<   2006年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

臍で茶を沸かすには?

イングランド代表FWルーニーが1試合に走り回る熱量は紅茶16杯分のお湯を沸かすことができるという研究結果が、英シェフィールド・ハラム大学スポーツ運動科学センターから発表された。

ルーニーが16杯なら、戸田は20杯?今ちゃんは?ナオは?
千葉はチーム全員で風呂ぐらい沸かせるだろうさ。

平山君に聞いてみました。

平山くんは何杯分くらい沸かせそう?

ぼく、紅茶飲まないんで!


以上 妄想インタビューでした。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-30 20:53 | サッカー

そうかその手があったか

29日のトーチュウを読んで、目から鱗というか、うん、そういう手もあるなと頷いた例の”東京の10番”問題。

おそらく青赤なみなさんとしては23番あたりを押す方が多いでしょう。14番もね。

そういう空気の中でフミさんが「できればクリに10番をつけて欲しい」と発言したわけで。
今期出場機会に恵まれないクリに対する気持が感じられます。
怪我もあり、どうしたいのかよくわからない前指揮官(いや、わたしがそう思うわけで)の元で考えすぎたのか、精彩を欠いた時期が続いてしまったのですが、本来はこんなものじゃない。
東京で一二を争うクレバーな選手だと思います。

浦和戦ではじめて?憂太と梶山が両方良かったのを見た東京サポーターの喜びは大きかった。もちろんわたしもね。
でもその二人が本当にムラなく仕事できるようになって、更にクリが効果的に有機的に絡んだら、東京は凄いんじゃないかね?

わたしは昨日まで次の10番は憂太って思ってましたけど、栗澤僚一案もいいなと思います。

しかし、もし実現した暁には10番、11番揃ってベンチ外って無いようにしてください!
頼みますよ~。

そうそう、思い出した!ヤマハスタジアムのアナウンス「クリサワリュウイチ」って言いやがった。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-30 01:43 | FC東京

Jリーグ来期日程は

誰が作るかってぇと「日程くん」というソフトらしいですわよ。
正式名称「Jリーグ・マッチデースケジューラー」
04年から導入されたソフトで、各チームの個別事情、この日はスタジアムが使えない、ACLのアウェイの後はホームでの試合にしてほしい、などを入力するといくつかのパターンを組んでくれるわけで。
高いんだろうなー。

日程くん導入前はどうしていたのか、気になるのぉ。
国鉄のダイヤの達人のような人がいて、日程の達人とか言われていたのか・・・

来期も楽しみですわよ、奥さん。

でもその前に30日がやってくるですわよ。

既に秋田の戦力外が発表されたしね。
こっちも気になるのぉ
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-29 06:48 | サッカー

がんばれ東京ガス

とは言っても、本当のガスの話ですよ、奥さん。
東京電力、東京ガスCM合戦
オール電化 攻める電力

c0068891_1112050.jpgSwitch!東京電力 対 ガスパッチョ東京ガス
鈴木京香 対 妻夫木聡
新築住宅・マンションの総電化率はこのところ上昇し続けており、ガスの顧客流出は止まらない状況だ。
どうも、守勢に回っているようだな。攻撃攻撃!
全てを電力に頼るのは何かあった時お手上げですよ、奥さん。
IHヒーターも高いしね。調理器具だって買い換えなくちゃ。
原子力発電を推進する東電なんか信用できるか!
あの事故隠しを忘れるな!(両方スポンサーではあるのだが)
それより何より社長の鳥原光憲氏は東京ガスサッカー部OBであるよ。
パロマの事件以来、ガスに対する不安が消費者には根強くあると思われる。電話回線等を利用した安全対策を確立することが急務となるだろうね。ガスの優位性をしっかりとアピールするのだ。それには今のイメージ優先のCMは面白いけど物足りないかもしれない。
頑張れ 鳥原さん。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-28 11:13

スタジアム中毒

昨日、試合後リブリに寄ってから家に帰った。
いつものようにザックからマフラーやひざ掛けやタンブラーなども取り出していると、今年はもう味スタに行かないんだと思って急に胸の中がざわざわしてきた。

