カテゴリ:FC東京( 1096 )

J3ホーム開幕戦(対FC琉球)

今期からJ3にU-23として参戦している東京のホーム開幕戦が昨日味の素フィールド西が丘で行われ、スポーツボランティアとして参加しました!
c0068891_752347.jpg
ユースや高校サッカーで馴染みの西が丘にボランティアとして参加すると思うとわくわく。いつもと勝手が違う面もたくさんありましたが、無事に終わってほっとしました。
c0068891_7554311.jpg
開幕戦と言うこともあって、ガイドブックとスポンサー提供のアミノバイタルGoldを配布。アミノバイタルはスポーツをしている若い人や子どもたちには大好評。思っていたより来場されるお客様も多く、アミノバイタルの箱を開けまくり爪が剥がれそうに・・・
天気にも恵まれ、たくさんの笑顔にあふれた西が丘。試合は見られませんでしたが、最高の雰囲気を味わえました。しかし東京は順風な船出とは行かず琉球の勢いに飲まれたか3失点で敗戦。
c0068891_7561779.jpg
後半、輝一と瑠夢両選手が2点を返して漸く盛り上がりを見せたファンの応援。順位や勝利だけが目標では無いでしょう。若い選手たちがこのカテゴリーの戦いの中で得るものは非常に大きいと思います。ですが、きちんと目標をもって取り組まないと1年はあっという間に終わってしまいます。

JFLやJ3の試合を観戦されているファンからは流石に運営が素晴らしいという感想もいただきましたが、開幕戦ということもあり社員スタッフもボランティアも手厚く配置していました。次節からは通常運転。運営スタッフも昨日のように多くはありません。行き届かない点もあるかもしれませんが、こちらも長い目で見ていただければ幸いです。

また、味スタとは施設設備面からご要望に答えられない点もありますので、気づいたところは書いておきます。
これはあくまでも一個人としての気づきですので、その点お含みおきください。

○ベビーカーのお預かりは出来ません。昨日は預かりではなく仮置き場を設けていました。今後もそのような対応になるかと思います。

○授乳室、オムツ替え室はありません。施設面で用意が出来ず、クラブ側でなんとか出来ることではありません。夢の島でも駒沢でも同じと思われます。
何もない公園にいらっしゃるようなつもりで、大きめのバスタオルと洗濯ばさみをお持ちになると便利かと思います。授乳の際もオムツ替えにも役に立ちます。

○各種会員受付テントは開幕戦のみです。通常はありません。

○ハンドウィズハンド、フェアプレイフラッグ、青赤アーチは今後の実施は未定です。

○ワンタッチパス対象外です。

今後変更点あればまたお知らせしたいと思います。

ではまた!
[PR]
by inadafctokyo | 2016-03-21 08:42 | FC東京

最後まで共に

柏に行って来た!
c0068891_1333219.jpg
駅に着いたらノーベル賞受賞お祝いの幕が!何度来ても道をちゃんと覚えてない私は黄色い人をつけていって無事にたどりつけたよ。そして何度来ても時間のつぶしようがないスタジアムだね。
c0068891_13371733.jpg
柏で立ち見は久しぶり。ゴール裏では手作りの旗が配布された。
c0068891_1353382.jpg
遠いけれど、拳人はいつもどおりいいところに入っていって、シュートを打つけど決まらず。しかしPKを獲得して、森重が決めた。PKは森重が蹴ることになっているのだ。しかし、どきどきした。正直、浦和戦の負けでがっかりしたままここまでやってきた私の気持ちがこのゴールですっきりしたとは言えなかったが、先制すれば勝てるとファンも選手も思っている。
c0068891_13582224.jpg
東のゴールが決まってこれで完璧!と思ったのにwオフサイド判定。残念すぎる。このまま高い集中力で柏の攻撃をかわして0-1で試合終了。
c0068891_1405884.jpg
何がなんでも勝たなければという気持ちが現れた勝利ではあった。
c0068891_1415248.jpg
すっかりキャプテンらしくなった。
徳永も良かった。わたしの位置からよく見えたんだ。秀人も拳人も他のみんなもしっかりと戦っていたよね。

