<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いいもの見たな~ 横浜戦

国立での横浜FCとの対戦。
選手紹介ではカズにも拍手が起こり、交替で退く時にも東京ゴール裏からはカズ・カズ・カズ!とカズコールと拍手が送られた。
草民がそんな様子をちらっと見ている写真がどこかにアップされていた。
草民にはまだ、その重さがもしかしたらわからないかもしれない。でも、この日のことはずっと覚えていてほしい。

横浜はヴェルディに7点献上して負けた試合よりは立て直して見えたが、全体的には良いところを発見するのが難しく、岸野さんのチームとしては物足りない内容だった。

1点目は梶山がジャンプして降りたところにボールが来たような・・・コーナーを蹴った矢澤が偉い!
最近はこれまでと違ってコーナーキックがチャンスになるのである!

羽生さんがトーキョーワッショイのインタビューで語っていたように、「一辺倒にならないように、深さと幅を大事にして、そこから崩せるようなイメージ」をもった攻撃が功を奏して、2点目、3点目が生まれた。

この日初めてスタジアムを訪れた人にも、選手たちは鮮烈な印象を残していたようだった。
c0068891_1435131.jpg

国立って席と席の間が狭くて足もとに傾斜はあるし、階段は滑りやすいしカップホルダーは無いし、売店もいまひとつ、ソシオ入場口がひとつしか無いからナビスコ決勝みたいに並ぶし、でもまぁそれ以外はなんとなくいいよね。
c0068891_14373751.jpg
今日も可愛くて元気いっぱいのチアさんたち。
c0068891_1440079.jpg
あなたがまたぐのを見られて今日も良い日だと実感した。
c0068891_14415545.jpg
知り合いの息子さんがエスコートキッズに。むっくんと手をつないで入場!なーんて羨ましい。ずっと覚えていてね。(本当は塩田を希望していたのだが、この日は怪我のため権田が出場。)
c0068891_14444739.jpg
「点が入る前に8,9人が集まって、ああしようこうしようと話した。」(羽生さん)それが結実した。
c0068891_14481974.jpg
「枠飛ばせ」コールは ”かっ飛ばせ”って言っているのかと思った。ホームランホームランヤザワって続くのかなって。矢澤はああ見えて繊細らしいから、羽生さんがそう言うなら、外しても気にしなくていいよって言ってあげた・・いや知らん顔しておいた方がいいかもしれないな。
もちろん、みんなシュート外す以外は貢献度が高いって分かっているのだが。

さて10/19のアウェイ横浜戦では「勝たなあかん!シート」が募集開始
お弁当、お茶、監督・コーチスタッフのサイン付き。

チケットは購入しましたか?
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-27 14:59 | FC東京

さようなら原発5万人集会

明治公園は人がぎっしりと詰まっていた。もし定員というものがあればとっくにオーバーしている。
日本青年館前もたくさんの人で溢れかえり、公園内に入りきれない人は公園の外周を埋め尽くしていた。どんなに警察が少なく発表したくても、5万の人が集結していたのは間違いない。それが主催者が発表するように6万だったとしても決しておかしくはない。ゼロ歳の赤ん坊から戦争をくぐり抜けた人まで、あらゆる年齢層、生活圏の人々をそこで見ることができた。
気持のある人々がすべて集まれたわけではない、集まった一人ひとりのその後ろにはさらに多くの人がいる。
私も非力は承知で福島の仲間の思いをたくさん背負って出かけたつもりだった。
c0068891_1133385.jpg
日が照ったり陰ったり。日差しがきつく風もあまりないので、1時間ちょっとの集会の間も水とうちわが欠かせない。
c0068891_1134157.jpg
エリアはA,B,Cと分かれ、個人参加、市民団体、組合関係と入り乱れて花畑のようだ。あくまでも私の印象だが、普通の大きな集会と違って、大手組合がでかい顔をしていない。
c0068891_11352270.jpg
制服向上委員会のみなさん、「ダッダッ脱原発のうた」を披露した後、会場内でステッカーを配っていた。
c0068891_12434625.jpg
舞台に近いところには福島から参加した500名ほどの人たちが。
遠くから臨む大江さん。

