<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

代表戦やらJ2党やら業務連絡やら

日本代表戦もあったわけですが、いろいろ追いつかない私です。
ああいった試合は難しいといえば難しい。それぞれの音色は聞こえたけれど、アンサンブルはどうだったか。ナオにとっては物足りない結果となりましたが、東京でまた「らしさ」「良さ」を大いに発揮してもらいたいですね。それにしてもナオの代表ユニはなんとも言えず嬉しかった。もう少し時間があれば・・。

それに先立つ21日に阿佐ヶ谷ロフトで「燃えろJ2党!」が行われました。
第5回目ということでしたが、いつもは深夜に行われているマニアックなJ2ファンが集うイベントだったようですが、今回は第一部では昇格した町田と松本山雅、第二部ではFC東京を取り上げたこともあって、80人超のファンでぎっしり。
c0068891_23102898.jpg

司会は福岡サポーターのフクヤンとロフトの人。福岡は盛大に復帰を歓迎されていました。一部では町田ゼルビアのブロンソンさんと松本山雅のサトルン(ウルトラス松本・関東支部)さん、そしてホンダロックの総統も。
c0068891_23181715.jpg
この人です。以前に後藤勝さんのメルマガにも登場していたお姿を拝見して、一体なんだろうと思っていたのですが、本人に会えましたよ。40過ぎてこのお姿、立派ですね~。
本来ならばJへの門番としての存在感を示したかったところですが、いまひとつ調子が上がらず、町田にも山雅にもただの守衛として、どうぞどうぞと通してしまったとか。ダンボールで工作したJの鍵を両チームに贈ったそうです。
J2ネタで色々面白い話が聞けましたが、ちょっと長かったかな。
町田のブロンソンさんの話として、東京の三つ目のクラブではなく、町田になくてはならない存在になりたい。という言葉が印象に残りました。でも記念すべきJ昇格して最初の試合が野津田でなく駒沢ということで、さんざん突っ込まれていましたよ。
c0068891_23321245.jpg
さて、第二部はFC東京の名物社長であった村林裕さんが登場です。
この写真には出ていないのですが、昔からの知り合いということでホンダ総統も加わったこともあって、深い話が聞けました。
実はホンダ総統の勤め先はFC東京の株主だそうで、株主総会にも出席されているとか。東京の株主総会は予定調和ではなく、厳しい質問を繰り出す株主とそれに応酬する村林さんとのやり取りは面白いらしいです。

サポーターがあまり理解があると、外と戦わなくなる、煽られていろいろ出来るようになっていく、という村林さんの言葉は創世記の東京の数々のエピソードを思い出させてくれました。
「警察でもどこでも謝りにいけばなんとかなりますよ。」

村林さんがサポーターを怒ったのは、おとなしすぎると思ったとき、これはダメと言った替え歌を歌ったときくらいだそうです。
替え歌はあれかな?田舎でも~っていうやつ。最近は歌わないですね。
チャントやコールの内容については、ウイット、洒落なのか侮辱なのかはぎりぎりのところがある。相手クラブに怒られることはよくある。社長が謝ればいいこと。

最初のソシオは740でした。それが10倍以上になったわけですね。
村林さんはその740人を大事に誇りに思っているし、同様に今のソシオの人数にも喜びとプライドを感じるとともに目標はもっと高いところに置いていたはずです。

このイベントはUstで公開されましたが、中継を切った部分もありました。差しさわりのない範囲で報告します。
味スタでの試合運営には大変な経費がかかります。特にシミズオクト(シミスポ)に支払う金額が並ではない。場内場外の人員配置に警察から指示があって人数が決められるわけですが、1試合あたり千人くらいが配置されます。そんなに!と私も吃驚しましたが、スタジアム周辺の道路や建物の入り口などにも配置されるんですね。
今年もスポボラ頑張ります。

