カテゴリ:ネコ( 43 )

猫用カート導入しました

c0068891_16391442.jpg
小梅たんを病院に連れて行くのに、キャリーケースに入れて運ぶと重くて、飛田給駅そばの獣医さんまで2度も小休止してしまい、楽天で衝動買いしましたよ。

ステキでしょう。楽チンですよ。2匹入れても悠々な広さです。

ルーちゃんが興味津々です。

私はこうして楽天にかなーり貢献しています。
私に足を向けては寝られない楽天は大人しく降格していくと思いますよww
[PR]
by inadafctokyo | 2010-11-13 16:43 | ネコ

毎日暑いですね

だから毛の生えた生き物は大変なんだってばさ。
c0068891_2345564.jpg
毎日、テーブルの上で長々伸びています。
ドロンパにも夏休みをあげたいね。30度超えたらプール入りたいよね、まだこどもだし。
ま、頭だけで下はパンツ一丁でもわたしはかまいませんが、見て見ぬ振りするし。

首筋から氷入れてあげるとか、冷えぴた差しいれするとか、してあげたいけどほんと気をつけてくださいね。

毎日帰りが遅くて、なかなかブログ更新できません。
書きたいことはたくさんあるのですが。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-07-20 23:52 | ネコ

ねこ鍋ってありますよね

あれってきっとうちでも出来るなって思ったんです。
c0068891_2319326.jpg
電子レンジの皿に何を考えたのか座ってしまう。
c0068891_23195692.jpg
持ち上げてもどこうとしない。

小梅が自主的にどくまで電子レンジが使えませんでした。

ティアさんという猫さんはいつもガステーブルの上に乗っているので、そこでの調理はあきらめて、ほとんど電子レンジを使っているんですって。東京サポさんのお話よ。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-05-18 23:25 | ネコ

おたまと猫

恐ろしい勢いで増殖するおたま。君はおたまを見たか?
青と赤で編まれたおたまちゃんは味スタで、小平で、あるご婦人によって広められているんですが。
そこへ猫用というのも登場したのです。
c0068891_23393968.jpg
るーちゃんの独擅場。小梅は羨ましそうに見ているだけ。
c0068891_2340061.jpg
どったんばったん、赤いチームの化身であるおたまをやっつけています。効果覿面ということになるのは、まだだいぶ先ですけどね。
あっと言う間にどこかに隠してしまいましたよ。出しておいでー。この子は自分でどこにやったかわからなくなります。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-05-13 23:53 | ネコ

おしらせ・・・

c0068891_23481926.jpg
おかあさんは悔しくてブログを更新する気にならないみたい・・・・

しかもあしたは飲み会の予定が入っていて、国領の桜ライトアップに行けないからって地団駄踏んでいる。

以上 小梅からお知らせしました。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-05 23:52 | ネコ

カンガちゃんが来たーー!

うちの小梅たんはひどいアレルギーで食べるものが限られている。
今のところこれだけ!!
c0068891_165846.jpg


カンガルー肉のフード「プレミアム・チョイス」

見かけはなかなかのもので、生肉だから血がしたたるような・・・
それをがつがつ食らうのを見ると獣やなぁと思うわけで。

しかしこのフードのおかげで生きながらえているのだ!感謝感激!
我が家ではカンガちゃんのお肉といって崇めている。

このフードに巡り合うまでは、もう毎月毎月、検査と投薬に莫大なお金を費やしたのだ。
だからこのフードが多少高くてもほとんど構わない(少しは構う)

原因不明の嘔吐と下痢でがりがりにやせ細っていた小梅がしっかりとした肉付きになり、色つやも良くなった。
本当に食べ物とは大切なものだ。
このフードは私が独力で見つけた。小梅、私に感謝したまえ。

このフードを切らせて他のものを与えると、とたんにダメなのだ。
だから、このフードがなくなったらと思うと恐怖だ。
そうしたら私はオーストラリアに移住して、野っ原でカンガルーを捕まえてうちの小梅に喰わせてやる。


ルーはなんでも来いの体質だ、これもありがたいことだ。
最近はルーも肉くれ肉くれと言うのだが、小梅優先なのでそうそうはやれない。
普段はロイヤルカナンの去勢した猫用フードを食べている。ロイヤルカナンはなかなかうまいのはご存知かな?わたしは時々つまみにする。
愛恋さんによるとアボキャットもいいらしい。今度試してみよう。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-14 17:11 | ネコ

わたしはよくくるねこやいぬろぐをみる

くるねこさんを見ていたら、里親探しの写真に目が行きますよ。
子猫は世界中の“かわいい”を集めたような存在ですよ。

ある子猫ちゃんの説明に ”すっごくやんちゃです。遊び相手が欲しい元気で若い猫ちゃんがいるお宅を希望します。” とあるので、だんなに「この子が来たら、ルーが大喜び!小梅もルーから解放されていいんじゃないの?」と言ってみました。

「でも、子猫はすぐに大きくなるよ。そうしたら、また子猫をもらう?」と笑いながら。

ああ・・・・そこまでは考えていませんでした。
後から来た子猫さんも大きくなれば落ち着いてしまうのでしょうか。これまで飼ってきた猫はたしかにそうでしたね。ルーはずっと遊びたがりのような気がします。

