<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

私やあなたがやらねば誰がやるってわけで

新体制発表から東京中日、エルゴラはもちろん、サッカーマガジンの東京特集、スポーツ新聞各紙、テレビに東京関連の露出が多くなっています。

城福さんの言ったように今年はW杯があり、例年よりもサッカーが注目される年。
日本代表には内容も結果も期待したいと思いますが、各方面の注目が集まる年にJリーグも今以上の盛り上がりを手にしたものですね。

城福監督の話を聞いて(読んで)、自分も頑張ろうと思った人も多いと思います。
わたしたちに話してくれたことは選手たちにもミーティングで話したこと。フロントスタッフも選手もわたしたちファンも”心をひとつに”新しいシーズンに立ち向かっていきましょう。

てことで、今年の課題。

いつ味スタは満員になるのか?

昨シーズン最も入場者数が多かったのはやはり浦和戦で11/8 40,701人
あのナオのハットトリックがあった大宮戦は18,886人ですよ。なんてもったいない。
5/24の川崎戦、27,851人。負けてしまいましたが前半は良かったです。
ナビスコ準々決勝名古屋戦は平日ということもあり、12,226人。準決勝対清水第2戦が22,181人でした。

とにかくもっと多くの人に見てもらいたい試合だったと思うことが度々です。

日々、チャレンジして成長していく選手・チームを継続して見ていく喜びを味わってほしいですよね。

注目度が上がって、初めて来るような人にも楽しめる試合ができるかどうか。
代表選手をテレビで見て、味スタにやってきたけれどその選手は出ていない、がっかりというのではなく、それでも面白かったと言われるような試合が目の前で展開されていれば、また来たいと思ってもらえると思います。

そして、上位に負けない。同じチームに2度負けない。特にホームで負けない。ここはお願いしておきたい点です。勿論負けてしまうときもあるので、そういうときはやっぱり「ちゃぶ台返し」ですかね。

ここという試合、大事な試合とスタッフが思い、選手が感じるような試合には味スタが満員になる、そういうシーンが今年は見られますように。


そして、twitter上で「わたしたちにも覚悟が求められる」という呟きがあって、私はそれはどういう覚悟なんだろうと思ったのです。
サッカー界を牽引するようなクラブになると城福さんが仰った。

わたしたちもそれに相応しいファン、サポーターになる・・。
上から目線で偉そうなサポーターにはなりたくないしね。
ま、とりあえず出来ることからきっちりとやるっていうことは大切ですね。
SOCIOになることもそうですしクラブサポートメンバーに入会する、株主になれる人はなるってことですかね。
何度か言っていますが、SOCIOの料金は試合数で割るのではなくて、1年365日で割ってみてください。
一番安い自由席¥25,600を割るとわずか70円。
Jリーグを牽引していこうとするクラブをサポートするために、1日70円出せないことはないでしょう。
あなたが行けないときも、あなたの思いはきちっと味スタに生きてるってことですよ。
行けないときはそのチケットは無駄にせず、誰かに譲ってあげればもっといい。

ファンクラブとユースサポートメンバー(ビッグフレームス)が一緒になって、新しくクラブサポートメンバーとしてスタートしました。
1口千円ですが、これまでユースサポートメンバーだった人にはその分(1万円)の振込用紙が同封されています。その振込用紙、無駄にしないでくださいね~~

ユースサポートというとユースに関心のない人にしかなかなか意義が伝わらないということか、1口千円で幅広く募るのですが、この機会にJクラブが下部組織を持っている意味を浸透させていければいいですね。

下部組織の充実無くして、クラブの強化はあり得ないと言ってもいいくらいですから。

先日配達されたビッグフレームス通信にはU-18監督の倉又さんが「6年間の集大成」と一文を寄せています。昨年はJリーグ・サンスタートニック杯優勝で締めくくった年でしたが、倉又さんも手ごたえを感じたようです。
「今年の3年生はU-15むさしの1期生の学年、そしてU-18が小平に練習場を移し、都外の選手をはじめて受け入れた学年でもある。FC東京で6年間育てた選手と、素質を見込んで受け入れた選手が、最高のチームとなって優勝杯を手にし、U-15深川・U-15むさし・そして外部からの加入選手がそれぞれ1名ずつFC東京にプロサッカー選手となった記念すべき年。歴史に残る、素晴らしい1年だった。」