村林さんが熱を入れて語ったのは下部組織についてでした。
椋原の世代は14人のうち7人がプロになっています。
椋原健太、大竹洋平、廣永遼太郎はFC東京トップチーム、井澤 惇(ヴァンフォーレ甲府)、岡田翔平(サガン鳥栖)、宮阪政樹(モンテディオ山形)、田中奏一(ファジアーノ岡山)と大学を経由してプロになった選手たちをもずっとサポートしてきたファミリーの一員だと言いたいのではないでしょうか。丸山祐市もジュニアユース出身です。
クラブと学校の関係についても話が及びました。特定の大学とうまく行っている様に見えることはあるかもしれないが、それは何か約束があってのことではなく、入った選手たちが頑張って結果を残してくれて築けた関係。
それにしても様々微妙な問題はありそうです。
会場からの質問にも答えて、第二部は終了となりました。このあと第三部もあったのですが、遅くなりましたので、わたしは途中で失礼しました。

第三部では今期のJ2順位予想をしたのですが、私はなんの疑問もなく1位京都、2位札幌と堂々と書いた用紙を提出してきました・・・・。

個性的なサポーターたちのクラブへの責任感や愛情に共感したり、以前と変わらぬ村林さんのクラブや東京サポーターに対する愛情も感じられて、楽しいイベントでした。
もう東京が取り上げられることはありませんが、また覗いてみたい企画です。でも深夜は難しいか・・・。

さて、今日は都庁前でキックオフイベントがあります。東京大マラソン祭り
こちらに参加されてから、明大前リブリにどうぞ。
青赤なオフ会では組織的で攻撃的で魅力的なオフ会を目指しています(笑)
いろんな話を聞いて、今期をより自立的に楽しめると思います!
(こじつけてみました)

いらっしゃる皆さんにお願いです。名札を用意していますので、会社で首から下げるような名札入れをお持ちいただけると助かります。

申し込みをしていなくても興味がありましたら覗いてみてください。
できればこちらのコメントに連絡を。
それでは。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-02-26 01:09 | FC東京

ya!ya!ya!東京weekがやってきた!

すみません、チャゲアスじゃありません。もっと古いんです。

3月3日のフジゼロックス・スーパーカップ、そしてJリーグ開幕を前に首都東京ではTOKYOWEEKが開催されるんです!

25日:フットサルパライーゾ国分寺プレゼンツ FC東京ペーニャ交流会
国分寺徒歩4分のフットサル パライーゾ国分寺でFC東京の各ペーニャ、またファンのグループの対抗フットサル大会です。スタッフも参加。詳細はこちら

26日:第6回青赤なオフ会 18:00~
明大前のリブリにおいて行われる恒例の東京ファンのオフ会です。毎回多彩なゲスト、またユニークなファン、サポが集まります。これまでのオフ会の様子はこのブログの右下にある「以前の記事」それぞれの年の2月をみていただけると嬉しいです。昨年のオフ会
申し込みはリブリ、またはこのブログのコメントで。

27日:エフシートーキョー vs 東京23 バンキシャ対決!!
同じくLIVREで、FC東京を追いかける後藤勝さんと東京23の公認ライター石原遼一さんがこれからの東京のサッカーシーンを熱く語ります。
詳細は上記のLIVREのページで。


3月2日:吉祥寺青赤計画-FC東京 2012シーズンを大予想

多目的スペースの吉祥寺キチムで川上つよし、後藤勝、前田治各氏が今シーズンを予想。
詳細はこちら

これはちょっと今までにはなかった動きではないでしょうか。以前から言っている、自分の場所でどんどんやっていこうよっていうことが出来つつあるのではと嬉しく思っています。
今期は東京がもうひとつ上のレベルへステップアップできる年になるのです。
わたしたちもしっかりとサポートしながら、大いに楽しみましょう。飲みかつ食べながら!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-02-18 00:47 | FC東京

