<   2008年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

パスを回すだけではゴールは奪えないが

ダイジェストで柏戦を見ましたが、エメが2度惜しいシュートを外し、止められたシーン、そして赤嶺が相手の動きをよく見て、ゴールを決めたシーン。ゴール前に3人も4人も攻め込んで、パスが行き来して実に良かった!
次にはそろそろエメが決めるのではないでしょうか。そして羽生にもゴールが生まれて欲しい。あれだけチームに貢献しているご褒美として。

しかし前半は水溜りでボール遊び、楽しそうでした。何か違う競技じゃないかと思いました。

今週のサッカーダイジェストは「ポゼッションとは何か--その美学と落とし穴」
サブタイトルだけで、大体内容の予測がつくような気がしますが、ついつい気になって購入してしまいました。

進藤健二氏曰く
ポゼッション≠ポールキープ、ポゼッション≠パス回しであって、ポゼッションとはゴールを奪う前の準備、リスクを伴って攻め入るための予備動作である。

そしてポゼッションサッカーをスムーズに機能させるためには、最適なシステムと人材が必要。
さらにボールの運び方は横に短く繋ぐのではなく、飛ばしのパスで守備の隙をつく。

ユーロ08を制したスペインの戦いは、まさに最適なシステムと優れた1トップのF・トーレスが可能にしていた。前線にパスが入ると、的確なポジションにいたそれぞれの選手が、ボールを受けた選手に対して、連動してサポートや追い越していく動きを展開していく。

そこから日本代表にも言及しているが、大切なのはエリア内でも外でも安易に下げないことだ。

このあたりのことはみなさん、良くご存知でしょう。

面白かったのは、実はJ33チーム傾向分析
①J1,J2前チームの戦い方傾向分布図
ボール保有率を横軸に、エリア別パス比率を縦軸とした。そうすると前線でのポゼッション率が高いのは川崎、後ろの方でのボール保有率が高いのが大宮と大分(なるほど、そのとおり!)
東京は前の方で回そうという志向が見え、保持率はそこそこ。

②パス数ランキング
やっぱりG大阪が1位。横浜が2位にはふーん。東京は10位(リーグ順位か・・・)

③エリア別パス比率ランキング
ピッチを3分割(出たーー)してどの位置でボールを多く保持しているかを見る。
アタッキングエリアで最もボールを保持しているのはFC東京(意外にもとか書かれてるし)、そして柏、清水と磐田だ。あれれ?中位と下位じゃん。

④ショートパス比率ランキング
1位横浜、2位ガンバ、そして3位東京

⑤ボール保有率ランキング
1位横浜、2位名古屋、東京は10位。保有率2位の名古屋はショートパス率は5位。鹿島は保有率8位でショートパス率で17位。ロングボールが多い傾向というのもちょっと意外な感が。

⑥シュートまでの経由プレー平均回数ランキング
1位ガンバ(7.07)、2位浦和(6.58)、3位川崎(6.45)、東京のは7位で平均5.99という数字だった。

こうして数字で見ていくというのも大切ですね。
東京はもっと後ろで回している印象がありました。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-30 16:09 | FC東京

ユータはユータ

憂太はどこに行ってもユータ。後から来たのに、GKの鈴木雄太が「ユータ」の座を譲ることになったようだ。憂太の方が年が上なので、仕方ないのだろう。
今ちゃんはよく”馬場”と呼んでいたけれど、昔っからずっとユータはユ-タなのであって。
鈴木さん、すみません、ありがとう。

モンテディオ山形ブログ

もう1人気の毒な鈴木さんが。
間違って登録抹消されてしまった鈴木健児。
なんともお粗末。これ、どうなってしまうのだろう。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-30 01:34 | サッカー

自分自身がしっかりしていたら何でもできる--栗澤僚一

Jリーグ選手協会の Players History2008 にクリのインタビューがある。(08.4.11up)

