<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ディープな大阪とJユース杯優勝と

年末はやはり忙しく、大阪から戻ってからはブログを更新する暇もなく、大晦日が今週初めの更新となりました。

c0068891_22112243.jpg
いつも大行列で素通りするだけの道頓堀のたこ焼き人気店も早い時間なので、すぐに買えました。赤鬼です。
c0068891_22114587.jpg
くいだおれ人形も健在。ビルはゲームセンターなどが入っています。
”えらいめにあいましてん、そやけどちょっと楽しおましてん”という太郎のコメントが少し切ない。
盛んに記念写真を撮る人たちが列を作っています。
c0068891_2212778.jpg
こちらも人気店の大たこ たこは確かに大きいのですが赤鬼の方が美味しいと思います。
c0068891_22124620.jpg

老舗の「はり重」と松竹座です。はり重さんでお弁当を買って松竹座へというのがいいですね。

夜は新世界でディープな大阪を楽しみました。
明治36年に勧業博覧会が開催され、その跡地の一部が払い下げとなり開発が進められたのですが、北半分はパリをモデルとして、南半分はアメリカのコニーアイランドをモデルにというのですが・・・。
ジャンジャン横丁や動物園前のガード下などは戦後の一時代を感じさせてくれる貴重な空間となっています。
道端に並べられた露天で商われているのは、版権や商標権などという概念からは遠く離れているようで、仕入れのルートだってどうなんでしょう。妄想をたくましくしてあれこれ覗いてみました。
無闇と並ぶ串カツ屋は傾げていたり、凹んでいたりしますが、その方が旨そうに思ってしまうのは既に難波マジックと言うべきでしょう。
その1軒、「近江屋」のカウンターで串カツとビールで祝勝会をしました。
東京で供される”ちゃんとした”フライではなく、衣はアメリカンドックを軽くしたようなふわふわした厚めの衣です。同じ串かつと言っても店によって衣や油そして勿論具に違いがあるようですので、あちこちで試されたらよろしいかと。
ピンクというかエロというかその種の映画がかかる小屋があり、坂田三吉の「王将」を思い出させる囲碁・将棋場もあり、一度はまったら抜け出しがたい怪しい魅力のある大阪の一面を味わってきました。


この話の展開でユースなのか・・・・

c0068891_22492879.jpg
GK 1 崔 創喜・DF 4 廣木 雄磨・DF 6 平出 涼・DF 26 松藤 正伸・DF 3 阿部 巧・MF 14 三田 尚央・MF 8 年森 勝哉・MF 18 山崎 直之・MF 11 梅内 和磨・FW 9 山口 潤・FW 10 重松 健太郎
c0068891_22495497.jpg
先制点は重松くんのフリーキックが直接決まる。広島もファールは注意していたのだろうが、東京のエースを止めるにはファールしかなかった。
c0068891_22501487.jpg
今大会得点王の三田くんが止めを刺す。インタビューの時も涙が止まらなかった。色々な思いがあるのだろう。
c0068891_22504077.jpg
噂に違わぬ根性を見せてくれた広島、1人少なくなってからの個々の頑張りは素晴らしかったし、判断もむしろ落ち着いてきた。その広島に勝ったことは本当にすごいこと。
c0068891_22591081.jpg
倉又監督の最高傑作が優勝という結果を出した。毎年かなりなメンバーが入れ替わる中でいいチームを作ってくれることに感謝したい。
c0068891_22593580.jpg
おめでとう、このメンバーでの最後の試合。明日からはそれぞれの道へ。
c0068891_22595211.jpg
こんなこともあったねと懐かしく思い出すこともきっとある。
c0068891_23302062.jpg
エルゴラのMOPは18番の山崎ナオだった。強くなったね。
c0068891_23304147.jpg
わになれ東京!

いろいろなことが日々を重くしていくこともあっただろう。前を向けないこともあったかもしれない。
でも苦しんだこと、悩んだことは決して無駄にはならない。これからも逃げずに立ち向かって欲しい。


今年もお付き合いいただいたみなさん、ありがとうございました。
ではまた。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-31 23:43 | FC東京

読んでから行け

c0068891_1614309.jpg

実家で大掃除中。自宅よりきれい。自宅は来週だ。待ってろ猫たち。

Twitterでのaoaka-noteさんとよっちさんのJユース決勝を控えてのやり取りが面白い。昼休みに質問をして答えてもらってから、仕事に戻る人がいたり。

東京U-18と広島ユースについて事前に情報を得たい人は、twitterのTLを追ってみて。
そしてエルゴラの表紙は凛々しい重松健太郎。

気合いと根性のサンフレ対ダイナミズム溢れる、倉又監督最高傑作の東京の戦いは明日、長居で13:30キックオフ。

行かなきゃ、その興奮も喜びも息づかいも叫びも涙も、そこで感じなくちゃ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-26 16:14

見てから行け!