酒、米、人

毎年この時期に恒例となっている大地を守る会の「大和川酒造交流会」
喜多方の大和川酒造で大地を守る会の会員と原料米の生産者と蔵人が交流して、絞ったばかりの酒を飲むこの会は今年で16回になる。
c0068891_22423837.jpg
喜多方は雪に包まれていた。
いつもは、何も無ければ、この世の極楽ツアーとリピーターにより命名されたこの交流会は、酒大好きの大人たちと雪大好きの子どもたちの笑顔が炸裂する宴であるのだ。そこになんの憂いもない。だがしかし、今年はいつもとは違った。
それは昨年の3月、200年以上地元の米と水で酒を造って来た大和川酒造が、その蔵の伝統を途絶えさせてしまうのかと不安を覚え、日本一旨い米を作ると日夜努力を怠らなかった須賀川・稲田の生産者が、今年は米を作れるのかと呆然とした震災、それに続く原発事故があった。
しかし、躊躇う間もなく、米を作るために、酒を醸すために彼らは動き出す。須賀川の稲田稲作研究会では、専門家を招き放射能汚染を防ぐための手立てを探り、出来ることは全てやった。例えば田んぼへのケイ酸カリウムの散布は、稲のセシウム吸収を抑えることに大きな効果があった。また田んぼ一枚毎に稲の生育にあわせて細かくデータを取っていった。
大地を守る会のオリジナル純米酒「種蒔人」の原料米は須賀川の稲田稲作研究会が無農薬で作っている。昨年は放射能対策に追われ、酒米を無農薬で育てることは出来ないと判断し、稲田では苗を育て、その苗を大和川酒造の自社田で栽培をした。
水や米の検査はきめ細かく行われた。
それを可能にしたのは7月に大地を守る会から研究会に貸し出された放射性物質測定器「NaIガンマ線スペクトロメータ」だ。大和川から何度も検査のために稲田に水や米が運ばれた。
c0068891_23402221.jpg
そして、今年も新酒を絞ることができた。
c0068891_23523147.jpg
米を磨き
c0068891_2355560.jpg
水を吸わせ、蒸かし
c0068891_23561781.jpg
麹を作り
c0068891_23573913.jpg
発酵に必要な酵母を育て、その酵母に蒸し米、麹米、水を3回に分けていれて仕込む。
c0068891_043189.jpg
どんなに技術が進み、機械が導入されようと人に及ばないところはある。お酒の神様松尾様も見守っている蔵の仕事。
c0068891_0114977.jpg
大和川酒造北方風土館での宴会
c0068891_0124544.jpg
心づくしの料理の数々。身欠きにしん、馬刺し、牛ステーキ、天ぷら、数の子入りひたし豆、黒豆、粕漬け、小つゆなどなど。そして絶品の蕎麦。
c0068891_0173549.jpg
須賀川の稲田稲作研究会のみなさん。福島にわたしはできるだけの寄付をしたが、届けたかったのはお金だけではなくて、どんなときも一緒にいるよという気持ちだった。
c0068891_0251814.jpg
大和川酒造の佐藤社長さん。喜多方は被害が少なく、震災後すぐにありったけの一升瓶に仕込み水を詰めて、県内の被災地に届けた。福島・会津を蹂躙した原発への怒りは大きい。
c0068891_028154.jpg
様々な困難がありながらも米を収穫し、酒を醸すことが出来た。そこには決して生産者を孤立させまいとする大地を守る会の働きがあり、それを支持しすぐさまカンパに応じたたくさんの会員がいた。
今年の「種蒔人」は関わるみんなの強い思いがこもった酒になった。たくさんの人に飲まれ、たくさんの人を繋いでいってくれることを願っている。
また来年、ここで会いましょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-02-13 00:44 | 大地を守る会

青赤なオフ会なんですよー

いまだにと言おうかなんと言おうか、周囲にはサッカーファンと聞いただけで海外有名クラブの名前やヨーロッパで活躍する選手の名前を挙げる人がいる。そういう人は決して珍しくないのかもしれない。
その人たちの目には自国で日々繰り広げられているサッカーは映っていないだろうか。

バ ルサがどうしたシャビがこうしたというような話を向けられても、私はたいてい詰まらなさそうな顔をして「海外サッカーには興味がない」と言うだけだ。もっ と詳しく言うなら「あなたたちのようにサッカーというコンテンツを消費するだけということには関心がない。わたしはそれでは物足りない。」
こんな感じの悪い言い方は滅多にしない。心の中では思っていても実際に口にするのは稀である。
もちろん、わたしだって素晴らしいわくわくするようなサッカーは大好きだ。国内、海外に関わらず。
しかし、時間もお金も限られている中で、そこまで楽しむ余裕もないのが本当のところ。見下すような態度の括弧付きサッカーファンにはついつい感じ悪くしてしまう大人気なさは反省しなければとは思っているのだが。

