<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨日と今日のこと

簡単に写真だけ
c0068891_16154262.jpg
サッカーミュージアムに場所を借りて行われたJリーグサポーターの支援活動。
ベガルタのサポーター団体と協力して被災地に必要なものを届けます。
呼びかけに応えて色々なカラーのユニフォームやマフラーを身につけたファン、サポーターが物資の受け入れや仕分け搬送に駆けつけ、また物資を届けに続々と集まってきました。
c0068891_1619375.jpg
私が行ったのは3時ごろでしたが、こんなにたくさんのダンボールが積まれていました。もっとあとの時間には憂太やゆってぃも姿を見せていたそうです。


で、今日は味スタでのトレーニングマッチ、対 横川武蔵野FCです。
c0068891_1641254.jpg
募金して握手もできますよ。
c0068891_16242786.jpg
一人であちこち移動しながら募金を呼びかける選手も。梶山、むっくん、巧、大竹など。
c0068891_1626096.jpg
高橋くんに募金して握手して喜ぶうちのだんなさん。
c0068891_16264359.jpg
オークション出品の数々。
c0068891_16265881.jpg
塩田のユニは2004年のナビスコ出場時のもの。右は今日の主審、西村さん提供のW杯のユニフォーム(だったかな?)
c0068891_16295634.jpg
取材中の三田涼子さん。
c0068891_16304997.jpg
もちろん横河の選手たちも募金を呼びかけていましたので、協力しました。
c0068891_1633711.jpg
前半4-1、後半4-1
c0068891_16371233.jpg
大竹のFKが直接決まったところ。後半終了間際でした。
これからチャリティーの映画会に行くので、またあとで(あるかな?)
オークションは残念ながら落とすことはできませんでした。いくらくらいで落とせたのか気になります。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-27 16:39 | FC東京

味スタに!

味スタでの東京の練習試合が決定した!

対戦相手は横河武蔵野FC 27日 13時

チャリティーで行われ、オークションも開催されるという。

29日の代表のチャリティーマッチはテレビで観戦になるが、味スタなら行くよ!

わーうれしいな。

今週は頑張れるよ!

毎日毎日地震が続くよ。

おかげでみんなも疲れてるよね。

冷たい雨が降る
春はいつになったら来る?

でも取り合えず今度の日曜は味スタ!

ただそれだけで気持ちがだいぶ軽くなったよ。

気づかないうちに節電と一緒に笑顔も節約していた。
歩く時は俯きがち、ため息をそっとついてしまう。

明日からは笑顔、当社比50%増しでお届けします!

味スタでの試合の開催に尽力してくれた皆さんに心から感謝!!
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-22 23:07 | FC東京

今年初めての小平

小平に行ってきました。
今日は西武線のダイヤが乱れたのと新宿で募金活動があるというニュースが流れて、見学者は少なめでした。
ストレッチを終えてからボールを使った練習になりました。
c0068891_19462465.jpg
ボール2つを使って、2タッチ以下で回す。そして近く近く遠くというような指示も途中からあり。
c0068891_1950315.jpg
大熊さんは3つのグループを見ながら、良いプレー、悪いプレーを指摘します。
c0068891_19503046.jpg

c0068891_19504756.jpg

c0068891_19512764.jpg
徹さんは「悪くない」って言います。
c0068891_19521445.jpg
よく声も出ていましたよ。
それからボール回しのヘディング版。手でボールを投げてヘディング、その繰り返し。面白くてギャラリーからも笑いが巻き起こりました。
次にはDF二人中にいて、周りはボール回し、そしてハーフコートよりも狭い範囲でゲーム形式の練習とありました。

達也さんの動きは相変わらず良かったですね。梶山も元気が良かった。みんなの笑顔が見られて私も楽しかったです。ファンサの時に義捐金を集めました。
c0068891_20352559.jpg