試合後の監督のコメント:「選手の大多数とは二年間いっしょに働くことができた。彼らのことをほんとうに誇りに思うし、最後の最後まで誇りに思いつづける」(後藤勝公式マガジンTokyoWasshoiより)この意味するところが気になってしまう。
とにかく最終節を勝利で飾りたい。
水曜には天皇杯がある。雑音は排して力を合わせて。マッシモTOKYO!
[PR]
by inadafctokyo | 2015-11-09 14:35 | FC東京

夏祭り!

c0068891_18594954.jpg
8月16日のガンバ大阪戦に配布された東京中日特別版は14人の選手のメッセージによる28パターンの紙面があるそうで(1面の一部ですが)私は林容平でした。サポーターへの公約は「4年目でJ1無得点で終わりたくない。心の底から点を決めたい」
外国籍のFWが2人入り、競争は激化していますが、チャンスを掴んで結果を出して欲しいですね。

この日は「FC東京夏祭り presented by 東京ガスライフバル」 スポボラとしてはタオルとうちわのプレゼントの配布とハイタッチフレンズの担当でした。
選手がウォーミングアップのためにピッチに登場するときに、2列に並んでハイタッチで選手を迎えるこどもたちがハイタッチフレンズです。
フレンズは20人いましたが、お揃いの青いTシャツを着ている子たちと自前のユニフォームを着ている子がいたのがわかりましたか?
お揃いのTシャツの子たちは須賀川のこどもたちでした。以前に東京の選手たちが交流に訪れましたが、今回は観戦に招待された彼らがサプライズでハイタッチに参加しました。
とても喜んでくれて、若干緊張しながら選手たちを激励してくれました。
やはり代表の森重、太田が好きという子が多かったです。一方一般参加の子たちはナオさん、権田、前田と他にも名前が上がりましたが、怪我人の多さがその場面でもクローズアップされて、いつ出られるの?などという質問に、公式の発表を元に答える場面もありました。

天候がとにかくカンカン照り→大雨→雨あがる→ムシムシと大変でしたが、試合後の豪雨もすごかったですね。タイミングが悪くてずぶ濡れになってしまった方もいるかもしれませんね。

パッチョとドロンパとチアのお姉さんたちも大雨の中のダンスで大変でしたね~。

試合は2-1で勝利。パトリックは怖かったし、宇佐美も上手かった。それでも勝った。体調不良や怪我人で主力を欠く中、代わりにピッチに立った選手が長所や力を発揮して、粘り強く勝ちとった白星はチーム力の向上を改めて感じさせてくれるものでした。
特に2点目は東京のゴール裏に向かって、駆け上がってくる米本、羽生、バーンズにはぞくぞくしました。

3万8千に及ぶ観客の作り出す雰囲気も良く、初観戦のお客さんにもきっと楽しんでもらえたでしょう。
まあ、しかし初観戦、途中の雨、暑さなどの条件が重なり、ごみは半端ではなかった・・。
中味の入ったペットボトルが山ほど!
私史上最高のごみの多さだったかもしれない。

しかし、この勝利は大きい。
そして私にとっても縁の深い須賀川のこどもたちと一緒にこの試合に参加できたことは嬉しいことでした。

試合後に新人研修に参加した佐々木渉選手がスポボラの終礼で挨拶をしてくれました。至近距離で見た佐々木渉くんは本物のイケメンでした!w
社長と佐々木くんが並んでいたので、迷わず佐々木くんと握手したのだw
がんばれ!佐々木選手!
[PR]
by inadafctokyo | 2015-08-17 20:11 | FC東京

