<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

日経産業とエルゴラ

日経産業新聞onlineで“名将に見るマネジメント術 FC東京 城福浩監督”(1)と(2)を読みました。富士通という大企業で課長職の経験があるというのが日経が食いつきそうな素材ですものね。
「職場の人間関係、他の部署との力関係、同期との争い……。サラリーマンってつらいですよね。」
会津若松工場に赴任し、多くの従業員をリストラするという任務を負っていたそうですが、随分と胸を痛めていたのだろうと、しかし仕事は仕事としてやり切っていたのだろうと想像します。
それまでのサッカー選手そして監督としての経験に企業の中間管理職としての経験が加わり、城福さんなりのマネージメント哲学が出来上がっていったのでしょう。

エルゴラにも、馬場康平さんによるインタビューがたっぷり載っていますが、城福さんがナオ、トク、平山の停滞を打破させたという視点のコラムもあります。
それにしても何かと言うと2008年4月のマリノス戦後に梶山が怒鳴られたことが取り上げられるのは可笑しくもあり、気の毒でもあり。まあ、その後覚醒したという取り上げ方なので本人にとってもいいことでしょう。今後は同様に、柏戦後に叱責された大竹、草民、北斗が始終取り上げられて、本人たちが苦笑するということになってほしいものです。

エルゴラには戸田が語るナビスコの裏話もあって、ナオが足が攣ってベンチに告げるように戸田に頼んでいたのに、戸田はナオはまだいけると判断して自分の交代を申し出てしまって、ナオはわけがわからなかったとか、ジャーンが試合も見れずに泣き続けていたことなどを明かしています。ホペイロの山川さんも携帯サイトのブログでジャーンに触れていますが、本当に本当にジャーンっていい人でしたよね。今もきっと湘南のファンや選手、スタッフに慕われているのでしょうね。

c0068891_17145846.jpgこれが昨日言っていたジンジャーシロップです。銀座にコンフィチュール エ プロバンスのショップがあるようですが、わたしは新宿丸井のファミマで買っています。
この他にもレモン、ブルーベリー、苺が入ったものもあります。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-29 17:18 | FC東京

あはは・・平常心なんかありゃーしない

inadaさん、決勝のことで頭がいっぱいですか?

なーにをおっしゃいますやら、常よりも仕事に打ち込んでおりますよぉ

とは言うものの、経理担当の彼が手にしている書類の束が気になる。

それはなんと、請求書の束だった。それも今月末に支払わなければならないもの。

どーして、そんなことが!一瞬、私は漫画の登場人物になって額に縦線が描かれ、冷や汗たらり。

実際は平静を装って、経理スタッフの手から請求書をひったくり、”すぐに処理します”とパソコンの前にダッシュした。

どうも今月は請求書が少ないなと思ったのだ。いつもなら必ず確認するのに、なんとなく流してしまった。

多分、請求書を仕分けするときに未処理分を処理済みに入れてしまったのではないかと思われる。

図面の仕事にいつも以上に没頭してしまって、他のことのチェックが疎かになった。

大体、もう月末だということにさっき気付いて、一人で慌てていたのだ。

あと2日でやらなければいけないことが多すぎるのでは?今まで何してた?

前回の時の方が落ち着いていたような気がする。今回はナオのこと、フジのこと、サリのことなどが重なり、平常心を保てないようだ。

まったく・・・

ちゃんと仕事をしているあなたはエライ!

帰宅したら、ソーダかお湯で割った”コンフィチュール エ プロバンス”のジンジャーシロップを飲もう。

いやもうちょっと強いものがいいだろうか。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-28 16:32

富士山は見えなかったが、しっかりと見えたものがある

c0068891_18245421.jpg
清水に着いて、河岸の市に行きましたとも。大変な賑わいです。
一般客がどうしてこんなに混んでるの?と咎めだてするのですが、わたしたちのせいでございます。

昨日も報告しましたが「おがわ」は大行列で、根性のない私たちはおがわの前の店に入りました。
この値段ですから、十分です。

並ぶのがいやだったら、市であれこれ買い込んで、セリが行われる場所に長椅子(ではないかもしれない)がありますから、そこで食べるというのもお薦めです。

河岸の市はお客さんも多く、忙しいので丼が主体です。寿司はちらしのみ。寿司はやっぱりドリームプラザの近くの寿司横丁でしたっけ?あそこがいいですね。

c0068891_18323571.jpg
もう何を恐れることがあるだろう。誰のためでもいい、何より自分のために、今まで積み重ねてきたことのために、苦しさや焦りやいら立ちと闘いながら、這うようにもがくように進んできた自分たちのために、この1試合、この1プレイ、この1分1秒を大切に、思いきり闘ってほしいんだ。選手もサポーターも。

c0068891_18383156.jpg
歓喜の瞬間。
この日はわたしは東京の10番がすてきだったと思う。最近、いつもいいので、ことさら言うまでもないかもしれない。
平山はとても良かった。赤嶺も。(赤嶺ってあんなにカヴァーする人だったか?)
二人で点を取る日は近い、って言ってる間に終わるから、次くらいで揃い踏みってことにしてほしい。