新宿で行われた募金活動では230万以上もの寄付が集まったそうですね。
twitterでしか告知をしなかったにもかかわらずたくさんのファンが集まって良かったです。
混乱を招くといけないので、あまり大々的に宣伝できない、しかしある程度注目を集めなくてはいけないという微妙なバランスを計るのが大変だったでしょう。
何も考えない廣永くんと梶山がブログやツイートでぽろっと漏らしたようですね。

味スタでのチャリティーマッチの計画はやはり中止に、関東東北以外で行うことも考えているようですね。
一日でも早く日本中のスタジアムで笑顔が見られますように。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-20 20:42 | FC東京

1週間

皆さん お元気ですか?

空元気かもしれないけれど、twitterを見ていると徐々に笑顔が戻って来ているように思います。

あれから1週間、毎日何度も繰り返される余震、新たな地震に怯え眠れない夜。
計画停電の影響で通勤は困難になり、スーパーから米や水やインスタントラーメンが無くなるという有様。

おまけに原発事故は予断を許さない。

各国大使館が東京を去ったという、チャーター機で自国民を帰国させる国もあるという。

よその国から来ている人はまず安全策を取って行動するのは当然だと思う。

私の周囲には東京を脱出しようという人はいない。
私たちには簡単に放り出せない暮らしがある。
毎日行くべき職場がある。
行ってらっしゃいと送り出し、おかえりと迎える家族がいる。
挨拶を交わす隣人がいて、たまには飲まない?と誘いをかける友人がいる。
そして、あのクラブがある。今は試合が 無いけれど、やがていつか再開される時のために、またホームスタジアムへ行く日のために、しっかり体調を整えて準備をしておこう。

私の会社も本社が計画停電に入るとサーバーを停止させるために、東京にあっても仕事を中断しなければならなくなる。ガソリンが不足して車も好きな様に使えない。
本来であれば繁忙期で休んでいる暇はない。計画よりも売上は落ち込んでしまうだろう。でも、それはどこの業界でも同じ。少しでもマイナスを少なくするように限られた時間で出来るだけの事をやらなければならない。

日本全体が大きく傷ついた。
復興には長い時間が必要だ。でも何時までも下を向いてはいられない。

各自治体が被災した人たちの受け入れを始めた。
味スタでも何十人かの人々を受け入れたようだ。

日本代表のチャリティマッチの日程が決まり、代表も発表された。

セルジオさんが言う様に、倒れた仲間の分まで走る。
それだけだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-18 20:17

自分に出来ること


小さなケーキ屋さんのお店がいつもより暗く見えました。
店の壁に貼り紙がしてあります。


お知らせ

先日起きた地震の事を考え店の電気を節電しております。
ご理解・ご協力をお願いします。

私たちが出来る事は、美味しい物で皆様を喜ばせる事くらいです。
それで気持ちが落ち着いて頂ければ幸いです。

また微力ではありますが、売上の一部を寄付する予定でいます。

皆様のお力になれるよう精一杯やっていきますので、
よろしくお願いします。


昨日今日と買物に行くと、商店の棚はすかすかで目当ての物を買えずに帰ってきたというような声が聞かれます。
みんな目に見えない不安と戦っているかのようで、自分のことでいっぱいいっぱいなのでしょうか。

この店の若い店主ご夫婦も不安はあるでょう。それでも自分たちに出来ることでこの国が直面している重大な困難に立ち向かおうとしているのです。

ささやかでも私たちに出来る事はたくさんあります。
むしろ、日々この街で働き暮らしてきた私たちだから出来る事がある筈と思っています。

京王新線初台駅前の商店街にある小さいけれど、見た目も愛らしいとても美味しいタルトとプリン、焼き菓子を作っているお店の名は「Atelier de Mar」と言います。ご主人がマーくんと呼ばれているので、マーのアトリエというわけでしょう。
FC東京のポスターも貼っていただいています。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-14 21:26

