<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

加油!FC東京

見応えのある良い試合は人々を幸せにする。

26日の対浦和戦の後に私たちはそれを肴に酒を飲んだし、食事をする間にも話し込んだ。
頭を枕に沈める瞬間まで、その試合から派生したもののために高揚していた。

そしてその試合は関係する人々にも良い影響を与えた。
この試合の素晴らしさを伝えなければという思いが、エルゴラの川端暁彦や泰良和彦、東京中日の占部哲也、トーキョーワッショイメルマガの後藤勝、J'sGoalの馬場康平に見て取れた。おそらく言葉が湧いて出るという幸せな状態だったに違いない。

もちろん質に拘る両チームの監督、選手の力が大きいのだが、スタジアムの雰囲気を作り上げた東京と浦和のサポーターの寄与も多いに喧伝されて良い。
そして、アウェイのサポーターにも十分な席を用意した上で慎重に気を配って運営に務めたスタッフにも私たちは感謝をするべきだろう。

私たちは似ていると後藤勝が言う。
「サッカーの内容やフットボールクラブ文化へのこだわりという点でも、Jのどこかのほほんとしてぬるい空気とは異なるピリッとした雰囲気を求めている辺りはかなり近い」
そう言えばJリーグ3大めんどくさいサポーターと言えば1位浦和、2位鹿島 3位東京だと何かで目にした。

山椒のようなピリッとした雰囲気を好むのは前の社長さんの影響も大きいと思う。
浦和は今でもマスコット立入禁止を貫いているらしいが、東京は御存知の通りサポーターの多くはドロンパにぞっこんだ。しかし骨抜きにはされていないということは既に証明されていると思う。
浦和はいつまでその孤高を守るのだろう。

今期のJリーグの試合の中で白眉の出来と言われる試合はこのような条件があったからこそ成立した。

これまでと同様、自分たちのスタイルを貫いて、日々小平で精進し進歩し、次の機会には更にゴール前の怖さ、迫力を増して勝利へと繋げたい。

さいスタのビジター席は意味なく狭められている。白熱した試合を展開するためにもぜひビジター席を広げて貰いたいと思うのだが。

試合は選手、審判、サポーター、運営スタッフ全てで作り上げるもの。
そしてそれは片方だけでは決して成立しない。

さて、今日の広州恒大戦では真っ赤なサポーターが強烈な応援を繰り広げると聞く。
しかし、恐れることはない。
我らの友人たちは必ずやその状況も楽しんで、「おおーすげー!でも、さいたまの最盛期の方が迫力あったぜ」とかなんとか言いながら、笑顔で(ここ大事)東京のサポーターの意気地を示してくれると思っている。

加油!FC東京!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-05-30 15:38 | FC東京

浦和戦勝ち点1

浦和戦はスポボラでした。
やはり特別な一戦をじっくり観戦したい人が多いのか、エントリーが少なく、人手不足感がありましたが、一人がいつもより1.5倍力を発揮しよう!とモチベーションを上げました。

いつもより多い警備のスタッフが移動していくのを見ると、浦和戦だということを意識します。
何も問題なく終わるようにとスポボラとしては願うのですが、一ファンとしては赤い人達が大暴れするくらいに勝ってほしいわけで・・・

ファンクラブテントでの活動は元気なこどもたちが来てくれるので、楽しい持ち場です。
選手カードはナオさんでしたので、お子さんも親御さんも「あ、ナオだ!」「わー」と顔を輝かせてもらってくれるのが嬉しいですね。
キッズクラブのカードはお子さん本人にしか差し上げられませんので、体調が悪くてお子さんが来られなかったとおっしゃる親御さんも毎回いらっしゃるのですが、残念ですが差し上げられません。その日の選手カードはその日にしか貰えないので、残念なのはわかるのですが・・。
クラブサポートに入っていただければどなたにも選手カードをさし上げていますので、ぜひ入会をご検討ください。
カードホルダーを忘れた場合でも住所と名前を記入していただければ、カードをお渡ししていますので、ぜひテントにお立ち寄りください。

