<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

負けない気持ちで

清水には足を向けて寝ませんよ。今期は。
国立国分寺ペーニャのバスツアーに参加して行ってきました。
台風に向かっていくような道中で大丈夫なんだろうかと思いながら高速を進んで行きます。
雨のために速度制限が出ていますが、こんな天気に車で出かけようかという人もいませんので、予定より少し早く11時前にはスタジアムに到着。駐車場から一番に見えてきたのが「貪欲清水」という意味の分からない巨大横断幕、「ふん、うちは食欲東京だよ!」何を恐れるものか!
c0068891_1343897.jpg
一緒にバスで来た人たちも2階席から1階席へ差額を払って変更していましたが、悪天候の中で見るべく支度をしてせっかく来たのですから、2階席に出ることにしました。そんなに安心して見ていられる展開になるとも思えませんし、だったら風雨と戦いながらの観戦の方が喜びにしろ、落胆にしろそれに相応しいほどの大きさになるでしょう。
何にも負けない気持ちを私たちだって示したいじゃありませんか。

でも、ぱるちゃんショーはなんとピッチに出ず、メイン下の濡れないところで何やってるのかわからない感じで終わりになりました。練習かな?本番ですって!えええーーーっていう・・・。ぱるちゃん、それでいいのか?
c0068891_13173795.jpg
アップが始まりました。ヨネへの期待と不安が徐々に膨らんできます。
c0068891_13191194.jpg
選手入場。2階席は激しく雨風が吹きつける状況ですので、試合中の写真はほとんどありません。入場者数は7,700人余り。
c0068891_13211712.jpg
先制点が入ったコーナーキックの時です。この後、ナオの蹴ったボールに平山が合わせて。いつもマークが厳しいのに、この時はフリーになれたんですね。なぜ、鞄からカメラを取り出してここだけ撮ったのか、点が入りそうと思ったのか、入ってほしいと思ったのか。
前半は1-0で折り返しました。ヨネの復帰が与えた影響は大きかったです。中盤で時間が作れるということはチーム全体が楽になります。梶山の良さも生かされます。
c0068891_1330173.jpg
試合終了。雨と風が強く、両チームともボールコントロールが難しい状況で、ミスもありましたが最後まで気持ちが負けなかった東京です。でも後半も20分を過ぎると運動量が落ちてきて、見ていてはらはらします。1歩が出なくなってくる。気持ちは詰めようと思っても足が出るのが遅い。むっくんはかなりばてばてで自分の守備範囲もナオにカバーして貰うこと度々。誰もが1番目の手を捨てて次善の策を取る場面が多くなってきます。クマの交代は遅いように思いました。誰を交代させるかは難しかったかもしれませんが。
c0068891_1445943.jpg
ヨネのシャー。
長いロスタイムがようやく終わった時は声も嗄れ、思わず涙が。来て良かった~。1点返されても気落ちせず、冷静に対処できたのが良かったですね。これからも楽ではありませんが、全員でカバーしあって、気持ちで負けないで続けていければ大丈夫。
c0068891_1465150.jpg
帰りはご機嫌でホッとして祝杯をあげつつ、居眠りしつつスムーズに帰りました。途中のSAでバモバスと遭遇。買い物やトイレに行く選手たちを歓声と拍手で迎えちゃいました。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-31 14:17 | FC東京

飛田給のヤギ

c0068891_14255234.jpg
飛田給の駅を出て、味の素スタジアムとは反対の方向に歩いて行くと商店街と言うのも憚られるような幾つかの商店があり、そこを過ぎると品川通りになる。横断歩道を渡ってそのまま行くとすぐに鹿島建設の社宅がある。
あまり人が出入りしているのを見たことが無い小規模の集合住宅に、今年の夏は珍しいお客が来ていた。

ある日、いつものようにその社宅の裏庭の前を通り過ぎると、何かが私の神経に訴えるものがあった。
何か、この辺りでは日頃見かけないものがあったような気がする!と。
わざわざ戻ってみると、何頭かの山羊だった。

山羊はすぐそこで草を食んでいた。
いつからここでは山羊を飼うことになったのだろう。一体なぜ。しばらく観察していたが、山羊は何も答えてくれない。

何日か経ちまた前を通りかかると山羊は先日の所からは遠ざかっていた。数日すると更に遠くへ。
草を食べ尽くすと場所を変えているのだ。一体誰が?自主的に?山羊使いが?

