<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

田舎だよー

一番の金融機関は マインズ農業協同組合 
よそのことを 田舎でも~とか歌ってる場合じゃない。

うちのマンションの前に広がるのは駐車場と畑。
お陰で日当たりがいい。

飛田給情報でした!

引っ越してきてまだ一月も経ってないのに、吉祥寺に2回買い物に行った。
駅前の商店街以外で、このあたりでどこに買い物に行っていいのか、まだわからない。

明日の18時から明大前LIVREで「グアム・キャンプ報告会」をやるって。
fct-fanさんとFC東京景気動向指数さんが撮った写真を見せながら、報告してくれるというので、6時からは無理だけど、遅れて参加しようかなって思ってる。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-31 11:30

グルノーブル・フットの会長渡辺和俊が語るJの改革

携帯サイト「講談社ゲキサカ」から

GF38の渡辺会長は、選手のクオリティをあげるためにJを改革するべきと提案している。

1.プレミアリーグを作る。今の18チームから上位10チームが上がれるリーグにする。
 テレビ放映権をプレミアに集中して分配、選手の待遇を上げる。
 各クラブ収入に直結するので、危機感を持って取り組む。

2.海外移籍を容易にするために秋春制に移行する。
 若いうちに海外に移籍した方がレベルアップにつながる。
 長谷部がいい例。

3.11歳まではのびのびやれているが、その後型にはまる。
 個性、特徴を生かす育成が必要。

2,3についてはこれまでも色々な人が言ってきたことだが、1のプレミア構想はすぐにとはいかないかもしれないが、いいかもしれない。

ちなみに昨年度の10位までを挙げてみると

 1 鹿島
 2 川崎
 3 名古屋
 4 大分
 5 清水
 6 
 7 赤いの
 8 ガンバ
 9 マリノス
 10 京都

高い水準のゲームを維持するためには10チームくらいがいいというのは、説得力がある。
そんな気がしていたけれど、はっきり言うのは気が引ける。ひとつのクラブを愛するということは、他のクラブの関係者の喜びや悲しみも理解するということだから、渡辺さんのようにドライにトップリーグに相応しくない選手までもJ1でプレイしているとは言いきれない。
プレミアの下にディビジョン1、ディビジョン2を置く。かなり熾烈なアップダウンがあると思われ。


2.について、長谷部を見ていないから何とも言えないが、渡辺さんが見るところでは俊輔や遠藤と肩を並べるところまで来たという評価だ。
23歳で移籍したのが良かったという説を否定するつもりはないが、日本のサッカーのレベルアップのためだからといって、梶山や大竹がにこにこ海外に移籍するのを指をくわえて見るしかないのか・・・・・。フクザツである。


3については根が深い。サッカーだけではないからだ。日本の学校教育全体の問題、日本人を日本人たらしめている?くらいの問題。
そういう状態を打ち破るために育成の段階で海外から人材をどんどん入れて行くのはいいと思う。学校の先生にも勿論だ。

中学校年代こそが一人一人の個性がはっきりしてくるのに、右向け右のようなやり方が当然とされている。発想が安全牌を選択しすぎる、事勿れはもう批難されない。当たり前になっている。なぜなら責任の所在が明確でないし、小さなことも大きなことも責任を取ろうとしない。今の学校はそういう状態だと私は思う。

やれやれ、ちょっと話が反れた。

アジアカップ予選の芳しくない評判を見聞きして、いろいろと物思う。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-30 00:06 | サッカー

調布よいとこ

一度はおいで・・・

c0068891_6291472.jpg
調布市役所 「調布市はFC東京を応援しています」 市税を払う甲斐がある。
c0068891_6293725.jpg
調布のコミュニティバス
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-28 06:32 | FC東京

東京の1番は~

みんな見てる~?

「秀樹の部屋」 はぁと

今日は”東京の10番”の替え歌が披露されました。

梶山のチャントのシオバージョン。

東京の1番は~ おーお たれ目のシ・オ・タ!