ここはひとつですね、こどもが1人増えたつもりで、ご自分の気持ちを金額に表してご支援よろしくお願いいたします。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-28 18:42 | FC東京

新体制発表会@嘉悦大学

新体制発表会に呼ばれたペーニャに欠員が出て、小平をうろうろしていた私に声がかけられました。犬も歩けば棒に当たる。
内容については東京中日が1面で取り上げてくれています。非常によくまとまっていますので、どうぞそちらをご覧ください。保存版ですね。みなさんご存知と思いますが東京中日の担当さんが松岡さんから占部さんに変わりました。占部さん、どうぞよろしくお願いします!

ですので、写真をいくつかあげて、新聞が伝えていない部分をできるだけ紹介しておしまいってことで。
昨日の夜アップすれば良かったんですよ。でもちょっと飲んだので・・。

c0068891_14501067.jpg
嘉悦大学の教室で行われました。
c0068891_14504767.jpg
こういうところです。それほど大きな教室ではありません。サポーターは100人ほど。
c0068891_14565020.jpg
Lollapaloozaの曲にあわせて踊るドロンパ。
c0068891_14573061.jpg
社長の挨拶。
これまでは小平のミーティングルームで窮屈に行ってきました。資料を配って説明するだけでしたが、少しでも多くの皆様に見ていただきたいとこういう形にし、twitterやweb配信という形も取り入れました。
今年のスローガンは引き続き”Mooving football”そして”~心をひとつに~”としました。
代表に多くの選手が選ばれ、W杯に出場してほしいと思います。しかし、全員揃っての練習は少なくなる、その中でどうやって戦っていくか、監督の指導力その他さまざま問われるでしょう。
”One team,One Dream,whatever it takes" そこで”心をひとつに”です。
〇クラブサポートメンバーを老若男女10万人と目標にしました。1口千円からのメンバーを10万人集めて、それをユースの強化にあてる。10万人が支えるユースのチームにしたい。
〇首都東京における展開--サッカースクールを10会場に。小学生への働きかけの強化を。
これらの取り組みから10万人の心をひとつにしたい。
c0068891_14575218.jpg
三田涼子さんが登場してドロンパと一緒に新入団選手紹介です。
c0068891_14581710.jpg
1人ずつ名前を呼ばれて壇上に上がります。やはり、ユース出身の選手への声、拍手が大きいのです。
c0068891_14583752.jpg
リカルジーニョ選手。21歳とは思えないほど落ち着いた印象です。とにかく真面目ですねー。自分自身の性格についても「落ち着いている」と言っていました。仙台に以前行ったことがあるそうです。
c0068891_14585655.jpg
キム・ヨングン選手。大学在学中です。かなり緊張していたようで、質問と答えにずれがあったように思うのですが、もしかしたらそれは通訳さんも緊張していたのか、日本語がそれほど得意でない通訳?のせいか。けっこう簡単になっていたような気がするんです。日本人の親切さが特に印象深いようです。性格は人見知りです。
c0068891_15455766.jpg
ユース3人組。やはり初々しく緊張しています。
重松くん「小さいころからの夢がかなって嬉しい。どこからでもゴールを狙いたい。」平出くん「プロを目指して山梨から出てきたのでよかったと思います。今野さんの強さを見習いたい。」 阿部くん「1個上の先輩が上がれなかったので3人上がれて嬉しい。目標は長友祐都くんです。」