前回は来場するお子さんが多かったので、草民のカードが足りなくなり、引換券を発行することになりました。
このところ感じるのはFC東京のスクールに通っている子が増えたということです。スクールはスクール生用のカードホルダーなので、分かるのです。
ホルダーの名前にもつばさ君やしゅうと君を見つけて、いつか東京の選手カードを集めた子どもの中から、トップチームでプレイする選手が生まれてくるのかなぁと思いを馳せました。

ゲームの方は今度こそ浦和から勝利をと強く念じていたのですが、引き分けに終わりました。
決定機は東京の方が多かったので、そのうち一つでも決めていればと思うと、結果に満足することは出来ませんが、誇りに思っていい試合だったと思っています。
終盤、東京のファンの声が浦和を圧倒していた時間帯に逆転できていれば、死んでも良かった!(比喩ですから)
あのスタジアムに身を置いていたこと、ボランティアとして微力ながら運営に協力できたことを幸せに思います。

恒例のごみ回収。コンコースで赤い人達に声をかけ、ごみを回収しましたが、ビブスがなければ顔がこわばって出来なかったかもしれません。赤い流れの中に青赤ユニで立っているのはなかなか無い経験です。嫌な思いは一回しかしませんでした。たくさんの人達がごみを手にしてコンコースまで出てきていましたので、アウェイ側でもそれほど多くのごみは無かったのではないでしょうか。
むしろ一部の東京ファンのエリアのごみが目立ってました。

ベガルタ仙台でのホームゲームにボランティア参加したスポボラさんの話によりますと、仙台ではボランティアスタッフが最も多い時には1試合あたり200名にもなったそうです。
東京は多い時でも100名ほど。伸びしろは十分にありますね。
クラブが強くなるということは全てで強くなるということでしょう。まだまだあなたの力を必要としている私たちのクラブにいろいろな面で力を貸してください。
c0068891_9404032.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2012-05-27 09:52 | FC東京

ファンの冥利

鳥栖は見事でありました。
相手を褒めるのは自らのためでもあります。相手の強さを認めるのは気持ちのよいことです。こういう時は。
ナオさんが、2失点してみんな帰ってしまうのではないかと思ってスタンドを見た・・そんな心配をさせるなんて残念なことです。
試合の真っ最中にtwitterでグズグズと繰り言を発信している人、面白いですか?
しっかり目を凝らして、選手ががっかりしていないか、自分の周囲が落ち込んでいないか、まだまだこれから最後まで諦めずに戦う準備は出来ているかチェックして、自分にも心の緩みを許さずにすぐさま声を出す、手を叩く、出来る事をやりましょうよ。ファン、サポーターでしょう?
私も大丈夫とは言ったものの、2失点目はきつかったですよ。でも選手は諦めていなかったでしょう?
一昨年のように途端に狼狽えるような姿は無かったですよね。

スタジアムの多くのファンは気持ちを立て直して、後押しを開始しました。ですので、ここで言っているのは一部の人達のことです。でも例えば次のような例も実際ありました。
こんな試合はつまらないと吐き捨てて、帰りたがらないこどもの手を引いて帰ったお父さんに言いたい。
あなた、お子さんにどんな時も最後まで諦めるなと言ってあげられますか?
私もかつてリードされるとぐずぐず言い出すこどもに、何度も何度も言いました。最後までわからないから、選手も頑張ってるから。でもそのまま負けてしまうことも勿論ありました。そういう時は、次があるからって言うしかありません。みんなそうですよね。
鳥栖戦のような展開の試合が10回あったら、9回は負けてしまうかもしれない。でも10回目には怒涛の攻撃でひっくり返す歓喜の瞬間がやってくる。それを信じないとファンもサポーターも親もやってられないのよ。そのたった1回で十分報われるでしょう?好きでやってるんだもん。
そうやっているうちに、1点や2点取られても負ける気がしないチームになります。
選手が諦めない限り、自分たちから腰砕けになるのはやめましょう。
選手がヘタレそうになったら、一層強く支えましょう。

