16:31 | FC東京

小平始動

年始は小平から。
毎年人が多くてあまり長居はしませんが、初詣のようなものですので行って来ました。
9:30練習開始と発表されましたが、9:30から屋内でミーティング開始、そしてあれやこれやで外に出てきたのは10:30を回っていたような。
全員整列して、監督と米本の挨拶、復帰した羽生さんの締めの挨拶をして練習に入りました。
挨拶の中味は通り一遍のもので、優勝目指していくので応援お願いしますということでした。
監督の通訳さんはまだ不慣れな感じで、これからに期待です。
羽生さんは「帰ってきちゃいました。」
さて、写真を軽くアップ。混み合っていてあまり撮れませんでした。
c0068891_1716152.jpg
沖縄で自主トレ、色々なスポーツ選手と刺激しあえて、得るものが多かったでしょう。
c0068891_17171421.jpg
タマとよっち。タマが8番、よっちが14番!
c0068891_17251899.jpg
むっくん、お帰り~~~~
c0068891_17265025.jpg
にゅーさんおかえりなさ~い

c0068891_17303089.jpg
イチオシ野澤くんとのぶおさんとその他の人
c0068891_17322731.jpg
のぶおさんと飯野さんと今年こそ期待したい人
c0068891_1733412.jpg
な~お~とむっくんと期待のマテウスさん
c0068891_17334370.jpg
相太さん、今年はやるよ~~~。でも社長のインタビューでこどもが出来てから変わった。挨拶もちゃんと出来るように・・って、え~~~~遅すぎるよ。
c0068891_17381965.jpg
いい男だよね
c0068891_17404990.jpg
いい男だよね、いろいろ
c0068891_1742277.jpg
今年は20点!
c0068891_17424543.jpg
あれ、またw

c0068891_17442467.jpg
河野~、そしてまたさりげなく野澤
c0068891_17454729.jpg
トクのことは全然心配してない。

むっくんが終始笑顔で、帰ってきて嬉しいんだろうなって思いました。私もとっても嬉しいよ。競争に勝ちぬいてしっかりやってね。
今年は新体制発表会もなく、地味な始動でした。でも派手に船出したときってあまり良いことなかったような気もするので、地味に始まって地味に期待して世間をびっくりさせればいいかな。結局地味に推移したりして^^;
シーズンが始まるってワクワクしますよね!地味にw
[PR]
# by inadafctokyo | 2014-01-18 18:18 | FC東京

良いお年を~

負けた試合で終わるのもなんだから、天皇杯準々決勝仙台戦を振り返って今年を終わろうと思います。
c0068891_12344032.jpg
このスタジアムではあまりいい思い出がないけれど、ここでは終われない。
c0068891_12373257.jpg
サンタ帽がいっぱい。杜の都に東京からサンタがやってきた!
c0068891_1251451.jpg
仙台のゴール側にはカメラマンがゴールシーンを撮ろうと集中。業界の人ってよくわかってるよね。でもその勘が外れることだってあるのさ。東京なめんなよ~。
c0068891_1254211.jpg
東京側は4人。ハーフタイムであっち側へ移動するカメラマンに向かって、こらー後悔するぞ~~と叫んだものの、やっぱりそうだよねとも思う(笑)
c0068891_1301136.jpg
でも林の逆転ゴール後の大騒ぎを間近に撮れたのはこの4人だったんだな。
前半終了間際の宏介のフリーキックにより同点ゴール、そして延長終了間際の林のゴール。この試合を観戦出来て本当に良かったと思います。
c0068891_1314020.jpg
ボラの忘年会で当たった林くんの練習着。しっかり着込んだ感じで、この2年あまりチャンスらしいチャンスもない中で、彼の日々の思いと練習で流す汗が結実するようにと心から願い、来年とは言わず、天皇杯で活躍出来るようにと声をかけたのですが、本当になるとはね!
その彼も来季はレンタルでの移籍が決まったようです。たくさん試合に出て自信を付けて戻ってきて欲しいですね。

仙台戦はこの1年応援してきたファンへのご褒美のような試合でした。
また来年、毎週の試合を楽しみにして仕事も様々なことも頑張ろうと思います。
どうぞ、良いお年を。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-12-31 11:30 | FC東京

全日程終了

c0068891_1052686.jpg
天皇杯準決勝は晴天に恵まれ、眩しい日差しの中で行われました。
c0068891_106186.jpg
勝利を信じて、願って、あと少しでたどり着きそうだったそれは、するりと逃げて行きました。この1年を振り返ると象徴的なことかもしれません。元旦の国立で、これまでに叶えられなかったこと、その様々な無念を最後に一気に晴らそうというのは虫が良すぎたのでしょう。でもそんな結末はとても東京らしいことのように思えて、素敵な締めくくりと決め込んで。

c0068891_10323114.jpg
シーズンを安定して戦い、多少の波はあっても上位を維持し続けた2チームが天皇杯を賭けて決勝を戦うのは真っ当なことでしょう。ちっとも面白くないけれど。