レイソル・ジュニアユースを受けて最終選考で落ち、新松戸北中学では指導者に恵まれず停滞期だったと自ら認めているが、キャプテンとして練習メニューを考えたり、部員をまとめたりという経験が今のクリに繋がっているように思う。

習志野高には推薦で入り、さすがにサッカー強豪県だけあって出てくる名前も豪華。選手権で対戦したトゥーリオは昔からあんなだったとか。
大学進学時には順大を受けたが、点数が足らずに落ち、高校の先生が流経の中野監督に話してくれたという意外な一面も。クリならソツなくテストなんかクリアしそうだが。
前後して日大からも誘いが来たが、流経と中野監督との出会いがなければ栗澤僚一というプロ選手は誕生していなかったかもしれない。

3年からFC東京の練習に参加し、小平の練習試合でも度々その小さな勇姿を見かけることが出来た。
新加入の2005年、負けが込んだ時期に土肥ちゃんとモニに唆されて、今ちゃんと一緒に丸坊主になったのが忘れられない。似合っていた。

「自分自身がしっかりしていたら何でもできる」
わたしはこの言葉がとてもクリらしいと思う。

Jリーグ選手協会のインタビューは豊田英夫さんが担当している。サッカーへの愛と知識、選手に対する共感が彼の仕事をいつも心に残るものにしている。
見習わなくちゃ。

Players History2008 
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-27 15:32 | FC東京

柏からなんか来た!

あさって(もう明日だけど)柏と試合なのに、選手のとっかえっこ。

柏からはノリオと田中達也がまざったみたいな鈴木達也くんだ。プレイスタイルが前述の二人が混ざったようだと、ちょっと不思議系だが、案外いいかもしれない。
マリノスユースではナオの後輩だ。だからなのか、柏オフィシャルの選手紹介写真では髪の毛の扱いが似ているような気がする。横須賀だからか?そうなのか?君たち、絶対違うと思うぞ。

東京からはクリが人質・・・今年も昨年も更に言えば一昨年も、十分試合に出ているとは言い難いので、いつかは、と思っていた。
柏には阿部ちゃんが移籍したが、いまひとつだった。東京から来た流経はイマイチだ、とか言われないように、しっかり働け!

憂太はねぇ、山形にレンタルですってね。

言っても詮無いことだけど、東京にいたほうが良かったんじゃ・・・。

とにかく、みんな元気に頑張りなさい!

木曜にクリも達っちゃんもベンチにいたら面白いな。無いな。
そして柏にもフードコートはあるぞ。
コレを見たら、行きたくなってしまったぞ。
しっかし見抜かれてるな、”あの人たち、とりあえず食べ物あればオッケーだから”
きっとそんなふうに柏では言われているに違いない。
いや、柏だけでなく、横浜でも浦和でも新潟でも大分でもどこでも!

そんなみなさん、しっかり食べて、元気に応援してきてね。
一時の感情に負けて人間性に疑いを持たれる様な野次や何にもならないブーイングは控えてね。そんなことになりそうなら、さっさとその場を立ち去るか、しくしく泣きながらスタジアムのベンチに座っていたらいい。

柏にもしばらく勝っていないような気がするが、そんなことは気にすることはない。
勇気をもって進め。一人の勇気はみんなに波及していく。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-27 00:42 | FC東京

やっぱり原さんの予想はさすがだった

ハイハイ、プリンスエドワード島から帰ってきましたよ。はやっ!