あの苦しさを一緒に乗り越えたじゃないですか。

スタジアムの雰囲気を変えることは私たちに出来る大きな仕事です。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-05-22 17:20 | FC東京

海外初観戦だった~海辺と街なか編

今回の韓国遠征が韓国初入国とともに、初海外遠征であったわけだ。
せっかくだから、勝ちたかったけどね。
15日 19:10発 デルタ航空639便で出発。このルートはホノルル~釜山を成田で乗り継いで行けるようになっている。
HISのツアーなので搭乗するときに顔見知りの方々にご挨拶。
年季の入ったデルタ機での旅は乗務員の大雑把さも気にならずそこそこ快適。
21:30頃釜山到着、同じツアーでもホテルが3箇所に別れているので、それぞれの町へガイドさんとともにバスで移動。
他の2つのホテルは釜山だったが、私たちは海辺の海雲台(ヘウンデ)グランドホテル。ヘウンデは空港から1時間弱の夏には海水浴で賑わう、最近では住宅地としても人気の街。
夜到着して、下調べしてあったホテル近くの24時間営業の庶民的な定食屋兼居酒屋のような店へ。
c0068891_735665.jpg
店名グモンカゲ。地元のサラリーマンや家族が入れ替わり立ちかわり訪れる、親切なおばちゃんがいる安心感のある店。
c0068891_7393578.jpg
まずはキムチチゲ。ビールは最もポピュラーなhite。軽いビールだった。日本人はとりあえずビールだが、韓国人は焼酎だ。焼酎も小さい瓶で提供され、割らずに飲んでいる。日本のものよりアルコール度数は低く、日本酒くらい。
c0068891_749081.jpg
そしてテンジャンチゲ、味噌味で納豆が入っているチゲ。日本人には特に人気がある。小皿の様々な料理はおかわり自由。しかし、ハングルは全く見当がつかないし、聞いてもチンプンカンプンだ。

c0068891_6541948.jpg
宵っ張りの韓国人に倣って深夜まで飲みかつ食い、ホテルで休んで翌朝・・ホテル周辺はこのような綺麗な砂浜が続く。
c0068891_6562969.jpg
遊歩道を散歩した。
c0068891_659852.jpg
道々地元の方と思われる人々も見かける。こういう所に住んだら朝の散歩は日課になるに違いない。

c0068891_7305435.jpg
散歩の後は街へ。パラダイス免税店と若い人向けのファッションビル「スポンジ」を覗いて買い物をしてからヘウンデサンセット市場、よくわからないが市場といえば食べるものがあるに違いない。
c0068891_758515.jpg
やっぱりテンション上がるよね!市場は。揚げ物屋さん。
c0068891_841100.jpg
八百屋さんだぜ~ワイルドだろぉ(ごめんなちゃいw)
c0068891_882366.jpg
揚げ物屋さんはあっちにもこっちにもある。後述するような理由で食べられなかったのが返す返すも残念でならない。
c0068891_810432.jpg
キムチ屋さん!!買いたい~買いたいよね~
c0068891_827677.jpg
魚屋さん。鯖や太刀魚、貝類が並んでいる。
c0068891_8285866.jpg
肉屋さん、ほとんどが塊。スライスはばら肉。
c0068891_8313460.jpg
これはあまり日本では見かけない光景。肉々しいのだ。
c0068891_8333851.jpg