毎週毎週、何があっても東京の試合に行くようになって7年。
いや、その最初の1年は雨が降ると「雨だから」という理由で欠席していた。
そのうち、雨でも選手は試合をやっているのにどうしてわたしは行かないのか、という当然の疑問を抱くようになり、何か用事があったら欠席していたのに、試合以外のことを後回しにしてなんの不都合があろうかと気付くようになり、今にいたる。

だからオフはふぬけなのだ。
まだオフではない。でも今期はもう遠方には行けない。
待ってるよ、帰ってきてね。寂しいからね。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-27 23:57 | FC東京

案外おとなしかった彼ら

いつものように飛田給に降り立つも、いつもと様子が違う駅前からスタジアムにかけて。
来た、赤黒い人たちとおまわりさんのセット。
コンビニにはFC東京勝サンドしか残っていない。
c0068891_229944.jpg「感謝の日」ということで、いろいろな場所で選手がお仕事。
バックスタンドのファンクラブ・ソシオ受付では中澤聡太くん。
下から撮っても全部入らない。おっきい。

c0068891_2293962.jpg一生宣言さんのために切り抜きしてみました。見てくれるかな。
市船で優勝、アジアユースで準優勝に貢献。大器と期待されたが、その期待に充分に答えているとは本人も思っていないだろう。
まだこれからだ。もっともっと頑張って、花を開かせてほしい。そのために東京に来たことがきっかけになってくれるといい。

c0068891_2217299.jpg驚きはこのときやってきた。
今日は色々な意味のある試合になった。
先発キーパーの位置にいるのは22番ではないか。
手前で柔軟をしているのが土肥ちゃんだ。
この試合で手を打つとは、倉又さんに対する認識を新たにした。

c0068891_22175744.jpgいらっしゃい、ウィアーな人々。
今日はちょっとお疲れだったのでは?
優勝争い疲れ、長時間並び疲れ。
無理すると体に悪いよ。

c0068891_22182774.jpgで、こちらがうちのゴール裏。超キュート!
♪”スタジアムへ行こう”をはじめてゴール裏が合唱してくれて(変な振り付き)村林さんがうれし泣き?
あれで肩の力が抜けた。やってくれるよ、やっぱり。

c0068891_22203249.jpg勝ってもおかしくない、惜しい試合だったけど、いい試合だったから良し。あっという間の90分だった。
やればできるじゃん。
試合後の挨拶で「胴上げを阻止したかった」と発言し、赤い大ブーイングを受けるクラさん、あわわ。
早く帰りなよ赤いのは、と思っていたが、出口が混みあって仕方なくいたらしい。

c0068891_22211068.jpgフミさんの挨拶を見たいのかと、危うく”いいヒト浦和”と勘違いするところであった。
でも拍手をしてくれたんだな。どうもどうもと軽く感謝。

c0068891_22213463.jpg14年間のプロ生活を振り返って、全ての人に感謝するフミさん。

フミタケ東京  おれたちのフミタケ
大きな声援で感謝を表わすサポーター

c0068891_22215840.jpgずっと東京にいてほしい。

10番は誰が継ぐのかな。
今ちゃんに渡して、しばらく東京に居てもらうって案もあった。
生え抜きだから憂太か梶山という意見も。

1試合でも長くって言ってもアマのときも・・・。
だから、そ知らぬ顔して待ってます。地方巡業を首尾よく終えてこっちに帰ってきてくれるのを。

駅前で車座になって宴会をするウィアーな人たち。
やっぱり変な人たちだなと思いながら、今日は少しだけ大目に見たい気になった。
どうしてかな。彼らもあれでなかなか大変そうと感じたからかも。
でもゴミはちゃんと片付けとけよ!
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-26 23:42 | FC東京

新曲に異議アリ

磐田戦から登場した新曲ですが、なんかようわからんワイと思っていたら、あちこちで歌詞が披露され、一昨日の投稿にもコメントを頂きました。

うーん・・・・・・どうなの?

