<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

16番はノモじゃない

トーチュウによりますと、次節はこの人がようやくスタメンに帰ってくるらしい。
前節はベンチには入ったけど、出番はなかった。
c0068891_22295843.jpg

この写真は昨年のうちの子の誕生日に小平で撮ったもの。
こどもの希望で練習を見に行って、みんなにサインを貰った。
そして、「誕生日おめでとう」とメッセージを書いてもらうのは誰に頼もうか考えて、ミヤにお願いした。誕生日という漢字をちゃんと書けそうだったし。
ミヤちゃんは、小さい声でこどもの名前を聞いてくれて、名前と日付も書いてくれた。
優しいんだよねー。

去年のナビスコの準決勝のコーナーキック!
ミヤちゃんが東京に入団してから、フリーキックやコーナーキックはチャンスになった!

最近はこのままでは、移籍してしまうのではないか。試合に出られないなら、移籍した方がミヤちゃんにとっていいとさえ思っていた。

山梨の方でもんもんとしている人もいることだし。

トーチュウも時々はずすから当日までわからないけど、駒場に行って良かったと思う試合になってほしいね。久々の駒場だからとっても楽しみ。

※MXのホットラインでも宮沢スタメン濃厚でインタビューあり。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-29 22:46 | FC東京

スコアレスドロー

あのチームに勝てないのが、現実です。
引き分けに終わった瞬間のわたしの周囲(G1の端っこ)は負けたような雰囲気。
落胆の大きさに打ちのめされる。
そのままの気分を引きずって帰宅。
でも、一杯やってから、試合前のルーカスの挨拶を思い出して、ようやく気を取り直す。
残り9試合ある。とにかく精一杯やってみるよ。

くるくるルカTシャツのお子さんに挨拶したら、変な顔されちゃった。

わたしもダイエットしてうちの子の150のルカTを着れるようになりたいな。
言ってみただけ。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-25 21:36 | FC東京

そんな阿部ちゃん

阿部ちゃんは、まだクリのうちに居候を続けていて、
「なかなか気に入った部屋が見つからない。」
「でも、居心地が良くて」
「栗沢に彼女がいれば早く出て行くけど」
そんなことを笑いながら話す。
あなたにもね、彼女がいれば後輩の部屋に居候なんてことはしないでしょうけど。

以前のサッカーマガジンのインタビューでは
中学のときから夜遅くまで練習。高校のときも練習しすぎて膝がおかしくなったり、あるとき休んだらポキっと音がして良くなったとか。
プロ選手を輩出するような学校ではない中で、強い信念で目標に挑んできた阿部ちゃん。
きっと大学でも高校でも後輩のいい目標になっているのだろうね。

そんな阿部ちゃんがやる気まんまんの大分戦、早めに出してください。お願いします。
16番も出してください。お願いします。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-24 21:28 | FC東京

くるくるTシャツがやってきた

ルカT 発送しました!
c0068891_23225813.jpg
くるくるルカTシャツがやってきた。ブラジル・デーは大分のブラジル選手にも大いに楽しんでいってもらおう。しかし勝利は東京がもらおう。
これいいなー。わたしの分も頼めばよかったなー。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-21 23:27 | FC東京

いつまでもがっかりしていても仕方が無い

いつものだんなの余計な一言に凹む。
「イタリア行ってれば怪我しなかったのに。」

しかし出勤途中、西荻窪の駅前でFC東京ニュースを配布しているユニフォーム姿にうんと励まされた。ホームゲームの前には必ず配っている。案外、受け取る人が少ない。
ホットペッパーとはいい勝負だけど、武富士には負けてるかな。みんなティッシュなんてつまらないよ。FC東京ニュースは絶対面白い。
わたしはいつも一言かけて受け取る。

今号のプレイヤーズ・インタビューには茂庭照幸くんが登場。
「この壁を乗り越えれば僕らの時代が来るから」
そうそう、信じてるよ。

梶山については
「1試合ごとに自分のやるべき仕事を身体で覚えている。最初のころは動き方がコンちゃん頼みの時期もあったけれど、今は危機察知の能力がすぐれてきている。」
モニが言うなら、そうでしょう。