ゆらぐ大地

明日が確実にあるものだと、何の根拠もなく信じて来たのだと思い知らされた。
余震に怯え眠れない二夜、最大の願いは明日を無事に迎えることだった。

More
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-13 11:50

H君へ

私はこれまでに何匹もの猫と暮らしてきて、何度もその死を見届けてきた。
犬や猫を飼うと言うことはその生涯を見守るということだ。
途中で放り出すことは許されない。
だからジャムが23歳で死んだ後はなかなか猫を迎え入れる気にならなかった。
当時既に40半ばに差し掛かった私たち夫婦がまた20年を確実に有るものだと思う程呑気ではいられなかった。

何年か経って小学校の5年になった娘が猫を飼うと言った。いや、本当は学童保育に5年からは預けられなくなる、その放課後が心配だった私が猫に留守番を頼もうと思ったのだ。
娘の帰宅を寂しいものにしたくなかった。
そしてまあ、やって来たのがあの小梅だ。

ジャムもクロもクロの息子のぼっちゃんもちゃんと看取った。それぞれについてはいずれきちんと書き記したい。
家猫だけではない。家によくご飯を食べに(盗みに)来ていた野良猫も例外ではない。
体が弱ってから来てくれると、よくうちに来てくれたと感謝した。猫が何処ともしれず誰にも知られず死んで行くのは私も辛い。
猫のマザーテレサになったつもりなんて大きな事は思わないが、決して楽ではなかった生涯の最期くらい安心して貰いたかった。

死は誰にでも訪れるもの。
生きること、老いること、死ぬこと、大切な事を猫たちから教えて貰った。
だからあなたが一時期を一緒に暮らした犬や猫や生き物が死ぬことを受け入れること。あなたがその成長や可愛さや悪戯や性格を受け入れて愛したように、その死も受け入れること。

そして、またいつか一緒に生きてやがて看取るために犬か猫を迎え入れなさい。
それが今私に言えること。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-09 23:58

ナオ結婚おめでとう!

ナオさんの結婚がようやく発表されましたね。
若いチームメイトが次々結婚していく中で、マイペースを崩さないナオさんが一体いつ結婚するのか、周囲の関心は高くなっていました。
女性ファンは勿論、関係者間でもしばしば話題となっていたのですが、3年間の交際を経て一つ年下の女性と結婚することになったと聞いて、ほっとしたという感想を持ったのは私だけではないでしょう。

父親が30で結婚しているから、自分もそれ位になるのかもしれないと以前に発言していました。
度々横須賀の実家に帰って、それを報告する姿からは自分が育った家庭を肯定し、それを築いた両親を夫婦のあるべき姿として捉えているのだろうと感じていました。

それは私とは全く異なる環境で、やはり余計なことにエネルギーを使わないことがこどもの成長に何より大切なことだと思わざるを得ません。
三人兄弟を真っ直ぐ育てたご両親は素晴らしいと思います。

30位まで一人でいると、敢えて他人と一緒に生活する事に積極的に取り組む意欲が薄れる場合があります。
衣食住を自分で管理できて、生活上特に不便を感じないようなら尚更です。
同性の友人との付き合いも、一人で出かけるのも誰に気兼ねする事なく楽しめます。
人を見る目も出来てきて、簡単に妥協もしにくい。どんどん難しくなって、このままでも良いかななんて・・
あ、一体なんの話だ。

ナオと麻衣子さんを見ていると大人同士の結婚という感じがします。
ナオらしく着実に穏やかで温かい家庭を築いていくでしょう。
これからは喜びも悲しみも苦しいことも二人で分かち合って。
そう思うと、心底ほっとした結婚の報告でした。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-07 23:17 | FC東京