私がそういう人たちにももっと感じ良く対応して、味の素スタジアムや他のJリーグの会場に足を向けさせるようにするべきか?そうかもしれない。でも私にはもっとやるべきことがあるように思う。
要するに、そういう人たちにも無視できないものとしてJリーグがあれば良い。日本代表が存在感を示せば良い。
そして、わたしはそのために、クラブの一員としてクラブの成長・発展のために出来ることをしていく、わたしの態度はこうだ。
ファン・サポーターはクラブの一員だと社長は新体制発表会で話した。
みなさんはクラブの2015ビジョンを見ただろうか?2011ビジョンを総括して、今後やるべきことを打ち出している。ここだ
それを見れば誰にでも自分の立場でやることが見えてくる。
天皇杯優勝によって、フジゼロックス・スーパーカップ、そしてACLに出場する。3ヶ月で20試合、その中には勿論オーストラリア、中国、韓国でのアウェイも含まれる。
まったく初めての経験。スタッフの日記を読んでもその準備に既に走り出している。
ホームでの試合ではアウェイチームの練習場所などの手配は全てホームチームがやることになっている。
また、ACLの試合を運営するに当たっては細かく決められていることがあり、企業名の表示は特に厳しく制限され、味の素スタジアムに掲げられた味の素の名前はマスキングしなければならないことなど、いつもとは全く違う準備に人手もお金もかかる。

今シーズンに向けて私たちはこの状況を多いに楽しみながら何が出来るのか。
いつも以上にわたしたちの力が問われていると思わないか?

そんな思いを胸に今年もやります。
第6回青赤なオフ会@LIVRE
2月26日(日)18時~
ちょい早めなので、隣のべトナム料理屋さんからケータリングをお願いすることにしました。
なのでお一人1,000円頂くことにしました。遅くやってきた方は考慮します。

ちっちゃいことは心配しないで来てね!
今年も多分いろんな人がやってくる。ゲストも来る。元気を持ってきてくれ、熱を持って、気持ちをもって、愛を持って、気楽に来てください。人見知りもお馴染みもお久しぶりもぎゅーーってするよ。

待ってる~。

早めに行くよっていってくれるといろいろありがたい。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-02-10 23:54 | FC東京

多摩川クラシコトークバトル~~

・・って大してバトルにならなかったけど・・それは中西哲生さんの出演のせいでもある。どうしても解説者になってしまうので、東京と川崎で熱い火花を散らすという状況にはなりにくいのだ。
仲良くクラシコを盛り上げましょうという2時間だった。もちろんそれはそれで良いのだ。
c0068891_10385289.jpg
ウエルカムドリンクも東京サポには青赤で。味はカキ氷のシロップ・・
c0068891_1051336.jpg
応援番組からMX魂のジョナサン、川崎の番組からも女子が。
c0068891_10524585.jpg
川崎からは中西さんと佐原さん、東京側はフジと加賀見が。加賀見はちょっとふっくらしたので、会場とニコ動の書き込みに盛んに「石川遼」に似ているという声が聞かれた。久しぶり~。2月から東京のスクールを離れ、サッカー関係の会社で仕事をしているそうだ。
c0068891_11125874.jpg
FC東京カラーのリゾットということでドキドキしながら頼んだら、トマトソースにちょっと青っぽいソースがかかっていただけで普通だった。もっと毒々しいものを想像していた。

まずは、 2011年を振りかえって、東京のJ2と天皇杯の優勝について、中西さんは序盤負けた方が修正できたので結果良かったと。
フジは司会者から調子が悪かったときに何かアドヴァイスしなかったのかと聞かれ、「僕は信じていた。僕だったら引退した人間に言われたくないと思うだろうから、何も言わずに信じていた。」と実にフジらしいコメント。
加賀見は「僕たちの頃に比べると、スター選手の集まりのようなものだが、後半は非常にまとまっていた。それが良い結果につながった。」
J2の時の対戦に話が及ぶと、有名な松本育夫監督の「誰かに合わせてくるぞー」という指示に両サポーターから「あたりまえだろー」と突込みが入った話や、育夫さんとクマさんの熱さゆえの可笑しさの共通点などでみなの笑いを誘った。
佐原さんは印象に残るゲームとして、東京在籍時の等々力での今野が退場になった一戦を上げた。1-0の勝利が決まった瞬間、選手がばたばた倒れこむほどの激闘。わたしも忘れられない。佐原さんがキャプテンだった。
c0068891_1146053.jpg
ここで真剣なバトルが。第1回のウイイレ対戦では0-0の末のPK戦で東京の勝利。東京の選手は加賀見と二郎くん。ゲームはまったくやったことがないが、見ているだけでも面白い。本当の試合を見ているようだったのはプレイヤーが上手かったからかも。

