<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

それぞれのホーム最終節

昨日はそれぞれのホーム最終節を迎えた各地の様子をツイッターやJ'sGoalが、またスカパーが伝えていた。
柏では「やってやれ」のコレオがスタンドに描かれ、甲府では「大好き甲府 戦え甲府」の横断幕が、そして福岡では田中誠や山形辰徳への愛惜の念に溢れたメッセージがスタンドを彩るそのさ中、FC東京サポーターは喜作に並び続け、ツイッターのタイムラインにはソーセージ盛り画像が満載されたのだ。
蝗恐るべし、感動的な幕切れよりも憤慨する品切れが最後まで私たちには相応しい。
この日、400キロを準備したと言われる喜作のソーセージ、盛り付けるバイトさんたちの不慣れもあってか食べつくすには至らなかった。キックオフぎりぎりまで並んでいたことを考えると、もう少し手際が良ければ完売も可能だったのではないかと思われる。いや、別にいいんですけどね。

ホーム最終節はスポーツボランティアで締めくくった。
降格を機にボランティアを始めたのだが、お客さんを迎える側の立場を知ったことはこれからのファン生活に大いに役立つことがあると思われる。
思っていたよりずっと多くのことが1試合のうちに行われている。オフィシャルサイトやマスコミなどを通じて私たちが知るのはその一部でしかない。運営やイベントについて感じた疑問や不満が解消された部分もあった。
何よりたくさんのスタッフが力を合わせて試合を運営していくことの凄さを強く感じることになった。

たくさんの人たちが立ち去りがたく残っていて、ごみ収拾は遅くなったが、笑顔で帰る皆さんを見送ると、このシーズンの意味を改めて思った。

降格に意味はないと思っていたが、意味あるものにするのはスタッフや選手、そしてわたしたちファン、サポーターに課せられた任務だった。
今年、商店街の人や職場の同僚、時々観戦に訪れる友人などから、FC東京への期待の高さを感じる言葉を何度もかけられた。1年で復帰するのは当たり前で、J1で今後はしっかりと結果を残して欲しいというような言葉だ。
首都のクラブで、いい選手もいるじゃないですか、名前に相応しい活躍をして欲しいという言葉の数々。

このクラブに甘さがあったとしたら、それは私自身の認識の甘さでもあったと思う。
ついついわがクラブの不甲斐なさを笑いで誤魔化してしまう。
雑草のはずだったのに、苦労知らずのおぼっちゃん、大店の三代目、いつの間にかそんなキャラクターになっていたのかも。そしてそれでも可愛いわけだが。

今期、選手は本当にいい経験をしたと思う。うまくいかない時に自分たちで乗り越えたという自信は今後のサッカー選手としての人生に必ず役に立つだろう。
そして大熊監督の数々のコメントからはこのクラブへの深い愛情と責任感が感じられた。
後藤勝さんのメルマガで省略のないコメントを読むことができて、良かったと思う。

さて、次節の札幌は今期最終節、TLにはジンギスカンが大量にアップされることになるだろう。壮大な卒業記念宴会を心から楽しむことが出来るように、昇格をかけて全力で向かってくる相手にいいゲームをして勝利して欲しいもの。

まぁ、内容がいまひとつでも我慢して機を見て勝つという昨日のゲームからも成長は伺えた。
なにかしら見せてくれるかなと楽しみにしている。
c0068891_1146412.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-27 11:54 | FC東京