すっかり裏庭がきれいになったある日、山羊は姿を消した。

鹿島建設に雇用されている(?)草刈り隊は今頃どこで何をしているのだろう。

来年また会いましょう。山羊の乳でチーズも作ったらいい。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-28 14:42 | お茶のみ話

情熱と誇り

舞台は人を魅了する。小学生の時にまだ創成期だった劇団四季を見て以来、私は舞台の虜になった。
娘がバレエ教室に通うようになってからは客席に座るだけではなく、舞台袖や裏で舞台が作られていく過程を見守ることにもなった。
先日の国立劇場で行われた今藤会の公演の際も、開場前に楽屋口から舞台裏に回ってゲネプロを見学した。本番前は出演者、スタッフみなが右往左往しているので誰が居ても誰も気にしない。誰かの関係者なんだろうと思うだけ。実際関係者ではあるので、さりげなく周囲に挨拶しながら、片手に靴をぶら下げて様々な機材でごった返す埃っぽい薄暗がりで眩しい舞台を見ていた。
あの場所に立てるのは特別な人、特別な才能があり人一倍の努力を苦にしない者が立つことを許される場所。
その場所に立ち続けた人間の物語、「プロフェッショナル 世界のプリマ 最後の闘いの日々」NHK

吉田都は昨年春にロイヤルバレエ団を引退することを表明した。
今年行われたロンドンと東京での最後の公演に臨む彼女に密着したドキュメンタリーを見た。

9歳でバレエを始め、まもなくその才能は注目されるようになる。17歳でローザンヌバレエコンクールでスカラシップを受賞した彼女は英国ロイヤル・バレエスクールに入学する。
輝かしいチャンスを得た勝者のはずが、クラスでたった一人の東洋人としてコンプレックスに苛まれる。同級生たちの容姿と自分を比べ、鏡をまともに見られず泣いてばかりいた。しかしそれで何かを捨ても諦めもせず、逆に人一倍練習に打ち込む日々が彼女を支えた。
今でも、指導者がOKを出しても、自分自身が納得しなければレッスンを終えることはない。“もう一度”“まだ”と呟きながら、自分を追い込んでいく。どうすれば役を表現できるか、どうすればより美しく見えるか、妥協しないことによってダンサーとしての体は満身創痍となる。レッスンが終わるや否や氷で腰や膝を冷やすのはいつものこと。ロンドンでの最後の舞台となる「シンデレラ」の直前には股関節を痛め、バレエ団のトレーナーの元を訪れる。腰の痛みでしばしば稽古は中断されるが、決してやめようとしない。
“あと少しもってくれれば”笑いながら彼女は言う。
“がんばれ、がんばれ”舞台の佳境を迎えて舞台裏で自分を励ます。
舞台に全てを捧げているその様子を見ていると、だから舞台が輝くのだと思う。
観客である私たちに彼女の足跡や苦闘は直接には関係ない。何も知らなくても感動できる。
しかし、彼女は闘い続けてきた。決して自分を甘やかさず、自分が出来ることは何かを厳しく見つめてきた。

バレエスクールへの1年間の留学期間が終わる頃、サドラーズ・ウェルズ・バレエ団(現バーミンガム・ロイヤル・バレエ)への入団が決まり、その個性を演出家のピーター・ライトによって認められ23歳でプリンシパルに昇格。1995年にはロンドンに本拠地を置く英国一のバレエ団ロイヤル・バレエに移籍。
他のインタビューで自分は運が良かったと語っていたのを聞いたことがある。大きなロイヤル・バレエでヒエラルキーの下から出発したら、自分の個性を発見できたかどうかわからない。地方のバーミンガム・ロイヤルでたくさんの主役を踊ったことで成長できた。