「小さいころから仲間の輪に入っていくのが得意だった。」照幸少年は長じて、日本代表に入っても気後れせずに、本大会出場を狙っている。

ところでこの欠場選手情報ですが、やはり今期うちのチームはダントツで怪我人が多いのです。こういう資料を見せられるとうーん・・・。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-21 16:20 | FC東京

異邦人の祈り

土曜日の試合で覚えていること。
青赤の集団の中で目立っていた横須賀シーガルスの少年たちの明るいグリーンのユニフォーム。
負傷してピッチの外に担架で出され、治療の後一度立ち上がり、歩けなくて再び担架に乗せられる時泣いていたナオ。

日産のイスは硬くて非常に座りづらいのに、クッションを忘れたことを後悔していたこと。
カジヤーマが少しマシだったような気がしたこと。

松田がクリをぶっとばして、それにルーカスがお返ししたこと。だからルーカスが倒れた時、また松田にやられたのかと思ったくらい。
ユニフォームを脱いで必死にルーカスを扇いでいたササ。
ピッチに救急車が入ってきた時のぞっとする感じ。

そのまま試合が終わって、みなが悄然とピッチに背を向けて出口に歩きかけたとき、アナウンスが始まり、ハッとした瞬間、次回のホームゲームのお知らせが女性の声で告げられ、すごく場違いな感じがしてブーイングが起こったこと。

二人の笑顔が一日も早く復活するように、今は祈るだけ。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-19 14:14 | FC東京

亭主です

久々の亭主登場だよ。

かみさんは残り試合全て見届けたいと悲壮な?決意をしている。
遠くは無理だなー、バイトしようかな。っておいおい、あなたの会社はバイト禁止でしょう。

まあ、今期の成績では楽観はできないだろうけど、出かける相談をしている様子を見るとお弁当やお菓子を準備して、遠足みたいで楽しそう。

俺は味スタ以外には行く気がしないので、競馬に行くよ。
稼いでかみさんが新潟に行ける様にしてあげるから!
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-17 09:12

大山津神は木花之開耶姫の出産を祝って酒を造った

飲もうかなどうしようかな、そんなことを考えるまでもなく毎日ちゃんと酒を飲む。
大人だからだ。食事をするのに水なんて飲めるか、アヒルじゃあるまいし。
お茶はお菓子と相場が決まっている。菓子を食うのでなければ飲むものは酒。
成人して30年。ほぼ欠かさずアルコールを補給してきたわたしが断酒をしたのだ。
東京が勝つまではと決めたのだ。
ところが、わたしのためにたった4日半の断酒で東京は勝ってくれた。
それなら普段は節酒程度で十分に違いない。
というわけで節酒は続けている。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-15 00:09 | FC東京

腰抜けの党なんていらない

 これまでの戦後の政治がやってきたのは「できるだけ公平にパイは分けましょう」という幻想を与えることだった。でも小泉は「公平になんて分けられない。強いものが全てを取る。若干のおすそ分けはあるから、少なくても我慢してね。」という政治だ。そして「運が良ければあなたも強いほうに入れますよ。」という幻想を与えるのだ。実際は運なんてない、はじめから出来レースだもの。そして今回の衆院選はそういう小泉にイエスと、投票した人のうち半分くらいは言ったのだ。

More
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-13 23:58

稲刈りが終わると秋がやってくる

c0068891_5544100.jpg大地を守る会の山武の田んぼで稲刈り。天気は良すぎるほどで開始1時間もすると動きが鈍くなってくる。
水分を補給したり、飴を口に入れたりして自分を励ましながら3時間ほどで終了。
最後の鎌を入れると拍手が起こった。
こんなに疲れた稲刈りは初めてなので、年のせいかと落胆していたが、若い人もかなりの疲労を訴えていたので、日差しがきついせいだったということにしておこう。

c0068891_5541461.jpgはざ賭けが終わった田んぼ。予想では8俵ほどの収穫が見込めそう。

信仰のないわたしでも敬虔な気持ちになることはある。
例えば田んぼで作業をするとき。
例えば山に入るとき。
山の神と田の神は同じだ。春になると山から降りて田を守り、秋には実りをもたらして山に帰る。
だから山の頂上にはお社が祀られている。
冷たいビールに喉を鳴らして、神様に感謝。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-12 06:13 | 大地を守る会