<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

トーキョーワッショイメルマガ発信記念トークショー

c0068891_13425417.jpg

27日、新宿のネイキッドロフトで行われた後藤勝さんのトークショーに行ってきました。
当日はお酒も入っているし、メモはあるもののどこからどこまで書いていいのか分からないところもあるので、あくまでも私の印象ってことでご了解ください。
左がゲストのファンチャゴンさん。内田篤人本を本人に一切インタビューせずに書いた人。
在日朝鮮人という立場のファンさんは出入国に大変な手間暇がかかります。否が応でもアイデンティティーについては鋭い感受性をもたずにはいられないでしょう。でも、ご覧の通り穏やかかつ快活な方です。
ぐだぐだ感に溢れがちな後藤さんの助っ人としては申し分ないところ。あ、でも私、後藤さんのぐだぐだ加減は好きですよ。

開幕戦は平山大作戦でも1点くらいは取れるということを証明した東京。
平山―米本―今野―権田のセンターラインが肝の大熊東京の肝心の2枚が抜け、大敗を喫した千葉戦。
さてこれからどうするか。
守備力は高いが攻撃力の低い日本人先発メンバーで行くのか、多少の失点は我慢してブラジル人の攻撃力を生かしていくのか。
とはいっても多少主力は抜けてもJ2では十分昇格できるんじゃないの?とは思いたいものの・・

何か物足りないとしたら、なんだろう、どうも東京の選手は80点くらいの選手が揃っていて、本当に補強すべきはもっと特徴のある選手だったのではないだろうか?
千葉は費用対効果でいうと十分成功している。

サッカーは、背が高い、足が速い、プレースキックがうまい、フリースローが得意、そういう特徴があればそれを活かせばいい、というか、活かさなければならない。
そして色々なその日その場の条件を自分にとって有利になるように利用する。
それもサッカー。

FC東京の若い選手はいい素材と言われながら伸び悩む傾向があるように思うが、それはどのあたりに理由があるのだろうか。
個性をもった選手が入ったと思っても小平効果で、なんとなくいい人にまとまっていくような気がするが・・。
選手のマネージメントも大事。モチベーションをうまく上げていく、そのあたりが日本人監督より外国人のほうが上手いのでは。確かに代表監督のザックさんは上手そうだ。

もう一度確認しておきますが、これはファンさんと後藤さんが話されたことから、私が感じたことということです。

この選手とこの選手、どっちがいいと思う?という問いかけに、客席から返ってくる答えに、後藤さんが吃驚したり、頷いたり。その辺のことは知りたい人は明日にでも直接聞いてください。ま、なかなか興味深い問題でしたね。

私たちの代わりに小平やキャンプを観にいって、選手や監督にインタビューしてくれる後藤さんのメルマガは東京の現在とこれからを考えるときに大きなヒントや道しるべになってくれます。

ちなみにブラジル人選手を活かすシステムは「浅利システム」だと後藤さんは言っています。
確かに前から献身的に守備をしてくれるようになるまで、待っている暇はありません。
では、誰が浅利になるのでしょう。

札幌戦では、セザーの先発がありそうです。高松やセザーの良さを発揮させることができるかどうか注目したいところです。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-29 23:55 | FC東京

仏もむかしは凡夫なり われらも遂には仏なり

祇王寺です。
c0068891_14363013.jpg
苔が美しい模様を描くこじんまりした庭に・・・
c0068891_14373387.jpg
白い猫が寝ていた~!!
祇王の生まれ変わりであろうか?

嵯峨野の祇王寺にまつわる話は有名ですからみなさん御存じでしょう。
平清盛の寵愛を受けていた白拍子の祇王は妹の祇女そして母と安穏に暮らしていたのですが、ある時、仏御前という白拍子が現れてたちまち清盛の寵愛が移ってしまいます。
館を出てゆかねばならなくなった祇王は
”萌えいづるも 枯るるも同じ 野辺の草 いずれか秋にあわではつべき”と書き残して行きました。
美しく才能に溢れ気立ても良かったことが数々の逸話から偲ばれる祇王なのですが、翌春に当の清盛から仏御前のために舞を舞うよう求められ、仕方なしに館に向かいます。

その際に歌い舞ったのが

仏も昔は凡夫なり われらも遂には仏なり・・・という無常感に満ちたものでした。

そして、もうこんなことやってらんないわとばかりに妹、母とともに出家してしまいます。この時祇王21歳、祇女19歳でした。
三人で嵯峨野の庵で念仏を唱え心静かに暮らしていると、仏御前もほとほとこの世に愛想が尽きたのでしょう。剃髪し尼の姿で身を寄せます。
仏御前は若干17歳、以後長く4人で清く正しく仏様のお導きの元に生涯をすごしたと言うことです。
誠に驕る男は犬に喰われろということでございます。

c0068891_15423638.jpg

c0068891_15433826.jpg

c0068891_15461091.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-27 15:46

素敵な週末(笑)