汗をかく休日

7月29日、10時に友人と待合せてアンダーズ東京へ。ホテル内にある37階のジム&プールで思う存分リフレッシュ。機器が最新式過ぎて説明を受けても戸惑うこと多々。エントランスからロッカールーム、バスルーム、プールサイド全て洗練されていて、タオルもミネラルウォーターもお好きにどうぞ、水以外のドリンクや軽食の類もロッカールームに備わっている。普段通っている貧乏スポーツクラブとの差がそのままこのクラブを利用する人と自分との様々な差であることを実感して可笑しくなる。
東京タワーを正面に観ながらプールサイドのラウンジャーでゆっくりする時間は快適そのもので、チケットを頂いた幸運に感謝する。
チケットには51階のメインダイニング タヴァンでのお食事まで付いている。メニューを一瞥するとなかなか自力では訪れ難いものがある(笑)が、フィットネスにも配慮した美味しい食事をフィットネスに努力している自分へのねぎらいとして生ビールも付けて2時間ゆっくりお喋りしながら楽しむ。このダイニングのスタッフはどういうことか、皆スタイルも顔立ちも際立っている。勿論彼らの体を包む制服も大変スタイリッシュだ。笑顔も会話も自然で、良いサービスを受けるのはある程度、いや充分なと言っても別に構わないが先立つものが無いとどうにもならないのね
c0068891_13404325.jpg
アンダーズ東京

さて、この休日がどれほど素敵なものになるか、本当に大切なのは実はここではない。霞が関から丸ノ内線で新宿へ出て(そうだ、このホテルのエントランスまで電車と徒歩で辿り着く人間が一体どれほどいるのだろう)京王線でわれらがホーム飛田給、味の素スタジアムへ!
ここではそれほどのお金をかけなくても、健康や体型にはあまり配慮はないが、ある程度美味しい食事、絶対に美味しいビール(ビールはどこでも美味しい)、容姿は標準的日本人レベルであるが、親しみやすいシミズオクトスタッフ、熱意あるFC東京スタッフまた東京への愛溢れるボランティアスタッフの面々が笑顔で迎えてくれ、何よりわくわくする試合を楽しめる。勿論お金がふんだんにあればあったで、各売店が提供するFC東京グッズを買い占めていただいても全然構わない。
さて、試合である。セカンドステージに入り、エースよっちの抜けた穴を埋めるのはやはりそんなに簡単ではないね・・という現実をため息とともに受け入れたり、受け入れがたかったりしている1勝2敗1引き分け。
武藤どころか梶山も太田も不在、ミスからリズムを崩した印象の前節からどれくらい修正できるのか、先発に太田が復帰したのは心強い、そして個人的にお薦めの野澤も先発した。
先日の調布飛行場から離陸してすぐに墜落し、3名が亡くなり、5人が重軽傷を負った事故を受けて、試合前に黙祷を捧げる。
日差しはそれほど強くはないが蒸し暑く、7時過ぎてもスタンドでは団扇や扇子が忙しなく動いている。その蒸し暑さもここまでの不安も吹き飛ばすかのように、前半9分に太田宏介のフリーキックを森重が頭で触って先制点を上げる。黄金コンビの発動。その後も野澤の素敵なパスから前田が落ち着いて決め追加点。3点目は前田が自分で奪って、ドリブルで運んでキーパーをかわして決めるという、なんと前半で3点はいつ以来?
1stステージでの仙台戦では3点取ったが、2点取られてひやひやしたが、この日は反撃も1点どまり。無事に”眠らない町”で終了。野澤が良い仕事をした。監督も言っていたようになかなか試合に出られなくても、小平でしっかりトレーニングを積み、心身の準備をしていればチャンスは訪れ、活躍できる。それを見せてくれた野澤。他の選手にも良い影響を与えてくれるだろう。ユースの頃から好きだったのよ、おばさんはw
前田もいよいよ本物になってきて、体力、気力、技術と申し分のない働き。
この日は平日で1万7千弱の入り。ここから入場者数も上積みを目指したいね。