だって、時間もお金も余裕ないし、何よりパスポート切れてるし、脳内逃避にいそしんでおりました。

原さんのスコア予想は1-1
インタビュー中にも点の取れなさについて言及していましたが、1点しか取れないであろうと踏んでいたのでしょう。そしてFC東京サポーターに気を使ってくれた予想が、つまり最良の予想が1-1だったのではないでしょうか。

東京新聞の大住良之さんのコラムでは、この試合に触れて
”FC東京の攻撃はスピード感にあふれ、見ていてほれぼれするほどだった。右からはエメルソンと長友が、左からは羽生とカボレがコンビを組んで次々と突破。前半のうちに3、4点入っていてもおかしくないほどの勢いだった。”

しかしクロスが中央の詰めと合わない。突破をシュートに結び付けられないところが敗因としています。

誉められているようですが、それじゃ点は取れません、勝てませんと言われているのと同じです。

あと少しずつ、パスやクロスの質、判断、などが良くなってくれば。

でも、ダービーは勝たなきゃダメでしょ。

この点の取れなさはすぐに解決するものとも思えません。
土曜、柏は清水に負けていますが、2点取ってますしね。
次も厳しい戦いになるとは思いますが、戦う気持ちだけは負けないで欲しいものです。

私は行けません。月末になって平日にアウェイは無理です。そりゃなんとかしようと思えば、ならないものでもありませんが、今週来週はサッカーのない日々を過ごしたい気分です。
28日は友人と飲みに行くことにしました。

日立台に行くFC東京サポーターにとっても、わたしにとっても実り多い日になることを祈ります。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-25 01:57 | FC東京

負けに不思議なし

今は冷静に振り返ることができない。そういう時にブログを更新したことはないが、今日は特別だ。
あ゛ーーーばかやろー!死んじまえー!
一生2点目は取れないよ。あたしの生きてる間に2点目は取れないんだ!
もういい、もう試合なんか見たくない。明日からプリンスエドワード島に行く!行くから!
そして、パイを焼いたり、キルトを縫ったりして心静かに余生を過ごすんだ。ほっとけ。
さよなら!!
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-23 21:59

ダービー前夜 元監督大いに語る

主催者から削除要請がありましたので、東京中日の高橋さんのお話以外は削除しました。
高橋さんには当日お話してあります。


後藤VS海江田のトークバトル、元監督のインタビュービデオの後は、トーチュウ・コンビの高橋正和さん、コージさん、そしてヴェルディからはエルゴラのいしかわごう君登場。

c0068891_184980.jpg高橋さんからは東京中日の意外な真実が明かされる。
スポーツ紙の中で東京中日のシェアは低く、3,4%程度らしい。私は知らなかったが、ニッカン、サンスポが強いらしいね。東京中日を定期購読する私やトースポを取っているパパさんは超希少生物。
そんな中で”365日FC東京”を5年間やってきて、言いだしっぺの高橋さんは社内で冷たい視線を浴びることも。会社だから数字に表れないと厳しいよね。東京を1面に持ってくると売れるならともかく、かえって売れなくなることもあるらしい。日曜のスポーツ紙は購買層が普段とは違う。ギャンブル系のおじさんたちにとっては訴求力が弱い。うーむ。それと東京中日は競馬外れすぎだぞ。でも高橋さんには、スポーツ紙にそれは求めないでと言われちゃった。トーチュウ定期購読して、そのうえ高い競馬新聞買う余裕なんかないわ!

トーチュウ特別版をあんなに頑張って作ってくれるわたしたちの東京中日新聞のFC東京担当さんを救え!エイド・トーチュウ!
FC東京サポーターのみなさんにお願いする。東京中日を週に最低1度は買う。
できれば定期購読する。高い一般紙はやめよう。うちは当初一般紙を止めてトーチュウだけにした。一般紙はネットでも会社でも見られる。(今は東京中日と東京新聞の朝刊だけ取っている)

さてお馴染みのコージさんはダービーに因んだササと飯尾のイラストを披露。
コージさんが東京中日に載せるネタは東京ファンだけがわかればいいというスタンスでやっている。
試合終わる→仲間と飲む→昼まで寝る→起きて描く そんなこんなのオレ通。
基本わたしたちと同じようなことを考えてるから、ネタにはそんなに困らないだろう。
参加者でスコア予想をしたが、その中で一番多い得点(勿論FC東京が取る)を予想したアホなサポーターに、ということで、イラストパネルがプレゼントされ、見事わたしの知人が6-4のスコアで獲得した。
原さんのスコア予想は1-1だった。1-1を予想した参加者には原さんがスコアを書いた色紙が贈られた。