原曲は悪くないのになぁ

歌詞がまたかという感じ

食卓でおかずに文句つけてるダンナみたい

なに、ごちゃごちゃ言ってるの?って

もっとすっきり行かないもんかね


赤なんか~だいきらい~ 赤なんか~だいきらい~
赤なんか~だいきらい~ 赤なんか~だいきらい~
東京 東京 東京 東京


これくらいでいいんじゃないかな

今日はスタジアム全体(赤除く)であわせられるような選曲を望みます!よろしく!
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-26 09:03 | FC東京

今日だけはちょっとめそめそ 日曜はバリバリ

こどもの頃から常に強いチーム、優勝争いが命題のチームでプレイしてきたフミさんがプロになって4つ目のチームとして選んだのはJ1に昇格して2年目のFC東京だった。
2001年のサッカーマガジンのインタビューでFC東京というチームについて、こう語っている。

強いチーム、優勝できるチームというのは、だまっていても、みんながそれに向かって行っているんですよ。優勝を経験していないチームっていうのは、みんなの意識がバラバラというか、上を狙っている選手もいれば、ポジション争いの方を考えている選手もいる。
東京では、自分がある程度舵を取ったりする場面もあるな、という意識は持っていますね


インタビューの中でフミさんは何度も「頑張らないと」と口にした。自分自身が経験してきた全てをこのチームに活かしたい、このチームを強くしたいという責任感がそう言わせている。

本当に、頑張らないといけないですよ。いまは、それだけですね。まだまだ頑張り続けないと。

移籍が続いたが、あとはこのまま東京に?という質問には

そうですね。いつまでもいられるものならずっといて、貢献して頑張りたいと思うけど、こればっかりは、チームがいらないと言えば終わりですから。それに、他のことに魅力を感じたら分からないけれど、いまの時点では東京のことしか考えていないし、結果を出さなければいけないし。そういう思いが強いですね。

この2001年の時点で移籍してきた選手が、すぐに東京を好きになってくれてずっといたいと言ってくれた。フミさんはそういう選手だった。何のためにこのチームに来たのか、よく理解してプロとして懸命にそのMISSIONを遂行した。
わたしもずっといて欲しいと思っていたが、本当にこればっかりはわからない。ずっといてくれたアマラオも引退ではなく、現役続行を望んでチームを去った。
あと1年は現役でやって欲しいと思っていたが、反面フミさんが他のチームに移籍して現役を続行することを避けられてほっとしているのが本当のところだ。
フミさんは東京にとって重要な選手だから、普通に移籍されるのは耐え難いと思う。

忘れられないのは、原監督を送るファンの集いで見せたフミさんの涙。原博実との4年間はわたしたちにとってもフミさんにとっても大きなものだったね。
「これからはサッカーを楽しんで、1年でも長く現役を続けてほしい」と原さんはことばを贈ったけれど、それから1年で引退とはやはり残念だ。今年のチーム状況が良ければまた違っていただろうか。

今、東京の選手の意識は大きく変わっている。東京のプライドを持っている。
フミさんにはチームに残って仕事をしてもらいたい。迷いが晴れないフロントに力を貸してほしい。

三浦文丈 東京の10番 私、ハナマル贈らせていただきます。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-25 01:21 | FC東京

お悩み相談室へいらっしゃい

試合後、明大前のリブリに行くと、みんな手に白い紙を持っている。
どうしたのか聞くと、駅前で貰ったと。
なんのチラシか見てみると・・・
「あなたの悩みを伺います。お悩み相談室」
恋の悩み、仕事の悩み、家庭の悩み、なんでも聞いてくれるみたい。


なんで?なにが狙いだろう。
それはともかく、問題はそこにいたみんながかなり電話をかけたがっていたことだ。

チームが勝てないんですけど、どうしたらいいでしょう。

下位に低迷しているんですけど、どうしたらいいんでしょう

新しいゴール裏の曲がよくわかんないけど、どうしたらいいでしょう



そのうち監督や偉い人や選手になったつもりで相談をし始める


客が減っているんですけど、どうしたらいいでしょう

守備はどうしたらいいでしょう

スタミナがないんですけど、どうしたらいいんでしょう

どうしたら足が速くなるんでしょう

何本シュート打っても入らないのはどうしたらいいんでしょう


もう、いいからぐだぐだ飲んでないで、さっさとうちに帰って寝なさい!
日曜は全力で戦うよ!
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-23 22:22 | FC東京

五分の魂

ナビスコの決勝戦のとき大変お世話になった こちらの方が見つけてくれたこのプログラム

わたしの負けじ魂に火が点きましたよ。


なめんなよ!!
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-22 16:17 | FC東京