虎ノ門でかいた汗と味スタでかいた汗はかなり違うが、良い休日だった。

c0068891_148154.jpgc0068891_1483849.jpg
[PR]
by inadafctokyo | 2015-07-30 14:09 | FC東京

まだまだ甘い

なんてことを思わされた広島戦でしたが、私には私なりの達成感がありました。
この日はスポボラでマッチデープログラムの販売を担当しました。実は、スポボラがMDPの販売をしていたのは200円の頃で、しばらくその機会はありませんでした。
ですので、私自身は初めての販売です。
久しぶりのその機会に表紙はナオさん!売るよ~~~!
メインとゴール裏、北2、バックと6人ずつ4つのエリアに別れ、それぞれ300冊を売ることをノルマ(笑)に持ち場に付きました。
ファンがボランティアをする良さがこういう時にあるのではないでしょうか。好きな選手の載っているプログラムを売ることなら多分誰にも負けない(笑)
バックだけで目標を超えてほぼ500を売り切りました。ナオさんさすがですね~。
素通りはさせないわよオーラに思わず足を止めていただいた皆さん、本当にありがとうございました。
c0068891_20471227.jpg
試合の方は残念でした。浦和はちゃんと勝ち点3を取っただけに、なんとかして引き分けにでもしたいところでした。広島の術中にハマったというか、どうもやりきった感がないのが、もやもやするところです。珍しく監督が怒っていたそうですが、選手への信頼があるからこそかな~などと思ったりもしています。
選手はきっと次へ集中しているでしょう。ナビスコで良い雰囲気にして、甘いところはあるかもしれないけれど、同じことは繰り返さない、こんなもんじゃないというところを見せて貰いましょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2015-04-19 21:14 | FC東京

意見交換会「FC東京2015VISION振り返りと次のビジョンに向けて」

2014年12月10日 調布グリーンホール
この意見交換会に向けて、アンケートに答えることによって改めてクラブのビジョンを確認し、評価する機会をもった人も多かったと思うのですが、折角の機会ですので自分としてはもっと一つ一つ検討をすれば良かったし、ここに参加する権利のないしかし東京のファンである人たちの意見も聞ければ良かったかなと考えながら社長の話を聞いていました。

2015VISIONについて、出来たこと出来なかったことについてはそのうちホームページで発表されるでしょうし、私たちの感じていることとそれほどズレはないだろうと思います。
ビジョンについてはこちらを
予めアンケートによって示されたソシオの意見を紹介し、それについて社長が感想や現状認識、クラブの見解を話していき、のち質問に答えるという形で進められましたが、私にとって印象に残ったいくつかを紹介したいと思います。
またこの投稿は私のメモと記憶による感想ですので、全てが社長の発言ということではありません。

1.トップチームに常に選手を輩出する育成体制の確立
これは1試合とはいえ、アカデミー出身の選手が5人出場したことをクラブもファンも今期の一つの達成として考えていると言えるでしょう。
またアカデミーから直接ではないものの武藤選手の活躍はFC東京の名をしらしめるものとなりました。もっとも慶応大学の名の方が上がったのかもしれませんが。
U-12の設立を望む声がありましたが、社長からの言及はありませんでした。

2.Jリーグで常に優勝争いができるクラブづくり
残念ながら、これはまったくと言っていいほど達成されていません。
しかしいつもと変わらぬ中位力などと言われることについてはファンの気持も理解しながら、これまでは夏に弱かったチームが中断期間後は14戦負けなしであった点を評価したいと言われました。
その中断期間後マッシモは選手の話をよく聞くようになり、それにより選手の戦術理解も進んだのだと言うことです。
またセカンドチームの設立を明言されました。強化という点で期待できるではないでしょうか。

3.満員のスタジアム、魅力的なスタジアムの実現
1試合平均3万人の来場者数という目標は達成されませんでした。今期で言えば4/19セレッソ、8/23レッズ、11/22アルビレックス、12/6マリノスとの試合が3万人を超えただけでした。
W杯効果もほぼなし。しかし対戦相手の動員も軒並みダウンするなかで、年間来場者数で昨シーズンを上回った点は評価できるのではないでしょうか。スポボラとして試合に携わって実感するのはビジネススタッフの頑張りと各スポンサー企業の集客への貢献です。