部屋に置いてあるゴミ箱はルーの宝箱。通りすがりに必ず覗き込むか、倒すかして中からお気に入りを持って行っては、どたばた走り回って遊びます。一番好きなのはレシートです。お買い物をしてもらったレシートを財布から出してクシャクシャにして捨てると、何をしていても飛んできて、咥えて持っていきます。その様子が本当にいそいそという感じです。

ずっと2匹でおじさんになってもばたばた遊んでいる猫ってのはどうでしょう。(LIVREには、いるような気がします)

ルー1歳元気です。小梅はもうおばさん(6歳)なので、体力勝負の遊びはうざいのです。


そして最近はいぬろぐさんを見るのがちょっと切ない。怖いようでもある。うーん。ダークサイドに行ってませんか?

金子みすゞの「明るいほうへ」を贈ります。

金子みすゞも悲しいけどね。



どうなってしまうのだろうねぇ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-10-06 18:17 | ネコ

こんばんは憂太です

c0068891_23205561.jpg
仲良さそうにベッドでくつろぐルーと小梅。
この後すぐに戦争が勃発します。北朝鮮と韓国の38度線やインドとパキスタン国境くらいに危ない2人です。
c0068891_2321222.jpg
水槽の中には亀がいます。ルーは亀が動くので、何か危ないことを考えています。この後、水槽の上に乗っかっていました。以前、亀を引きずり出して転がしていたので、蓋が開かないようにダンベルを乗せています。

タイトルは何かって?

憂太の就活がうまくいくといいなってことです。
今ちゃんがもし浦和に移籍したら、東京にいたことを忘れると公言したわたしですが、憂太は許します、緑さんにお世話になっても。そんなこと言ってる場合じゃないし。サッカーができるならいいです。柴田さんもいるし、考えてみたらうち以外の選択肢の中では一番いいかもしれません。味スタだし。

今まで言わなかったのですが、もう新聞に出たので、深川で練習させてくれて、どうもありがとうございました。
中学生と一緒というのは、物足りないことこの上ないのですが、事情が事情だから仕方ないです。小平じゃ目立ちすぎますからね。

ほんとに頑張りなさいよ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-08-04 23:39 | ネコ

日々の暮らし

今日は大地の来る日です。
冷蔵品や冷凍品をしまって、野菜、米、雑貨を片付け、東武デパートで買った釣り鯵を叩きにして、野菜の段ボールを見ると大根の隣に何か黒いものが・・・。
c0068891_23112867.jpg


箱を開けてみるとルーが。どうしてこんなところに入るの?箱が好きなのはわかるけど、大根の隣ですよ。
c0068891_23115048.jpg


小梅ねえさんはセラムヒーターの前が大好き。テーブルから片手をだらりんと伸ばして、とろけそうに寝ています。
c0068891_2312670.jpg
普通のことをきちんと。食事や家事をこなして、週末に備えましょう。体にいいもの、美味しいものを食べたり、好きな音楽に浸ったり、映画を見たり、自分に元気を与えましょう。

肉厚で張りのある真っ赤なパプリカは高知の高生連から。みずみずしく香り高いグリーンセロリは愛知県の天恵グループ。その繊細な緑の美しさに見とれてしまうぱりぱりのレタスは千葉県山武のもの。
生き生きした野菜を見ていると、自分自身の生命に空気と水が新しく送り込まれていくようです。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-03-17 23:28 | ネコ

ちびねこルーの成長記 その2

6月に娘が捕まえてきた野良のチビネコはルーと名づけられ、順調に大きくなりましたが、成長過程ではいろいろととんでもないことが起きました。

やってきたばかりでまだ完全に慣れていないころ、ちょっとした隙に外に出てしまい行方不明に。
おそらくマンションの中にいるだろうと探していると5階の廊下の隅で小さくなっていたのを発見。
名前を呼びながら近寄ると、凄い勢いで逃げました。てっきり近づいてきてくれると思ったのに・・・。まだそれほど懐いていなかったんですね。愕然としました。

それからが大変、5階の居住者の方々にはご迷惑をおかけしましたが、ベランダに入らせていただいて探してもどこかに入り込んで見つからず、夜になってダンナも捜索に加わり、ようやく発見。
ところが、もう少しで確保というところで、ルーが5階のベランダから落ちてしまいました。娘は悲壮な顔をしていましたし、わたしもダメかと覚悟していましたが、幸い落ちたところが土でもあり、機敏な子猫だったので大した怪我もなく、お医者さんでは大人しくいい子にしていました。
それ以来、ちょっとトラウマになったようで玄関が開いても近づきません。

そのとき初めて行った病院の担当の獣医さんが素敵でした。またその先生に会いに行きたいと親子して思っているのですが、ルーは丈夫です。用事がありません。
その後は小梅もその病院に通うようになりました。が、担当の先生はその先生ではないのです。指名したのですが、そのときはいらっしゃらなくて・・・。
小梅の先生もいい先生であることは間違いありません。でもねー・・・。

続く。

ちびねこルーの成長記 その1
[PR]
by inadafctokyo | 2008-10-21 07:07 | ネコ