<   2005年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

めったにないほど凹む

c0068891_23292274.jpg今日の収穫は飛田給駅からスタジアムまでの街路樹の八重桜。行きは良い良い帰りはこわい・・・。
帰り道、こどもが「かーちゃん、暗いオーラが出てるよ。お菓子買ってあげるから元気出しなよ。」と言いました。
めったにないほど凹んだ。後半の40分過ぎでは思わず座ってしまった。でもわたしは選手にブーイングはしません。「意地見せろ」なんて言わない。
試合後の選手の様子を見て、それでもほんとにブーイングすべきだと思ってしてたの?
今ちゃんは泣いてたよね。
憂さ晴らしになってない?クソレフリー・コールもだけど。

c0068891_2332153.jpg今日のゴール裏は気合が入っていたって言う人もいるけど、3連敗して今日は勝たなきゃって雰囲気だったかな?
攻撃や守りのリズムに微妙に応援がずれていたと感じたのは私だけ?(だいたひかる風)

来年はG1ソシオはやめてバック・スタンドに引っ越そうと思う。

とか言って、敗戦の憂さをイケイケ批判で晴らしてないか?どうよ、わたし。

次回は笑顔が見たいよ!
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-28 23:49 | FC東京

首都決戦

ボカとの試合が中止になったのは残念だ。代替試合をチームは検討しているようだからみんなで案を出し合おう。チームにメールを!(ありがた迷惑?)

私はやはり首都決戦にこだわって、ロンドンのチームをお奨め。
なんたって、さすがにサッカー発生の地。ロンドンだけでも12もチームがあるらしい。
誰でも知っているアーセナル、チェルシーに始まって、トットナム・ホットスパー(リネカーが在籍していなかったっけ?)、チャールトン・アスレティック、ウェストハム・ユナイテッド、フルハム、クリスタル・パレス、ウインブルドン、ミルウォール、クイーン・パーク・レンジャーズ、レイトン・オリエント、ブレントフォード、もしかしたらまだあるかも。すごいね。
東京23区にそれぞれあるような感じかな。

フルハムまでがプレミアでしょうか。
相手としてはそりゃあアーセナルかチェルシーですが、まとまらなかったら、もっと下でもいいんじゃない?はっきり言えばどこでも。
なんちゃって首都決戦でもわたしとしてはかまわないけどなー。
相手のサポーターも(フーリガンじゃない奴)招待して交流するとか。

UKのサッカー・チームのニック・ネームも面白い。(Football culture net 調べ)
例えばアーセナルはGunnersと呼ばれている。これは軍需工場で働く労働者のチームだったことに由来しているし、ウエストハム・ユナイテッドのHammersは製鉄所のチームだったから。
チェルシーはユニフォームの色でBluesと呼ばれているけれど、もうひとつはPensionersというもの。年金受給者という意味でチェルシー病院には退役軍人が多く入院していたからと言われている。
チャールトンはAddicks。これは鱈という意味で、試合の後に対戦チームを食事に招待して鱈をご馳走したことからって言うんだけど、鱈っていうのがイギリスらしい。

こういうのをちょっと見ただけでも、フットボールが労働者階級のものだったっていう歴史が偲ばれる。

いかがでしょう、村林さん。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-26 00:47 | FC東京

東京にはトホホがよく似合う

大黒神社効果?
コージさんにはいつも笑わせられる。あははだったり、くすくすだったり。

土曜日、大阪でちょうどみなさんがガーンとなっている頃、わたしは荻窪で久しぶりの友人と蕎麦屋でうまい肴と酒と蕎麦を堪能していた。もちろん試合結果を気にしながらではあるけれど、勝つからと安心もしていたし。その根拠は相手がガンバだからというものだったのだが。大黒がいることを忘れていたっけ。

荻窪の北口から3,4分。贔屓にしている蕎麦屋「良志久」-らしく-と読む。
蕎麦は福島産の自家栽培、自家製粉、手打ち、酒は喜多方の大和川酒造のもの。この日は「無濾過・生原酒」阿部伊立杜氏精魂込めた力作。名前から受ける印象ほど重くなく、しっかりしているが軽やか。すいすいいける。
肴も福島の香り豊かなものが揃っており、わたしはいつも「なにか頂戴」とお任せで出してもらう。
ふきのとうのポテトサラダ、鴨のたたき、里芋の煮物、エシャロットの酢漬け、うぐいの甘露煮と、まあ酒が進む進む。
最後にもりそば、これがまたとにかく旨い。
蕎麦湯をいただいて、機嫌よく家に帰り、J'sゴールのメールをチェックして目を疑った。
酔眼ながらスパサカを見て、「大黒の3点がなければ勝っていた。」と意味のないほとんど寝言をつぶやきながら、ふとんに倒れこむ。

確かに東京にはトホホが良く似合う。東京のサポーターにも。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-24 22:04 | FC東京