マーケットの中のマーケット。こういう所が大好きで、ずっと居たくなる。2泊3日では足りない。ハングルをもっと勉強しておくんだった。
c0068891_837893.jpg
どこで食事をするか決めかねていると、おばさんが話しかけてくる。しかし全くわからない。おばさんが近所の少し日本語がわかるおばあさんを呼んでくれた。刺身や魚の料理があり、美味しいということなので入った。
c0068891_8403523.jpg
左からホヤ、ワカメ、巻貝
c0068891_8421674.jpg
蟹がごろごろ入っているスープ
c0068891_8432676.jpg
刺身来た!わさびと醤油ももちろんあるが、コチジャンをつけて葉っぱで巻いても旨い。しかし。。。
c0068891_8455541.jpg
魚のから揚げは撮り忘れた。これは茹で蟹。どうしてこんなに来るのかわかっていないのだ。完全に間違えたようだ。刺身の単品に例によってキムチなどの付け合せがいくつか来るだろうという予想は全く外れた・・・
c0068891_8492529.jpg
鍋まで来た~必死で食べたが食べきれない。助けてくれーー。このあとチヂミまであるというのでテイクアウトにしてもらったことは言うまでもない。ビール何本か頼んで、これで一人2,300円位。
c0068891_8533220.jpg
マシッソヨ(美味しい)おなか一杯過ぎて揚げ物は食べられないよ。(続く)
[PR]
by inadafctokyo | 2012-05-20 09:01 | FC東京

アウェイ2連勝

新潟(2-0)、札幌(1-0)と2連勝!

新潟はリブリで観戦。札幌は未見です。

実は母が入院していました。ちょっと危ない時期もありましたが、なんとか乗り越え、昨日退院しました。

退院はしたものの以前と同様の生活ができるかどうか不安はあります。そろそろ無理かなと思っていたことが現実になりました。

もう一人で週末を過ごしてもらうことは無理なのでしょう。当分遠方のアウェイには行けないでしょう。

勤めと病院通いといろいろな心配事と・・。なんでもないようでも気がついたら疲れていました。

それでも一人ではないので、妹や兄夫婦、娘も直接間接に助けてくれて、有難い限りです。

さて、新潟戦はその内容において選手たち自身が手応えを感じた試合でした。
でも、そんなにうまくとんとんとは行きません。
札幌戦は得点シーンの美しさと対照的にその後は一方的に押し込まれてしまった試合だったようです。
好調のナオさんの怪我もあり(誕生日だったのに)、手放しでは喜べない試合になってしまいましたが、あの梶山のゴールは何度観ても楽しい。

ポポさんが梶山を評価してくれるのも、マスコミに取り上げられるのも嬉しい。

みんなが待ち望んだ東京の10番の本当の覚醒が始まるのでしょうか。

長い間文句ひとつ言わずに(あ、少しは言った。中には相当言った人もいるw)見守ってきた私達に大きな大きなプレゼントが贈られるのでしょうか。

選手の成長が一番のプレゼントですよね。


ところで、週末は厳しくても平日は妹に来てもらえるので、予定通り韓国には行くつもりです。
今後、なかなかない機会ですから楽しんで来たいと思います。とは言っても最近になってガイドブックを買って、まだざっとしか見ていません。どうなりますか。
まあ試合さえ見られて、あとは空き時間でおいしいものを食べられればOKです。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-05-13 18:54 | FC東京

雨に歌えば

豪雨のなか、国立で観戦されたみなさんお疲れ様でした。
風邪が悪化したり(うちのダンナ)、携帯をポケットで水没させたり、ポンチョ着ててもびしょびしょになったりしましたが、楽しかったですね。

千駄ヶ谷駅に到着すると、既にブリスベン・サポーターが賑やかに集まっています。
昨日の写真を見ていただけるとその雰囲気がわかると思いますが、ビールを飲み笑い話し、歌いと実に元気で明るい!
彼らの写真を撮らせてもらうとコアラを頂きました。
c0068891_11564568.jpg

ブリスベンの監督さんが東京のサポーターのことをファンタスティックと言ってくださったのですが、彼らも十分にファンタスティックで数は少なくとも、ずっと元気でした。

試合の方はたかひで先生、むっくん、カズマ×2の4ゴールをあげた東京がラウンド16への進出を決めました。
試合前にゴール裏からの「シュート打て」「意地見せろ」コール、久々の先発出場のむっくん。
サブにも河野や重松が入り、リーグ戦での嫌な流れを断ち切ってやれ!という思いがスタジアム全体を包み、雨を跳ね飛ばす勢いの数々のチャントが響きました。
ゴールした場面ではスピードのある展開が見られて、これまでのもやもやが払拭されました。