c0068891_145950100.jpg
監督の今期にかける思いは東京中日、そしてエルゴラ号外で!
c0068891_1501163.jpg
2分8敗、そして23節、ここをスタートにしないと本当の優勝争いはできない。このことは私達も忘れてはなりません。
c0068891_1503244.jpg
サリです。スーツでお仕事をするサリを始めて見ました。後ろにいるのは突っ込みたい人No.1の韓国語通訳さん。
c0068891_1505345.jpg
ユニフォームでの写真撮影。まず壇上で社長や監督とともに。そして壇から降りて、この後はサポーターとの集合写真に。
c0068891_1511862.jpg
森重選手はしきりに隣のドロンパにちょっかいを。
c0068891_1513942.jpg
囲み取材での森重真人選手。負けず嫌いで試合中カッとなることもあります。モリゲと呼ばれたいそうですが、私はあまりセンスのある呼び名ではないような気がするのです。
c0068891_152668.jpg
高橋秀人選手。社交的でなく活動的でない性格だそうです。ブルーノ選手を尊敬しています。人間としても素晴らしい。ヒデと呼んでください。3年目という意識で頑張る。
c0068891_1522812.jpg
松下年宏選手。お笑い担当です。ワンちゃんと呼ばれています。王監督に似ていると言われたのが始まりだったとか。
囲み取材はこの後も背番号順に続きましたが、時間も時間なので帰りました。
c0068891_1524594.jpg
新しいユニフォーム。なんとか体裁が整いました。胸がLifeval、背中がtepco、腕が三菱商事。パンツが東京ガス。

監督への質疑応答から
今年は限られた予算の中でのベストの獲得だった。新しい選手は違う色を出して欲しい。ユースの3人には1日も早くお客さんから脱却してほしい。1年目だからこそ、1分でも多く出てやるという意識で取り組むことが大事。
新加入の選手はみな、このチームで成長したいと強く思って来てくれた。契約について言えば、東京が全てに優位で進んだわけではない。リカルジーニョも気持ちの強い、ハングリーさがある。一緒に小平で成長する時間を過ごしたい。


テレビの囲み取材が終わってから、活字或いはネット媒体の取材があるわけで選手のみなさんも記者さんライターさんもお疲れ様です。
1年目の選手たちは疲れたでしょう。まだまだこれからいっぱい、いっぱい活躍して嫌って程取材を受けるようになってくださいね。

長くなりましたが、とりあえず今日はこんなところで。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-24 16:15 | FC東京

今年初の小平

行ってきました。自転車で。
c0068891_1419436.jpg
新しいシーズンが始まりますよ~
いい準備をして、大きな意味のあるシーズンにしたいですね。

c0068891_14184716.jpg
たくさんの人が詰めかけて、笑顔が見られて報道陣の数も今までで一番ではないかと思われます。期待の現われですね。ドロンパも新しい服でファンサです。
c0068891_14191181.jpg
どう?かっこいいでしょ。小学校の入学式か七五三みたいです。新しいユニをまだお披露目できない事情でしょうか。夕方の新体制発表会には胸スポンサーが入っているといいですね。まあ、今年は無しでもいっそ清清しいという覚悟もできています。
c0068891_142010100.jpg
到着してから30分くらいして選手たちが登場です。
c0068891_14202498.jpg
徳永が選手会長でしょうか。そろそろ色々な責任を背負って自覚を持ってますます活躍してほしいところです。
羽生さんが休みなので、急遽監督に指名されたそうですね。選手会長は引き続きシオ。
c0068891_14205887.jpg
城福さんの挨拶はエルゴラ号外でも触れているとおり、現在のJリーグが置かれた状況を打破するためにも、われわれ首都のクラブが本当の意味での優勝争いに常に絡んでいかないとならないと強い決意を語りました。
c0068891_14211716.jpg
新入団選手たち。これまでにない色で魅力のある模様を描いてくださいね。
c0068891_14213335.jpg
これが本日配布されたエルゴラ号外です。

この後の練習はランニングだけを見て、寒いのでさっさと帰りました。ドトールは24日まで休みだし。


選手のみなさんにとって、怪我の無い充実したシーズンでありますように。
城福さん、体調に気をつけて、期待してますよ。

背番号は驚きもありました。それについてはまた夜か明日にでも。
これからまた出かけますので。

小平からの帰路は丸亀製麺で釜揚げうどんを食べ、多摩湖自転車道に出ている売店でお饅頭やキムチを買い、(手作りの和菓子と惣菜の売店が毎週末出店しています)、西調布のパン屋さん「ハイジ」で天然酵母パンを買って帰りました。
これ全て美味しくて満足です。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-23 14:43 | FC東京

男は黙って・・・・

アニキー
30になったら日本に帰ってこようと思っていたなんて言う男がいるんですよ


なぁにぃ やっちまったなー

男は黙って  立つ!