スタジアムのワンダーランド化の一環で行われている青赤横丁を更に楽しむためにホームとアウェイを入れ替える案については、記者席とペア席を入れ替えるのに莫大な費用がかかることから無理と判断しているとの報告がありました。

4.「応援」「支援」していただけるファン・サポーターの拡大
数字的な目標が達成されているかどうかは聞き漏らしました。ソシオでなくてもサポートメンバーに入っている人は増えている印象です。

5.サッカーを中心としたスポーツの普及・振興及び地域コミュニティの活性化への貢献
都内20箇所でのスクール開校(スタッフ派遣も含めて)、指定管理業務、スタジアム周辺各地域でのイベント参加によって着実に地域に貢献し、またファンの拡大にも繋がっていると感じています。

6.FC東京ブランド価値の向上
ソシオの皆さんからは、やはり23区での露出、知名度を高め東京のクラブとしての地位を更に強固なものにしてほしいと言う要望が多いようでした。
それに対して、クラブはその点が不足していると認識しているものの、敢えて株主自治体を中心として営業を行ってきたということです。人が限られている以上効果を充分に見込めないところに注力は出来なかったということ。
今後、東京駅や羽田など10箇所に情報発信基地を設置していくことを引き続き課題と位置づけています。現在京王線には大変協力していいただいているのですが、都営線にはニュースを置くまでは至っていません。
ホームタウンで他地域のクラブのポスターなどを見かけるとあまりいい気持ちはしませんが、東京がよそのクラブのホームタウンに出る時は予め話を通しているのですが、他クラブは知らん顔のことが多いそうです。(レッズを起用した某会社のポスターやジェフのポスターの東京駅への掲示の件など)そうした事例を見かけた場合は教えて欲しいとのことでした。
商店街で見かけるフラッグは現在6千本程度掲出されているそうです。

またファンからの要望も多い、東京ドロンパの認知度向上と人気向上に向けた施策についてはドロンパの所属の関係もあり、いつでもどこでもとはいかないようです。要するにお金がかかるので戦略的な判断が必要ということですね。FC東京専属のマスコットであることは確かなことですが、版権?マネージメント権?を持っているのは別なんでしょうね。
「東京ドロンパプロデュース」はかなりな予算をつけた企画だったわけです。
笹幡商店街(実家の近く!)は費用ももって呼んでくれていたって知りませんでした。
ジバニャンとの共演が叶わなかったのは向こう側の事情だそうです。キャラクターには細かい決まり事があるんですね~。

7.更なる「総合スポーツクラブ」化へ向けた次のステップへの移行
ファンの間にももっと進めてほしいという意見もあれば、それよりもサッカーに力を注いでほしいという意見もあります。
ただ、Jリーグ人気が落ち着いた現状、首都東京の特徴から考えて、サッカー以外のスポーツとの連携や個人スポーツの選手への支援なども視野に入れていく方がFC東京の名前が広く知られていくことにもつながるのではないでしょうか。
例えば新潟ではスノーボードの選手が所属し、オリンピックに出場しています。
藤森由香選手
女子サッカーチームの創設も待たれるのですが、はっきりとした方針は示されませんでした。

総じて、守りに入ったとまでは思わないものの外へ外へというよりはまず足元を固めようとしてきた印象です。

社長から選手たちへは宿題が出されたそうです。
14戦負けなしだった理由、そして継続すべきこと。その後失速した原因。それぞれ個人とチームについて考え、文章としてまとめ、始動日に監督に提出すること。
大変興味深いのですが、私たちの目に触れることはないのでしょう。来シーズン後にでもその成果を発表してほしいものです。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-12-14 13:31 | FC東京