毎試合毎試合成長を見せたヨネほどでなくても、誰であってもこれまでと違うバージョンアップした自分を見せることができれば、本人にもサッカー選手として生きる喜びになるし、わたしたちにとってもまた。

サリも毎年、わたしたちの心配?を裏切って進歩し続けた。そのサリまでも・・・。
これから続く大事な試合は、いろいろな大義名分がくっつくが、それでもきっと彼らは余計なことは考えず、伸び伸びやってくれると思う。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-26 18:55 | FC東京

幸せな日曜日

c0068891_2340141.jpg

1時間ほど前に家に帰り着きました。朝7時からの長い1日が終わろうとしています。
行きも帰りも普通列車にしたので、幸せが長く続きました。

負けていたらこうはいきませんね。ちゃっちゃと帰って風呂にでも入って、酒呑んで寝ようというところです。

もし私がちょっとだけタイムスリップするなら、朝mixiやtwitterで、行ってきます、行ってきますと呟いて出かけた私を、笑顔で見送って祝福したい。

夢のような日々はまだ続く。続けさせるのはみんなの力。

続きは明日。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-25 23:40

やってやる!喰ってやる!

c0068891_1125592.jpg

イナゴ軍団荒れ狂う町、清水に到着!

河岸の市の店は何処も満員。中でも“おがわ”の行列はハンパない。これからの人は試合を犠牲にしないと食えないぞ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-25 11:25

小平で

平日の小平は静か・・・ではあるが、試合後に目にしたものは結構興味深かった。
城さん、加藤望さん、下平さんといった方々がぞろぞろとクラブハウスに向かって行った。
研修か?
ナオが普通に歩いているところも見られた。左膝以外はまったく問題なしなんだよね・・・。

練習試合の印象は蹴球部AOA課さんJam8さんところでどーぞ。

c0068891_1152457.jpg
みんなも色々思うことや伝えたいことはあるでしょう。小平に行ってフジに会ってきたらいいよ。わたしも前向きになれました。フジすごい。フジがんばれ。わたしもがんばる。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-24 11:56 | FC東京

何度でもやり直せ―娘への手紙その2

c0068891_22394343.jpg

常識的な大人である私はわかっていた。
今朝の仕事の状況では、早退なんてするべきでない。しかし、結論から言えば小平に行くべきだったし、行って良かった。

今日の練習試合で最も心に残ったのは、シオの「何度でもやり直せ!」という声。

そうなんだ、男でも女でも、年が幾つでも、何度でもやり直せ。

諦めたり手を抜いたりしたら、そこで終わり。

今月、あなたは試験を受ける筈だった。ところが、人間関係のストレスと試験前の緊張のせいか体調を崩してしまった。
試験が受けられないとその先へ進めない。あなたの焦りや落胆が短いやり取りから、伝わってきた。
でも私は言いたい。1ヶ月や2ヶ月の遅れを恐れることはない。
その間に足りないものや弱いところを見つめて、もう一度挑戦する力を蓄えたらいい。

あなたにはフジの言葉も贈りたい。
「己に勝つ」
常に準備を怠らず、決して弱音を吐かないフジらしい言葉。

まだ大人とは言えないあなたは、泣き事を言ってもいい。
自分に負けないということはどういうことか、多分あなたには分かっていると思う。
日々直面する困難な場面で自分を試されているだろう。

私は、あなたの強さも弱さも知っているから送り出した。
何かになることより、なろうとしてもがくことが大切な時もあるよね。

you'll never walk alone
家族だけじゃなく、小さい頃からあなたを知っているみんなが応援してくれている。ありがたいことだね。

明日は無理矢理笑顔を作ってごらん。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-22 22:39

ZERO ― 8・15 ―

もっさんの出演したお芝居のことをずっと書こうと思っていた。
会場でもアンケート用紙を渡されたが、わたしは何かを見てすぐに感想をまとめることは大概の場合、出来ない。何日も経って記憶や思いを寝かせてからでないと納得のいく感想は語れない。

思い出したのは「縞模様のパジャマの少年」だ。戦時下のドイツで強制収容所の有刺鉄線越しに親しくなっていくユダヤ人とドイツ人の少年のたどる過酷な運命。
その予告のコピーがたしか“戦争という狂気の中で、無垢な魂に真実は見えない”

