<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ようやく目覚めたか?セレッソ戦

「もうね、ある意味貴重ですよ。あんな試合は滅多に観られませんもの。ええ」
後藤勝さんがこう嘆いたように、6月16日の日産スタジアムでの対横浜マリノス戦は今期最低の出来だった。
溜まった疲れからは回復できた筈だったが、実戦から離れた心身のコンディションはそう簡単に戦闘モードには入らなかった。
明大前のLIVREに集まった面々も憮然、唖然そして苦笑といった反応で、私はひたすら生春巻きを咀嚼することに務めた。

あの2010年の開幕戦も横浜マリノスとの対戦だった。
あの年の数少ない白星だった試合はやはり横浜に押し込まれる時間帯が多かったが、決勝点を上げたのは平山だった。
横浜の先発FWは背番号9の渡辺千真。前年にリーグ戦34試合に出場し、13得点を決めて新人王を獲得。国見の先輩である平山との対戦では心に期するものがあったはず。
しかしシュートチャンスを決めきることが出来なかった、その試合を思い出していただろうか。

チャンスらしいチャンスも無かった試合から1週間空いて、心身ともに戦えるようにコンディションが整ったかどうかを見る大事な試合だった。
セレッソは仙台や横浜に比べると寄せが甘い部分があって、ある程度自由にさせてもらえた。
また決定機を多く作られたにも関わらず失点を免れたのは権田の出来とともに、なぜあれを決められなかった?と東京サポからも疑問の声が上がるほどのセレッソの決定力の無さにも助けられた。
だが、前節とは段違いの工夫と気持ちは見せられた。草民はその象徴だった。
またヤザーも良い意味で観客を沸かせた。
何はともあれ、2万3千近く入ったホームの観客に気持ちのよい勝利を届けることが出来たことは一番だ。

梶山が足の故障で次節は出場が困難であると言われている。痛い非常に痛い、しかしピンチをチャンスに変えなければ上を目指せない。
鹿島戦で復調の兆しを見せた柏は侮れない相手。見応えのある一戦を期待したい。怪我人が続出する苦しい状況だが、国立を支配するのは我々だ。


実は私にとってのこの日のメインイベントは試合前に行われていたので、写真も何もないしキックオフぎりぎりに到着した。
この後にその至福の体験については報告しようと思う。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-06-24 14:03 | FC東京

ポポナイトと吉祥寺青赤計画

たまにしかブログを更新できないので、ついついクラブハウスサンドのようになってしまうが、ご勘弁願いたい。

11日、調布たづくりで「ポポナイト」が開催された。内容については東京中日365日の携帯サイトに詳しく上がっている。まだ前半だけだが、そのうち後半もアップされると思うので、ぜひ御覧になってほしい。

まず感じたのは司会の三田涼子さんの安定感。的確な質問、出演者それぞれに配慮して、話を振って、言葉を挟んで盛り上げていく、時に軌道修正する様子は優れたボランチと言えよう。この日は白いジャケットと紺のスカートで三田さんらしい清楚で柔らかな印象。

珍しくカジュアルなスーツでポポさんにも賞められた東京中日の占部さんは話すのが苦手と自負していて、なかなか人前に登場しないが、三田さんや前田さんに助けられながら、普段の取材から知り得た貴重なエピソードを披露してくれた。
今期は選手が非常に前向きで、成長したいという強い意識を感じるそうだ。

前田治さんはいつも歯に衣着せぬ厳しく愛情あるコメントで楽しませてくれる。この日も監督に前田さんでないと聞きにくい質問をしていた。ここにもある種の信頼関係がある。

そして大切な役目を担っている塚田さんは通訳として、ずっとポポさんを支えてきた。
ポポさんはかなり長く話すのだが、途中でとぎらせずメモも取らずに通訳をする塚田さんに目を見張った。ポポさんは安心して仕事が出来るに違いない。
もともと静岡のサッカークラブでコーチをしていた塚田さんは、一時オシムさんの通訳も務めていた。サッカーに対する知識と理解がなければああはいかない。

ポポさんのキーワードは信頼だ。人と人との信頼関係を非常に大切にする。
クラブに関わる人はみなファミリーとして、彼の中にはしっかりとインプットされ、いつも注意深く気を配っている。選手に対しては非常に厳しいが、プロとして生きていく彼らがより良い人生を歩めるように、常にもっとチャレンジをしてもっと成長をして欲しいと願っているからだ。

私たちサポーターのこともそして私たちの国のことも大事に考えてくれている。
鳥栖戦で2点リードされても気落ちする様子を見せずに応援し続けた私たちを非常に心強く思ったようだ。
「ファンが私たちを信じてくれるのに、自分たちが諦めたり自分たちを信じないことはありえない。鳥栖戦はみんなが一体となった試合だった。」

そして、アウェイ広州戦の試合前、東京サポーターの掲示した横断幕の日の丸部分を隠すように広州側から言われ、その部分は折り返された。それを見ていたポポさんは絶対に勝って、横断幕を掲げたいと思った。サッカーの試合に政治やその他のことを持ち込むべきでないと。
ポポさんの生まれ育った国のことを考えさせられるエピソードだった。