ずっと考えていたのに孔子しか思い浮かばないなんて・・・
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-22 23:55 | お茶のみ話

ブラジル人FWがやってきた

今か今かと待ち望んでいたたっちゃんの完全移籍のお知らせ、そしてブラジル人FW加入のお知らせが!いよいよ春は間近いですね。

ブラジル1部のアトレチコ・パラナエンセに所属するリカルジーニョ(21)。
東京中日にではこのように紹介されています。

リカルジーニョは城福監督の標ぼうするパスサッカーに合致するスタイルやプレーの質、量を兼ね備え、21歳という若さとともに、米国・MLSでのプレー経験もあるため、適応能力への期待も大きい。

期待も大きい

いいですねーお見合いの釣り書や結婚式の挨拶みたいなもので、この時期は悪いことなんて書きはしません。
名門パラナエンセの下部組織育ち、16歳でトップデビュー、快速ドリブルとしなやかな技術が売りということで、楽しみです。相太とも相性がいいんじゃないでしょうか。シュート技術も高いといいですね。

うちにお金が足りないせいか1年間のレンタル移籍だそうですが、大活躍して完全移籍(アラブのクラブではなく、あくまでも東京に!)してほしいものです。


アトレチコ・パラナエンセのホームユニは赤黒ですね。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-21 11:05 | FC東京

スカパー総集編

木曜日にLIVREでスカパーのFC東京全ゴール集とチーム総集編を見ました。

ゴール集をわくわく待っていたら、なんと!東京のゴールだけではなくその試合の全ゴールじゃないか!
誰がそんなもの見たいと?
開幕1,2試合目の映像で口元が笑顔のまま固まりましたよ、ぅぅ

柏さん(-16)や千葉さん(-19)大分さん(-24)は目を開けてはいられないでしょう。


あの頃はどうなることかと思ったなー

総集編は良かったですね。
城福監督が試合を振り返り、ポイントを解説してくれます。
面白かったのが、試合後のインタビュー映像。 監督、負けたときあまりにも恐いんですが・・・

ホーム川崎戦後には寄らば切るぞ的なオーラが漂っていて、わたしが記者なら手を上げるのもおずおずしてしまいますね。
あー恐い上司だよなー。

そんなピリピリムードの中、無理やりにでも引きとめてコメントを取るライターのみなさん、がんばってください。

途中から突然、石川直宏物語になって(編集した人の気持ちがわかります。そうなるよねー)、また監督の解説に戻り、なかなか楽しく見られました。

ターニングポイントになったガンバ戦のハーフタイムには、試合中苛立ってミスをする梶山に対してナオが「お前のチームだろう、お前が乱れてどうするんだ」と声を荒げたそうです。

そして、監督の言葉(今野のボランチに満足していない、CBコンバートはポジションを奪われたということ)に号泣した今ちゃん。いろいろあったシーズンだったのですね。

厳しい言葉をかけるのは覚悟がいります。自分自身もやるべきことをやって初めて信頼関係が築けるということがわかるエピソードでした。

もう一度見たいです。そのためにスカパーに入るというのもあれですが。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-17 12:04 | FC東京

東アジア選手権チケット入手

c0068891_1751583.jpg
これが今話題の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」です。

ただいまtwitter上FC東京サポーター中心に大変な人気!売り切れ続出?
ごま油の中にざくざくとフライドガーリック、フライドオニオン、ごま、唐辛子が入っていて、スプーンなどで混ぜて使います。それほど辛くないので、何にでも合いますよ。

みんなが夢中になって買いに走っているので、

胸スポンサーは桃屋で決定!
胸に三木のり平の顔が!