ここでみんなで選ぶ多摩川クラシコ版ベストイレブン!
c0068891_11563645.jpg
中西哲生さんの選ぶベストイレブン。前線にタレントが多い歴代川崎戦士の中からチョンテセと我那覇を選択した。
c0068891_11595583.jpg
加賀見の選んだメンバー。必ず自分を入れることという縛りがあるので、自分の後ろにサリと長友を配して安心感を増した布陣(笑)
c0068891_1214591.jpg
佐原ヒデさんの選ぶメンバー。このポイントはイケメンバックwなかなか強そうなメンバーです。
c0068891_1232678.jpg
そして我らがミスターのベストメンバーの注目は佐原藤山のCB。佐原とは非常にやりやすかったと言っていた。カボレも迷ったけど、この間お茶飲んだからルーカスを選択。このメンバーは支持したい。
c0068891_1264345.jpg
ツイッターでベストイレブンを募集していたら、応募してきたチョンテセさんのベスト。本当は来たかっただろう。w
c0068891_12144651.jpg
ここで思わぬバトル発生w川崎サポーターのベストに東京サポ間から「えー」という声が。その心は?と問う司会者に対して「森~~」という一際大きな声(あたしか?w)それに対して、また川崎サポから激しく不満な反応が・・・www
c0068891_12182297.jpg
東京サポーターのベストイレブンには笑いが。だって外国人が5人。らしいですよね~。このメンバー、どういうサッカーになるのだろう。
c0068891_12253963.jpg
ファン感謝デーの挨拶で「東京が好きになっちゃいました」と言ってくれた佐原。その気持ちに変わりは無いかと聞かれて、11年川崎にいて、東京には2年いた。それでこんなに好きになるとは思っていなかったと真面目に答えた。ヒデさんの記憶に東京の良いことばかりが残っているのなら、わたしも嬉しい。
c0068891_12301199.jpg
今期のクラシコに望むことと聞かれて「勝利すること」と答えたジョナサン。いいよーーー
c0068891_12312396.jpg
第2回ウイイレ対決。初めてのフジと久しぶりの佐原さん。1-1の末にPKで川崎の勝利。仲良く1勝1杯と星を分けた。
c0068891_12335668.jpg
さまざま異論はあろうと思うが、わたしの知る限り女性は佐原さんが大好きだ。一度小平で接してみると、みんなやられちゃう。佐原さんは自分を見ている視線やカメラや自分を話題にしている人などは決して無視しない。ごく自然に反応する。時にお茶目な表情で、目が語っている。磁力がある。それをどうこう言うことは出来ない。いいものはいいってだけ。
現役を退いて、今はスクールコーチをしていて、お母さんたちに大人気だそうだ。それはそうだろう
ただ、思ったのは選手時代よりもオーラは薄まって、素になってちょっと控え目な素敵な人になっていた。なるほどと思った。
フジは逆だ。今のほうがオーラを感じる。東京の藤山でいた間はそんなにアピールしなかった。自分を象徴するナンバーの入ったユニフォームを脱いで、スーツになって、これまでなかったシチュエーションの中で、自分を理解してもらう、知ってもらうために表現しなければならないと考えて、積極的になった。
二人とも素敵だった。
加賀見も大人になったなと感慨深かった。新しい職場でも成功するように祈っている。
ところで、佐原ヒデさんは2時間の長丁場で最後のほうは集中が切れていた(笑)

予定のプログラムが終わって、打ち上げタイム、スタッフや両サポーター入り乱れての交流会。フジが最後まで残ってくれて、たくさん語り合った。フジ、いつか東京の監督にっていうその思いはフジ一人ではなく、わたしたちみんなの夢でもある。しっかり進んでいってほしい。残った人たちで集合写真。
c0068891_1341343.jpg



ここで付け足しのようにお知らせ!

第何回目かの青赤なオフ会開催決定!!
2月26日 18時~ 明大前LIVREにて! 新しいシーズンに向けてみんなで盛り上がろう!
ゲスト調整中。

お申し込みはリブリのぞのさん、ここのコメントでも!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-02-05 13:14 | FC東京