<   2010年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

深川で食べたのは深川丼ではなく

デニーズだったんだけどね。
プリンスリーグ関東 FC東京U-18対八千代高校 観戦後に10人で行くところといったら、デニーズくらいしかなかったわけで。

八千代高校との一戦、詳しくは携帯サイトを見てください。(え?)
天気の良い深川には、今年からユースを観始めた人たちの姿も多く、東京中日の携帯サイトで連載されていたユース座談会などの効果が明らかなのではないかと思います。
熱心な応援者の言葉が影響しないわけはなく、クラブからの発信とはまた違った説得力を持つものですね。

c0068891_2329338.jpg
先制点は30分くらい。それまでは落ち着かない試合でした。
c0068891_2342224.jpg
2点目は大きな展開から気持ちよく。前半は2-0で終わります。後ろに見えるマンションですが、あのベランダから試合を観ることができますし、むしろピッチ脇よりよくわかるかもしれませんね。そのマンションの住人も応援にいらしていて。。ビックリしましたね、深川に住んでいると聞いていたので「歩いて何分?」と聞いたら、あそこと指差したのが・・。
c0068891_23452934.jpg
後半に1点返され、また1点追加し、2点目を取られ、3-2で終了。
負けなし!点が取れるっていい、気持ちよい試合でした。

八千代高校も一瞬の隙を逃さず決められるのはいいですね。

キーパーの三浦君はビッグセーブがありましたし、10番の佐々木君には再三感心させられました。
シンゴも良かったと思います。
次の試合は5月2日、11時キックオフ、深川グランド 対戦相手はジェフ千葉です。


ユースの試合をいろいろな人が観に来てくれるのは嬉しいことです。
でも深川のピッチ脇で観戦するときは敷物か椅子をお持ちになった方が楽ですよ。前の方で見るときはみな座ります。後ろなら立って見てもOKです。でないと前に立ってしまうと他の人が見えにくいでしょう。
今日、若い男女が前の方で立って観戦されていたので、座るか後ろに下がってほしいとお願いしました。敷物をお持ちで無かったようなので、敷物をお貸ししますよと言い添えて。
非常にむっとされて、じゃあ下がりますとわずかに10センチ下がられたのですが、そのうち帰ってしまわれました。言われなくても周囲を見て気づかないのがおかしいと思うのですよ。周りが座っているのに自分たちが立っているということに何も思わないということが。
初めてのところでは勝手がわからないので、私も気をつけようと思ったのですが、あの人たちは多分どこでもああだろうな。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-30 00:05 | FC東京

四ツ谷の夜はふけて

昨日は女三人集って、坊主バーに行こうと言う事になった。
何がきっかけか、twitterでわたしが”坊主バーというところがある、本物の僧侶がいるバーだ”というようなことを呟いたのだ。すると行ってみたいとリツイートがあって、ねこ仲間のみゅうさんと182でお馴染みの小鳥ちゃんと行くことになった。twitter話早いな。

バーに行く前の腹ごしらえは「蕎麦善」で。
c0068891_21514157.jpg
四ツ谷駅を麹町・四ツ谷口から出て、新宿通りを四ツ谷三丁目方向に歩いて、三井ガーデンホテルのところを右に曲がる。少し歩くと三栄通りに出ると向かい側の角に感じの良い店がある。
c0068891_21575956.jpg
まず日本酒とつまみにふきのとう佃煮、しその葉味噌、名前を忘れてしまったが山野草の佃煮、焼きソラマメ。酒を生かし素材それぞれの香りと味わいを生かすつまみが揃っている。
蕎麦はおろしぶっかけ。天かすとねぎと海苔、大根おろしを乗せ、つゆをかける。
旨い!やはりこのあたりで蕎麦はここが一番と思う。
クラブについての話はあまり明るくないが蕎麦も酒もつまみも旨い。

c0068891_2214320.jpg
蕎麦善を出て三栄通りをつきあたりまで歩く。突き当たったら左に折れて新宿通りに、三丁目に向かって一つ目のみずほ銀行の角を右に曲がる。荒木町の飲み屋街の暗い道の奥に坊主バーがある。