というのだ。

あの歌けっこう浸透していたんだね・・・


シオちゃんはみんなにも歌ってほしいみたいよ~
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-27 11:28 | FC東京

EL GOLAZO 表紙が東京

1/26.27のエル・ゴラッソの表紙は首都にはタイトルが必要だ!
表紙と2、3ページ目が東京だ。
新体制発表、新入団選手紹介、東京ドロンパお披露目、馬場康平くんのコラム。

馬場康平のコラムは気合が入っている。

昨年以上の成績が残せるかと言うと、簡単ではないという危機感も強く抱いている。
それでもあえて、言わなければならない。周りに何を言われようが、俺たちは今年、優勝を狙うんだという姿勢を見せるんだと。

目標は信じ続けることで実現する。

本気でそう思っている奴にしかそれはかなえることができない。


城福さんの本気は昨年身に沁みました。
今年はわたしたちの本気も試されているのです。

予行演習は昨ーズン後半かなりやりましたね。
いけますよ。味スタを満員に、そして東京らしいサポートを。

やっちゃうよ! ・・・・ あ、これは問題児の発言だっけ
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-26 23:59 | FC東京

ドロンパかわいーい

MXより先に携帯サイトに東京ドロンパの写真がアップされ、それをどきどきしながら見ました。
電車の中で、”あ、かわいーいー”と若い子のように妙な尻上がりな調子で言ってしまいました。

まあ大体が”どうせパッとしないものを出してくるんだろうな~、どんなものでも受け入れる心の準備は出来てるよ”位の気持ちでいましたからね。

わたしの知り合いは、金粉塗った井出らっきょで、うちの子が黄色いタイツのエガちゃんを想像していましたから・・・。
ものごとはあんまり期待しない方がいい時もありますね。

早く実際の東京ドロンパくんに会いたいです。
ぎゅーしたい。

ダンスとローラーブレードでいろいろ技を見せてくれそうです。
まあ、気になるところはもう少しかっこいいCDラジカセ?を準備してほしいことと、ボイスチェンジャーの声はbooです。

誘拐犯か!

「カボレは預かった。返して欲しければ1億円用意しろ」って村林さんに電話しそうでしょ。

もっとかわいい声にしてほしい。

10歳じゃ、彼女はまだまだですねー。
みんなで可愛がりましょう。

新体制やら、新加入がドロンパのお陰で吹っ飛んだような気がしますが・・。


携帯サイトで「秀樹の部屋」が始まりました!
ルールルルルルルールル♪
いやこれも楽しみ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-25 02:26 | FC東京

佐原秀樹に赤い薔薇

c0068891_14494097.jpg
ファルフ・ルジマトフというロシアのバレエ・ダンサーがいます。
キーロフ、アメリカン・バレエ・シアター、そしてレニングラードと所属し、世界中のファンを魅了してきた大変人気の高いダンサーです。レパートリーは幅広く、クラシックの定番「白鳥の湖」や「ジゼル」などは勿論、ローラン・プティ、ベジャールの作品も類いまれな表現力で得意としています。ですが、小柄でエキゾチックな容貌の彼がとりわけ輝く演目は海賊の奴隷、そしてバヤデルカのソロルなどがあげられるでしょう。

日本人女性に熱狂的なファンを多く持つ彼は度々個人でも日本公演を行っています。
彼のエキゾチックな容姿、時に苦悩に満ちた情熱的な雰囲気が日本人女性の心を狂わせるのです。15年以上も前に初めてルジマトフの舞台を見て、一晩にして虜になった私です。
ルジマトフのファンが見せる通常のクラシックバレエの観客とは違う種類の熱の高さ(言うならば梅沢富美男に群がるような!)も興味深く、控え目と言われる日本人女性の欲望の発露が素敵だと思ったものでした。

40も大分過ぎ、レニングラードの芸術監督とダンサーの二足の草鞋を履くようになった彼には以前のような跳躍、回転の切れやダイナミックさは望めません。それでも彼以外の誰のものでもない表現力は衰えず、ダンサーとして生きること、舞台で生きることの光と影を表現し続けるのです。
いつだったか、ルジマトフが踊り終え一瞬の静寂の後、天井が抜けるような拍手、そして幾多の赤い薔薇の花が舞台に投げ込まれました。舞台の床が薔薇の赤で埋め尽くされる中で、ルジマトフはうつむき加減に胸に片手をあて片方の膝を曲げたポーズで立ち尽くしていました。忘れられない光景です。

