カテゴリ:FC東京( 1096 )

PSM鳥栖戦

明大前のLIVREにて、PSM鳥栖戦。
ベアスタには鳥栖ファンが5千人も訪れ、シーズン中のような応援風景も見られた。
東京は試合日程が発表された途端に、前半の遠方アウェイの多さに悲鳴も。
開幕後のスケジュールを思うと、ここで九州遠征は避けたいと考えても仕方がない。

この日のメンバー発表に驚きの感想を持った人も多かったと思うが、FWは平山が久々の先発。
翌日の蔚山現代との練習試合もあり、ルーカスはインフルエンザで離脱。監督はメンバーに苦心したようだが、バックはトク、チャン、森重、太田、ボランチを草民とヨネ、平山のワントップに両サイド河野、ナオ、真ん中がネマニャ。
失点シーンは鳥栖の高橋のロングフィードにゴンちゃんが前に出たところをロニに決められたもの。あのパスが良かった。草民が簡単に振り切られてしまったので、守備に関してよく考えるきっかけにしてほしいところ。
同点にしたのは後半30分過ぎ。平山の粘りから、こぼれ球をネマがシュート、再びこぼれたところをナオがシュート。河野が避けた足に当たって、ゴールとなったように見えたけど。
この後はテンポ良くパスは繋がるが、単調になってしまう場面も。
そしてショートコーナーからチャンスが。交代で入った千真がファーストタッチでネマのクロスを胸に当てて、逆転ゴール。

「勝ちぐせを付ける」と千真が発言していたが、どんな時も勝ちを貪欲に狙っていく姿勢は今年どうしても欲しい。連携面はもう少しだと思うが、コンディションは悪くなさそう。河野に積極性が見られたし、ナオも良かった。
あとはシュートの精度を高めないとな~。
鳥栖は今年も大崩は無いんじゃないかな。

今日はどんなメンバーだろう。特にDF陣が気になるね。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-02-17 10:44 | FC東京

FC東京フェスティバルは大盛況

本日、12時~17時JRA東京競馬場で行われたFC東京フェスティバル2013に行ってみました。
なんとなくあまり人が来ないと寂しいな~と思ったりしたのですが。。。
c0068891_17551379.jpg
いやいやとんでもない。正門前の駅を降りるとこんな状態。
c0068891_17595891.jpg
フードコート前はこんな状態がずっと。
c0068891_1834570.jpg
ホーム開幕戦出店をかけて争われるグルメダービー、いくつか食べて投票したかったのですが、とてもわたしのようなヤワな根性では無理(笑)どのワゴンに並んでいる列なのか訳がわからない状態で、並びに慣れている東京ファンならではですね~。よくまあ、悶着が起こらないものです。どこの店もブースもこれだけの人出を予想していなかったような対応でした。
c0068891_1810283.jpg
1回めのトークショー13:00~13:30 育成年代講座。大熊清テクニカルダイレクター、福井哲アカデミーアドバイザー、司会は土屋礼央さん、そして渡邉一平さん。
ユースカテゴリーについて、歴代ユース出身選手の紹介、ユースに入るにはどうしたらよいか、トップに上がる選手はどういう選手なのか、などについて話されました。
c0068891_18173013.jpg
わたしの場所の問題もあったのかもしれませんが、声が反響して聞き取りづらいところがありました。
U-18の選手たちも後ろの方で聞いていましたね。
c0068891_18224557.jpg
何度も強調されていたのは、技術などのサッカー面だけでなく、人間性を含めた点を見ているということでした。
小学校6年で1,400名がセレクションを受けます。書類で判断することはなく必ず何人もが一人ひとりを観るとのこと。最後は保護者との面談があるそうです。知り合いの息子さんもU-15のセレクションを受けたことがあり、若干は知っていたのですが、本当になんというか大変だなぁと。トップに上がるかどうかもですが、サッカーのことだけでなく総合的な判断というと難しいだろうなと思います。スタジアムに来た人を感動させるようなプレイが出来る選手になるかどうか・・か。三田くんについて熊さんは、中盤の選手だがゴール前での仕事が出来る、将来的には梶山のようになってほしいと言っていましたね。
c0068891_2082342.jpg
社長のご挨拶。東京競馬場が他の団体のイベントに貸すのは初めてだそうで、創立の時から府中市と深い関係を築いてきたことが評価されたのですね。
c0068891_20193544.jpg
そしてブラジル人が日本語で話しているので、誰かと思ったら・・アマラオ登場!東京のためならいつでもなんでもするよ~
c0068891_20263150.jpg
この後、新チームお披露目
c0068891_20273063.jpg
そして今年の選手会長廣永遼太郎が馬に乗ってご挨拶に。この馬が誰かというとシオでした。
c0068891_20314574.jpg