春光

c0068891_12362864.jpg
久しぶりだね、味スタ。天気が良い日のスタジアムは輝いて見える。いつもの顔ぶれ、新しい客人、迎える準備は万端。
c0068891_12402470.jpg
ついにJ’sGoalで全国デビューを果たしたムトウさんである。ジャンドロをアウェイ全試合に帯同するつもりだと発言したら、全試合と掲載された。これこそ、今までより強くなってJ1への道なのであろう。心して行くが良い。
c0068891_12404285.jpg
観客数は心配だった。いつもと同様に馳せ参じてくれた皆さん、また新たに足を運んでくれた皆さんに祝福があるように。
c0068891_1241056.jpg
ジャンドロを担いで、抱っこして、キャリーに載せて、バッグに詰め込んで連れてきた皆さんが集合。俄かに通りがかった人たちの撮影会が行われるのである。
c0068891_12411922.jpg
ムトウさんはちらし寿司を作ってきてくれた。私は今年何も出来なかったのでありがたく頂戴する。今年はとにかく何事も無く味スタに来られればそれが何より。
c0068891_12415690.jpg
阿久根社長の挨拶。試合後は大金常務とともにメイン出口で観客を見送っていらした。社長になっての初戦、みんなの笑顔に接することができてほっとしたことだろう。気さくに話ができる人だと感じている。どんどん、話しかけて欲しい。
c0068891_12422176.jpg
東京スカパラダイスオケーストラ。PAの不備なのかバックスタンドには音がほとんど届いていなかった。まったく勿体無い。ゴール裏にばかりスピーカーが向いていたせいかと思ったが、ゴール裏でもそれほどのボリュームは感じられなかったようなので、根本的に不備があったのだろうか。残念である。
c0068891_12424162.jpg
飛ばない奴はサガン鳥栖~(福岡のサポーターがダービー時に歌う余計なお世話的な歌)
遠くからようこそ。
c0068891_1243792.jpg
ゴールシーン。これじゃ何がなんだかわからぬ。詳しくはパパさんのところで。相太の得点かと思ったのだ。
c0068891_12433467.jpg
なんと1年ぶりの味スタでのwinnerの文字。
c0068891_12573341.jpg
選手たちに春の光は惜しみなく降り注ぐのである。

開幕戦で負けてはいけないという思いが強くて、慎重になってしまったのは仕方ない。
どんな形でも得点をし、失点を防ぎ、しっかりと勝ち点を積み重ねていく。それが今期の優先すべきこと。
それが出来て、なおかつ面白いわくわくするサッカーを見たい。
選手個々にはそれぞれに殻を破ることを期待する。
阿部巧もやはり硬さはあったと思うが、わくわくする気持ちが伝わってきた。
彼の成長の軌跡がクラブの調子にシンクロして実りの秋を迎えるのだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-06 14:17 | FC東京

もう折り紙はいらない

開幕だ!
J2だってやっぱり開幕は春を告げる一大イベントだ。

今年はもう、大きな怪我人のために暗澹としたり、チームの不振に青くなったりしない。

だから折鶴は折らなくていい。

東京の折り紙の売れ行きに昨年とは大きな違いが出る。

青と赤だけ無くなったりしない。

味スタにいつも通りに行くとどんな光景があるのだろう。

私はどんな事を感じるのだろう。

今年はしっかり小さな事まで覚えておこうと思う。

せんがわ劇場の皆さんも観戦にやってくる。

せんがわ劇場のスタッフは普段の仕事中もFC東京のストラップで名札を首から下げている人が何人もいる。

調布では本当にあちこちで色々な人が応援してくれている。

今年はそれぞれが自分の場所で東京を広げて行こう。

スポボラは開幕戦の参加エントリ数が過去最高の110名となったと相太じゃない平山さんが報告していた。

選手もスタッフもファン、サポーターも今までより強くなってJ1へ!


<お詫び>
東京中日はキャンプに占部さんを派遣していました。
予算も減らされていません。
ごめんなさい、高橋さん!
予算が厳しいのは前からです(笑)
[PR]
by inadafctokyo | 2011-03-05 01:29 | FC東京