<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

須賀川での収穫祭

いろいろ後ろ髪を引かれること(fC東京の試合、粟生の防衛戦)はありながらも、行って来ました。
大地を守る会 稲田稲作研究会収穫祭。
c0068891_12485565.jpg
八重洲鍛冶橋駐車場から貸切バスで消費者会員と米プロジェクトスタッフと大地社員とで出発です。
しかし、東北道は渋滞に次ぐ渋滞。紅葉見物の観光客もある上に、事故が続出。車でお出かけの際には十分にお気をつけください。
予定より1時間以上遅れて須賀川に到着。
c0068891_1253986.jpg
時間が押してきたので、懐かしい人との挨拶もそこそこにまずは田んぼへ。
例年はちょうど稲刈り時期にお邪魔しますが、今年はもう稲刈りは終了し、田んぼでの除洗作業を見学。
このトラクターはたしかアメリカ製。運転席がガラスで覆われているものは日本にはありません。
c0068891_130333.jpg
田んぼの土を反転させて土の表面に付着したセシウムを地下30cmの部分に留めるという対策です。稲の根は15cm程度なので、セシウムの吸収を抑えることができます。
この日の前日に丁度、須賀川の一部の地域で基準値を超えた米が出たと報道されました。それによって須賀川の米全てが汚染されているかのように思われてしまうのではないかとの危惧を、地元の人が抱くのは当然です。
汚染された米は自家消費用で天日干し、稲架(はざ)掛けをしたものでした。今年、乾燥には天日干しを避けるようにという指導があったにも関わらず。しかも稲架掛けをすると逆さになりますから、セシウムが稲に移行してしまいます。ちょっとした不注意や知識の不足が全体に響いてしまうのは残念です。
稲田稲作研究会は原発事故直後から、考えうるあらゆる対策を取って来ました。専門家の意見を取り入れつつ、無駄になることも恐れず、とにかくやってみる、という姿勢で対策をしました。セシウムは水溶性ですから、水に流してしまうと河川を汚染する、そこから田んぼに封じ込めて、かつ稲が吸着しないような対策が有効として実行し、成果をあげました。
c0068891_13213265.jpg

太陽熱乾燥を導入していたのもプラスに働きました。収穫と同時に籾だけの状態にして、温室のような乾燥室で太陽の熱によって適度に乾燥させます。
c0068891_13244187.jpg
籾のままこのタンクで貯蔵します。送風によって空気を入れ替え劣化を防いでいます。出荷するたびに精米をするので味が落ちません。
c0068891_13272885.jpg
交流会ではたくさんのご馳走が。黒毛和牛のステーキやモツ煮、炊き込みご飯、焼きそば、えごま豚、手打ちうどんなどなど
c0068891_1329656.jpg
イベリコ豚の生ハム!

2時過ぎからは地元のイベント、風土INFOODのイベントと合体して。
放射能対策も全て自主対策で行なってきた稲田の生産者が農業の自立を痛切に願ってのイベントです。
c0068891_13312940.jpg
サプライズで稲田アグリサービス・ジェイラップ・でんでん倶楽部から大地を守る会に感謝状が。
他にも稲田を支えた東都生協や数々の会社が表彰されました。表彰の文面がそれぞれに異なっていて、ありきたりではない内容です。
c0068891_13344722.jpg
感謝の思いが深ければ深いほど、彼らの置かれた状況の厳しさが伝わってきて、落涙を止めようもなく・・・
c0068891_13372233.jpg
右から稲田の伊藤さんと大地を守る会、東都生協、カタログハウスからの参加を得てトーク・ショー

あの日依頼、大変な困難と戦ってきた、稲田の生産者。
c0068891_13422113.jpg

c0068891_1343369.jpg

c0068891_1344141.jpg

大きな困難にみなで立ち向かったことによって、この国の農業従事者としての自覚と自信が更に増したように見受けられました。
c0068891_1347160.jpg
放射性物質測定機をすぐさま稲田に貸し出すなど、力強く支えた大地を守る会と前向きに米作りを続ける稲田の仲間たちを、誇りに思います。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-28 13:54 | 大地を守る会