ガンバ戦

大阪ラプソディ。ここの人はどうも後ろ向き発想だね。これをご覧。選手っていつでも前向きですよね。期待、期待。
でもなかなか遠征には行けないなー。今年も。もうちょっと我が家の景気が回復しないとね。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-23 08:38 | FC東京

もう一度大江光

16日に世田谷文学館で「21世紀の子どもと文学のために トーク&コンサート」があった。
わたしはFC東京の試合で、行けなかったが、健三郎ファンクラブの知り合いの報告によると現在の危機を踏まえて、有意義なお話がされたようだ。
特に親としての心構えとして次のような言葉が印象に残った。

親は伸びていく力を自由に伸ばせるよう手助けし、それを妨害する人(もの)
がいたら勇気を持って立ち向かい排除する。

6月11,12日にはオペラシティのコンサートホール(タケミツメモリアル)で「もう一度 大江光」がある。こちらでも当然大江さんの講演がある。

もちろん行きたい・・・。しかし突然ユベントスとボカとの試合が決まって、そのチケット取るから、うちの財政が厳しい。今回も見送りか?あー。


ユベントスは親子でG1にした。明日引き取って来よう。

ってこれを大江健三郎のカテゴリに入れるのか?
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-20 22:17 | 大江健三郎

バモス東京!

2-0で負けた。
加地、茂庭が欠けたディフェンス・ラインに前田とまっすう。
成長してた。がんばってた。
それだけは言える。

だから失点は責めない。今日のところは。
しかし無得点はいけない。
浦和の前の選手、永井、アレックスがフリーでボールをもらう場面はあったけれど、
石川に関して言えばほとんどマークがついていた。
栗沢は短いパスが得意の選手なので、大きく展開するいいボールが出なかった。
宮沢がいないとチャンスの数は確実に減るな。
戸田はフリーの場面があっていい形もあったけれど、いつもの通り外すし。

でも本当に緊迫したいい試合だった。
悔しいけれど、選手を称えたい。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-17 22:31 | FC東京

レッズ戦

今日は味スタで浦和と。赤い人たちがいっぱいやってくるよー。へらへら。むかつきを抑えつつ笑う。
DF陣が怪我で手薄。心配だけど、控えの選手にはチャンスでもあるんだよ。
しかし福西と名古屋にはいつか仕返ししてやる。(何もできないけどね)
3時半キックオフだから12時半にはでかけようか。
今日は電車で。自転車で行きたいけど、試合の後は実家に行くんで。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-16 10:13 | FC東京

小梅のともだち

c0068891_21575837.jpgこれが小梅の大の仲良し。名前は・・・たしか、みーちゃん。ふわふわの毛皮。地球上のどの種に属しているのはわからない。強いて言うなら毛の長いねずみ?こどものカバンにぶらさがっていたのをある日発見して、かじかじして外してしまってからは、どこにいくにも口にくわえて持ち運んでいる。あまりに大事にして、今では頭も取れてしまった。
c0068891_22435.jpgこの時はまだ目もついていたけれど、いまやただの毛皮の袋。ぺろぺろ舐めていたかと思うと、次の瞬間にはジャンプして前足で(前足っていうと反射的に福西を思い出すのはいつまで続くんだろう)押さえつける。ぽーんと天に放り投げる、とすごい可愛がりようだ。
c0068891_22102670.jpgさて、行儀がいいので、こんなふうにカニのすぐ横にいても心配ない。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-12 22:13 | ネコ

ありがとうジュビロ!

自転車で飛田給へ。
東八道路をまっすぐ、人見街道に入ってまたまっすぐ。
東八道路は桜道路。楽しいお花見サイクリングでした。
c0068891_21565380.jpg
味スタ通り(表示は東京スタジアム通り)の桜並木。この通りは駅へ行く道とは反対の方向。駐輪場を使う人が多く、帰りはたくさんの青赤な人たちが流れて青赤通りとなる。
c0068891_2215261.jpg
桜とFC東京のフラッグ。美しい。

2000年4月5日、国立の初対決以来の勝利。
観衆3万2千人余り。いつもよりちょっと気合が入って、みんなの期待が溢れているスタジアム。
ジュビロにはほんとになかなか勝てなかった。浦和に相性がいいのと同じで、ジュビロとも相性がいいのだと思う。お互いの良さというか特徴が出て面白い試合になる。勝てなかったけれど、ここのところはうちが勝ってもおかしくない内容だった。だから今日は今日こそは勝つだろうと思って、その通りになった。
ジュビロ磐田という強い、いいチームがいて、なかなか超えられない壁のような存在で、そういうチームがいてよかったと心から思う。お帰りヨシカツ。どう?うちもなかなかやるでしょ。

しかしNHK嫌い。ニュースでこの試合を報じて主役は川口だった。はぁ?
東京なめんなよ!
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-10 22:29 | FC東京

行ってしまいましょう。桜何連発?すぐに挫折しそう。
本日の桜、おすすめはこれ!
c0068891_21594229.jpg
さあ、ここはどこ?
玉川上水沿い。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-04-09 21:59