3Fにはスポンサーブースがありまして、アディダス・ブースにはナオさんがファンミーティングでデザインしたシューズを披露していました。思わず買っちゃった人いますよね~w
c0068891_20324992.jpg
アディダス契約の選手としてはアーリア、ヒデト、徳永もいます。あちこちで催し物があるので当日になっても誰が来るかわからない状態でした。
c0068891_20403070.jpg
アディダスの後にはキリン午後の紅茶の宣伝に協力するナオと平松。おにぎりにも合う午後の紅茶という特徴をアピールするためにおにぎりを頬張る平松です。いい人です。
こうしている間にトップ新チームのお披露目が終わった野外ステージではU-18の新チーム紹介があり、この日のために練習をしてきたピラミッドなどを披露したそうです。トークショーでも育成年代をテーマにしたり、ユース出身の阿部巧、吉本一謙、三田、野澤が登場したり、アカデミーを重視していることをはっきりと示したのは良かったですね。

この他にもたくさんのイベントがあり、最終的には9,500人が参加したフェスティバルは成功と言えるのではないでしょうか。
もう少しフードコートの運営がうまく行くと良いと思いますが、競馬開催があっても無くても時々競馬場に足を運ぶ私は、この広くてきれいで設備の良い場所を使ってサッカーのイベントをして欲しいと思っていたので大満足の1日でした。
c0068891_20572830.jpg
いよいよ新シーズンが始まります。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-02-11 21:01 | FC東京

ナオの魔法の粉

c0068891_174265.jpg
爆弾低気圧による大雪と横殴りの風のなか青山ベルコモンズに赴いたのは、ナオさんのファンミーティングのため。

第3回になるファンミーティングですが、これまでより大幅に参加者数を増やしたせいもあってか(私自体も初当選)見知った顔が多かった印象です。
受付で会費を支払って、座席番号のカード(抽選券でもある)を受け取り、会場へ。

c0068891_1754434.jpg
展示されていたFoot&ArtのJunさんの写真。Junさんは中学生の時にナオと対戦し、弟さんとはフットサルのチームで一緒でした。
展示されていた海辺でボールと遊ぶナオを撮った写真は光と風を感じさせる余韻のあるものでした。
Footartist Jun

日々野真理さんの司会でトーク・ショーが始まりました。進行中の写真撮影は許可されておりませんでした。

日々野さんはナオさんの結婚式の司会もされていて、すっかり息が合って、時々会場の奥さまにナオの発言内容について確認しながら会話をリードしていました。皆さんの前には登場しませんでしたが、樺音ちゃんも来ていました。
オフは大好きなハワイに家族で出かけたナオさんですが、年末年始は偏頭痛で苦しんで何日か寝込んだそうです。
シーズン前の時期に終わらせて、シーズン中には症状が落ち着いていて欲しいものですね。

昨年はミーティングが行われなかったので、2年間を振り返りました。J2の2011年、結婚や出産、そして子供が生まれてからの印象的なゴールについて話されました。

10/19の横浜FC戦では途中出場での決勝弾でした。アディショナルタイムに徳永のクロスを横浜のDFがクリアし、そのボールをダイレクトで決めてまもなく試合終了。選手サポーター一体となってのゆりかごはナオも私たちも忘れられない場面です。
娘が大きくなって、言うことを聞かなかったら、この日の録画を見せると言うナオさん。
こんなにたくさんの人達が誕生を祝ってくれたんだよと・・。