浄土真宗の僧侶が運営している坊主バーには仏壇や仏画、曼荼羅などがある。しかし何がなくても本物の坊主がいる!!存在感たっぷりだ。
この日わたしたちを迎えてくれたのは浄土真宗の大谷派と本願寺派の女性僧侶1人と男性僧侶2人。
店内を仔細に観察したかったのだが、他にお客さんもいたこともあって遠慮した。
飲み物は普通のバーと同じように揃っていて、カクテルは極楽浄土、灼熱地獄、無間地獄・・・と身につまされるのである。わたしたちは自分たち同士で話をしながら、他のお客さんとお坊さん話に耳を傾け、ときどき入れてもらう。
10時には法要と法話が行われる。お客さんのリクエストで法話のタイトルは決まるので聞いてみたいことを言ってみるといいと思う。担当するのは目が見えないが元気な話好きのお坊さんだ。

この日は執着(しゅうじゃく)について、執着、何かに強くこだわることが悪いのではなく、それによって苦しむことが良くない。執着を持っていても自分の思い通りにはならないということを認めることが大切。

たしかにそうですね。まだ初回の私は心からの言葉を投げかけるまでには至らない。しかしまた訪れてみたいと思う。仏教についてあまりに知らないことがわかったし。
若いマスターは琵琶も弾き、チベットで勉強もしたということだ。少し話しただけでも引き出しが多そうだった。

昔、お寺は人が集まる場所だった。勉強したり、お茶を飲んだり、お酒を飲んで話をするところだった。
そんな場所を都会の夜に提供したいのかもしれない。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-27 23:16

3つまとめて

アウェイのガンバ大阪戦、プリンスリーグ関東、J2のヴェルディ対甲府の試合をまとめちゃう。

c0068891_23241569.jpg
4月24日、昼に打ち合わせがあったので大阪には行かず、LIVREで観戦。
お陰さまで昨日今日と酒が旨くないわ。
みんな思っていることだろうけれど、前半で点が取れていればなー。ガンバの注文通りの試合になって、悔しいったらありゃしない。
いくらチャンスを作っても(いくらって言うほど作れてないか・・)最後に決める人が足りない。じれったいなー。
攻撃にもっとメリハリを、時間をかける時とスピードアップする時とってこれも前に言ったし、セカンドを取れないって何度も呟いてるし、ため息しか出ないのだが、こういうときはユースだよね。折り良く翌日にプリンス関東があるではないか。
*写真は来月から新メニューとして登場するかもしれない「ストロベリースムージー」ですよ。店が暗いから紅茶かコーヒーにアイスクリームが入っているだけかも思ったら、フラッシュ浴びせてみたらピンクだった。


11時KOの試合に自転車で小平へ向かった。相手は市立船橋。カメラ忘れた。
30分前にはすでに市船関係者はたくさん詰め掛けていた。ホーム側の観覧席の中・上段はご家族で埋まっている。
前半はチャンスを作るものの市船のしっかりした守りをなかなか崩せない。でもリズムは悪くない。後半に期待が持てる内容だった。
後半もテンポよくボールを回し、ピッチを広く使ってチャンスを伺う。後ろの方のご家族からはサイドにばかり回すなという注文も。
先制点はコーナーキックから。キーパーが弾いたところを橋本君がすかざす決める。この日は橋本君は2得点の活躍で試合後シャーをしていた。
先制点が入ると途端にゲームが変わる。東京は余裕を持って攻め出し、合計4得点。
市船のキーパーと5番のキャプテンはそれでも最後まで仲間に声をかけ続けた。そうでなくちゃ。