原発の電気エネルギーなしでは偉大な事業は成し遂げられないと申す人々もいられます。それは嘘であります。原子力によるエネルギーは必ず荒廃と犠牲を伴います。

今まさにはっきりしていることは、イタリアではもう決して人間の命が原発によって脅かされることはない。しかし、私らは、私ら日本人は、これから更に原発の事故を恐れなければならないということです。
 私等はそれに抵抗するということを、その意思を持っているということを、先のように創造力を持たない政党の幹部とか、また経団連の実力者たちに思い知らせる必要があります。

最後に大江さんは私たちに向けて”しっかりやりましょう”と呼びかけられた。
私は心の中で大きな声と決意をもって、はい!と答えた。


集会では福島の武藤類子さんの発言もあった。
3.11以後の大混乱の中で張り巡らされた安全キャンペーンと不安のはざまで、悩み悲しみ、半年たって彼女らがわかったと言うのは・・

・真実は隠されるのだ
・国は国民を守らないのだ
・事故はいまだに終わらないのだ
・福島県民は核の実験材料にされるのだ
・ばくだいな放射性のゴミは残るのだ
・大きな犠牲の上になお、原発を推進しようとする勢力があるのだ
・私たちは棄てられたのだ

私たち福島県民は、故郷を離れる者も、福島の地にとどまり生きる者も、苦悩と責任と希望を分かち合い、支えあって生きていこうと思っています。

私たちとつながってください。私たちが起こしているアクションに注目してください。


会場の後ろに位置していたために、よく聞き取れないところが多く、発言のすべて及びほかの発言者については他の資料をご参照されたい。
c0068891_13225567.jpg
14時過ぎからデモの出発に備えてエリアごとに並び始めたが、一帯は人が増え続けるものの、少しも前には進まない。Aは渋谷方向、Bは原宿、Cは新宿方面へと分散して出て行くことになっているが、あまりにも人が多くいつまで経っても公園内の人数は減らないような気がする。
c0068891_13381525.jpg
気分が悪くなる人もいるのではないかと心配になる。
c0068891_13395562.jpg
ガス室に送り込まれる人の列・・なんてことを連想し出した3時過ぎにようやく出発となった。
c0068891_13415185.jpg
出発し出したとは言ってもラグビー場から青山高校あたりまではノロノロ前進。
c0068891_13431869.jpg
よくわからないと思うが、骨組みだけになった福1原発を段ボールで再現してかぶって歩く人。力作だ。
c0068891_13445541.jpg
あなたがいたら・・
c0068891_1346263.jpg
この日の発言者、山本太郎さん。ご自分がゴールした後は沿道で後からくるデモ隊に拍手を送っていらした。発言された落合恵子さんや大江さんたちは最初に出るので、早く到着して、最後の方に近い私たちとはだいぶ時間差がある。それでも大江さんと一緒に歩いたという思いは私の誇りだ。
大江さんはタクシーからデモの人に向けてメッセージボードを掲げてくださった。
c0068891_13494297.jpg
私たち渋谷隊は電力館の前を通る。シュプレヒコールにも力が入る。
暗くなりつつある代々木公園にNHK側から入って解散。
公園の売店のビールとたこ焼きで乾杯をした。

最後にもう一度、武藤類子さんの発言を。

私たちは誰でも変わる勇気を持っています。奪われてきた自信を取り戻しましょう。そして、つながること。

これから、ここから!
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-21 13:57 | 大江健三郎

さようなら原発

9月8日に日本青年館で「さようなら原発」講演会が行われました。
東京電力福島第一原発の事故を受けて、危機感を持った内橋克人さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、鎌田慧さん、坂本龍一さん、澤地久枝さん、瀬戸内寂聴さん、辻井喬さん、鶴見俊輔さんが脱原発を求める国会請願署名、そして19日の5万人集会を呼びかけました。
19日の集会では落ち着いてしっかりと話せないからと8日の講演会が準備されたのです。