不用意な失点シーンはあったものの、雨中で気合の入った戦いを見せ勝利を掴んだ選手とサポーターの交歓がいつまでも続く国立でした。

試合後は明大前のリブリに立ち寄りましたが、リブリ常連の東京ファンが連れてきたブリスベンサポーターが本当に素敵でした。
c0068891_12235679.jpg
この人達は二人ともジェームスです。そしてなんと二人とも22歳。どう見ても左のふっくらしている彼は年上に見えます。これは試合のリプレイを見て、2点目が入ったところで大騒ぎしています。
負けた試合でこれだけ盛り上がれるのは偉い。
右のジェームスくんは簡単な日本語の単語や数を覚えて、東京ファンの年を当ててみようとしたり、慎吾ママの歌を披露したり、とってもサービス精神満点。
このあと、彼らが連絡したブリスベン・サポーターが押し寄せ、リブリは大層な賑わいに。
私達が帰った後も延々と宴は続き、タクシーでホテルへ向かったブリスベンサポは日本のタクシー料金の高さに恐れいったことでしょう。

オーストラリアのクラブと対戦して良かったですね。
彼らのなんでも楽しもうとする積極性、明るさは見習いたいものです。
今期もリーグ優勝して、来年もACL挑戦が決まっているとは言え、自分のクラブが負けてもこんなに楽しむことができるかなと考えると、断言は出来ないのですが、相手のサポーターに何らかの良い印象を与えられるファン・サポーターでありたいと思いました。

中国や韓国相手には簡単には片付かないこともありますが、機会があればこうした交流を持ちたいですね。
ハングルをちょっと勉強してみるか・・・・泥縄もいいところだがw
[PR]
by inadafctokyo | 2012-05-03 12:39 | FC東京

welcome!

c0068891_18223297.jpg

久しぶりに心から楽しくなってきた!

雨でも槍でも降ってこい~

行くぜ!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-05-02 18:22 | FC東京

切り替えた?

参ったわね~

デジャブって言うのは、初めてだけれども既視感がある出来事やモノについて言うのだけれど、確かに見たわよ、このシーンって言うのは・・・。

あの失点シーンも、刻一刻と試合終了の時が近づき、有効な手を打てずに敗れ去る瞬間を待つっていうのもかなりぞっとする体験ではあった。

がっかり感とやるせなさの二重奏。

足早にスタジアムを後にして、我が家で調布会。
日本酒一升瓶1本、四合瓶1本、ワイン5本、ビールありったけあけてやったぜ~ワイルドだろ?憂さ晴らしだぜ~

試合とは関係なしにそれはそれで楽しい宴ではあったのですが・・・

なかなか観客動員数の落ち込みから回復できていないJリーグ。東京も例外ではなく、晴天の土曜だと言うのに22,405人、開幕国立の柏戦35,453人に遠く及ばない。そしてこの日観戦に訪れた人のうちでどれ程がまた見たいと思ってくれただろうか。もちろん清水ファンでなく。

観客動員数をあげようとビジネススタッフが頑張っていることはわかる。
子供たちやキャラクター好きの人たちのためにドロンパ露出作戦もあれこれ手を変え品を変えて、登場している。
でも、それも肝心の試合内容が良くなければ虚しいだけだ。

ただ、この人がこう言っている。
「今季は、ピッチの上に立ち続けることで、喜びや怒りや、辛いこともひっくるめてチームといろんなことを経験したいし、それをまた積み重ねていきたい」
J'sGoal 月間MIPインタビュー

そう、まだこれから十分な時間がある。それぞれのチームとはもう一度戦うことができる。

私たちはもっと強く選手をサポートできるはず。
先制されたら怯んでしまったのは選手だけではなかった。
さあ、切り替えて、戦う準備はできていますか?

明日はACL ブリスベン戦、何はともあれ国立へ!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-05-01 18:57 | FC東京