Jユース杯準決勝での全ゴールがyoutobeで見られます。

撮ってup してくれた人に感謝!

これを見たらあなたも長居に行きたくなる!

Jユース杯準決勝全ゴール

そして得点ランキング

1位が三田君、2位が重松君です。梅内君も山口君もランキングに入っていて、羨ましい得点力。

youtubeを見てもわらわらと湧いて出るような動きが凄いです。

ねぇ楽しみでしょう?


決勝は準決勝に続いて願ってもない相手となりました。

広島ユースです。

2006年に決勝で敗れた相手。クラさんも燃えています。


広島ユースの特徴、決勝の見どころなどは aoaka-note さんがあげてくれるのではと楽しみにしているところです。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-24 13:17 | FC東京

わたしを長居に連れてって

Jユースサンスタートニック杯準決勝。
FC東京U-18対ガンバ大阪ユースは5―1で東京が制し決勝進出を決めました。

決勝トーナメント2回戦は三菱養和ユースとの対戦。事実上の決勝戦とも言われ、進境著しい養和を4―1で破り、準々決勝では名古屋グランパスU-18を7―1という大差で退けました。
そして今日のガンバです。あのガンバユース。2006年12月江戸川でU-15深川と対戦したガンバのジュニアユースは別格だった。先の試合で7点も取ってしまって、大丈夫だろうかと思っていたが、全くの杞憂。昇格する3人がみな得点したようだ。
 
残念だが、そのどの試合も見られなかった。今年は家庭の事情で例年の半分もユースの試合を見ていない。今日も出勤だ。
でも今年は決勝には行けるかもしれないと思っていた。仕事納めがいつもより早く、トップの試合もない。その時に財布と相談してみてと。

さて、その時は来た。財布はどうぞどうぞとも言ってはくれないが、絶対ダメとも言わない。スカパーで放送はある、さてどうしようと少し考えた。

あなたならどうする?

迷った時はgo!じゃないか?

往復夜行バスで行くユースの旅完結編。
さぁお楽しみ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-24 00:10

ファンクラブ通信

c0068891_2324964.jpg

こんばんは。ファンクラブ通信 Vol.16は浅利と藤山の対談。梶山単独インタビュー。そしてスペシャル対談として羽生さんとヨネが登場しています。

私たちが予想も出来なかった程の目覚ましい活躍をして見せたヨネが加入した年に、アマチュアの頃からチームを支え、チームと一緒に成長してきたフジとサりが去る事に、悲しさや寂しさだけでない確実に未来へ繋がる東京を感じます。

そして東京の10番は中学生の時から梶山だったということを、写真を見て納得するのでした。


ファンクラブ通信が2部ありますが、どなたか欲しいですかね。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-22 23:24

見てますか?跳びますか?

男の人は足があったかいから寒くなるとやっぱり傍に一人は置いておいた方がいいかなと思う、そんな時期にFC東京サポーター同士が結婚し、二次会が大崎のFootNickで行われました。
c0068891_10323341.jpg



少し早めに行ってみると、裏の方でダンマク書いているからと言われて手伝いに行きましたが、私に出来ることは声援&撮影くらいでしたので、早々に戦力外通告を受けました。
フリーハンドでスプレーを使って”みっち~は俺の嫁”なんて書いていました。
c0068891_10325358.jpg

しかも裏の方と言っても、あの大崎駅前の堂々としたThinkParkの1階ですから、揮発性の臭いを発していると警備員さんが心配してやってきます。床に塗料が付いていないかしっかりチェックしていましたね。

花嫁さんのみっち~はウエディングドレスの裾をたくし上げて、あっちに行ったりこっちに行ったりしています。まあ、二人とも大人ですから、今さらしおらしくしても仕方がないのです。
二次会に先立つ結婚式ではおそらくトキメキなどもあったのかもしれませんが、二次会はほとんどがサッカー仲間の集まりですから、お互いに等身大です。
婿さんはFct-fan さんです。お育ちがよろしいのですが、観戦中は熱くなりすぎ嫁に顰蹙をかうこともあるようです。

Fct-fanさんのゲーフラも作られて披露されましたが、素晴らしい出来でした。あれはスタジアムで掲げて欲しいと思います。でも自分の応援になっちゃいますけどね。
c0068891_10343756.jpg