ロイヤルバレエ団にはそれこそ星のようなバレリーナがいつでも燦然と輝いている。
シルヴィ・ギエム、ダーシー・バッセル、ヴィヴィアナ・デュランテ・・・。その中で吉田都は倦まず弛まずテクニックを磨き、欧米人とは違う自分の個性で勝負をしてきた。優雅で繊細。柔らかで優しい詩情。強烈な光ではなく包み込むような暖かな光に満ちた演技。特に表現力、演技力を重視されるロイヤルにあって控えめな都の特性は磨かれ、注目を集めるものになった。少女や妖精は右に出るものなしと言われたが、白鳥の湖の二役もロイヤル一と評価されている。
その彼女がロイヤルを引退する。
“気持ちが穏やかになってきた。それではやっていけない”
そう語る彼女の目元にあふれる涙。
闘い続けてきた吉田都は“ベストを尽くした35年と言いきれるだけのことはやった”という心境の中でバレエ人生に一区切りを付ける。
これからは楽しみながら日本で踊り続けたいと言う。組織の中での厳しい競争はなくなるかもしれないが、自分自身を追いこむ彼女の流儀は変わらないだろう。
東京へ向かう前日、ロイヤル・バレエ団の彼女の楽屋を片づける。15年間彼女のものだった鏡前。少女ファンからの贈り物なのか画用紙に描かれたバレリーナの絵を外して、キャリーバッグにしまう。さあ、これでおしまいと歩き出す。その先には東京での「ロミオとジュリエット」が待っている。

東京での練習中には、ピーター・ライトが訪れる。バーミンガムで吉田都のダンサーとしての資質に着目したライトは、今も都にとって重要なアドヴァイスを贈る。
“技術的には完璧、しかし完璧な踊りを目指すべきではない。”もっと情熱を、イタリア人のように、と。

ロイヤルのプリンシパルとして最後の舞台に臨む彼女に、そして舞台を終えた彼女に、バレエ団の人々が声をかけ、抱擁する。長い年月を愛されて過ごしてきたことがわかる。

彼女の足の指のアップがある。人より長い足指がまるで手指のように床を捉える。トゥで立ち、降りる、必要以上の音を立てずにいかに自然に美しくトゥ・シューズで踊るかを具現化できる強い指がある。体の隅から隅まで神経を行きとどかせて成り立つ美。
人を感動させるのは容易なことではない、このように常に準備を怠らない、全てを捧げることができるものだけがあの光あふれる場所に立てるのだ。

情熱と誇りをもってやるべきことをコツコツとやり続けられること・・・それがプロフェッショナル。


本日深夜0時15分からNHK総合で再放送。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-26 16:16

誕生日とクリスマスくらいめでたい勝ち点1

c0068891_23341719.jpg
かわいいキッズチア。ご両親が最前列で写真やビデオを構えて、運動会か発表会のようで、微笑ましい。これやると観客数あがるわけですか?ご両親はチケット無しなのかな。
10月も中旬を過ぎたと言うのに、バックスタンドは夏のよう。後半はだいぶ涼しく感じました。
c0068891_23345214.jpg
ナオを松下に変えたからリズムが悪くなったのではなくて、ゴール裏の応援があれ?って感じになって、あれ?ってなったとクマが・・・言ってないけど、言いたかったかも。
c0068891_23431828.jpg
新潟は得した?損した?マルシオ・リシャルデスみたいな選手がいると大きいな。
c0068891_23572684.jpg
PKゲットー。恐かった~。梶山は決めると思っていたけど、でも恐くて死にそうだった。1点入ってからは攻勢に。惜しい場面が続出だったなー。
c0068891_23583119.jpg
なに撮った?決まるとこかな?
c0068891_2359282.jpg
今日負けていたら、数日間は立ち直れなかったと思う。私が。勝ち点1は大きい。勝っていても良かった試合だったが、仙台戦から気持ちをよく立て直したなと思う。そういう点はクマだなと思う。
c0068891_001416.jpg
大黒と平山とナオは決めていなくてはいけなかった。ゴンちゃんは仙台のナニを取り返した。梶山は目を見張るほど良かった。今日はどこも痛いところがなかったのだろうか。いつもこうなら、とっくに代表だ。痛いの痛いの飛んでけ!