もっさんの演じた何をやってもうまくいかないモクヤが、その無垢な魂を表現していたと思う。
警備会社でもレストランでも失敗ばかり、簡単な約束事も理解できないモクヤがアンチャンと一緒に戦時下にタイムスリップして、特攻を志願した若者たちと数日を過ごす。
二人には敗戦という事態がすぐにやってくることはわかっていた。特攻という絶望的な戦いが何ら勝利に結びつかないことも。
二人は新型爆弾を予言し、未来から来たことを信じさせることはできた。だからと言って戦争を止めることも、特攻隊の若者の命も救うことはできない。しかし、彼ら二人が現れたことで、例えこの戦争に敗れたとしても自分たちが守ろうとしたものは無くならないことを知る。だから運命として受け止め、苦悩の中で出撃していく若い兵士たちに接したときに、無垢な魂は同じように未来を信じて散っていくことを選んだ。世界の矛盾を一切合財背負って。

アンチャンと違ってモクヤは生き延びることを選択しなかった。それは現代が無垢な魂の存在を許さないということなのだろうか。無垢な魂が自ら死を選んだことによって、救われる何かがあるということなのだろうか。

深い闇のまま、舞台は終わる。

もっさんにはいつかムイシュキン公爵を演じてもらいたい。ただし世俗的な人々によって敗北させられることのないムイシュキン公爵を。


10・11 ザムザ阿佐ヶ谷
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-21 16:06

困難を乗り越えて

今期、勝てない時期が続いたりカボレやジョーさんが移籍したりして、空気が重くなったことはありましたが、一番の困難がまだ待ち構えていようとは思ってもいませんでした。

柏戦後の城福監督のコメントには若手の選手だけでなく、自分自身も叱られているように感じました。
とにかく無事に終わらせてくれれば・・なんて思っていたのは大間違いですね。

ナオが離脱ということになれば、今後のリーグ戦も苦戦を免れず、ナビスコ決勝はあの破壊力満点の兵器システムを要する川崎に竹槍で戦いを挑むのかと、絶望感に打ちひしがれそうになっていました。特定の誰かを頭に浮かべていたわけではありませんが、竹槍扱いをしてしまい大変失礼いたしました。

もうこの上は一人一人が持っている力を最大限発揮することが前提になります。その上で伸びしろというものがあるのなら、出し惜しみせず出せと、無駄な人間は一人もいない、一人一人の特徴や強みを全員がよく把握して、生かすよう考えろと、そしてそのように動けということなのでしょうね。
そういうことを考えての城福監督の叱咤であったでしょう。

もう決してくよくよめそめそしないと約束はできませんが、出来ることを前向きに精一杯やるということは宣言しようと思います。

昨日の帰りの電車で見かけた、エルゴラの東京の記事を広げて涙ぐんでいたあなた、わかるよわかる、わたしも同じ気持ちだよ。みんなダメージを受けてるね。でも頑張る選手たちのために、次の試合、笑顔でスタジアムに来てくださいね。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-20 18:30 | FC東京

日曜は気分転換

家でくすぶっていると辛くなります。無理やり出かけました日比谷公園。

空は晴れ、たくさんの人が行きかう中でサッカーとは関係ないことをしたり話したりすることは、精神衛生上良い結果を招いたように思いました。

c0068891_15433654.jpg
大地を守る会のブースに到着するとすぐに、わたしの嗜好を知り抜いているスタッフから「昨日の試合は・・・」と口火が切られ、慌てて制止しました。その話をするために来たのではないのです。まだ動揺甚だしいのですから。

周囲にはPalシステムらでぃっしゅぼーやのブースがあり、負けず嫌いのわたしのハートに火が付きました。ラディッシュは言ってみればヴェルディのようなもの。絶対に負けたくはありません。(いや、社員はそんなふうには思っていないでしょう。わたしはどこにでもVSを持ち込みたい体質)

通りかかる人たちに大地を守る会のりんごジュースやにんじんスティックを勧め、大地を守る会のパンフを渡ししたり、説明したりしました。
有機栽培と慣行栽培でお野菜の味は違いますが、味の差が一番出るのが人参ではないかなぁ。玉ねぎもそうですかね。辛味や苦味ばかりの玉ねぎはイヤですよねー。

りんごジュースも飲んでいただくと皆さんびっくりされます。普通は濃縮果汁還元といって、絞った果汁から水分を抜いた状態で保存し、加工する際にまた水と香料などを加えます。
わざわざそんなことをするのは決して美味しくするためではないわけで、目的は安く作るためと言っていいと思います。
大地のストレートのりんごジュースを飲んだり、甘いにんじんスティックを食べると皆笑顔になって、いろいろ話してくれます。
美味しいものは人の心を開くことができるのですね。
大地を守る会の会員さんもたくさん寄ってくれました。また東京サポのみなさんも。
わざわざ寄ってくださって、ありがとうございました。
東京サポに会ったら、泣くのではと思っていたのですが、大丈夫でした。

c0068891_1675212.jpg
このスペースでフリーライブ、コンサートが開かれました。この周囲には屋台もたくさん出ています。タイ風のカレーを食べましたが、美味しかったです。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-19 16:09 | 大地を守る会