<   2005年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

なぜ勝てなかったのか

ちょっと言わせてFC東京。
わたしも同感です。
選手はあんなにがんばっていたのに、なぜ勝てなかったのか、それを分析してちゃんと結果に繋げるのは今度は監督、コーチ、スタッフの仕事と思います。

わたしはただのファンですから、いつでも次の試合を楽しみにしています。
勝っても負けても次の日は自分の生活があります。

でも選手はその1試合、1試合が生活、人生に直結しています。
悔し涙に暮れるのもいいけれど、その後には報われて欲しい。

まあ、わたしの人生にも思ったより以上の影響を及ぼすようになっているわけですが。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-30 23:51 | FC東京

ハム喰う

c0068891_16585899.jpg
ハムリンズだよ!
みんなウィニー食べて、セレッソをやっつけちゃおう!!

ウィニーの飾り切り
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-30 17:00 | FC東京

やっぱりそうなのか

報知は…。
ダニーロの去就については、以前のエントリでも触れたが、ダニーロが解雇、そしてメキシコで再就職という話が伝えられている。
WWWて凄い。とほほなくらい。どこのどんな情報でも網に引っかかる。

試合に出られないなら移籍したほうがダニーロにもいいだろう。
でも、これはダニーロが勝手にやっていることではない筈。
フロントのどちらさんもご存知というか、そういう流れを作ったとしたら、責任回避だし、誤魔化しだ。
はっきりきっぱりしろよ。
嫌いなんだよね。そういうの。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-28 15:46 | FC東京

日本×ブラジル 2対2 コンフェデレーション・カップ

正直、こんなにチャンスがあるとは思っていなかった。
言葉を捜してしまう引き分け。
よくやった?確かに。
負けたくはない、引き分けでは次はない、でも引き分けなら十分。
見ているわたしたちの気持ちはこんなものだったと思う。少なくともわたしの周囲では。

でも最後の最後まであきらめずに、次の1点を狙っていた日本。

だから良くやったではなく、残念だったと言おう。
U-20の敗戦とはまた違う意味で。

ロナウジーニョが本当にあっちにもこっちにも顔を出して、楽しそうにサッカーをしていた。
これであの怪物くんとか、あのFKマッチョとかいたら・・・。

さあ、今日も元気に仕事に行こう!
眠気覚ましのガム買って。お疲れ様でした。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-23 06:38 | サッカー

ミュージックバトン

日本U-20代表はモロッコに0-1で敗退。
後半何度もサイドを破られていたヤジュールにロス・タイムに決められた。

失意をミュージック・バトンで紛らわせてみたりして。

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

 161メガ・・・思ったより少ない。

☆今聞いている曲
 
 憂歌団のアルバム「BLUE'S」  どうすることもできない思いの時の定番

 U-20の選手たちに例えば今どんな曲を贈ってあげたらいいのだろうと思案しているところ。

☆最後に買った CD
 
 「the gospel sound of spirit feel 」
 うちの子が「天使にラブ・ソング」を見て以来、ゴスペルに興味をもっているので中古で買ってきたもの。ちなみにうちはCDよりレコードの方が数的優位を保っている。

☆よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲

 Queen「The show must go on」
 ベジャールがジョルジュ・ドンとフレディ・マーキュリーへのオマージュとして創作したバレエ「バレエ・フォー・ライフ」の最後で使われた曲。
 
 Helen Merill 「Don't Explain」
 
 Billie Holiday 「Strange Fruit」 「Summer Time」 「Don’t Explain」 

☆バトンを渡す 5 名
 
 この業界では知り合いが少ないわたしです。どなたかお願いしまっすぅ。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-22 06:25

ミュージックバトン

ミュージックバトン がやってきた  
あっちからもこっちからもバトンがやってくる。せっかくお声をかけていただいたパパさん、よっちさんに義理立てして、まとめて面倒みることにしようかな。

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

☆今聞いている曲

☆最後に買った CD

☆よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲

☆バトンを渡す 5 名

ですって。
答えは明日に持ち越しだわ。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-20 23:38

エル・ゴラッソ 6/20,21号

エル・ゴラッソ インタビューは三浦文丈。東京の10番。

13年目の35歳。清水第5中、清水商、筑波大、全てのカテゴリーで優勝を経験し、プロ入りしてからは横浜マリノス-京都-磐田。横浜と磐田でリーグ優勝。01年にFC東京に加入。

「僕はもう頭のてっぺんからつま先まで東京ですよ」
「俺はいいクラブにいるんだなあ、これはなんとか乗り越えないといけないなあ」

いつも、ずっと、どんなときも応援する。いい時も悪い時も、むしろ苦しい時こそ自分の力が役にたつのなら。そんなみんなの気持ちはちゃんと通じてるよ。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-20 23:18 | FC東京

辛勝くまジャパン

はらはらしたー。じりじりしたー。
疲れなのかゲームプランなのか前半の消極的なこと。

先制されてどんどん時間がなくなっていって、あきらめちゃダメと言いながら、泣きそうになっている。前田のシュートが変な軌跡を描いてゴールに吸い込まれた瞬間、夜中にも関わらず歓声を上げて拍手。もう、ほんとにこいつらって。サッカーってほんとに・・・。

くまとジーコとどっちがついてるのかな。

今日の平山はどうしたのか、1点はとらなくちゃいけなかった。
このチームではそういう立場なのだから。

とにかく、もう寝なくちゃ。
今日もこれからコンフェデだから。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-19 22:08 | サッカー

気になること

近藤健一がまた怪我らしい。
検査のためだろうと思っていたら、全治6ヶ月・・・。
小平の練習などで見るたび気になっていたのは、彼の股関節と膝関節の堅さと内股。
独立して連動しているというよりは1本の棒のように感じられる動き。
そのあたりを修正していった方がいいのではないかな。まだ若いから大丈夫。GKは経験積んでからが勝負。

ダニーロは捻挫ぐらいで帰国?ひょっとしてもう帰ってこないのでは、これはチームからの体のいい解雇通告では、と勘ぐっていたのだけれど、トーチュウの記事を見る限りでは、本人に帰ってくる意志はあるようだ。心身ともにリフレッシュしてがんばっておくれ。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-18 09:57 | FC東京

加地T・加地樽

加地Tですよ、加地樽ですよ。
でも飲み物はやっぱり黒酢ドリンクとかでしょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-06-17 17:01 | FC東京