病める人 痛む人

21日の夜に小さな、けれど1人の才能に恵まれた音楽家とその人を愛する人々にとって、そして同じ病に苦しむ人々にとっても大きな意味を持つコンサートがありました。
私が勝手に友人と思っている尊敬するピアニストの松下ベックマン佳代子さんの「ローマ法王御前演奏記念」と銘打った報告会&コンサートです。
松下さんの演奏の前にローマ法王御前演奏時のビデオ上映(抜粋)と演奏会後にバチカンから届いた手紙が紹介され、脳神経外科の高木清先生のお話がありました。

(長いので畳みます)

More
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-25 17:50

LCCに乗ってみたよ~

大阪行くのに成田から飛行機って物好きとしか言いようがないけれど、乗ってみたかったんだLCC!
LCCって言うのはLow Cost Carrierの略で効率的な運営により低価格な運航サービスを提供する航空会社というわけで、日本でも本格的に運航が始まっているね。

実際乗ってみて、効率的で無駄を排したという意味が実感できたのよ~。
成田まで普通の電車で行きました。うちから成田間より成田-大阪間の方が時間はかからないのね~
第2ターミナルの端のほうにJetStarのカウンターやチェックイン機があります。オレンジ色だから、目立ちます。
予約はWebでしました。自動チェックイン機に予約番号を入力すれば搭乗券が発行されるので、それを持って搭乗ゲートに行けばオッケー!
LCCは普通の航空会社と違って締め切りが早いから気をつけて。出発30分前には締めきってしまいます。そうなると受け付けて貰えないと思ったほうがいいみたい。
LCCは保有している機体が少ないので、到着したら点検掃除お客さん乗せて、はい出発!そのようなわけで、遅れてはいけません。
搭乗ゲートはバスゲートなのでこれも離れたところに位置します。
c0068891_13304934.jpg
バスに乗って飛行場の中を走るって好きです。
c0068891_13324437.jpg
かわいい飛行機ですよ。
c0068891_13332699.jpg

c0068891_13335854.jpg
飛行機もキャビンクルーもお高く止まったりしていないの。
荷物を預けるのも飲食も必要な物を購入するシステム。行きはビール、帰りはコーヒーを買いました。ソフトドリンクは持ち込めますが、酒類は持ち込めません。ビールはアサヒのドライでした。機内で飲むとまわりますね~。コーヒーはインスタントかと思ったら(メニューを見て)レギュラーでバランスの取れたDTLより美味しいと言って良いと思います。

クルーの制服は無駄にデザインや素材にお金はかけていません。この日はハロウィンの飾りを髪や服につけていました。
かつて飛行機に乗ること、航空会社で働くことがステータスという時代もありましたが、いまはもうそんなことはありません。このバスのようなかわいい飛行機で私は十分です。座席も思ったより余裕がありました。
ただリクライニングの角度が少ないので、長時間の飛行は厳しいですね。オーストラリアに行くのもこれなのかしら。

LCCに乗ることと大阪で友人に会って旧交を温めることが目的の一つではありましたが、もうひとつは・・
キンチョウスタジアムでセレッソ大阪との試合がありました。

c0068891_13584665.jpg
関西空港から阪和線に乗って「鶴が丘」で降りるとスタジアムはすぐそこ。何しろ電車から見えるんです。庶民的な町の庶民的な通りを抜けて
c0068891_1404172.jpg
ほらついた。長居公園。味スタと同じくらい迷わない。
c0068891_142524.jpg
誰かいた・・
c0068891_142582.jpg
スタジアムの周囲はお祭りのように屋台が沢山出ています。
c0068891_144889.jpg
この日のゴール裏。セレッソとの掛け合いもテンポよく決めてました。
c0068891_14102775.jpg
電車からスタジアムが見えるということは、観客席から電車が見えるということで
c0068891_14111280.jpg
こんなふうにすれ違ったり
c0068891_14121679.jpg
別の色の電車が来たり、こどもたちには大人気です。
c0068891_1419211.jpg
アイドリングのライブがあり、ビバパラでMCやっている子は東京ユニ着ていました。
c0068891_1420148.jpg
試合は先制されましたが、ネマニャのゴールで追いつき1-1で試合終了、東京サポもセレッソサポももやもやしたまま帰り道の足は早かったですね。
c0068891_14205974.jpg
この日のMDPは粋なお計らいで茂庭選手。両サポーターからのモニワコール合戦もありました。
J'sGoalのレポートのように「見応えのある試合」と言うよりは、10位対11位の対戦に相応しいとしか思えなかったのですが、この勝ち点1をプラスに考えて、とにかくホームでの勝利を願います。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-22 14:29 | FC東京