海江田さんやいしかわ君とも顔なじみになって、道で会ったら挨拶できる。
でも今日は絶対負けられない。
雨かも知れないが、雨でも構うものか、どんな内容でも勝たないといけない。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-23 09:37 | FC東京

明日はダービー、今夜はダービーイベント

なでしこの最大の弱点は多分監督が男だということではないか。

ソフトボールチーム金メダルおめでとうございます。
どんなピンチも逸機にもまったく慌てるとか焦るとかなかったですね。
自分たちを見失うことがなかった。立派です。

あやかりたい、明日のダービー@国立

第1回のダービーは2000年5月27日(等々力)
いいところなく0-3での敗戦に意気消沈しましたが、あの頃は勇気凛々でしたね。怖い物なし。

ワタクシ的に印象に残るのは、アマラオ最後の年の2003年11月22日(ホーム)
引き分けに終わって、するりと掌から逃げていった優勝のチャンス。今になってその大きさが身に沁みます。

そして2004年ナビスコ準決勝での勝利。麻薬のように効いています。

今期4度目でそして最も大事になるであろうダービー。
試合もダービーイベントも一方的にこちら側だけで盛り上がっていますが、今回もLIVREで開催されます。
本日夜8時から明大前LIVREにて。
例によって、後藤VS海江田のトークバトル、ゲストは東京中日の高橋正和氏、いしかわごう君。そして元FC東京監督(ガーロじゃないよ、クマでもない)のビデオメッセージも。
マスターのぞのさんが特別独占インタビューを敢行!1時間近くも話してくれたようですが、3分の1くらいしかご紹介できません。何かの機会に全部見たいです。

今日の様子はまた明日にでも。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-22 14:08 | FC東京

おいしさイナズマ級!!シュートもイナズマ級!!

c0068891_18202785.jpg北京オリンピック体操男子総合で銀メダルを獲得した、ウッチーこと内村航平くんの大好物ということでいきなりの脚光を浴びている”ブラックサンダー”ですよ。

この1個30円のお菓子が大変なことになっているわけで、有楽製菓さんもてんやわんやだそうです。

この製菓会社のホームページを見てみたら、なんと本社が小平じゃないすか!!

なーんだ、それなら話が早い(なんだかね)地元ですもの。
FC東京チョコなんぞを作ってもらって、試合のある日に味スタで、いやいや東京で大々的に売り出しましょうよ、ねえ。

有楽製菓さんの社員さんの中にもソシオがいるとかで、これはぜひ実現したいなぁ。

ねぇ村林さん、どうですか?


ウッチーのあん馬から落っこちた(ていうか自ら降りてっていう感じだったが)時の表情、”あーやだ、これ嫌いなんだよー”みたいなやる気の無さ満々?ぶりが面白かった。今時の子よねー。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-20 18:20 | FC東京

まだまだ出来る

サッカー女子日本代表は本当によく頑張って闘った。でも全てを出し切ったわけではないと思う。いつもこのチームを見ているわけではないが、もっとやれるんじゃないの?と思った。
先制してからちょっと消極的になったように見えた。足元のパスが多くなって相手からしたら守るのが楽だったのでは?

体格差は如何ともし難い。キーパーの身長がもっとあれば2点は防げていたのではないか。
アメリカも足元よりもキーパーの頭上のシュートを狙っていたようだし。

次のドイツでも多分同じようなシュートを打たれるだろう。さぁどうする。
澤が効いている、その澤を押さえられないように、さぁどうする。

3位決定戦は21日、相手はドイツ。
女子代表選手たちは、痺れる戦いが続く。どれだけこの経験が力になることだろう。
凄いよ、やっぱり。やりきれー!
[PR]
by inadafctokyo | 2008-08-19 12:50 | サッカー