試合後少し残っておしゃべりをして、自転車で家に帰りカメラを持って味スタへ。
とここから何度トライしても写真がアップできないよー。
ヴェルディ戦については明日かあさってだ。結果は甲府の劇的なロスタイムゴールが決まり2-1で勝利。
ヴェルディの1点はPKでまるでどこかのチームみたい。東京のチームは・・・。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-26 00:46 | FC東京

等伯と是真

長谷川等伯没後400年[特別展覧会] 京都国立博物館
c0068891_2226942.jpg
開館は9時半、かなり時間があったので博物館の前にある三十三間堂に寄って、30分前に博物館に向かうと大行列ができていた。
c0068891_2228575.jpg
こんなところで味スタ並みに並ぶとは!最初に何百人か入れ、次からは60人ずつ。私たちが入るまでに45分くらいかかりました。中に入っても人の壁の間から絵を観なければならず、落ち着いて観覧できるような状況ではありません。

水墨画、障壁画、肖像画に多彩かつ非凡な才能を発揮した等伯が現代人にこれほど愛されるのは、すばらしいことと言うべきでしょうが、その本当の良さを味わうことはできたのかどうか。


c0068891_22402618.jpg
翌日に訪れた相国寺承天閣美術館の柴田是真展は月曜のせいもあって、非常に落ち着いてゆっくり堪能できました。
眠くなってしまったので、是真展についてはまた改めて。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-22 22:46

ファーストキャビンに泊まってみた

今回の京都旅行では、気になっていた「ファーストキャビン」を利用してみた。
大阪でオープンする時にテレビで取り上げられて、まだ若い女性の社長がクローズアップされていた。
飛行機のファーストクラスのようなイメージで、カプセルホテルやビジネスホテルより快適。
大阪に続いて京都にオープンしたと聞いて、一度利用したかった。

ネットで簡単に予約でき、時期によっては割引もある。
ファーストクラスは4,800円~5,500円、ビジネスクラスは4,500円。
c0068891_22181866.jpg
ファーストクラスの部屋。シングルより広めのベッド、LAN設備があり、32インチのテレビが壁に取り付けてある。タオルも館内着も歯ブラシも準備されている。
c0068891_2222522.jpg
こんな感じでキャビンが並んでいる。簡易宿泊所という扱いなので、アコーデオンカーテンがドア代わりで鍵はかからない。ベッドの下が暗証番号でロックできる引き出しになっている。男性と女性はフロアが分かれており、フロアに入るにはカードキーかおさいふケータイにダウンロードしたキーが必要だ。
c0068891_22255170.jpg
各フロアに2箇所のパウダールームがあり、まだオープンしたばかりなので当然だが非常にきれいに保たれている。ドライヤーも温泉旅館にあるようなちゃちなものではなく、たっぷりとした風が出る。クレンジング料、洗顔料、化粧水、乳液は資生堂。
c0068891_22313589.jpg
こちらはシャワールーム。床はじめじめしない材質で、清潔感のある設備。シャワーブースだけでなく、バスタブのあるゆったりとした浴室も1つあり、のびのび手足が伸ばせる。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープはクラシエ。

京都の場合、3,4階が男性、5階が女性。4階にフロント、ロビー、シャワールーム、コインランドリー、自動販売機がある。

基礎化粧品もシャンプー類も備え付けのもので十分と思う人は多いと思う。
何より清潔で女性には受け入れられやすいだろう。セキュリティ面もわたしには問題があると思えなかった。

ファーストキャビンは四条烏丸の仏光寺通りにある、落ち着いた通りでこの場所を選んだことは成功だった。
何よりこの界隈では美味しい食事が食べられる。ファーストキャビンのビルの前には、イタリア料理店の「バッサーノ デル グラッパ」通りから見える厨房からは奥にあるゆったりとしたホールはわからない。京都らしい奥の深さ。
日本独特の野菜も生かしながら、優しさのある料理を楽しめる。平日のランチはここで、季節の前菜3種盛り合わせ、生ハムのサラダ、本日のパスタ(鴨肉と季節の野菜)、パンナコッタ、コーヒー。美しくておいしく家族で楽しんだ。