敗戦に秋の深まりを感じる

ナビスコ準決勝アウェイ清水戦は3-0で負けてしまいました。
東京の出来はというと悪くもなく良くもなくと言ったところでしょうか。それぞれの今の順位にいる理由が納得できたような、力と勢いの差がそのまま出たと言ったらいいのでしょうか。
1点取れば良かったのに、取れない。1点くらい取れるだろうと思ってなかなか取れない、これはもういつか来た道。
スカパーの実況が「FC東京、今日はゴールが遠い」と言うのへ、リブリでの観戦者からは「いつもだから」「今日もです」とツッコミが出るくらいの状態です。

失点しても、1点取ればまだ十分に分がある。選手たちもそう思っていたのは間違いないのです。
プランがあったとしたら、アドバンテージを生かして集中して守って、隙を見て先制ということではなかったのかなぁ。

これで天皇杯もナビスコもなくなり、否応なくリーグ戦に集中ということになりますが、優勝を狙える位置でもなく、強いて言えばもしかしてACL出場権を獲得できる4位狙いというなんとも中途半端な目標とも言えない目標で、これをモチベーションにというのもかなり無理やり感がただよいます。

反省して次に繋げる、これまで何度も聞いてきたその言葉にも秋の寂しさを感じるばかり。

さびしさは深山の秋の朝曇り 霧にしおるる槙の下露
深まりゆく秋の寂しさというものを詠った後鳥羽院の優れた歌です。
後鳥羽天皇は歌の名手として知られていますが、三種の神器が揃わないまま天皇になったその引け目が強引な政治手法を招いたとも言われますね。

残り試合全部怒涛の勢いで勝つということでもないと、人事を含めて来季のことは今の段階では何も言えないということではないでしょうか。

そしてリーグ戦500万人達成も今シーズン中はどうなんでしょう。
何かパーっとしたことを言いたいのですが。
カラ元気でもいい、ないよりはましということで、セレッソ戦は参戦です。
パーっと行きたい、パーっと。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-14 19:18 | FC東京

秋空の下の無残な試合

食べるもの意外ではあまりいい思いをしたことがないカシマスタジアムに行って来ました。
あの霧の試合以来の参戦です。
喉元過ぎれば熱さを忘れる。コンコースに充満する肉を焼く煙が懐かしくなるんですね~。
c0068891_10414415.jpg
ここのモツ煮と牛串
c0068891_12375451.jpg
隣にいらっしゃるサツマイモさんは
c0068891_12385949.jpg
5番ゲート入ってすぐのこのブースで無料配布していました。一人三本!
c0068891_12405459.jpg
五浦ハムでは
c0068891_1242239.jpg
ハム焼き、後ろが牛串。定番のこれらの品々を堪能した後は、たこの代わりにホタテを入れたふわふわのほたて焼きそして生グレープフルーツのサワーなどお腹いっぱいになりました。ここまででもういいかも知れませんが・・・
c0068891_12472195.jpg
今期13位という成績のせいか観客席はちょっと寂しい1万5千の入りでした。しかし、順位ではわかりません。まったく敵わなかったと言っていいですね。成す術なし!5-1で敗れました。
柴崎のプロ初ゴールとかドゥトラのハットトリックとかやりたい放題の鹿島に・・・
c0068891_12552096.jpg
一歩も引かなかったゴール裏。私もバクスタで近くの鹿サポさんのリズム感を狂わせることには成功したのですが、それくらいしかいいところが無かったのです。
c0068891_1343562.jpg
東京の場合、SBは重要なポジション、それが昨日は弱かったですね。なぜ?という疑問は残る先発ですが、ただ一人の所為にできるわけでもなく、良かったのはナオさんとルーカスとヨネ位だったかな。前節暑さの中で終了間際には足が攣っていたナオさんですが、この日は最後まで走ってファイトしてました。
鹿島の選手たちの距離感の良さが際立っていました。そしてシュートのタイミングの良さ、巧さ。東京のDFが鹿島に余裕を持たせてしまっていることもあるのでしょうが。ドゥトラの落ち着きと来たら・・。
1年で完成形になるとは思っていませんが、それにしてもこの時期に観るには辛いゲームでした。
c0068891_1311381.jpg
秋天を見上げてひとつ息を吐く
試合後は指定のバスに乗るために一目散にスタジアムを後にしました。
あと6試合。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-07 13:27 | FC東京