明日は深川に行く。だんなは東京ガスサラリーマンミニサッカー大会に。どちらも頑張れ。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-24 00:08 | FC東京

ビッグフレームス交歓会

ハイアットリージェンシーで行われたビッグフレームス交歓会に参加してきました。
初参加です。試しに行ってみようかって感じです。
小田急ハルクの前からぎゅうぎゅうのホテル行きのバスに乗って、到着。
c0068891_17182467.jpg
今年は昨年より100名も参加者が多い全部で400名以上の盛況でした。チームの調子が悪い時だからでしょうか。
みんな落ち込みがちな気分を無理矢理に上げて集まってきたのでしょうね。
私もそうです。受付で名札をいただいて、飲み物を取って自分のテーブルへ。
c0068891_17205913.jpg
この子を発見したので、会が始まる前に並んでサインをもらいました。いつでも人気者ですね。

司会は三田涼子さん。社長の挨拶から始まりました。今期の不成績を詫びて、選手たちにはそのことについては触れないでと釘を刺されましたよ。そりゃそういう場ではありませんけどね。
わたしのテーブルは北斗さんと有馬コーチがいらしてくれました。北斗はユニで見る時よりスマートな印象です。素敵でした!
みんなスーツが似合ってかっこいいんですよ。
テーブル対抗のクイズがあって、ヨングンとヨンドクのなぞかけが面白かったの。

ビッグフレームス交歓会とかけまして

ととのいました
試合後の味スタととく

その心は

みんなで清掃(正装)

うちのテーブルでは乾杯(完敗)かとか・・・ろくな答えが出なかったのだ・・

後はそれぞれの選手に写真撮影やサインを求めて良い時間になります。
こんな時も並ぶのは好きではないので、比較的並びが少なくてすむ選手の何人かにサインをいただいて終わりにしました。
ナオの列がものすごかったですね。
抽選には相変わらず外れて、どこにも寄らずに帰宅しました。
やっぱりこういうのはいい時にやらないと自分の気持ちが上がりませんね~
ああ、疲れた。
そして気になったのはこういうパーティの常で、大量に料理が余ってしまうこと。
あんなにたくさんいらないのではないでしょうか。
おつまみとデザート程度を並べて、余らないようにしてもらいたいものです。

選手スタッフのみなさん、お疲れさまでした。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-19 17:34 | FC東京

ああ松島や松島や写真はやっぱり勘で撮る

JR東日本の日帰り伊達な旅 松島かき小屋 で行ってきました。アウェイ遠征です。
c0068891_10263667.jpg
石の森章太郎さんの電車は仙石線。
c0068891_10265595.jpg

c0068891_1031972.jpg

駅から歩いて15分くらいのところにあります「かき小屋」
当日券の人たちが小屋の前で待っています。
c0068891_10334835.jpg
8人がけのテーブルで牡蠣の鉄板蒸し焼きが始まります。
c0068891_10352558.jpg
蓋を開けてからは喰って喰って喰いまくります。おばさんが牡蠣の開け方を指導してくれます。開けて食べ開けて食べ、減ってくるとスコップで真ん中にがががーっと牡蠣が足されます。1時間食べ放題ですので、その時間内であれば何度でも!
c0068891_1040644.jpg
足元の石油缶に牡蠣殻を入れていきます。石油缶もお代わりしました。
スコップ山盛り3回足されました。うちのダンナと私のペアが一番食べたみたいです。女性3人の家族がその次、男性二人組はまったくダラシナイ。途中で帰ってしまうし、牡蠣ごはんも食べないし。
でも時間目一杯食べて試合に遅刻しましたよ。
c0068891_10501355.jpg
駅で歓声が聞こえてきて、あー先制されてしまったと思ったら、東京が先制していました。
c0068891_10524099.jpg
真吾の幕。青赤です。誰かが託したのでしょうか。試合後のゲーフラ騒動は今日知りました。
c0068891_1142779.jpg
2点目は相太。この後10分くらいはひらやまチャントで祭り状態でした。ここまでは良かったんだけど。
c0068891_1161014.jpg
後半も時間が進むとなぜああも動きが悪くなるのでしょう。危ない危ないとはらはらしていると大抵取られてしまう。メンタルの問題なのか体力的な問題なのか。せっかくの勝ち点をみすみす失ってしまいました。
このような試合で勝ち点を失っては残留は厳しいと言わざるを得ません。私たちは乏しい資金をやりくりしてどこにでも駆けつけ、声を振り絞って応援することしかできません。ピッチ上の問題は自分たちでなんとかしてください。
試合後、崩れ落ちそうな心と体を立ち上がらせて、拍手を送ったサポーターの気持ちに絶対にこたえてくださいね。