試合前21日に三軒茶屋で開催された千葉を食べちゃう会
「さんじゅうまる」にて
c0068891_949882.jpg
イワシの麹漬け、甘露煮、胡麻漬け
銚子の胡麻漬け大好きだけど、これから海が心配だよね。
c0068891_953797.jpg
刺身!!ばちまぐろ、ほうぼう、まとう鯛、鱸
c0068891_9544257.jpg
サラダ
c0068891_956884.jpg
マグロの竜田揚げ
c0068891_9564110.jpg
あら煮!

酒は宮城の一の蔵。魚が本当に旨かったぁぁ だからいいや・・なんてな。

c0068891_9585668.jpg
むかつくわー
c0068891_9591741.jpg
あっち
c0068891_100192.jpg
こっち
c0068891_1025116.jpg
こっちも
c0068891_104577.jpg
でかかった。前半はそれでもやられる気はしなかったけどね。
c0068891_1094884.jpg
交代する度に大きくなる千葉とどんどん小さくなる東京。
バランス崩してまで今ちゃんを上げたけど効果なしorz
平山がいないのは痛い、でもそんなこと言ってられないから、高松やブラジル人選手を効果的に使えるように!

いつもどおりソーセージもカレーもものすごい行列で、私は並んでまで食べる気しないので回避。
100円のお漬物を二つ買って、昼食は家から持ってきたおにぎりでおしまい。老夫婦はこれくらいで丁度良いのだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-26 10:18 | FC東京

いつもの休日

ようやく普通の週末が帰ってくるんだなー。
いつものように、持ち物をチェックして何時に行ったらいいのかなと考えて、いつものようにユニを着込んで電車に乗る。アウェイへ。

震災前と以後では変わってしまった自分の感受性がある。
テレビ番組や本や映画もこれまでと全く同じ受け取り方ではない。微妙にずれたり歪んだりしていることを感じる。眼鏡が合わなくなったような。
松本でのチャリティーマッチも味スタでの練習試合も日常ではなかった。正直リーグ戦に当たって、いつもと同じように楽しめるのだろうかという一抹の不安も抱えている。
とにかく行ってみるさ。

先日「龍馬の平日」を「龍馬の休日」と間違えて表記していたのだが、「龍馬の休日」があったのだ。
パロディ木彫作家の岩崎祐司さんの作品で「リョーマの休日」
ローマの休日になぞらえて龍馬がスクーターに乗っているというもの。

こちらからご覧ください。
リョーマの休日
これ欲しいな。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-24 08:41

一人じゃない ひとりじゃないよね

c0068891_16575135.gif

c0068891_16583810.gif

c0068891_16592591.gif


他意は無い 全然無いよね
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-20 17:00 | FC東京

おしなべて花のさかりになりにけり

二尊院へ
c0068891_15141919.jpg
紅葉で名高い二尊院は桜も風情がありました。
c0068891_15145290.jpg
大きな桜のてっぺんに少し見えている白木蓮。
c0068891_15163529.jpg
本尊に「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」を祀ることから二尊院と言われます。
c0068891_1517140.jpg
平安時代初期に慈覚大師が建立したのち、荒廃していた二尊院を法然の高弟が再興したと言われています。広い境内には西行の庵跡や昔の有名人の墓などがあります。
c0068891_10392668.jpg
京都の犬はようおこしと言いました。
c0068891_16192428.jpg

化野(あだしの)の桜
c0068891_169243.jpg
念仏寺
c0068891_1610678.jpg
古来葬送の地であったあだしの一帯に葬られた墓がやがて無縁仏となり、打ち捨てられていたものを明治になって集められました。
c0068891_16164666.jpg
賽の河原になぞらえて西院の河原と呼ばれます。

あと1回で終わるかな・・・
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-19 16:21

おとゝひはあの山こえつ花盛り

京都の二日目はレンタサイクルで嵐山・嵯峨野へ。

c0068891_15392368.jpg
竹の塀の枯れた風合い、瑞々しい緑、椿の紅
c0068891_1548746.jpg
落柿舎遠景。芭蕉の門人向井去来の庵。
c0068891_15525766.jpg
芭蕉も度々滞在し、ここで「嵯峨野日記」を書き上げました。
c0068891_15541493.jpg
こちらは一門の句会所です。今でも借りることができます。
c0068891_1558638.jpg
この鹿脅しはイノシシを追い払うために作られたということです。この庵が作られたのが1685年。寂しいところだったのでしょうね。
芭蕉は吉野の桜や松島といった名所では句を詠むことはありませんでした。その気持ちはわかる気がします。