店はぎゅうぎゅうでした。
c0068891_10345835.jpg
80人くらい集合したでしょうか。お祝いの言葉やらトランペットやら元気よくみんなで祝福しました。東京ファンってノリが良いというのか乗りすぎ傾向にあるというか、1,2回しか会ったことがない人まで参加して自分のことのように喜んでいました。
c0068891_10375122.jpg
相変わらずこんなことをやらかす人も。FOREVER LOVE MICHIKO
背中で多くを語る男です。

こんなにたくさんの人に祝ってもらえて幸せだとみっち~は何度も口にしていました。
あれこれ考えていたら、踏ん切りのつかないことって色々ありますよね。
結婚もそんなことの一つかもしれません。

 Leap Before You Look     by W. H. Auden

The sense of danger must not disappear:
The way is certainly both short and steep,
However gradual it looks from here;
Look if you like, but you will have to leap.

用心するがいい
ここから先は緩やかに見えていても、険しく急な道だ
見るなら見てもいいが、君は跳ばなければならない


危険を覚悟で跳ばなきゃならないことなのか、結婚は!
かえって怖気づかせた可能性があることを自覚して、お祝いのことばと代えさせていただきます・・・。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-20 11:18

退団するモニが本気で伝えたかったこと

8日にモニがFC東京スクール飛田給校のコバクラスに飛び入り参加した模様が携帯サイトの<コーチ道>で伝えられている。
寒い中、ウインドブレーカーも着けずに本気でプレイしたモニは汗びっしょりになっていた。
子どもたちは「速い、上手い、強い!」と驚きの声を上げていたという。
こどもたちに囲まれて必死にボールをキープするモニ、子供たちを抜き去ってシュートするモニ、大人げないと思っていたこどもたちが次第に真剣にボールを追って、モニに挑んでいく様子が目に見えるようだ。

もうこのクラブでプレイすることはないけれど、サポーターの前では、スクールの子供たちには一生懸命、精いっぱいの姿を見せる。

モニはどんなことを伝えたかったと思う?

プロとしてプレーしてきた喜び、苦しみ、誇り。
サッカーで得たもの、サッカーから掴んだもの。
FC東京が好きだということ、東京のサポーターが好きだということ。
モニがどれだけ東京が好きだったか、東京のサポーターが好きだったかわかるよね。
だとしたら、FC東京をもっといいクラブにしていくこと、強く愛されるクラブにしていくことがモニの思いに応えることだと思う。

毎晩色々なことを思い出す。
サポーターは親みたいなものと言ったモニ
一生FC東京にいたいと言ってくれたモニ
負けが込んで今ちゃんとクリの頭を刈ったモニ
そのひとつひとつが私たちとモニの繋がりを強くしていった。

モニの思いはこどもたちにも一緒にいたコバにも、土曜日の味スタでも伝わっていた。

モニみたいな存在がうちにとってはきっとこれからも貴重で必要な存在だって俺は思っていたから ナオのオフィシャルサイトから

納得できないが受け入れるしかないということが今年もまた一つ積み重なっていく。


うちの子が頭から湯気を出して怒っていて、私は説得する言葉を持たないし、ただ茂庭照幸という人に感謝して、今後の活躍を祈ることしかできない。
そして、自分にできることをこれからも一生懸命やっていくよ。
大人だっていろいろ辛いけれど、我慢して飲み込んでいるだけさ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-16 17:29 | FC東京

人生 別離足る

君に勧む 金屈巵
満酌 辞するを須いず
花発いて風雨多し
人生 別離足る

親しい友よ君に酒を勧めよう
どうか辞退しないで受けてくれ
花が美しく咲いたといっても、風雨にあえば落ちてしまう
人生もまたそのようなもので、何につけ別離はつきもの

唐詩選の「勧酒」于武陵の詩より
最後の1節を井伏鱒二が“さよならだけが人生だ”と訳したことで有名です。日本人としては諸行無常を感じさせる井伏訳に人気が高まったのですが、唐の詩人の感性としては、だからこそ今のこの時を飲んで楽しもう・・と詠いたかったのかもしれません。


12月12日 12番目の選手の日
このような形のファン感謝イベントは久しぶりで、しかも退団する選手の挨拶を多くのファンの前で行えたのは初めてではないでしょうか。
天皇杯で勝ち進んでいたら、このイベントは無かったと思うと心中複雑ですが、とても楽しかったし、ま、いいか!