あのきれいなゴールのシーンはスローモーションでコースが見えていて、その通りに打った印象だったそうです。

J2では「それほど簡単ではないと思っていたが、どのチームも決勝戦のような雰囲気で向かってくる、相手は選手もスタッフもひっくるめて総力戦だった。」そのあたりで苦労もしたのですね。試合中や試合後も相手からきつい言葉を浴びせかけられたりというようなこともあって、改めて自分たちの立ち位置を確認したことでしょう。

優勝を決めた鳥取戦は偏頭痛で欠場。メンバーとして現地入りしていたので、当日朝に永里源気が呼ばれ、飛行機も満席だったところスタッフが持っていたチケットがあって、間に合ったのです。
この年は怪我もあり途中出場が多く、不完全燃焼だったのですが、天皇杯では納得のいく仕事が出来たのではないでしょうか。

そして、2012年。ポポヴィッチ監督の「とにかく行け。スピードを生かして、チームに勢いとパワーをもたらせ」という言葉に奮い立って、自分自身の武器を思い切り活かすことに迷わず進めたのです。
またタイミングや走り方などで早く見せることも出来ると経験からの工夫も。

ACLは楽しかったというのは選手も私たちも同じです。ナオもクラブでアジアに挑戦するという責任と楽しさを感じ、また中国でやりたいと言っていました。

抽選会ではナオのユニフォームや練習着、ハワイのお土産、果ては着ていたカーディガン(アディダス提供のようでした)までプレゼントに。
わたしは残念ながら当たりませんでしたが、このミーティングに当選しただけで今年1年頑張れそうな気がしています。

いつもナオさんに接すると幸福な気持ちになります。
妖精が杖の先から発するキラキラの、光のような粉のようなものが周囲の人をたちどころに幸せにするようなのです。

今年も競争を勝ち抜いて、樺音ちゃんと入場する姿を見せてほしいと思います。そしてたくさんゴールをサポートして、ナオゴールも決めてクルクルしてくださいとお願いしてきました。
契約制度が変わり、移籍しやすくなったことで今後選手の流動化は進むのかもしれません。だからこそ、石川直宏という選手を大事にしたいと思うこの頃です。
c0068891_17395924.jpg


お土産はナオデザインのTシャツがありました。あとで写真アップしますね。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-01-15 17:46 | FC東京

暇なので小平へ

最終節は気持ちよかったな~。
シーズンの振り返りはまた後にするとして、週末に試合がないと暇です。
「そうだ小平行こう!」というわけで土曜の練習試合に行って来ました。
c0068891_1745934.jpg

中央大学との練習試合、前半はGK常澤、DF:徳永、加賀、丸ちゃん、太田、MF:長谷川、米本、ナオ、?、千真、FW:ボジョビッチ(千真はトップ下?)
ワントップは話題の外国籍選手ボジョビッチ、ツイッターで既に写真も上がってましたね。凄いな、サポの嗅覚が。
この試合はテストの意味もあるのでしょう、積極的にシュートを打っていましたね。
前半のゴールは千真さんかボジョビッチかギャラリーの意見は相半ばしていましたが、ファンサゾーンで千真さんに確認したら、千真さんが落としたところをボジョビッチが決めたということでした。去就に関してもいい感触を得たのですが、さっそく報知に載りました。本当だったらいいなぁ。
c0068891_1814519.jpg
トクが投げた手袋がネットの目から飛んできました。
c0068891_18163145.jpg
ポポさん、この日も時間をかけてファンサをしてくれました。
c0068891_18174163.jpg
みんな週末を持て余しているんですね・・・
c0068891_18465775.jpg
後半はフレッシュなメンバー、周囲で誰?だれ?と言う声が飛び交います。
むっくん、加賀、丸ちゃん、武藤くん、ケント、河野、草民、平山以外は多分練習生。
勢いはありました。草民と河野と相太で点が取れそうな雰囲気です。
相太が奪ったボールを河野にパスして、河野がループで決めたところでは思わずうまい!と声が上がりました。