試合後にあれこれゴール裏を批判する声が聞こえてきます。自分の思い通りにならなかった結果を受け入れがたく、叩くのに適した何かを求めることはよくあることでしょう。そして多分ゴール裏ってそうした対象になりやすい。そこに自分は一切の責任がないかのような言い方は、よそのサポーターや物書きならともかく、承服し難いものを感じました。

一気に人事が発表されはじめ、それぞれの道を目指していきます。
今年味わった苦い味を消化して、生き生きとした中にも味わいとコクのある大人のチームとして魅力あるサッカーを見せてほしいと思います。

決勝のチケット、アウェイ側は動員力では東京より難しいチーム、遠方でもあるしなかなか譲り先が見つからないようですね。わたしのも余っています。
完売なのに空席が目立つなんてことにならないと良いのですが。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-12-30 11:27 | FC東京

You'll win everything with kids

凹むなら気持ちじゃなくて腹を凹ませたい私ですよ、ええ。
c0068891_1311751.jpg

浦和駒場スタジアム13:30キックオフのU-18の試合(プリンスリーグ関東)に行きました。
日差しが暖かいスタジアムで、ユースを応援する皆さんが手作りのフラッグを飾り付けて、太鼓付きで気合の入った応援です。対戦相手は大宮でしたが、良かったですね大宮。結果は2-4で敗戦となってしまいました。
前半開始直後に失点、その後も大宮に支配され前半の終盤には2点目を奪われ苦しい展開でしたが、前半のうちに1点を返し、ようやく動きが良くなった東京。後半も持ち直して、同点に追いついてからは完全にリズムが良くなった時間帯もありました。そこで追加点が入っていれば・・。
c0068891_13415612.jpg
さすがに落胆の色濃い試合後。でもまだわずかに参入戦への可能性はあると聞きました。次節は12月8日最終節、小平で11:00から浦和レッズユースとの対戦です。お時間の有る方はぜひ応援に!
この後、柏でチケットが余っていると聞き、どうしようかと迷いましたが、この時点で寒かったので、あっさり諦めて明大前LIVREで観戦。年なのでマリノスと一緒で寒いと動きが悪くて・・・。
柏戦チケット難民収容所と化した暖かいLIVREで顔なじみと飲みながらの観戦は、勝てば言うこと無しだったのですが、そうは問屋が卸さない。
2回めのPKまではいい試合になる感じだったのですが、完全にリズムも計画も狂ってしまいました。ジャッジに文句を言っても仕方ないとは言え・・内心では言いまくりたい。
2つのPKに動揺を抑え、3失点目で目を覆い、ナオの魂のゴールで1点を返したことだけが心の拠り所となるような敗戦でした。
現地でもテレビ観戦でも打ちのめされた面々はそれぞれに魂の救いを求めて、肉食ったり魚食ったり、焼いたり煮たり、飲んだり浴びたりしたのでした。

とにかく最終節はホーム味スタですよ。ルーカスもポポもリーグ最終節。挨拶もあるでしょう。
すっとこどっこいなことは全部柏の地に捨ててきた。次節味スタでは笑って〆よう!そして天皇杯につなげよう。
お酒は楽しく飲みたいよ。

2連敗は応えたって言えば応えたのですが、歓喜もあれば落胆もあることは承知の上、勝っても負けても一人じゃない。色々なことを私たちはまだまだ勝ち取れる!

SOCIOの更新をしました。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-12-01 14:39 | FC東京

湘南の降格が決まる

2時頃まで田んぼの学校の収穫祭で餅つきしたり豚汁作ったり、お酒も入っていい機嫌で味スタへ。
c0068891_91426100.jpg
収穫祭があったのでスポボラは欠席。お陰でキッズチアを見られました。
c0068891_9173920.jpg
可愛いですね~。
c0068891_9294737.jpg
湘南ゴール裏。セレッソよりも来ていたような。この試合を落とすと降格が決まる湘南。後でテレビで見たら湘南の選手たちの表情が切羽詰まっていた。選手やファンの思いはいかばかりか。
c0068891_935428.jpg
前半は東京がボールを繋ぐものの得点を奪えず0-0でハーフタイムへ。後半になっても湘南の動きは落ちず、プレッシャーに負けずよく頑張るなという印象。21分に先制されてしまうが、直後にヒョンスが同点に追いつくゴール。そして終了間際にネマが巧みなフェイントでDFを翻弄して、逆転ゴール。ピッチ、スタンド一体となって歓喜に湧く青赤、落胆の色濃い湘南。
出来ることは全てやった結果としての降格。湘南ゴール裏も粘り強く戦った選手たちを暖かく迎えていたように見えた。
ネマはあえてユニフォームを脱いでイエローを貰い、終了後にはゴール裏にユニフォームを投げ入れた。
インタビューでもクラブやファンへの感謝あふれるコメント。来季は・・・。
試合前、試合後のポポトーキョーのコールに様々な感情が沸き起こる。
c0068891_953277.jpg
この日は2万1千人。帰り道はさっぱりと和やかに。
[PR]
# by inadafctokyo | 2013-11-24 09:58 | FC東京