鳥取遠征 その2

スタジアムに到着しました。
c0068891_12435539.jpg
そりゃもう、フードコート!こちらも楽しみにしている人が多いが、迎えうつ方もどんなイナゴが来るのやら、ほんとに凄いのかな・・と楽しみにしておられますよ。
c0068891_12454592.jpg
ユニフォームスポンサーにもなっている白バラ牛乳!鳥取が誇る高品質の牛乳として有名です。白バラコーヒー牛乳は他県では幻とまで言われているとか。残念ながらスタジアムでは牛乳を飲むことはできませんでしたが、この牛乳のメーカーである大山乳業のバウムクーヘンもブースで販売していたので、お土産に購入。ふんわりして後味の良いクーヘンでした。ホールを1個だけ買ったのですが、もう1個買えば良かったと思いました。白バラのブランド名はその花言葉「正直・純粋」「私はあなたに相応しい」から。
c0068891_1315171.jpg
あははは、ハムとか肉とか並ぶよね~。大山ハムは美味しいのはわかってる。でもとにかくおなかがいっぱい!ビールだけ飲みました。このフードコートの模様が地元のニュースで流れましたね。知り合いが喋ったり歩いたりしていました(笑)
c0068891_13204981.jpg
鳥取のゆるキャラマスコットは名前もゆるいんです。トリピー。
c0068891_1324316.jpg
しばらく来ることもないかもしれない。こじんまりしたスタジアム。知った顔ばかりですが・・。  
c0068891_13252626.jpg
ゴール裏は傾斜もあまりなくて見にくいかも。
c0068891_13303757.jpg
前夜からやや緊張気味でしたが、適度に抜けたころあいです。選手たちはいかに。
c0068891_13345597.jpg
風船がバックにも回ってきました。♪げ げ げげげのげー 青赤軍団昇格だ うれしいな たのしいな 鳥取遠すぎる~ ホテルは満室だ (一部改変しています)
c0068891_13481751.jpg
そしていつものことですが、ゴールが決まったところは全く撮れていません。5点も入ったというのに1枚も・・・。これは2点目、ルーカスがゴール裏に駆け寄った場面。
なんとか東京にひと泡吹かせたいと練った鳥取の策も効果なく、5-1で試合終了。その後は様々な動画投稿サイトでご覧になられた通り、昇格決定の写真撮影やら挨拶やらパフォーマンスが繰り広げられたのでした。
c0068891_13531880.jpg
シオが挨拶するんだと思っただけで泣けてきました。苦しかったよね~。振り返ると短いようで長い長いシーズンだったなと思えました。もっと嬉しいかと思ったのですが、やはりほっとしたという気持ちが大きくて。おそらく味スタでそして札幌で感情が弾けるのかもしれません。
c0068891_13551852.jpg
「J1復帰」のボードはサポーターによって味スタに持ち帰られます。ホーム最終戦でご覧いただけると思いますので、ぜひお運びください。

最後に、こころよく迎えそして送りだしてくださったガイナーレ鳥取ととりぎんバードスタジアムの関係者のみなさん、ファン、サポーターのみなさん、本当にありがとうございました。
バスに乗り込む私たちへ向けておめでとうございますと声をかけ、拍手で送ってくださったことはずっと忘れません。
今後の健闘をお祈りしています。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-22 14:06 | FC東京

鳥取遠征 その1

c0068891_1344415.jpg
明大前に集合しました。24時!延々本当に10時間、ちょい強面の運転士さんはロスタイムなしでぴたりで合わせてきました。プロですね~。バスは飽きました。せいぜい京都大阪くらいですね。外はずっと雨だし。
c0068891_1384313.jpg
鳥取に着いてもやはり雨。他に行くところもないので砂丘に行ってみました。
c0068891_131007.jpg
あ、あの上まで行くんですか?まじですか?そうですか・・・
c0068891_13113591.jpg
上に登って海を臨んだところ。下まで行く?いや、いいです。
c0068891_13132124.jpg
戻りますよ~、蟹食べに行きますよ~
c0068891_132726.jpg
蟹ですカニです、見りゃわかります。酢の物、刺身、天ぷら、茶碗蒸し、鴨ロース、色々あって、もうお腹いっぱい!しかも東京ではありえないお得な料金のお店は みさき屋 かに本陣 でした。来年行けないのは残念です。
c0068891_13364112.jpg
因幡の白ウサギと麻布生まれ小平育ちのタヌキの図
c0068891_1338878.jpg
あら、こんなところで「大黒さま」(笑)いつぞやはお世話になりました。
c0068891_13394813.jpg
町をぶらついていると、こんなところに戸が!!危ないじゃないですか!
c0068891_13433148.jpg
駅まで戻って、バスでスタジアムへ。バス待ちの列にはいつものあの人が!!