羽生さんと梶山、モリゲ、高秀先生はランニングだけでした。そして、羽生さんはファンサゾーンには現れませんでした。羽生さん待ちはわたしだけでは無かったのですが・・・。
ACLユニにサインを貰いたいという願いは叶うのかな~。

そしてずっと前からこのTシャツにサインをして貰いたかったナオさん。
c0068891_1835472.jpg
このTシャツのイラストは手描きです。
c0068891_18403779.jpg
説明を聞きながら見入る
c0068891_18413258.jpg
見入る見入るナオさんw
スタジオ14のデザイナー堀内さん、ナオさんとっても感心していましたよ!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-12-09 18:49 | FC東京

最終節へ向けて

ガンバ戦の真っ最中はゲーフラ描いておりました。何人かで集まって、ユースの。
リードされて、追いつけるとは正直思っていなかった人が多かったような・・。

録画で観たのですが、後半は特に東京が良かったと思いました。それでも勝てなかったのですが。
現地で観戦された方の中には、内容よりも勝負にこだわって結果を出して欲しいと思っていた人もいたでしょう。
私も残り2戦は何がなんでも勝利を掴んでみせるという姿勢を観たいと思っていました。

現地で観ていればどう感じるかはまた違うと思いますが、試合は面白くて次節に期待できるものでした。
でも、次節は最終節なのです。しかも相手はあと少しのところで優勝を逃した仙台。
ホーム最終節の新潟戦では硬さが目立って、思うような試合が出来なかったようですが、もうそんなことはなく、優勝狙うチームと10位のチームはこういうところが違うのよ、とばかりにやってくるのかもしれませんね。

優勝も降格もACLも無い東京は大阪で良い形は見せられたけれど、決めきるところが足りなかった。

ホームの最終節、ここで結果を出してくれれば、ソシオの更新も進むはず。

よろしくお願いしますよ!

2010年12月6日Sportsnaviの後藤勝さんのコラム
「FC東京 厳しくも降格の現実と向き合って」
2年経って読み返すと、思うところが多いですね。

誰しもぎりぎりの状況、プレッシャーに晒される中で、平常心を保って自身の力を発揮するのは容易ではないでしょう。
でも何度か修羅場を経験して、人は強くなるものですが・・。何度経験しても弱い人は弱いんですね。
相手チームのことですから良いのですが。
なんともかんとも!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-11-26 18:11 | FC東京

Time To Say Goodbye(雨中の敗戦)

今日の晴天の美しいこと・・
なぜ昨日はあんなに雨風が私たちを襲ったのだろう。
天候には科学的な回答はあっても、心情的に納得のいく答えはない。
ボランティアをしていたので、試合後はスタジアムのごみを拾う。ボランティア・スタッフ総出で20分ほどかかってバックスタンドとゴール裏のごみをきれいにする。
すっかり静まったスタジアムに響くのは「Time To Say Goodbye」
この曲が流れるまでスタジアムに残っている人はそう多くないが、パチンコ屋さんの蛍の光のように、この曲を聞くと帰り支度を早める人が多いようだ。

見たことも行ったこともない場所に あなたと共に船に乗り 海を越えて旅立とう

Il Divoによる Time To Say Goodbye

今季はACLという新しい挑戦の旅に出たFC東京。昨日の敗戦で来季のアジアへの挑戦権は完全に失われたが、またこれまでとは違う新たな景色を求めて、同じ船に乗りたい。
来季も一緒に戦おう SOCIOの継続をしよう。


雨の中、17,000人を上回る観客が入った味の素スタジアム。
N2ゲートでマッククーポンを配布していたが、用意されたエコバッグが15,000、もしかしたら残るのかと思われた客足の鈍さ。ウォーミングアップ位でようやく全てはけた。いつも配布物を貰えな指定席の人も昨日はエコバッグを手にしたのではないだろうか。