まだ続きます。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-18 16:24

龍馬の平日

*タイトルを間違っていました。なぜか「龍馬の休日」と思い込んでいましたが、「龍馬の平日」です。大変失礼いたしました。

新宿で、東京熱血サポのもっさんが出演する芝居「龍馬の平日」を昨日観にいってきました。

今のこの時期に上演するに相応しい作品に仕上がっていました。

龍馬をテーマにした映画を撮影中の現場に坂本龍馬と名乗る男が現れる。
それはタイムトラベラーなのか、本物の龍馬か影武者か?

龍馬が未来を見て言う。

「武士も農民も無い自由な世界!」
「みんな生き生きしている」

それは私たちの世界なんでしょうか。
素直な感動を伴った龍馬の言葉が痛烈な皮肉としか思えないのは、なんと悲しいことでしょうか。

前回の上演とはかなり脚本にも手が加えられ、それはおおかた成功していると思いますが、かえってごちゃごちゃしてしまったところもあります。
坂本龍馬はみんなが知っているという前提があってのことでしょうが、一度”坂本龍馬って?”という視点で整理してみると、いらないところと付け加えるべきところが明確になるのではないでしょうか。

震災後の状況を考えて、笑ってリラックスしてもらおうという部分も書き加えられていてそれは良かった部分です。

上演は本日まで、お時間のある方はお出かけください。
本日は13時と17時です。チケットを買う際は必ず串田扱いで!

「龍馬の平日」
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-17 10:02

京都ぶらぶら

震災から1か月が過ぎました。余震は衰えを知らず、心の落ち着きを奪っていきます。
東京にいる私たちですらそうなのですから、被災地にいる方たちはどれほどの思いでいるのだろう。

少しずつ京都の写真をアップしていきます。

c0068891_13565453.jpg
有形文化財に指定されている時計屋さんの建物
c0068891_1357522.jpg
いつまでも残して欲しいですね。
c0068891_13585922.jpg
筍が山盛り!京都の筍が誇らしげ。筍はタケノコでどこでも一緒?京都の・・っていうだけで特別な感じがするものが沢山ありますね。
c0068891_13591970.jpg
この店の前には筍ご飯食べ放題という朝食を出す店がありました。寺町通り。
c0068891_1473093.jpg
南座では坂東玉三郎さんと中村獅童さんの舞踊公演が開催され、この日は震災チャリティの対談も行われました。切符はもちろん売り切れでした。
c0068891_149364.jpg

八坂神社では結婚式が執り行われていました。新郎さんは外国の方でした。簡単なようでなかなか埋まらない文化の違い。でも夫婦は乗り越えるものが大きい方がいいんです。長い道ですから。どうぞ、末長く二人で幸せのかたちを作り上げてください。
c0068891_14131368.jpg
恒例の”京おどり”今年も華やかにたくさんの観客を楽しませてくれました。
c0068891_14142162.jpg
うちの子です。今年は踊りだけでなく笛の演奏でも出ました。

二日目は嵐山・嵯峨野へ。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-13 14:16

のんびり京都の桜

京都です。
一度も地震が無いってこんなに落ち着くことなんだと思いました。
c0068891_174792.jpg

鴨川の桜。川べりでのんびり花見をする人たちの姿も。
c0068891_17143427.jpg
円山公園は京都市民の花見の名所。夜はライトアップされています。
c0068891_17171383.jpg
毎年同じように桜は咲くけれど、見る側は変わっていきます。枝垂桜は堂々と憂いを跳ね返して枝を伸ばしていました。
c0068891_1730169.jpg
アオサギが池にいました。たくさんの人が行きかい、ざわざわしたところでも全く頓着することなくじっと佇んでいます。
c0068891_1732521.jpg
騒ぐな騒ぐな、じたばたするな。
c0068891_17334682.jpg
浄土宗総本山の知恩院さんへ。三門は国宝です。
c0068891_17343422.jpg
寺院の桜は格別です。
c0068891_17365773.jpg
法然上人800年大遠忌奉修は秋に延期されました。
c0068891_1740736.jpg
伽藍と桜は互いに主張しすぎることなく調和します。
c0068891_17441237.jpg
この世界最大級の木造の門を建立したことの凄さを実感します。
c0068891_1748566.jpg
ありがとうございました。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-09 17:47