そのすぐ近くには居酒屋「閻魔堂」 民家を生かした造りの店内は通りに面したカウンター、奥と2階のテーブル席は元々の居室をそのまま利用して、落ち着いた雰囲気。
ジャズが小さく流れている暗めの室内で、居酒屋と言ってしまうにはっもったいないような手をかけた料理が味わえる。生ビールが驚くほど旨い。アサヒなのに、よほど新鮮で注ぎ方等にも気を配っている。

しかし最も気に入ったのは、通りをもう少し進んだところにある「田舎亭」
おいしい惣菜とお酒の店。女性一人でも安心して入れる。「閻魔堂」と同じくらい美味しくて若干安く、量がたっぷりあるのが嬉しい。煮浸しはこちらの方が美味しいと思った。
初日に一人で夕飯を。水菜と揚げときのこのお浸し、蓮根饅頭の湯葉あんかけ、お造り盛り合わせ、日本酒は澤屋まつもと 純米酒 京都松本酒店。大変けっこう。

少し足を伸ばせば、フランス料理の「ガスパール」や「イノダコーヒ」も。
キャビンに泊まってガスパールってと思わないでもないが、節約した分を他に使って悪いことはない。

宿泊施設としてはもっと安いところもあるし、もっと快適で上質なサービスを提供するホテルもある。
しかしこの料金では十分に価値が認められると思う。

注文をつけるとすれば、館内着が化繊だったこと。木綿であればもっといい。
化粧室の椅子が低すぎて、座ると鏡が見えなくなることくらいか。エアコンはキャビン毎に温度調節はできないので、暑かったり寒かったりはあるかもしれない。わたしが泊まったときは暑いと思ったので、フロントに言うと調整してもらえたが、他のお客さんが寒がりだったりするとどうなるのだろう。

また利用するつもりはある。もっとも美味しい食事にありつける店が近いせいと言うのもあるのだが。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-20 23:15

京都で京都戦を気にする

はい、みなさん、こんばんは。
京都からお送りしますよ。なんだってホーム京都戦をほったらかして、京都に行っているのかって・・・。

サンガが留守の間に私が京都の町を制圧するので、味スタでは東京がピッチを制圧してサンガをやっつけておくれ!と思ったら・・・

twitterと公式携帯サイトを変わりばんこに見ながら、声援を送っていました。
ムトウさんがアップしてくれた動画で重松がPK決めるところも見られました。勝ったら一人でもいいところでご飯と思っていたのですが、引き分けでしたので地味に飲みに行く予定です。

c0068891_19344134.jpg
鴨川沿いにはまだ桜が残って、十分楽しめます。アオサギ、コサギ、鵜などの姿が見られます。
c0068891_1937131.jpg
アオサギ
c0068891_19373338.jpg
まだ若い鵜
c0068891_19383416.jpg
京都の5つの花街で春のおどりが開催されています。宮川町は”京おどり” 大変見事な宴し物の数々でした。
c0068891_1942131.jpg
北山のマールブランシュでお茶。私は季節の果物のミルフィーユ。苺、キウイ、マンゴなどがカスタードクリームとパリパリのパイの中に。
c0068891_19442433.jpg
友人のモンブラン。
ゆったりと午後を過ごしました。

さてちょっくら行ってこよう。なぜ勝てないかとか考えちゃいそうだけど。
誰かtwitterで飲みに付き合って!なんて馬鹿なことを言ってみたり。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-17 19:47