せっかくの青赤横丁も営業的には厳しかったと思うが、秋川牛と東京Xのツイン丼と神戸コロッケには行列が出来ていたと聞く。面目躍如である。

雨は試合開始直前から特に激しくなり、弱まることなく降り続いた。
後半になるとピッチは大きな水たまりと化し、ボールはまったく転がらない。前半のまだサッカーが出来ていた頃に早めに点を取らなくてはいけなかったが・・。
水の中で走るのも蹴るのも体力を消耗する。体力とアイディアはどちらにも優劣をつけがたいと思った。
後半の選手の懸命な姿を見て、笑ってはいけないと思ってもつい笑ってしまうプレイが続出だった。

勝っているチームは有利に時間を使う。遠くで奮闘する選手たちを見て、なんとも言えない思いを味わううちに終了の笛。
天候のせいにするのは簡単だが、それだけではない。

残り2節、残留を避けたいガンバ、優勝を狙う仙台、さて東京は?
彼らに立ち向かって手強い壁となるんだ!わかってるか!?
[PR]
by inadafctokyo | 2012-11-18 16:07 | FC東京

「ユルネバ」劇団コラソン

Facebookにも上げた内容ですが。

渋谷道玄坂のラウンジ鴉で最終日に劇団コラソンの「ユルネバ」を観た。
50人も入ればいっぱいのバーで毎週火曜日に劇団コラソンの芝居を打っている。
「ユルネバ」はFC東京サポーター男子二人を主人公に、サポーターとしての暮らしをテンション高く描く。
青赤ファンの常識と一般の人との意識のズレが笑いを誘う内容だ。
内容が内容だけに東京ファンと思われる人がほとんど。そして毎回東京の選手やスタッフがやってきて、後ろの方から、東京愛を暑苦しく語る役者やそれに大笑いしている観客たちを暖かく見ている。(この日は高橋秀人選手とスタッフの方たちが見えていた)
そんな空間だ。サッカーもFC東京もよく知らないという人でもつられていつの間にか一緒に笑っている。

「ユルネバ」を観るのは3度目になる。
初見はせんがわ劇場の演劇コンクール。FC東京の事情に通じていない人にもサポーターの生態の可笑しさは伝わっていた。優勝は逃したものの、完成度を高めて欲しいと期待したものだ。
しかし、これまでのところ何度観ても、期待に応える程完成度は上がっていない。
出演者はその都度何人か変わり、新鮮味が感じられたり、前の人の方が魅力があったなどと思ったりもする。
しかし、出演者が変わるせいで、完成度が上がらないのではない。
作・演出の植田朝日(有名人だから敬称略)によるところが大きいと思えてきた。

彼は個性を生かすのは得意と言って良いだろう。これまでも元スポーツ選手や格闘技畑の選手、FC東京に関わりのある駆け出しの女優を起用して、その持ち味を出すことに成功している。
今回も元監督の原博実の息子で芸人の原大吾や女子プロレスの人気選手であるという成宮真希が出演して、意外にもその陽性の前に出る能力とでも言うようなものを発揮して良かった。
しかし、個の能力に頼っているばかりでいつになったら芝居として完成するのだ。
などと野暮なことを言ってはいけないのだろうか。
台詞も直感的過ぎるので、もっと練らなければならないのではないか。
「ハラヒロミ」はアイコンとして成功しつつあるが、ジョウフクヒロシ、オオクマキヨシの扱いはまだまだ一捻りもふた捻りも足りない。

結局のところ、植田朝日は多才な素人であって、それが最大の魅力なのかもしれないが、本人にしても仲間内だけで楽しめばいいとは思っていないはず。大きな舞台にかけたいという希望も口にしていた。
それならば失敗を恐れずに「芝居」を追求してほしい。周囲にはそれに応える役者もいるはずだ。

しかし知人情報では植田氏は「このまま流れで行く」というようなツイートをしていたようなので、勢いだけの個の能力任せの舞台がしばらく続くのかもしれない。

まぁ、でもこの日も司会進行にちょこちょこ登場していたが、元気な人だよ。いいことだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-11-01 13:15 | FC東京

LCCに乗ってみたよ~

大阪行くのに成田から飛行機って物好きとしか言いようがないけれど、乗ってみたかったんだLCC!
LCCって言うのはLow Cost Carrierの略で効率的な運営により低価格な運航サービスを提供する航空会社というわけで、日本でも本格的に運航が始まっているね。