c0068891_6582828.jpg
TBSスパサカの「ボレーの虎」収録。長友対小倉は長友の勝ち。小倉にシュート打てコールやブーイングなどでテレビ的においしくいじった東京サポに対して、小倉も配慮したコメントを発し、シャーまで披露した模様は放送で。

c0068891_6585778.jpg
負けた小倉の罰走。ゴールラインからゴールラインまで全力で往復して、相当きつそうでした。

c0068891_783916.jpg
スペシャル・マッチ。青がU-15深川、白がむさしの対戦。

c0068891_792364.jpg
2-1でむさしの勝利。いい試合でした。高円宮を勝ち抜いていたら、このマッチも無かったのかな。

c0068891_7271022.jpg
ゆってぃでーす。

c0068891_7273935.jpg
知ってますかぁ?以前からM林さんにプッシュしていた青赤芸人のゆってぃがついについにスタンドではなく味スタのピッチに!
レッドカーペットに初めて出演したときよりも緊張したと言っていましたが、面白さは同じだったかな。あの緩さがゆってぃ。本人はサポーターに受け入れられるか心配していたようですが、仲間として認知されていましたよね。口先だけのファンじゃないって判っていますし。

c0068891_728879.jpg
なんにも気にしない人ではなく、ちっちゃいことは気にしないんです。ドロンパも筆談でコントに参加。息が合っていました。

c0068891_7283398.jpg
それに引き換え、平松はまだまだだな。

c0068891_7384643.jpg
紅白戦のウォームアップに選手登場。裕介・・ブルーノ・・・小山くん・・

c0068891_7391088.jpg
佐原さん・・

c0068891_7393432.jpg
佐原さん・・・
いや、パンツ可笑し過ぎのチーム浅利

c0068891_7395711.jpg
こちらはチーム藤山

c0068891_745614.jpg
浜野さんが守るゴールマウス。キーパーが不足気味。

c0068891_7452655.jpg
こども監督を優しく見守る10番。

c0068891_7454759.jpg
でかいからキーパーユニが様になっていた平山。遠目からのシュートにはなんとか反応できても、接近戦になると素人っぷりを発揮。

c0068891_7461421.jpg
こちらはといえば、こども監督を意のままに操って、”塩田あがれ!” ”なにやってるんだ” ”もに大げさ”などの指示?を言わせる羽生総監督と長友副監督。塩田は一番走っていたかな。キーパーなのに。

c0068891_7541262.jpg
ナオと一緒にシオがフィールドプレイヤーとして。ナオはこの日に合わせて来たんだね。
ナオとモニの犬の競技みたいなドリブルはすっごく楽しくて、でもその分泣けてきたんだ。2人がこのクラブで過ごした年月を思うと。

c0068891_8104258.jpg
選手からのクリスマスプレゼント贈呈式。ナオのプレゼントはこのダウン・ジャケット!女の子が当たりました。平松が着るものを提供しても当たるのはおっさんだろうと言っている人がいて、そのとおりと思いました。

c0068891_8263288.jpg
なにやっても可愛いし、なにやっても様になるドロンパ。

c0068891_82779.jpg
退団選手の挨拶。
ブルーノさんがいないことを後悔しなければいいけれど。飯野さんはどうなるの?

c0068891_8405517.jpg
佐原さん・・・
東京にはいないタイプの選手で、本当に素敵な人でした。ありがとう。

c0068891_8423429.jpg
小山くんは働きながらサッカーを続けられることになって、良かったと思います。結婚してこどもが生まれたと聞いた時は、正直なぜ、どうして?と思いました。ちゃんと試合に出られるようになってからにすればと。でも苦楽を共にする家族がいることがプラスにもなる筈。まだ若いあなたの健闘を祈ります。

c0068891_8512378.jpg
聞こえてくるとおりに神戸か札幌で決まるのでしょうか。彼が一番輝いたのは神戸にレンタルで在籍していたとき。まだまだこんなもんじゃない筈だから。裕介が試合に出られて生きるところが一番だから。大暴れしてください。

c0068891_8534258.jpg
モニは思い出が多すぎて、愛着がありすぎて、何を言ったら収まりがつくのか判らない。送るほうは涙を隠せないけれど、モニは顔を上げて笑顔だった。うん、あなたも素敵だ。

こういう風に送れることは滅多にないことでしょう。妙な仮装なんかじゃなく、選手たちが最も楽しめる最も素敵に見える紅白戦がメインだったのも良かったです。とても楽しくて楽しくて、でも泣ける、誰の思い出にもずっと残るイベントになったのではないでしょうか。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-13 09:04 | FC東京

FC東京サポーター初の

FC東京サポーター初の舞妓さんが誕生しました!