先日のペーニャなでしこ(女性だけのペーニャ)の集まりの時にクラブスタッフの方が佐原さんの人気の高さが理解できないという話を聞いていて、私はぼんやりとルジマトフを思い出して、そのまま夢想していました。
試合の後に佐原さん目がけて、一斉に何百本もの赤い薔薇を投げ込みたいものだなと。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-23 14:46 | FC東京

飛田給の歯科その他

なんだろうこのタイトル

一昨日、調布市役所に転入の手続きに行った。
すっかり飛田給に慣れたわたしには調布はあまりに都会で驚いた。
すごーいビルがたくさん!と大声で言ってしまって恥をかいたわ。

飛田給には無いものが多いが、歯医者は駅の近くに3軒もあるのだ。
私の歯医者は駅のすぐ前、オリジンの上にある「飛田給歯科」。

もう歯医者行ったのかって?
そうとも。わたしは歯がいい(親知らずもまだ4本全部残っている)が、勤め先か自宅のそばに行きつけの歯医者を見つけないと不安。年に2回検診で訪れるくらいだけれど。

飛田給歯科は夜遅くまで開いているのがありがたい。
皆さんも試合の時にどうです?

もっさんも早く歯医者行きなさいよー
東京都に抗議の電話をしてあげようかしら

明日はMXでドロンパのお披露目があるらしい。
楽しみですわ~ うちはデジタルです、えっへん

今日、NTTさんの工事が入ってモジュラージャックができました。
家に帰ってLANケーブルの引き回しをしないと。

ネットが使えない間に移籍関係でいろいろあった。
信男さん普及部かあ、東京を離れないでいてくれるのは嬉しいけれど、なんだかもったいないなあ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-22 17:21 | FC東京

マスコット

勝ったなって思ったの、わたしだけでしょうか。

横浜FCの新マスコット発表

そしてこれが生フリ丸

違うよね~

イラストはまあまあ可愛いけど、生フリ丸は違うなーって思う。
人間がかぶり物しただけ。
2頭身はむずかしい。人間で再現はほぼ無理なんだから。
児童福祉法に引っ掛かるが、こどもに中の人をやってもらうか、ロボットにするか。
それくらいイラストに拘らないと、別のものとしか思えないね。
ロボットはいいなあー。すごくお金がかかってしまうけれど。

ドロンパも心配になってきた。
でもフリ丸には負けないだろう・・・なんてね。
超微妙なマスコットFC対決なんてことになっても、笑って受け入れる自信はあるよ。


まだ段ボールがいくつか残っていて、ネットもつながっていない。
このマンションは光フレッツ対応になってるから、すぐ使えるなんて代理店の説明はまったくの外れで、モジュラージャックが無い!!
工事いらないって言ったのに!

やっぱり引っ越しは大変だなー。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-19 11:05 | FC東京

Moving おうち!

あちこち引っ越した経験のあるわたしですが、ここ何年かはこどものこともあって落ち着いていたので、いやもう引っ越し感が狂っていました。

狭い家の中にこんなに物があったのかと思うほど、ブラックボックスと化した押入れから出るわ出るわ・・・。日頃から整理整頓をしないといけないとつくづく思いました。

引っ越しするには相当前から準備がいるにもかかわらず、勢いで決めたこともあって、梱包がまるで間に合わない。12月で仕事も忙しい。暮れも正月もあるものかというつもりで段ボールに荷物を詰め込んだのですが、当日になっても半分は残っているような状態で、見かねた引っ越し業者さんがわざわざ応援まで呼んでくれて、見積には入っていない梱包作業までやってくれました。ありがとうございますアクティブ感動引っ越しセンターさん。(お礼の気持ちとしてここに社名を記しておきます)
あの営業の人の出した見積は安すぎでした。怒られていないといいけれど。今度の時もきっとお願いしますね。


引っ越し後は何がどこにあるかわからなくなって当たり前。
化粧品と猫ごはん、猫トイレはすぐ出せるように、わかるようにね!
と強調したおかげで、それは行方不明になることはありませんでした。

でも下着を入れた段ボールが見つからない・・。
LIVREで新年会があるのに、わたしは「パンツが見つからないから行けないかも!」 と悲鳴をあげていました。

LIVREでの鍋パーティーはとても楽しくて、行けて良かったです。
パンツは見つからなかったのですが、お洗濯して乾かして出かけました。


ようやく一昨日になって発掘しましたよ。下着の山は。

つづく
[PR]
by inadafctokyo | 2009-01-14 11:14