全てを紹介することはできませんが、一部の発言を紹介したいと思います。、

大江健三郎さん
深い悲しみをたたえながらも絶望せず、前向きになろうとしている。大江さんは昔からずっとぶれていない。


家庭に事情があって、夜遅くは外出できないので、早い時間にしてもらった。
3.11の大震災以後テレビの前に座っていた。
NHKの現地を訪ねる番組で計画的避難区域の男性、自分の家の馬が出産をしようとしている。だから避難できない。草原を駆けさせてやりたいが、放射性物質が降っているので出来ない。
それは明るい昼間のことであったが、私には放射性物質の降る暗い夜の風景のように思えた。

起こってしまったことは、私の戦後の人生が終わってしまったことだった。
戦争が終わって民主主義になった。私は先生に、本当に軍備を持たないでやっていけるのだろうかと質問した。先生は「憲法には”決意した”と書いてある。戦争がなくなるとは書いていない。」

アメリカから再軍備の要請があったときにも日本人は憲法を変えなかった。憲法を作るときの自分たちを取り囲んでいた現実を覚えているから変えなかったのではないか。

福島原発は広島・長崎の規模を超えて大量の放射性物質を撒き散らした。敗戦直後に苦しい中にも新しい時代を指し示していたその時代は終わってしまったのではないか。

ノーベル賞をもらった時に、それに合わせて文化勲章はどうですかと文部省から問い合わせがあった。
戦後、全ての勲章が廃止された。それには意味があった。だから私はお断りした。
すると右翼の街宣車が、家の前でマイクで騒いだ。息子の光は音に敏感で非常に苦しがった。
神介さんが人に頼んだことを私の家内は自分でやろうとして、右翼の責任者に交渉に行ったが、残念ながら右翼は夕方までずっと大きな音で騒いだ。

世界9月号には「放射線との共存社会を前向きに生きる」という自信も被爆者で被爆医療に取り組んできた医師肥田俊太郎さんの提言が掲載されている。
そういう被害を受けてしまったなら、腹を決めなさい。その上で個人の免疫力を強める。衰えさせるような生活をしてはならない。そして何より放射線を出す元を断つことが重要。

ピアニストのチェ ソンエさんのピアノ演奏とおはなし
心から悼んでいる悲しんでいる憤っている表情と演奏が印象に残りました。


もう二度と戻れないかもしれないと思って、自分の家をあとにする人を理解できるでしょうか。
私は若い頃指紋押捺を拒否したために、出国したら二度と日本に戻れないかもしれないと言われ、留学を躊躇いました。2年間悩んだが、あなたが帰ってこられないわけがないという知人の言葉に勇気を貰い、留学しました。再入国はできましたが、永住権を奪われました。一人ひとりはいい人だが、国ということになると無情で過酷です。パブロ・カザルスは音楽よりは一人のこどもの命が大事だと言って、チェロをやめてしまいました。
・・・カザルスはスペインのチェリスト、指揮者。平和運動家としても有名。スペイン内戦時にフランスへ亡命したが、フランコ政権に抗議して一時演奏活動を休止した。
またチェさんは専門家については、このような比喩で表現しました。

演奏会で時に迷惑な音を立てる人がいます。レジ袋から何かを取り出そうとして、音を立てているのですが、それが周囲にも私にも聞こえている。音楽を聞きに来ているはずの場所で雑音を出すことに無神経な人というのは、不思議な気がしますが、それが専門家の姿ではないでしょうか。自分の目的だけに集中して、周りが見えない人です。


山田洋次監督
は「原子力の平和利用」という言葉を鵜呑みにしたことの悔しさとそれによって起こったことへの悲しみを語られました。

落合恵子さんは、いつも毅然としたかっこいい女性です。テレビの女子アナウンサーの窮屈さ空虚さを嫌い、ラジオに仕事の場を求めました。深夜放送で絶大な人気を誇り、女性やこどものための活動に力を入れ、原宿にクレヨン・ハウスを開きます。
この日は前半に詩の朗読、後半に講演でした。話すことの専門家であるとの印象を更に深めました。強い決意に心打たれました。