引き分け!そしてユース応援企画

7月19日の鹿島戦はボランティア参加でした。
味の素デイということもあり、アジパンダは勿論のこと、アジパンナちゃんという女の子キャラも登場したそうです。全く見れませんでした。
かわいかったですか?
この日のお仕事はサンプリング、てっきりCookDoを配布するものと思っていたら、後半戦年間チケットの案内配りでしたよ。
CookDo回鍋肉は味の素の社員さんが配布してくださいました。なので、貰いそびれた人もちょいちょいいて、貰ってな~いなんて言う人のために配布場所に行って貰ってきたりするのもお仕事のうち。
慣れないと配布というのは案外タイミングが難しかったりします。
そしてこの日は回鍋肉一択でした。2種類だとあっちがいい、こっちがいいというお客様もいらっしゃるので・・。
先着1万名の回鍋肉はキックオフ40分前位には終了していました。

年間チケット案内はソシオの方には必要ないものですので、一般入場まではただゲートでにこにこお出迎え。
ソシオ招待のお客様がこの日は多く、その方たちにはしっかり受け取っていただきました。
みなさん、ソシオ招待頑張っているんですね。鹿島戦というのも良かったのかもしれません。

この日はお子さんが多いと感じませんでしたか?
お子さんが多いとKFCの行列がいつもより長くなりますね。
選手たちが先日小学校訪問を行いましたが、その際には親子向けにチケットを販売しますので、親子連れが多くなります。選手と一緒に体育館や教室で楽しい時間を過ごして、「試合を観に来てくださいね」と言われたら、行きたくなりますよね。実は選手が一番の営業マンでもあるんですね。
また来てくれるといいな~。

ぐっさんのものまねも見られなかったのですが、写真で見ると楽しそうでしたね。

鹿島に久々に勝利するいい機会だったのですが、引き分け。
これは外す方が難しいというようなチャンスが2回。あれを決めていれば!
でも決して悪い試合ではなかったと思います。
次回に期待が持てる内容でした。


さて、また今年もあります!
FC東京ユース応援企画
2014 FC東京ユース応援Tシャツ企画
この企画はとっても選手の親御さんたちに喜ばれているのです。私も直接FBでお礼を言われて(名前でわかったらしく)、感激したことがあります。みなさんどうぞたくさんのご支援を宜しくお願いします!
[PR]
by inadafctokyo | 2014-07-21 17:42 | FC東京

天皇杯2回戦 対青い稲妻秋田!

7月12日午後6時キックオフ。
久しぶりのホーム味スタはわくわくしますね。
c0068891_141484.jpg
ブラウブリッツ秋田はTDKを前身として創部。男鹿市を中心としていることから、ドロンパもナマハゲコスプレです。春一番さんを偲んで。
日中は外へ出るのが躊躇われるような蒸し暑さでしたが、5時過ぎてから一息つけるようになってきました。
c0068891_149314.jpg
カテゴリーはJ3、今のところ10位の青い稲妻は与那城ジョージ監督です。
c0068891_1427775.jpg
秋田のサポーターのみなさん。ようこそ味スタへ!
c0068891_14334143.jpg
ヘッドギア装着のゴンちゃん。練習で怪我をしたのかな。
c0068891_1537951.jpg

初戦は難しいものですから、若干の不安はありました。先週の練習試合の出来もあまり良くなかったようですし。しかし、結果は8-0。お祭り騒ぎの味スタでしたが、中断期間の成果を見せられたという意味ではほっとしました。
秋田がガチガチに引いただけのサッカーではなかったことも東京にとっては有りがたかった所はありますね。秋田のみなさんにとってはなかなか飲み込み辛い経験になってしまったかもしれませんが、7点取られた頃から、すこし落ち着きを取り戻して、最後まで秋田のサッカーをやろうとしていました。
偉そうなことは言えませんが、J1のチームと公式戦で対戦してわかったこと、得たことをクラブ全体で今後に生かしていって貰いたいものです。
東京の選手たちも決して気を抜かず、笛が鳴るまでしっかりとプレイしていました。
東京は三田と武藤と河野が一緒に出ると楽しいですね。
c0068891_14581167.jpg