試合後は勾当台公園の「地雷也」へ。
仙台に長く赴任していた人から聞きました。
c0068891_11175069.jpg
突き出し
c0068891_11181574.jpg
さんまの刺身。東京あたりとは新鮮さが違います。この艶!
c0068891_1119268.jpg
牡蠣とかき揚げてんぷら
c0068891_1120496.jpg
鳥の半身を炭火で焼いて。香も歯ごたえも抜群。
c0068891_11213695.jpg
何といっても炭火で焼く魚が絶品です。吉次(きんき)を頼みたかったけど、その日の料金は5,500円と聞いて諦めました。これは鰊です。旨かった。酒は於茂多加、辛口でさらっとした魚介によくあう酒でした。
帰りの新幹線は青赤地域振興会のみなさんがたくさんいらっしゃいました。もちろん私も一員です。

※牡蠣を山ほど食べたダンナは今日40キロのランニングが非常に楽だったと言います。東京の選手たちも試合前日には牡蠣を食べたほうがいいですね。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-17 11:29 | FC東京

美味しいものでも見てお寛ぎください

これまでにアップしていなかった美味しいもの特集!
初台の貸店舗がケーキ屋さんになりました。募集から契約までいろいろ大変なこともあったけれど、いい人が見つかって良かったです。 タルト専門店 Atelier de Mar
FC東京のポスターが貼ってあります。それは私の権限wで貼ってあるわけですが、ついでの折にはケーキを買って東京のポスターが貼ってあるから来たよと一言!
c0068891_1534322.jpg


大原屋の鰻。鰻と白焼きのセットです。白焼きが塩で旨い!これで勝ってりゃね・・・
c0068891_15101421.jpg


ここからは帝国ホテルの レ・セゾン のランチ 
重厚で洗練された雰囲気の室内。シェフはフランス人のティエリー・ヴォワザン。とてもハンサムで客席まで挨拶にきてくれて握手してじっと見たら、ぼーっとしましたの。
トマトの前菜5種
c0068891_15152126.jpg

赤座海老のシンプルロースト、ジロル茸を添えて
c0068891_15161089.jpg

・マジョラムとトマト風味のバターを包んだ舌平目(友人の選択)
c0068891_15171882.jpg

特選和牛のソテ
c0068891_15183478.jpg

ソルベ盛り合わせ
c0068891_15191633.jpg

デザートが二つもあるの
c0068891_15202515.jpg

友人のデザート
c0068891_1521166.jpg
大変、満足いたしました。
高いけれど、料理もサービスもそれだけのことはありますよ。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-13 15:23 | お茶のみ話

正田醤油スタはこんなところ

c0068891_1212596.jpg
爽やかな風が気持ち良い
c0068891_12123676.jpg
ピッチのすぐそばにバスが着く
c0068891_12152958.jpg
階段下は日差しを遮れてゆっくりできます。歩廊も壁も木が使ってあってとても気持ちの良い空間です。スタンドのベンチも木でした。
c0068891_12182640.jpg
シオがんばれー
c0068891_12191774.jpg
暑いよねー
c0068891_12215181.jpg
お疲れでした~
c0068891_1223354.jpg
草津が昇格した暁にはぜひとも飲食を充実させていただきたく。今は試合の時はどうなっているのだろう。外に屋台が並ぶのかな。