というわけで、その2へ続きます。

天気はいま一つでしたが、砂丘も海も蟹も素晴らしかったので、機会があればまた行きたいと思いました。
昔登った大山も紅葉の美しい山でした。深田久弥選出の日本百名山にも数えられています。
今回はバス往復20時間ゼロ泊でしたが、ゆっくり訪れたいところですね。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-21 13:55 | FC東京

あの日々を忘れるな

帰りのリブリバスの中で、選手のコメント、監督のコメントを読んで、改めて大変なシーズンだったなと。
うまく行かなくなった時にどうするか、どうやって組織をまとめ機能させるか。
上の言うままではなく、自分たちで話し合って解決の糸口を見つけるように、選手だけでのミーティングを社長が今ちゃん、ナオ、ゴンちゃんを呼んで提案した。そこからかつてないほど選手同士で話し合うという習慣ができてくる。
選手会長のシオはピッチ内外での規律やルールを厳しく言ってきた。例えば、その一つが例のソータンが怒られた、音楽を大きな音でかけないというような事だったろう。その一事(ルール)が正しいかどうかではなく、ルールを皆が守るという事が大切だったろう。私も今なら良くわかる。でも若い頃は真っ先に反抗するような人間だった。実際、若い選手とはシオも喧嘩になったらしい。
結局のところ、こういう事は結果で証明して行くしかない。

「J2で学んだことは、僕が言うのではなく、個人個人であると思います、絶対に忘れてはいけないことが。それを持ってJ1に向かってもらいたいと思います」
試合後の監督コメントを読んだときに、昇格したら退任というのは既定の事なのかなと思った。

クマの言うように、人は忘れっぽい。自分には甘い。
苦さ、痛さを忘れずに進んでいって欲しい。

さて、楽しかった鳥取遠征については明日。写真とともに。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-20 23:24 | FC東京

もうすぐ卒業します

アウェイの横浜FC戦、同じくアウェイの湘南戦、そしてこの天皇杯3回戦(対神戸)この3試合は今季を振り返った時に、私にとっては重要な試合になるだろう。

昨年、大事なところで勝てなくて、力が足りなくて東京は降格した。同様に苦労していたけれど、私たちを勝ち点2上回って残留した神戸。
わたしたちに足りなかったものがあった神戸に、今度はどうしても勝ちたい。

前節でやっと残留を決めた神戸とは言え、やはりJ1のチームだった。
試合を見ていて楽しいと感じた。ここへ戻らなければ、と選手もスタッフもファンも強く思ったことだろう。
これまで積み重ねてきたことを信じてやり切ると決めた全員の高い集中力と冷静さ、最後まで諦めない気持ちが最後の最後に勝利を手繰り寄せた。

まだ道は途中ではあるが、道がちゃんと続いていることは分かった。そんな試合。

昨日、出かける前にこれを見ていた。
2000 FC東京 その1

がんばってたなぁ~

一生懸命だったなぁ~

そんな感慨を抱いた。もちろん、誤解されては困るが、今が頑張ってないとか一生懸命さが足りないとか言うつもりは全く無い。

わたしたちは新しい玩具を与えられた子どものように無我夢中で遊んでいた。
あんなことは一回こっきり。

あの頃の気持ちに戻りたくて、昨日はいつものバックスタンドではなく、ゴール裏の一番端で声を出した。
掌が痛くなり、久しぶりにがらがら声。

勢いでLIVREバスツアーで鳥取も行くことにした。
♪東京から車で10時間 鳥取 鳥取

ここまで来ると1試合1試合が大事、来季に向けてできるだけたくさん何かを掴んでいきたい。

そしてわれらを迎え討たんと鳥取では・・・
ニュースです!