夕暮れ時、不思議な美しい空でした。いよいよJリーグが再開されます。サッカーは面白い、しかしわからない。そんなことをずっと感じていた1ヶ月。来週からのスタジアムで面白い楽しい、心に残る体験が出来ますように。
c0068891_1539813.jpg
風の気持ち良い夕暮れでした。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-07-13 15:54 | FC東京

笑顔でごきげんよう

また久々の更新になってしまいましたが、ホームの試合は観ています。別に勝たなきゃ更新しないというわけでもないのですがw
ゴール出んウィークと嘆いた0-1(4/29名古屋)、0-1(5/3浦和)、0-1(5/5大宮)と3連敗、5/10の徳島戦は0-0・・・・。4試合ノーゴールはイタリアでも経験がないというフィッカデンティ監督ですが、後藤さんの練習リポート、阿久根社長他の情報によると、ぶれずに取り組んでいる、積極的な姿勢が見られるとのこと。期待をもって迎えました。
負けられない一戦にスポボラで参加。中断前最後のホーム味スタでのリーグ戦には2万6千人超が足を運びました。うち、アウェイサポーターは約3千人。ようこそ!
この日は新人選手研修として平岡翼(ひらおか たすく)、圍謙太郎(かこい けんたろう)両選手が運営ボランティアの仕事を体験しました。
メイン会員受付を担当したわたしの目の前にずっと平岡選手がいたのですが、しばらく気づきませんでした。スーツでしたので165センチの平岡選手はフロントの新入社員かなと思ってしまって(笑)ごめんなさい。圍選手はさすがに大きいので、間違えようがありません。
椅子ふきから、ミーティング、会員受付、報道対応、ごみ収集まで体験して最後のスポボラミーティングにも参加して、挨拶をしてくれました。二人ともとてもしっかりした挨拶が出来る選手です。
さて試合です。席についた時には2点先制・・・。う、嬉しいことは嬉しいんですが。
前半早い時間に点を取れて、楽になった東京はのびのびとしたプレイが目立ちました。
もともとそんなに失点しないという後ろへの信頼があるので、先に点を取ってしまえば前の選手は肩の荷を降ろして自分の力を発揮出来ます。
千真、平山を先発から外して、エドゥー、武藤に変えたことが功を奏しました。河野、三田も持ち味を発揮して動きが良かったですね。
エドゥーは出場機会が少なくモヤモヤもあったと思いますが、日本のサッカー、生活に慣れて本領発揮する時期だったのではないでしょうか。
前半と後半早い時間にいつも東京は攻勢に出ることが多いと思いますが、そこで点がとれたことが全てですね。そして守備での奮闘も全員が素晴らしかったと思います。

負けた時は観客は足早に帰っていきます。後ろは振り返らないとでも言うように。
昨日はみなさんゆったりと帰り支度をして、スタジアムはなかなか空っぽになりませんでした。
ファンクラブテント前を通って行く人の列を見ていると、自然と笑顔になります。
そう言えば、この日は意識しなくてもずっと笑顔でいられました。
c0068891_17414352.jpg
見学者のみなさん。ナオさん、ヘルニアはだいぶ回復してきたようです。
c0068891_17543375.jpg
梶山も中断明けには出場可能となるでしょうか。スーツは圍選手。

東京は権田、森重、ガンバは遠藤、今野がそれぞれW杯出場メンバーとして選出されました。遠藤と今野はあまりその存在感は見せられませんでしたが、今野がCBに下がってからの方がチームが落ち着いた感があります。ボールを持つたびブーイングをされ、まさかとは思いますがちょっと萎えていたのかも。そういうメンタルが愛される理由でもあるのですが。権田と森重はザック監督の目にはどう映りましたでしょうか!
日本代表選手のブラジルでの健闘を祈ります。