東京でできるだけ長く仕事をしたいとも言ってくれた。それは私も心から望む。

さて、13日の吉祥寺青赤計画第2回である。
c0068891_13422568.jpg
後藤勝さんがキャンプ、そしてゼロックスを経て現在に至るまでのメンバー構成の変遷を語り、ポポさんの狙いや選手の成長に言及する。広州戦のメンバーが現段階での最強メンバーとの位置付けだ。監督してももちろんそうだろう。そのメンバーでもかなわなかったのは結果としてあるが、何が足らないのかを測ることが出来たことを良い経験としなければならない。
ポポさんも広州戦を評して「経験の差」と言ったが、ここでは失点シーンについて詳しくボードを使って「差」を解きほぐした。連動して隙をつく動き、DFを剥がす動き、またサイドの攻防でも彼我の差があった。
課題をはっきりと自覚することから次が始まる。
ACLに出たことで非常に大きいものを得たと後藤さんは言う。きつい日程こそが選手たちを変えた。きつい練習は嫌がっていた選手たちも厳しい日程を乗り切るにはやらないとダメだと気づいたことが大きいと。

c0068891_13553480.jpg
進行役は三田さん。この日は後藤さんとやんちゃな川上さんということで、お姉さん役。
「ぶれずにやり続けてほしい。カウンターでやられるなら仕方ない!」とポポさんへの信頼度は非常に高い川上さんだった。
c0068891_1404434.jpg

第二部はラブちゃん登場。私はまったく知らなかったが、占いをするゲイ人として有名な人。
志有人くんのお父さんともよくサッカーをしているというくらいサッカーも上手いらしい。
星座占いを基本として、代表戦や様々なサッカーの試合を占いによって解説をしている。よく当たると評判だというのは周囲の反応でわかった。
一言で言うと非常に面白かったし興味深かった。ただの占いと片付けられないような示唆に富んでいた。
日本代表は歴史的に中心にみずがめ座が君臨している。東京は天秤座の天下だ。
この面白い話は酒でも飲みながら話しましょう。

後藤さん、川上さん、三田さん、ラブちゃん、ありがとうございました。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-06-16 14:13 | FC東京

日本ブラインドサッカー選手権B1大会とクラブユース選手権大会

2週間も東京の試合を観られないと、代表選があったとはいえ、そろそろ禁断症状が現れる頃ですよね。そんなあなたに身近で楽しんでいただける試合の紹介です。

日本ブラインドサッカー選手権B1大会が味の素スタジアムで行われています。
生憎の雨の中、熱戦が繰り広げられています。
c0068891_14552466.jpg
味の素スタジアムの人工芝部分にピッチが作られています。ホームゴール裏が開放されていますので、屋根の下での観戦が可能です。人工芝部分がピッチなので観客席からでも近く感じます。
c0068891_1457562.jpg
しかしながら、その迫力を感じていただけるのはなんといってもピッチ脇です。
ボールが壁沿いの滑る、壁を叩く音、選手同士のぶつかり合い、キーパーやコーラーの声、コーチが叩く壁の音。その音を近くで聞いてみて欲しいのです。

本大会には全国から12チームが参加し、4つのグループに分かれて戦います。
第一日目の今日はAコート、Bコートそれぞれ6試合が行われます。
二日目の明日は順位決定戦が行われます。
サッカーをいつも観ている皆さんなら、各チームの戦い方や選手の技術に関心を持たれることでしょう。
私の注目は3月のフィアットカルチョでスペイン代表チームを敗って優勝した「たまハッサーズ」、大会5連覇を狙う「F.C.Avanzare」そしてフィアットカルチョでは連合チームでしたが、スピーディーなパスサッカーを見せた「松戸ウォリアーズ」でしょうか。
これ意外のチームにもそれぞれ優れた選手がいて、その発見が楽しみになるでしょう。
明日は9時から、決勝は14:20からになります。
府中アスレチックFCが登場するエキシビションマッチは14時から。

そしてもうひとつ、明日は小平でFC東京U-18のクラブユース選手権大会関東大会の試合があります。対戦相手はエスペランサユース。午後3時から。こちらの方に行ける方はぜひご観覧ください。

私は午前中から田んぼの学校のボランティアがありますので、終わってから小平は間に合わないのですが、ブラサカの決勝には間に合うかもしれないと思っています。
明日はまあまあの天気になるようです。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-06-09 15:36 | サッカー

アウェイの風景

朝礼はありますか。
社訓を唱和したり、経営方針を唱えたりしますね。ユニークな朝礼で注目を集めている会社もあります。
私の勤めている会社でも朝礼は重要なものとされていて、毎朝元気な声がご近所に轟くわけですが、その毎日のプログラムには社員が順番に一人ずつスピーチをするというのもあります。社員の表現力を高めるために良い試みと思います。
今朝は私の番でした。テーマは「いま一番行きたい所」

私の場合はいついかなる時も「次の試合がある場所」そこが一番行きたいところです。

ラウンド16を終えて、選手もスタッフも100数十人のサポーターも帰還しました。
今年のACLの舞台では、もう次の国、次の町へ行くことはありません。
FC東京の歴史に大きな一歩を刻んで、私たちの挑戦は一旦終わりを告げました。
爽やかな思い出を残したブリスベン、敵意に似たアウェイ感に包まれた北京、国内のような気軽さで行った蔚山、ホーム飛田給、国立。
そして広州・・。

中には初めての海外旅行がブリスベンだった、広州だったというファンもいました。

私たちはクラブが行くなら、どこへでも勇気を持って赴くでしょう。これからも。

勝利と敗北を分かち合うために。アウェイの風景を胸に刻んで強くなるために。

次の試合は23日の味の素スタジアムでのセレッソ戦。
そこからまた挑戦を始めましょう。


こんなことを朝礼で話しました。
テーマが何であっても結局はサッカーの話にこじつける人として有名です。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-06-01 17:53 | FC東京