いろいろと頑張ろうw


※試合後、ゴンちゃんが泣き崩れていたのは、神戸の朴と接触して怪我をさせてしまったからということだったのね。大したことがないと良いが。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-17 16:05 | FC東京

長いお別れ

結局、水戸戦での昇格は決定しなかった。しかし、ほぼ手中に収めたと言って良いだろう。
ナオのコーナーからヒデトのヘディングでの先制点、セザーのスーパーな追加点は夜になってLIVREで見た。

土曜は通夜、日曜が告別式で遠方まで出かけていた。

私の父親は家庭人としてはまったく出来の悪い夫であり、父親であった。家族はみな彼のわがままと癇癪と身勝手の被害者だった。
私は理想の結婚観も夫婦像も描けないまま大人になった。それは兄妹も同じだったろう。

そんな私たちを赤ん坊のころから可愛がり、世話を焼き、ずっと心にかけていてくれたのがMさんだった。
私たちの子供のころの写真はすべて写真を趣味としていたMさんが撮ったもので、それがなければ写真など学校以外には1枚も無かったに違いない。

父のもとでずっと仕事をしていたMさんはやがて独立し世帯を持ったが、引っ越しても度々顔を見せてくれ、私と妹は夏休みになるとMさんの家に遊びに行った。
そこでの田舎暮らしは今でも強く印象に残っている。
田圃の畦道を鷺を追って行ったこと。近くの農家に卵を買いに行ったこと・・・。

私が成人してからは良い酒飲み相手ともなり、父が亡くなってからは父親代わりとも言える存在であり、家族ぐるみで今でもお付き合いがある。

そのMさんが突然亡くなったと報せがあったのが先週のこと。70過ぎてからは具合が悪いところはあったが、今日明日にどうなるとはご家族も思っていなかった。お互いに今度のお正月に会えるのを楽しみにしていたのだ。

周囲がどう思おうと、準備が整わなくても、それはある日突然やってくる。

日本酒が好きだったMさんは地元の米で地元の酒を造る会にも参加していて、毎年自慢の地酒を正月にふるまってくれた。
精進落としにはその酒が回ってきた。
どんな時もわたしのやること、選択を認めてくれ、前向きなことばをかけてくれたMさん。
娘の進路を報告に行ったときも、娘を励まし、自分自身の修業時代の辛さを語ってくれたMさん。
あの日も私は帰り道、涙が止まらなかった。

親に求めて得られなかったものをMさんにたくさん頂いた。
今となっては返せるものは感謝の気持ちしかない。わたし自身がMさんのように誰かの支えになりたいと思うばかりだ。

Mさん、ありがとうございました。

この世に生まれてきて、不思議なものが縁というものだ。地の縁、人の縁、自分の力だけではコントロールできない縁の有り難さを若いころは疎かにしがちだ。
でもいつかきっと気づく、あなたを支えてきた人がいるということに。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-16 14:12

今日で昇格決定か?

本日の水戸戦は東京都民銀行デーということで、オリジナルタオルマフラーと缶バッジが先着15,000人に!

そして、かつてないほどの規模でフードコート「青赤横丁」が開催され、東京特産のグルメや物産がラインアップ!
中でも一押しは東京都地域特産品認証食品の納豆、みそピー、佃煮だ。

これは都内産の原材料を使用している加工食品や東京の伝統的手法など生産方法に特徴があると認められる食品を、「東京都地域特産品認証食品」として認証しているもので、東京の昔ながらの食卓を髣髴とさせるものだ。
遠忠さんの佃煮は絶品で、あさりやあおやぎ、生海苔、あさくさのりなど、東京がどれだけ深く海と密接に結びついた生活を送ってきたかも偲ばれる。
ごはんが進むことは勿論、これで酒を飲む口福というものを大人なら味わってほしい。