相太も千真もブラジルには出られなくても、まだこれからやるべきことはあるはず。私は期待しています。
それではごきげんよう、さようなら。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-05-18 18:16 | FC東京

桜のころ

c0068891_1130085.jpg
ソメイヨシノが終わると八重桜です。
八重桜を詠んだ歌で誰もが知っている歌と言えば・・
いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな (伊勢大輔)
この頃の京都では八重桜が珍しく、わざわざ奈良から天皇に送られた、その八重桜を詠ったものですね。
ソメイヨシノが咲く頃は今日行こうか明日行こうか、どこにしようかと心がそぞろになります。1回や2回花見に出かけてもこれで良いということはなく、その時期が過ぎてしまうと、何かがっかりしてしまいますが、ふと気づけば八重桜。
その頃には落ち着きを取り戻し、ゆっくり花を楽しむことも出来るような気がします。
飛田給駅前の八重桜には2種あり、これは薄緑と白の花びらに一筋桃色が入っていて、毎年その美しさに見入ってしまうのですが、御衣黄(ぎょいこう)という種類だと聞きました。

c0068891_12123321.jpg
この時期、飛田給の駅を降りてスタジアムに足を運ぶ人たちを八重桜が迎えるのは良い景色となっています。
スタジアムの周囲はソメイヨシノで彩られていて、鳥栖戦の際は雨を避けながらの花見の宴が開かれていました。この試合がソメイヨシノの頃だったら、浮かれるような大騒ぎのもとで行われていたでしょうから、一般的な「桜」の時期が終わっていて良かったのかもしれません。

昨日はスポボラで車椅子サポートでしたので、ずっとメインにいて写真はこの桜並木のみ。
車椅子で来場された方も昨日は多く、用意した席はほぼ一杯になりました。それにしても車椅子席の後ろで控えていると寒くて、薄いダウンを着ていたのですが、足がつってしまいました。
フォルランのお姉さんも来場されていたのですが、寒さのせいか屋内に場所を変わられていたようです。

社長が前日選手に話したそうです。「ファンの人たちが、うちはたくさん入ると勝てないと言っている。払拭しないと」
フォルラン効果でもなんでもいい、満員のスタジアムで勝たなければとスタッフも選手も勿論ファン、サポーターも強い気持ちを持って臨んだ試合でした。
選手入場時には青と赤のストライプがバックスタンドに描かれました。メインで見ると実に見事です。それを見て入場する選手は胸高鳴るものがあるでしょうね。

前半は権田の守るゴール側にカメラが殺到(笑)
はいはい、そうでしょう、そうでしょう。しかしシャッターチャンスはついに訪れなかったのですね。
私たちボランティアもシミズオクトのスタッフ同様、試合に一喜一憂してはいけないのは当然なのですが、後半2度立ち上がってガッツポーズしてしまいました。
全員が意図的に動き、よく走っていました。広島で内容が良かったというのは嘘じゃないんだなと思いました。(観ていません)
河野は水を得た魚のようですし、生まれ変わったようでもあります。
高秀先生も日頃彼にぶーぶー煩い輩をも黙らせる出来でしたね。
平山の頼もしいこと。いつの間にか大人になっていた(笑)
よっちのゴール前での落ち着き!大学もがんばって。
40,761人、セレッソファン以外には満足して貰える試合となりました。

大人のみなさんにとっては酒のうまい夜でしたね。

めでたしめでたしなのですが、私はソシオ入場よりずっと前に登録外選手を知ってしまい、リーダーの話が耳からポロポロ零れ落ちて行きました。
ガラス越しに自分の名前の横断幕を見てその人は何を思っていたでしょうか。その場所を多くのファンが振り返って見上げているのを感じてもいたでしょう。
しかしまだまだこれから。誰にとってもこのチームは可能性があり、成長のチャンスがあるのだと感じられた試合でした。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-04-20 15:19 | FC東京