実際乗ってみて、効率的で無駄を排したという意味が実感できたのよ~。
成田まで普通の電車で行きました。うちから成田間より成田-大阪間の方が時間はかからないのね~
第2ターミナルの端のほうにJetStarのカウンターやチェックイン機があります。オレンジ色だから、目立ちます。
予約はWebでしました。自動チェックイン機に予約番号を入力すれば搭乗券が発行されるので、それを持って搭乗ゲートに行けばオッケー!
LCCは普通の航空会社と違って締め切りが早いから気をつけて。出発30分前には締めきってしまいます。そうなると受け付けて貰えないと思ったほうがいいみたい。
LCCは保有している機体が少ないので、到着したら点検掃除お客さん乗せて、はい出発!そのようなわけで、遅れてはいけません。
搭乗ゲートはバスゲートなのでこれも離れたところに位置します。
c0068891_13304934.jpg
バスに乗って飛行場の中を走るって好きです。
c0068891_13324437.jpg
かわいい飛行機ですよ。
c0068891_13332699.jpg

c0068891_13335854.jpg
飛行機もキャビンクルーもお高く止まったりしていないの。
荷物を預けるのも飲食も必要な物を購入するシステム。行きはビール、帰りはコーヒーを買いました。ソフトドリンクは持ち込めますが、酒類は持ち込めません。ビールはアサヒのドライでした。機内で飲むとまわりますね~。コーヒーはインスタントかと思ったら(メニューを見て)レギュラーでバランスの取れたDTLより美味しいと言って良いと思います。

クルーの制服は無駄にデザインや素材にお金はかけていません。この日はハロウィンの飾りを髪や服につけていました。
かつて飛行機に乗ること、航空会社で働くことがステータスという時代もありましたが、いまはもうそんなことはありません。このバスのようなかわいい飛行機で私は十分です。座席も思ったより余裕がありました。
ただリクライニングの角度が少ないので、長時間の飛行は厳しいですね。オーストラリアに行くのもこれなのかしら。

LCCに乗ることと大阪で友人に会って旧交を温めることが目的の一つではありましたが、もうひとつは・・
キンチョウスタジアムでセレッソ大阪との試合がありました。

c0068891_13584665.jpg
関西空港から阪和線に乗って「鶴が丘」で降りるとスタジアムはすぐそこ。何しろ電車から見えるんです。庶民的な町の庶民的な通りを抜けて
c0068891_1404172.jpg
ほらついた。長居公園。味スタと同じくらい迷わない。
c0068891_142524.jpg
誰かいた・・
c0068891_142582.jpg
スタジアムの周囲はお祭りのように屋台が沢山出ています。
c0068891_144889.jpg
この日のゴール裏。セレッソとの掛け合いもテンポよく決めてました。
c0068891_14102775.jpg
電車からスタジアムが見えるということは、観客席から電車が見えるということで
c0068891_14111280.jpg
こんなふうにすれ違ったり
c0068891_14121679.jpg
別の色の電車が来たり、こどもたちには大人気です。
c0068891_1419211.jpg
アイドリングのライブがあり、ビバパラでMCやっている子は東京ユニ着ていました。
c0068891_1420148.jpg
試合は先制されましたが、ネマニャのゴールで追いつき1-1で試合終了、東京サポもセレッソサポももやもやしたまま帰り道の足は早かったですね。
c0068891_14205974.jpg
この日のMDPは粋なお計らいで茂庭選手。両サポーターからのモニワコール合戦もありました。
J'sGoalのレポートのように「見応えのある試合」と言うよりは、10位対11位の対戦に相応しいとしか思えなかったのですが、この勝ち点1をプラスに考えて、とにかくホームでの勝利を願います。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-22 14:29 | FC東京