シオ祭りにリカ祭り

4月14日(水)ナビスコ杯第2戦 対 大宮アルディージャ @NACK5

行ってよかった。風は冷たかったけれど、心は熱くなった。
5時に会社を出て、神田から電車に乗り大宮で降りてからは早足で歩いた。
先に入っていたT.I.Eさんに「席お願い」と呟く。
この日はそのT.I.Eの中の人と暴走大将さんと並んで観戦だ。
大宮はノー残業デーとかで缶ビールは300円!寒いけど飲まなきゃと思って売店に行くと生ビールが目に入って、ついつい安い缶ビールでなく高い生ビールを選択してしまう。しかし、私が差し出したFC東京タンブラーにおにいちゃんはなみなみなみっと生を注いだ。それはもうありえないほどたっぷりと。やっぱりお得だったよ、ノー残業デー。
c0068891_2224115.jpg
9ヶ月ぶりのJ1ピッチに立つシオ。塩田へのコールは力強かった。
c0068891_2262412.jpg
大宮で東京は負けてないし、大宮でシオは無失点らしい。
c0068891_2283729.jpg
一人少なくなってもがんばろうね~
c0068891_22101171.jpg
大宮の守備はコンパクト、何度もオフサイドを取られちゃったり、なかなかチャンスないかなーと思っていたら、リカが独特のリズム感のドリブルで相手を抜いて、キーパーの頭上を越えるゴールですよ。そこからさらにリカはひょいひょいいいチャンスを迎え、惜しいシュートもあった。
後半は早い時間にむっくんが赤紙で退場。マトはPKを外し、10人になった東京は長友、徳永、そして羽生を投入。こんな豪華なサブメンバー意味無いと思っていたら、意味があったのだ。
c0068891_22281029.jpg
ロスタイムは5分だったのよー。後半は写真撮るどころではなかったので、いきなり終わったような印象ですが。
c0068891_22283095.jpg
今日の主審の今村くんってさー、大丈夫なのかな?
c0068891_22284833.jpg
シオ良かった。無失点で勝ちという結果が出て本当に良かったよー。1番のユニ買うよ、あたしは。


帰りは電車が甚だしく遅れておった。
大宮駅近くで何かが燃えた・・と聞いて怒れるリスが大暴れかと思ったが、そんなことはなかった。
どれもこれも遅れているので、どれに乗っていいのやら一人だったら呆然として最悪の選択をするところだったが、冷静な大将さんのおかげで通常の遅れで新宿に到着。熱燗をひっかけて帰ったのだ。


明日の夜、京都にいきまっすぅ。わたしとしては今週末の京都戦は京都でやって欲しかったよ。
みんなに京おどり観てもらえたのにねー。
月曜に帰ります。ホーム京都戦はよろしくお願いします。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-15 22:36 | FC東京

今頃貸しません・・あれ?

かしませんって一発で変換してくれません、うちのパソちゃんは。

明日はナビスコ大宮戦(大宮戦は変換する)ですが、その前に鹿島戦をアップしておきます。
大事な試合でした。
c0068891_2246574.jpg
川崎戦で200試合出場となったナオの表彰が行われました。お父さんとお母さんが花束贈呈。記念プレートとDVDも発売されることになりました。東京を象徴する選手です。最近のファンの人には信じられないようなうんと若い頃の、交代させられてユニフォームを投げ捨てて怒っていたナオが好き。
c0068891_2362811.jpg
鹿島やあちこちから来場されたたくさんの鹿サポさんたちのお陰もありまして、3万人超え。
c0068891_239525.jpg
2日間の非公開練習はこれか、と思ったのはロングボールで鹿島に隙を作ろうとする動きでした。東京は運動量も多く、いい入りができました。CKのときにファウルを受け(今ちゃん?)、平山がPKを決めて先制しました。欲しかった先取点!
c0068891_23245184.jpg
重松が転がってます。厳しい守備でした。サイドの攻防は非常に見ごたえのあるものだったと思います。
c0068891_23282985.jpg
前半に追加点が欲しかったところですが、一瞬の隙をつかれ同点でハーフタイム。ミドルシュートをはじいたところへ興梠が・・・。ほんの少しの隙も見逃してくれないな。大体、あの時あのエリアに何人鹿島がいたんだろう。
c0068891_23401481.jpg
後半はちょっと運動量が落ちましたかね。押し込まれる時間帯もありながら、こちらにチャンスもあり。まことに残念なことに勝ち点1で試合終了。
壁は厚く高いといったところでしょうか。でも確実に進化しているとも思えました。点が、とにかく点が入ってれば!
c0068891_23424233.jpg
試合後に権ちゃんが倒れて担架で運ばれました。接触してピッチに頭をぶつけていたそうですね。明らかにラインを割っているボールをキャッチしたりしましたから、あの時すでに脳震盪でよくわかっていない状態だったのかもしれません。特に問題はなかったようで、何よりでした。