原発と核兵器は双頭の鷲のようなもの。原発があるということは潜在的な核保有国であるということと同じです。
1954年第5福竜丸事件、1979年スリーマイル、1986年チェルノブイリと大きな事故がありました。その都度、運動を起こしてきたのに、いつの間にか緩んでいた。自分の意識が緩んでいたのです。
アメリカのネイティブの人たちは、何か決めるときは7世代先のこどものことを考えて決めると言っている。私たちは今、ここに生きているこどもを追い詰めているのです。

私は権力と対峙してきました。でも、いま、権力が欲しいのです。福島のこどもたちを安全な場所に避難させることができる権力が。
いろいろな専門家の言葉がありました。私はもう信じない。今のこの状況を招いたのはその専門家です。私のヘアスタイルをどうして、そのような髪なのですか?と聞かれます。私の髪は怒髪天なのです。
人に頑張ってと言わない。一人だけに頑張らせない。あなたが、あなたも頑張ってください。


落合さんが自分へ向けて言った「いつの間にか緩んでいた」という言葉が私にとっても非常に痛いものなのです。
今、行動に移さなければ、今、疑問を疑問として懸念を懸念として表明しなければ、また大きな悔恨を味わうことになるでしょう。一番大きな影響を受けるのはこどもたち、若い人たちです。
福島で幼いこどもを抱えて不安に怯える親と私たちは繋がっています。
もうここで農業は出来ないと絶望して自ら命を絶った男性の息子さんは、田んぼを諦めずに稲を作っています。彼も私たちと繋がっています。

今日、9月19日 千駄ヶ谷の明治公園で「さようなら原発」5万人集会が行われます。
13:00から KOTOBUKI のライブ
13:30~集会 発言は大江健三郎、落合恵子、内橋克人、鎌田慧、澤地久枝、山本太郎、武藤類子
14:25~パレード(出発ライブ:ランキン・タクシー ナラカズヲ)

希望を持って歩きたい。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-19 02:16 | 大江健三郎

2戦連続大量点

愛媛0-5東京

いやー、この天気で初めてのスタジアムで慣れないピッチで、期待されててってどう考えてもプラスの要素がないような気がしてしまった。

愛媛の煽りが凄かった!
J2にいながらにしてJ1の興行が見られるんですよ、代表選手を擁する東京と試合ができるのは今年だけですよ、見逃さないように!とここぞとばかりに力の入ったプレゼンテーションに圧倒された。
大体、ビッグクラブになりたい、目指したいとは思った覚えはあるものの、ビッグクラブという言葉を向けられると、嫌味でもなんでもなく、周囲をきょろきょろ見回して「え?うちのこと?」と思ってしまうよ。

力を入れた観客動員だったけれど、大雨の影響で思ったほど伸びなかったかな。
ピッチは水溜りが出来てボールがバウンドするたびに水しぶきが上がる状態、あきらかに東京の方がやりにくそう。
また審判が不安定で、「僕が現役でもストレスが溜まる」と解説者が言うほどだったが、そのような条件もなんのその、先制したらうちは強いと選手が言うほどで、やはり先制点を奪ったら、みるみる余裕をもてるように。

結局、愛媛キラー?草民のビューティフル・ゴール、今ちゃんのゆりかごゴール、羽生さんらしいこぼれにつめたゴール、ルーカスのPK、そして永里のごっちゃんゴールと5点の大量点にリブリは何度も湧いた。

途中で交代したときの梶山がむくれていたように見えたのだが、あんまり表情ではわからない人だからな・・。
そうそう、梶山は優しい人なのにパスはサディスティックだな(笑)と今日も思った。

試合前の練習で塩田が足を怪我してどうなることかと思ったが、痛み止めを打って出場。ゼロに押さえてよかったが、これから痛みが出てくるのではないだろうか。草民も相手選手との接触で肩を痛めたようで、こちらも大したことがないといいが。

東京のチームとファンをいつまでもリスペクトしてくれる福田の元気な姿を見ることができて嬉しかった。
福田へのチャントも聞こえていたね。正直に言えばゴールも見たかったかな。勝ったからいえることだが。