敗戦に秋の深まりを感じる

ナビスコ準決勝アウェイ清水戦は3-0で負けてしまいました。
東京の出来はというと悪くもなく良くもなくと言ったところでしょうか。それぞれの今の順位にいる理由が納得できたような、力と勢いの差がそのまま出たと言ったらいいのでしょうか。
1点取れば良かったのに、取れない。1点くらい取れるだろうと思ってなかなか取れない、これはもういつか来た道。
スカパーの実況が「FC東京、今日はゴールが遠い」と言うのへ、リブリでの観戦者からは「いつもだから」「今日もです」とツッコミが出るくらいの状態です。

失点しても、1点取ればまだ十分に分がある。選手たちもそう思っていたのは間違いないのです。
プランがあったとしたら、アドバンテージを生かして集中して守って、隙を見て先制ということではなかったのかなぁ。

これで天皇杯もナビスコもなくなり、否応なくリーグ戦に集中ということになりますが、優勝を狙える位置でもなく、強いて言えばもしかしてACL出場権を獲得できる4位狙いというなんとも中途半端な目標とも言えない目標で、これをモチベーションにというのもかなり無理やり感がただよいます。

反省して次に繋げる、これまで何度も聞いてきたその言葉にも秋の寂しさを感じるばかり。

さびしさは深山の秋の朝曇り 霧にしおるる槙の下露
深まりゆく秋の寂しさというものを詠った後鳥羽院の優れた歌です。
後鳥羽天皇は歌の名手として知られていますが、三種の神器が揃わないまま天皇になったその引け目が強引な政治手法を招いたとも言われますね。

残り試合全部怒涛の勢いで勝つということでもないと、人事を含めて来季のことは今の段階では何も言えないということではないでしょうか。

そしてリーグ戦500万人達成も今シーズン中はどうなんでしょう。
何かパーっとしたことを言いたいのですが。
カラ元気でもいい、ないよりはましということで、セレッソ戦は参戦です。
パーっと行きたい、パーっと。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-14 19:18 | FC東京

秋空の下の無残な試合

食べるもの意外ではあまりいい思いをしたことがないカシマスタジアムに行って来ました。
あの霧の試合以来の参戦です。
喉元過ぎれば熱さを忘れる。コンコースに充満する肉を焼く煙が懐かしくなるんですね~。
c0068891_10414415.jpg
ここのモツ煮と牛串
c0068891_12375451.jpg
隣にいらっしゃるサツマイモさんは
c0068891_12385949.jpg
5番ゲート入ってすぐのこのブースで無料配布していました。一人三本!
c0068891_12405459.jpg
五浦ハムでは
c0068891_1242239.jpg
ハム焼き、後ろが牛串。定番のこれらの品々を堪能した後は、たこの代わりにホタテを入れたふわふわのほたて焼きそして生グレープフルーツのサワーなどお腹いっぱいになりました。ここまででもういいかも知れませんが・・・
c0068891_12472195.jpg
今期13位という成績のせいか観客席はちょっと寂しい1万5千の入りでした。しかし、順位ではわかりません。まったく敵わなかったと言っていいですね。成す術なし!5-1で敗れました。
柴崎のプロ初ゴールとかドゥトラのハットトリックとかやりたい放題の鹿島に・・・
c0068891_12552096.jpg
一歩も引かなかったゴール裏。私もバクスタで近くの鹿サポさんのリズム感を狂わせることには成功したのですが、それくらいしかいいところが無かったのです。
c0068891_1343562.jpg
東京の場合、SBは重要なポジション、それが昨日は弱かったですね。なぜ?という疑問は残る先発ですが、ただ一人の所為にできるわけでもなく、良かったのはナオさんとルーカスとヨネ位だったかな。前節暑さの中で終了間際には足が攣っていたナオさんですが、この日は最後まで走ってファイトしてました。
鹿島の選手たちの距離感の良さが際立っていました。そしてシュートのタイミングの良さ、巧さ。東京のDFが鹿島に余裕を持たせてしまっていることもあるのでしょうが。ドゥトラの落ち着きと来たら・・。
1年で完成形になるとは思っていませんが、それにしてもこの時期に観るには辛いゲームでした。
c0068891_1311381.jpg
秋天を見上げてひとつ息を吐く
試合後は指定のバスに乗るために一目散にスタジアムを後にしました。
あと6試合。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-07 13:27 | FC東京