勝ちたかったなー。

明日はシオが先発するようで、行く甲斐がありますよ。がんばるぞっと。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-13 23:48 | FC東京

プリンスリーグ開幕

順番が違いますが、本日(4月11日)のプリンスリーグから。

JFAプリンスリーグU-18関東はJリーグと同じ様に24チームが1部と2部に分かれて、4月から7月まで11試合が行われます。
1部の下位4チームと2部の上位4チームが入れ替えとなります。
昨年度FC東京U-18は1部1位、三菱養和SCユースが2位でした。

開幕となる今日の試合は深川グランドで昨年度2部4位で1部昇格を果たした武南高校です。
昨年度1位対2部4位とは言っても、3年生は卒業して抜けているわけですから、圧倒的な力の差があるわけではありません。

この日の深川は初夏の陽気。折り畳み傘の用意はしていたのに帽子は無し。暑くて日焼けによるシミの心配をしながらの観戦となりました。今思ったのですが、雨傘でも差していればまだましだった!

FC東京ファンもピッチ脇に5~60人くらい?来ていましたが、やはり数では応援団や同級生、卒業生が押し寄せる高校にはかないません。東京の数倍は応援に来ていました。武南にはチアもいましたね。

武南高校は運動量も多く、切り替えが早いチームでした。ボールを持ってもなかなか自由にはなれませんよー。
c0068891_0102067.jpg

c0068891_012166.jpg
武南高校は声もよく出ていましたね。バックの選手がときどき怒るんですよ。がんばっていました。

c0068891_0225324.jpg


11番の秋岡選手が得たPKを自分で決めて先制。
c0068891_0351065.jpg
はじっこに集まって喜ぶ選手たち。観戦している武南高校OGらしき女性が”なんであんなはじっこで?”と素朴な疑問を。その後1点を返され1-1でハーフタイム。
c0068891_0382741.jpg
2点目は22番の村松選手が上げたクロス?がそのままキーパーの頭上を越えてゴール!何度かいいチャンスを迎えながら、相手の守備に防がれ焦りが出てきそうな時間帯に大きな追加点。このあたりからパスが何本もつながりチャンスが増えたような。3点目は速攻で交代で入った橋本選手が頭で決めました。
c0068891_049547.jpg
3-1で初戦勝利。精度が東京の方がちょっと良かったかも。そして体力も少し上回っていたかもしれませんね。決して楽な試合ではありませんでした。
c0068891_053321.jpg
挨拶後、むらまつコールを受け、この上なく恥ずかしそうに「シャー」をする村松選手です。

東京が対戦するのは三菱養和、マリノスユース、ヴェルディユース、桐光学園、流経大柏、浦和レッズユース、ジェフU-18、八千代高校、ベルマーレユース、市立船橋、武南高校です。
ホーム&アウェーで行われます。お時間があるときはぜひU-18を応援に行ってみていただければと思います。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-12 01:01 | FC東京

決まる気がする

c0068891_14204230.jpg
うちの裏の畑が菜の花畑になっている。

川崎戦でポストやバーに嫌われまくっていたシュートが、なぜか今日はズドーン、シュポッ、きゅいーんと入るような気がする。そんな天気。

本日の一品は青木屋さんの「黒どら」だ。これはうまいよーー。
多分早くなくなってしまうから、わたしは近くの青木屋さんで買おうかな。
でも”みんなで粒アンを食べちゃおう”って苦しすぎるよね。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-10 15:05 | FC東京