ふく里(さと)ちゃんです。

c0068891_0432446.jpg


アマラオがいて、ジャーンがいて、フジもサリもいて、宮沢の出すパスにモニがテンションを上げていた。
加地とナオの右サイドは東京の売りで、ジョーと戸田の左もわくわくさせた。ゴールマウスを守るのは強面の土肥。
そんな東京が彼女の大好きな東京。

その東京も変わっていったように、小さな彼女も成長して自分の道を自分で決め、15で親の下を離れる日が来ました。

日本で最も魅力のある町のその魅力を担う、舞妓という決して楽ではない生き方を選んだあなたをわたしは誇りに思います。

これからも辛いことも悲しいこともあるでしょう。

でも前向きに笑顔で、進んでください。

みんな応援しているよ。


※このブログを2ちゃんねる や サポティスタ にリンクさせることは固くお断りいたします。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-12 00:56

保険はやっぱりかけておくべき-新潟戦

新潟着は11時前で直接スタジアムへ向かうには早すぎるが、観光するにも中途半端な時間。雨が心配なので屋根のある席を取るために早くいくことにしてシャトルバス乗り場へ。でも路線バスの方がバス停はスタジアムに近いのだ。

c0068891_0145448.jpg
うちのダンナは初新潟観戦なので、みかづきのイタリアンを食べさせる。アウェイの洗礼ってやつだ。これは越後ハーブ鶏のイタリアン。わたしは何年か前に洗礼を受けたので、それ以来遠ざけている。これ、ほんとに美味しいと思っているのぉ?
長い長い幾重にも連なる待機列がようやく動き出したのは、キックオフ2時間前。到着時には日が差していたが、次第に雲に覆われ風はいつもどおり強く吹きつける。アウェイの入場はなかなか進まない。荷物検査が2列しかないのだ。試合が始まる前に全ての人が入場できるのか不安になるくらいのスピードだ。それというのも入場者をカウントする女子が2人しかいないっていう、アウェイの洗礼その2。
そして更に言えば、トイレが少ないのが洗礼その3。行列していると容赦なく強風に叩かれる。ビッグスワンの周囲は田んぼ、鳥屋野潟、遮る物無く風が吹き付けるのだ。

c0068891_0153592.jpg
ウォーミングアップに登場した選手たちに送られる東京からやってきたファンの熱のこもった声援と拍手。アウェイの地ではより一層、一体感を感じられる。

c0068891_0161457.jpg
何人いたのかな。なかなか凄い。フジとサリへの思い、ラストマッチになるこの試合を直接見届けたい、勝利で飾りたいという思いが充満する。

c0068891_0164429.jpg
結果には満足していない。でも楽しめた。松尾のゴール以外は全て。梶山と平山がいればゲームはとても楽しくなる。梶山が出したパスに反応した平山のシュート。ぞくぞくした。あれが決まっていたら!
気持ちもあったし、内容としても決して悪くなかった。浅利の交代のタイミングがどうだったかとは思うけれど。

c0068891_017471.jpg
シーズン5位という結果にも満足はできないが、悪くは無い。鹿島も川崎もガンバも広島も全て最終節に勝利している。東京より上の順位のチームは全て勝っているのだ。この順位は当然と受け止めるべきだと思う。
フジとサリのラストマッチを引き分けで終えた、今期さまざま味わってきた悔しさの集大成のような試合を決して忘れず、前に進みたい。


試合後は仲間と宴会。その店で食したものがあまりに旨いので、すっかり癒された。アウェイの試合後の仲間との宴会は保険のようなもの。
c0068891_0175854.jpg
牛すじ煮込みとおきゅうと。

c0068891_0181443.jpg
刺身の盛り合わせ。いやもうなんというか、筆舌に尽くしがたい。

c0068891_0183550.jpg
白子のポン酢。こんな旨い白子は初めてお目にかかった。ありがとうありがとう。

c0068891_019389.jpg
牡蠣酢。

c0068891_019245.jpg
のどぐろの塩焼き。他には白子の天ぷら、銀タラの焼き物、漬物。酒は「きりんざん」
他にも何かあったような気がするが、これで1人5千円で済んだ。
店は古町の鍋茶屋通りにある。店名を記すと来年大変なことになりそうなので、やめておく。私たちは来年もそこで宴会を催したいのだ。

仲間の1人が試合前に港へ行くとM林社長がいらして、日本海を前に佇んでいたそうだ。
その胸中には大いなる野望が、そして脳内メーカーを通して見るとその脳内にはきっと”金”の一文字があったに違いない。がんばれ。


明日(今日だが)から3日間京都に行く。新潟の旅2日目については帰ってきてから。
新潟はなかなか実力のある土地である。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-07 01:48 | FC東京