以上、液晶が壊れてテキトーに撮っている写真の数々でした。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-12 12:27 | FC東京

田舎はいいよね天皇杯

日本旅行のバスツアーで正田醤油スタジアムへ行って来ましたよ。
天気が良くて、風は爽やかでした。
スタジアムは芝生のゴール裏は解放せず、自由席はバックスタンドだけ。チケットの売れ行きで席を仕切ることもないので、空席の目立つ北九州側とぎうぎうの東京側。試合開始直前にはゴール裏の一部が開放されました。
売店は無く、外から持ち込まないと飲み物も食べ物もありません。これだけ暑かったらビールを売れば儲かるのに、商売っ気がないなぁ。
車で来る人にビールを買ってきてとメールを送りました。バスでは何処にも寄れませんから。

J2最下位のチーム相手に4,5点取れるのではなんて思っていたのですが、取れそうで取れない。チャンスの数は有りましたが、えーと、こちらも降格争いをしているチームの決定力と言うべきでしょうか。
でも負ける気もしませんでしたが。

結果としてはナオと相太が決めて良かったと言えるでしょう。
ナオのゴールはきれいだったし、相太のゴールは、あれは見れてラッキー。
見てる私たちも暑かったのだから、選手ももちろん暑くて後半はバテ気味でした。
そんな中、自らに鞭を入れて走った松下の放ったクロスがフリーの平山へ。そこから平山が本当にシュートを打つまでの永遠より永い一瞬。
松下の、スタジアム中の怪訝そうな"ええ?"という反応と、次に来た驚き。

色々忘れられない試合になりそう。

※わたしの差し入れ応援のお返し?にアマラオが観戦に来ていたのよ~。会いたかった。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-11 23:25 | FC東京

高円宮杯U-18準決勝@国立

試合開始時間を間違えてむやみに早く出かけましたよ。
一番でチケットを買いメインスタンドへ。
第一試合は静岡学園対広島ユース。
c0068891_21425112.jpg

前半2-0まではこれは静学が来ると確信したのですが、退場者を出してからちょっとリズムが崩れたか。
c0068891_2144926.jpg
劣勢をひっくり返した広島はさすがでした。でも静学のサッカーは魅力だったなぁ。対戦したかったと思いました。3位の表彰式。

第二試合、FC東京U-18対三菱養和ユース
c0068891_21515767.jpg

c0068891_21523116.jpg
今日、累積そして受験のために出場できない仲間のユニフォームを掲げるベンチ。
c0068891_2156467.jpg
1点目は岩木くん。
c0068891_21563149.jpg
後半、2点目のワッショイ。キーパーまでやってきたよ。秋岡くんがPKを決めた追加点。
c0068891_21572099.jpg
3点目は佐々木陽次くんでした。
三菱養和は後半PKを与え、退場者を出し3-0になりながらも数的不利を感じさせない果敢な攻防でPKから1点を返しました。
激しくなる雨脚に点差も数的不利も有利もカードも何も忘れ、最後まで戦った両チームの選手たちに拍手を。

帰りに今日イエローを貰い決勝戦への出場が叶わなくなってしまった橋本拳人くんのお父さんと会いました。
かける言葉が見つからないほど無念そうなお父さんでしたが、きっと11日には親子とも切り替えて、仲間のために力を尽くしてくれることでしょう。

11日は天皇杯のバスを予約しているので、正田スタに行くのですが後ろ髪を引かれる思いとはこのこと。
来年から大きく形式が変わるこの大会。どうしても欲しい次の1勝です。

*デジカメの液晶が壊れて写真は勘で撮っています。
c0068891_22435931.jpg
いいライバルに恵まれました。
c0068891_22424591.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-09 22:44 | サッカー