初めての試みではあるので、不備、不手際があっても大目に見て欲しい。

さらに他会場の結果次第では、今節で昇格が決定するかもしれない。
浮き足立ったり、緊張しすぎることなく、きっとしっかりした戦いで自分たちの力で昇格を決めてくれると思う。

スタッフも気合が入っているらしく、昨日は「こう戦う」が3回も送られてきた。一度目と二度目はリンクの貼り間違えだった。落ち着いていこう(笑)

昨年の後半からの長い日々を振り返ると、昇格を決めるその瞬間を思うだけで泣けそうになってしまう。

それなのに、この試合は参戦できない。

最高の雰囲気の中で昇格が決まることを祈っている。

帰りはできればリブリに寄ろうかな。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-12 08:50 | FC東京

福島でいも煮を頂きながら涙ぐむこともあった

3月11日の東日本大震災、そして福島第一原発事故発生直後から大地を守る会は被災した生産者、生産地への支援、消費者への安定した商品供給に全力を尽くしてきた。
特に放射能対策については3月23日の時点で、自主検査体制を築くことを発表している。

今のところは国の基準を超えたものについては出荷しないということに責任をもち、今後は独自の流通基準を策定するために、自主測定体制の確立、測定技術の習熟をめざし、立ち止まることなく動き出している。

そして4月から高感度のシンチレーション・サーベイメータによる青果物全般、一部加工品の検査を始めた。(青果物は毎日、全品)
また「子どもたちへの安心野菜セット」は核種ごとの測定が可能な高精度検査機器「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」による検査を、また子どもが食べる頻度が高いと想定される商品に「ゲルマニウム半導体検出器」を使用している。

その結果をホームページで公開している。

生産者の方もただ手をこまねいているわけではないので、これまで問題になる生産物はなかった。
ほとんどが不検出、検出された場合も非常に低い値となっている。

これまでも大地を守る会は会員に対して情報公開を徹底してきた。
この場でも何度も言ってきたが、有機栽培は簡単ではない、生産者は研究熱心で大地もよくサポートし、信頼関係を築いてきた。
有機栽培の場合は土地が豊かなせいか、セシウムなどが作物に吸収されにくいという結果も昨日NHKのクローズアップ現代でも言われていた。

それでも、東北、北関東、特に福島の農産物への注文は減ってしまっている。
大地を守る会の会員であっても・・・

そんな中、「福島と北関東の農家がんばろうセット」を取っている消費者が福島わかば会の生産者と交流を行った。その5日の模様。
c0068891_16585768.jpg
いつもこの時期に生産者が集まっていも煮会を行っているが、今年はがんばろうセットで応援してもらっている消費者を招待しようという趣旨で声がかかった。いも煮は各地域毎に作り方が違うとかで4種類はあったかな。大好きなイカ人参や漬物、おこわ、BBQなど大変な歓待を受け恐縮するが、遠慮なく食べかつ飲んだ。
c0068891_17121857.jpg

場所は緑水苑という広大な敷地を有するレジャー施設で、ここも地震、原発事故以来利用者が激減して経営的には打撃を受けていると社長さんから伺った。
c0068891_17192919.jpg
紅葉が美しかった。
c0068891_17195897.jpg
私たちはがんばろうセットを取って、なんとか消費を増やして応援しようと思っているのだが、同じテーブルの生産者からは「がんばるだけ頑張った。もうがんばれと言われてもこれ以上は・・」というような声も聞かれた。
c0068891_17223242.jpg
紅葉がきれいな分、ちょっと切ない。
c0068891_17235718.jpg
地震からこっち、心が休まることはなかったろう。私たち以上に辛い気持ちを抱えてきたに違いない。少しでも元気になれれば。
大地のスタッフが挨拶をしながら涙する場面もあった。ずっと産地のことを思って、苦しかったに違いないよ。

野菜とお米を商売ができるほどたくさんお土産に頂いた。本当にありがたい。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-09 17:33 | 大地を守る会