苦手にしていたアウェイで派手に勝って、選手もスタッフも雨の中遠路駆けつけたファンも社長も機嫌よく帰ってこられるだろう。

気持ちいーい

スタジアムから駅までのバスはどうだったかのう

蛙はあまり飲み過ぎなかったかのう
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-18 01:25 | FC東京

いまさらながらの熊谷でのホーム栃木戦

順番が前後してしまいましたが、写真だけでも。
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場、入場者数 6,795人。いつも来ている半分以上の人が来れなかったわけで。
c0068891_1313221.jpg
外のフードコート。熊谷ホルどん。
c0068891_13283065.jpg
焼きそばは基本です。
c0068891_1492455.jpg
豚串です!
c0068891_14202957.jpg
豚串、やわらかくて旨かった。ホルどんはホルモンを入れた炒めうどんのことでした。美味しかったのですが、ホルが少なかったな~。そしてどれも値段は首都圏相場だった。
c0068891_14305551.jpg
入場待機列を尻目にビール飲みつつお喋り。ソシオ待機列がはけるまでに時間がかかりましたね~。
c0068891_14445275.jpg
スタジアム内のフードコート。こちらは韓国料理やブラジル料理の店がありました。
c0068891_14523621.jpg
台湾カキ氷というのは氷にもともと味や色がついているカキ氷のこと。これは氷にミルクが入っています。岐阜にもあったね。流行っているんでしょう。でも500円は高いと思うなぁ。チョコレートがけにしました。他にはイチゴやマンゴーなど。
c0068891_151166.jpg
ややや、向こうに見えるカプセルはなんぞ?
c0068891_1555544.jpg
特徴といっても特にこれといってないかな・・。
c0068891_15103086.jpg
本日のボールパーソンはこちらの方々。試合を集中して見ていて、ボールを追うのを忘れたりしていましたけど・・^^;これからもサッカーを楽しんでくださいね。色々な立場で。
c0068891_15161181.jpg
ご存知の通りゼロゼロで引き分けでした。元教員クラブの割にはえげつないなぁ。だからこそ1点を取って溜飲を下げたかったんですけどね。
もうすこし意外性が必要なんじゃないかと思いました。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-12 12:04 | FC東京

むっくんに胸きゅんw

おねえさんもおばさんもおっさんもみんなむっくんに萌えたよねー。
c0068891_9361120.jpg
逆転勝ちがそもそもいつ以来か覚えていない。2009年?
先制されたときはいや~な感じがしましたが、京都は先制したことで勢いに乗るっていうより、若干ぎこちなくなりましたかね。
c0068891_9495565.jpg
むっくんはJ初ゴールでだったんですね。今までに取ってるかと思っていました。たまたま入ったとインタビューに答えていましたが、ちゃんと足首から下をコントロールしてましたよね。味スタだからのびのび出来たと話していました。そう、むっくんはのびのびとやってる時がいいよね。誰でもそうだけど。
c0068891_1018435.jpg
モリゲのヘッドが決まる直前です。あんなにフリーにしちゃ・・
c0068891_10221063.jpg
草民のコーナーキック。草民良かったですね~。前節のMDPで徳永が「草民が今後チームの象徴的な選手になっていけば、このチームにもスタイルと呼べるものができるのかもしれない」と話していました。
c0068891_1033374.jpg
ナオのコーナーキック。坂田に出したパスはナオの優しさが詰まってました。
c0068891_1047745.jpg
ルーカスのハットトリックは嬉しかったですね。なんだかとても懐かしい感じがしました。
ルーカスが初ゴールもフリーキックでしたよと言っていたのは、2004年4月14日ホームのセレッソ戦。引き分けに終わっています。この試合に一緒に出ていたのは今ちゃんとナオだけです。徳永はサブだったのでしょうか。
次は愛媛ですか。色々忙しさに紛れ、手配が出遅れました。こちらで応援することにします。
みんなのびのびとやって欲しいですね。


※味スタ帰りに西調布の方から帰ると、途中で地元の人(面識のない方)に「今日はすごい勝ち方だったらしいですね~」と声をかけられました。地元っていいな。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-11 11:02 | FC東京

サプライズ!