などの情報が流れましたが、完全にネタですのでお間違えのないように。

もうここまできたら、漢字でも・・・漢字はやっぱり・・

さて、東アジア選手権、今日発売ですね。

とりあえず味スタのみ買いました。
国立は11日は行くかも。14日は何時キックオフかにもよります。13、14は恒例の大和川酒造ツアーなので。

今日はこれから、明日がお誕生日の、清貧に甘んじている役者さんがごはん食べに来ます。
チケット代払えたのかな?
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-16 18:03 | お茶のみ話

代表に5人選出

今日の東京中日1面は平山の代表選出を伝えるものだった。常連の長友、人気No.1のナオを抑えての大きな大きな1面。えらいぞ相太!ていうかえらいぞ東京中日。相太への期待の高さが表れている。
いじられながらも今に見ていろと臥薪嘗胆を誓った相太と東京サポーターについに陽が当たったのだ。薪の上に寝るなんて・・・いくら酔っ払っても無理。

まあ、これからですよ。これから。真価を発揮するのはまだこれから。

嬉しいけれど、大変なことになったな。
どこぞの赤いチームは6年ぶりに代表選出が1人で、その1人もどこかに行ってしまうかもしれないということだ。
会社では、すごいねーそろそろリーグ優勝しなきゃねと、プレッシャーをかけられたのだ、

最近、FC東京関連の大きなニュースの時は東京中日が売れるのが早いのでは?
京王線某駅で購入(自宅では定期購読しているが、平日は実家なので)すると、売店のおばさんが“今日は東京中日だわ”と呟いたのだ。おばちゃん、それtwitterで呟くと祭りだよ。
いいことなのだ。

寒い日が続いたせいか(国立が寒かった)、年末年始ののんべんだらりの生活のせいか、また神経の痛みが起こって、いつもの整骨院に昨日から治療に通うことになった。
飲み屋ではなく病院関係に行きつけができてもあまり嬉しくないか。

帰りにスカパー見にLIVRE行くかなぁ。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-14 15:56 | FC東京

高校サッカー選手権決勝戦

c0068891_19455671.jpg

山梨学院対青森山田の戦いは、前半に碓井鉄平君(U-15むさし出身)の良くコントロールされたシュートが青森山田のゴールに突き刺さり、山梨学院が国立で初の栄冠を勝ち取りました。

両チームの良さが出たいいゲームでした。
私の席の周囲はニュートラルな人が多かったのですが、前半次第に山梨学院の攻撃に惹きつけられていくのが分かりました。
優勝に相応しかったと思います。

おめでとう。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-11 19:45

最後のロッカールーム

最後のロッカールームには泣き声が充満している。
地方大会で優勝という歓喜を経験し、ここまでの1日1日を大切に宝物のようにして過ごしてきた選手権の日々。
2回戦3回戦と勝ち進んでも最後に頂点に立てるのはたった1校。それ以外は終了の笛が鳴った瞬間から、ピッチでもロッカールームでも涙がとめどなく流れて、思いを言葉にすることも難しいほど泣いてそれぞれの地元へ帰っていく。
突然訪れる最後のゲーム。
監督はありがとうと何度も感謝の言葉を口にする。

ここまで連れてきてくれてありがとう、悔いることは何もない、君たちと出会えて良かった、楽しかった、ありがとう、ありがとう

また、選手たちを称えて、敗戦は自分のせいと謝る監督もいる。

悪かった、自分の経験不足だった、来年またがんばるから

「もっとみんなでサッカーやっていたかったのに」と叫ぶ選手がいる。

これからの人生に比べれば、あまりにも短い80分であり、90分であり、数日間の選手権の日々。
そこで見たものはなんだったのだろう。
彼らの涙の意味とともに、わたしたちを惹きつけてやまないものがそこにある。

思い通りに行かない人生の中でも彼らを支えるものであってほしい。

監督は3年生と握手をする。3年生は下級生と抱き合う。
最後のロッカールームを去る彼らの背中に拍手を。

残ったのは2校、明日は決勝。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-01-10 13:28 | サッカー