我慢について考えた試合

試合前に昨年も訪れた熊澤酒造のトラットリア「MOKICHI]へ。
昨年の様子はこちら
料理やビールはもちろん古い蔵を利用した店内や庭の素晴らしさにぜひまた訪れたいと思っていました。昨年は夏で今回は秋ですが、木々の瑞々しさは変わらず、心身ともに寛いで食事を楽しみました。
c0068891_13534570.jpg

c0068891_13545242.jpg

地場のものを生かした魚介や肉や野菜。どれも素材にしっかりとした主張があって、調理はそれを引き立てるもの。来年は試合のついでにというわけには行かないのが残念ですが、機会を作って出かけたいと思う店です。

ビールもワインもソーセージもピザも美味しく頂いて、競技場に行くことを忘れそうになる瞬間を乗り越え、この食事より素晴らしい展開が待っていると信じて平塚競技場へ向かいました。

競技場を取り巻くフードコートも充実して、もうお腹がいっぱいなのは残念でした。
c0068891_14145953.jpg
牛の乳しぼり体験をしていました。
c0068891_14155771.jpg
かわいい子牛。

雨も結局時折パラつく程度でした。ピッチ上は涼しくて良かったでしょう。
c0068891_14185948.jpg
困難に見舞われた時こそのサポーター。梶山、高橋、今野、その上当日になって徳永までもが欠場という事態に、応援のし甲斐があると思ったのは私だけではないでしょう。
c0068891_14233777.jpg
青と赤って美しい。(反論は受け付けない)
c0068891_14252217.jpg
先制点!
クマが言っていたように、使わないと良さが出ないから、決める力はあるからと途中出場で使い続けたセザーが2得点。本人もクマも嬉しい結果です。
c0068891_14274245.jpg
2点目のアシストをした北斗を押しつぶす仲間たちの大きな喜び。この日のヤザーと北斗の諦めなさは凄かった。他の選手に与える影響も大きかったですね。
c0068891_1430188.jpg
クマさんはがまん強い人です。ですから、セザーがボールを失う、追わない、そのことで文句を言うよりも良さを引き出してやれ、足りないところは他の人間が補ってやれと思っていたのですね。
選手の力を信じて声援を送る、私たちにも問われていることです。

こんなプレゼントがあるのですから。

我慢というのはそもそもは高慢や奢りなどと同義の言葉です。それがいつの間にか耐え忍ぶこと、忍耐することなどに変化を遂げた理由には諸説ありますが、本来の意味からすると我慢にはまず我をコントロールすることからということになりましょうか。
無闇に角を矯めてしまっては、良さも消える。角は必要な時だけ、身内に向かわないように、時に報われれば思いきり発散することで、また前向きにもなれる。

試合が終了したのは夜と言うにはまだ早い6時。しかし周囲は柔らかい雨にぬれた暗さに包まれ、一斉に人々はバスへと向かいます。
余韻を楽しみながら家路につきました。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-07 15:27 | FC東京

それぞれの思い

羽生さんがいかにも私が好きそうな事を言っている。
そのコメントはこの試合をよく表していた。

「うまくいかない事をきっちりと受け入れて、一人一人が、今自分が出来る事に全力で立ち向かった。」

そうだ、確かに。そうした試合だった。

だから、私にとってはある意味では素晴らしく納得の出来る試合だった。

2得点をしたセザーの思い、初先発をして、90分出場し、勝利をつかみ取った下田、25試合ぶり先発のジェイドの思い、1年振りの先発でキャプテン・マークを腕に巻いたナオの思い、悔しい気持ちを持ち続けた北斗の思い、そうした仲間たちの思いを感じていたメンバーの思い、今日のメンバーを選択して送り出した大熊さんの思い、全てが90分に凝縮していた。

細かい事を言えば切りがないが、勇気が湧いて来る気がするよ。

下田くんは本当に嬉しいだろう。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-11-06 23:44 | FC東京