昨日は某ホテルで年に一度の大きな会議がありまして、午前中からそちらへ行っていました。全従業員が集まる会議が終わると第二部はパーティーです。いつもは失礼して帰宅してしまうのですが、今回は上司がどうしてもというので参加しました。
来賓の挨拶やらなんやらはやれやれと思いますが、会場にはホッピービバレッジの赤坂ビールや生ビール、レモンハイ、生ホッピーがふんだんに!
それならいいやと現金にも杯を進めておりました。
c0068891_13511244.jpg
美味しかった。いっぱい飲んじゃった~。赤坂は発祥地だそうですね。
c0068891_13515157.jpg
若いすてきな社長さんですよ。頑張ってます。

優秀従業員の表彰が始まって、気楽に笑いながら見ていると、自分の部署が呼ばれ、へーっと思っていると、自分の名前が呼ばれましたよ。
うそー、全然聞いてない!
舞台に上げられてもまだ半分くらい信じられない思いでおりますと、さらにサプライズがありました。他の方の時はご両親やご主人がお祝いのメッセージをビデオで話されて、ほほえましく皆でみていたのですが、わたしの時は・・・そのスクリーンに映し出されたのは!!
 ナオだったよーーーーーーー!あはははは
私はあまりにも驚いて嬉しかったので舞台上をぐるぐる走り回りました。

本社のけっこう偉い人が小平まで出向いてくれたのですが、練習時間が終わり既にナオはシャワールーム。しかし、そこで諦めずにスタッフに事情を話すと、しばらくしてからナオが出てきてくれてメッセージ撮影とサインの要望に快くこたえてくれたそうです。

ナオさん本当に突然のお願いにありがとうございました。
台風の中、30分も待っていてくれたS本部長ありがとうございました。

めんどくさいからとあっさり断ったうちのだんな、ありがとうございました(爆)

興奮していてナオのメッセージをちゃんと聞いてないよ。みんなは「あんなにちゃんと話してくれるなんて」と感心していたので、ゆっくりビデオを見てにやにやしようと思うぞ。

ホッピーの社長さんともお話できて、また味スタで何かやってくれるそうで楽しみにしています。
また、来賓でいらしていた映像関係の会社の方からはFC東京にプレゼンする予定があるとかで、色々話を聞かれました。縁は異なもの。仕事関係も億劫がらずに顔を出すことも、たまにはいいことがあるんですね。多謝。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-07 13:56

がんばれ日本代表

さいスタで行われた男子代表のワールドカップ3次予選北朝鮮戦、そして中国で行われた女子代表オリンピック予選の韓国戦、両方ともテレビ観戦でした。

引き分けのまま終わるのかと思われたロスタイム終了間際に吉田麻也選手がヘディングで決めて、1-0で勝利。北朝鮮が非常にうまく戦ったという印象でした。チョン・テセを今ちゃんと吉田がしっかり抑えていたので、点を取られる感じはしなかったのですが、日本も外しまくり。代表でもこんなだから東京がアレでも仕方ないか・・なんて思ってしまったり。
アジアチャンピオンの日本に対して、相手国はいつも以上のモチベーションで臨んでくるわけで、厳しいプレスとブロックでしっかり守ってくる相手をどう崩して点を取るかは東京にとっても、課題なわけです。
苦しんでも最後の最後に決めるには、相手にとって想定外のことをすることも大切ですね。

それにしてもザックさんは呼んだらすぐ使うというのがいいですねー。交代のタイミングも良い様な気がします。

なでしこは笛が鳴るまではらはらしました。リードしているのに負けているような後半の戦い。
それでも2点を取って、粘って勝つのはさすがだと思いますが、やはりW杯からの疲れが抜けていないのか、ピッチ状態もあるのか動きが重かったですね。
非常に厳しい日程ですから、フレッシュなメンバーをどうやって使っていくのかが重要になってくるのではないでしょうか。

世界陸上や男子女子代表戦が続く先週、今週は忙しいですね。
がんばれ日本代表。

今日はオフィシャルバスで熊谷に向かいます。
新宿発の3号車ですので、同じバスの方はどうぞよろしく!
[PR]
by inadafctokyo | 2011-09-04 09:01 | サッカー