カテゴリ:未分類( 406 )

本日!福島

7月4日(土)カタログハウスの店 東京店「本日!福島」特別セミナーに行って来ました。
c0068891_963761.jpg
カタログハウスの東京店でもお酒を扱っている大和川酒造の杜氏、佐藤哲野さんが講師を努めました。
c0068891_913716.jpg
哲野さんは蔵元の次男に生まれ、越後杜氏の安部伊立さん、その後を引き継いた叔父和典さん(現社長)から薫陶を受け、県の清酒アカデミーで醸造学を学び、昨年9月に杜氏になりました。21年の入社以来5年の助走期間があったとはいえ、酒造りの責任者に就任して1年での金賞受賞には喜びは勿論、安堵も隠せないようでした。子供の頃から彼を見てきた私もほっといたしました。
c0068891_926191.jpg
この日は酒造りの行程から大吟醸、純米などの酒質について、また自社田での酒米造りを語り、大和川酒造の様々なお酒の試飲もあり、大和川の酒を愛する私たちには嬉しい企画でした。
哲野さんは特に自社田での酒米造りがあることによって、年間通しての酒造りがあること、地元産にこだわっての酒造りであることに誇りを持っていることが伝わりました。
大和川酒造がお米を作っているのは35町歩、全体使用量の半分くらいにあたるそうです。夢の香、美山錦、五百万石、山田錦、雄町など5種類の酒米(酒蔵好適米)を栽培しています。
カタログハウスの学校の企画の中でも非常に人気が高く、予定より回数を増やしての実施となったそうです。
なかなか爽やかなイケメンですしね。
お母様の陽子さんによりますと、仕事が好きで蔵に入り浸りだそうで、お嫁さんを見つける暇はあるのかな。
これからも良いお酒を作って下さいね。

さて、B1の「本日!福島」では私たち夫婦にとっては顔なじみの生産者の野菜やJーRAPの乾燥果実や野菜がありました。
c0068891_937597.jpg

c0068891_9392953.jpg

c0068891_94211100.jpg
ぶどう、桃、りんご、みかんなどの乾燥果実は低温で乾燥させますので、驚くほど風味が残り、しっとりと美味しいものです。梨がまたとても美味しくて大好きなのですが、今回はありませんでした。紅茶などと一緒に。
c0068891_94402.jpg
こういった商品は企画の段階から、少しずつJ-RAPの関根さんや大輔くんが試作していたのを見ていますから、こうして東京でいつでも買えるのは嬉しいですね。
c0068891_9482294.jpg
ほうれん草と小松菜の乾燥させたものもありました。こちらはお味噌汁やお浸しは勿論ですが、スムージーを作るのに断然お勧めします。色もきれいで、アクの心配もありません。※食品は全て放射能検査済みです。
カタログハウスの東京店B1福島応援ショップ「本日!福島」にぜひ足をお運びください。
店名の「本日!福島」にはこの小さい店に訪れてくださるみなさんに、東日本大震災とそれに続く原発事故によって様々な苦難を強いられた福島の風土と人をいつも思って貰えるようにとの思いが込められているそうです。
場所は新宿南口、全労済ホールのすぐ近くです。
[PR]
by inadafctokyo | 2015-07-05 10:09

Kバレエ・カンパニー「ベートーヴェン第九」

震災以後、もしベジャールがいたら、この国の苦難に際してどのような作品で応えてくれただろうと思うことはあった。

しかし、私たちには熊川哲也がいた。日本にはK-BALLET COMPANYがある。
c0068891_9454691.jpg

オーチャードホールでKバレエの「ベートーヴェン 第九」と新作2作を観た。
新作はブリテンの曲に熊川哲也が振りつけた「シンプル・シンフォニー」とドビュッシーにリアム・スカーレットの振り付けによる「プロムナード・センチメンタル」
どちらもそれぞれの音楽と融合した踊りの楽しさ、カンパニーの充実を伺わせる作品。

そして2008年初演の「ベートーヴェン 第九」を今年再演するのには彼なりのメッセージがあるはず。そう思って劇場に向かったが、期待を裏切られることはなかった。

第一楽章 大地の叫び
第二楽章 海からの創世
第三楽章 生命の誕生
第四楽章 母なる星

第一楽章はダンサーたちの頭上に赤い塊が燃え、舞台は炎のような赤で彩られている。
あの震災と事故を想起するのは決してこじつけではない。
傷ついていまだに立ち直れないでいる土地や人に対して、次の楽章では大らかに水を湛える海のイメージを贈る。生命は海からやってきて、永い永い悠久とも言える時を経て今の地球が存在している。
第三楽章では生命の不思議さを感じさせられる。人のいのち、生きもののいのち、星のいのちをもっと畏れるべきではないのかと。
そして第四楽章に至る。ここで合唱付きとなり、更に壮大さが増す。
苦難の中で未来に希望を持つこと、次の世代に確実につないでいくことを、圧倒的な熊川哲也のダンスと群舞が表現している。
ダンサーの塊が舞台中央に出来、やがてその下から小さな男の子が希望と再生の象徴として現れる。

第一次世界大戦後の新年にヨーロッパの平和を願って書かれたシラーの「歓喜に寄す」に感銘を受けて、ベートーヴェンは交響曲第9番を作曲した。
それ以降、第二次大戦後にウイーン国立歌劇場の復興に際して上演され、東京オリンピックでは分断されていた東西ドイツの選手団の国歌の代わりとして演奏された。
長野オリンピックの開会式においては5大陸で同時に演奏されたことは、日本人の記憶に残っているだろう。

その第九を熊川哲也は壮大なバレエに仕上げた。
鎮魂と再生、願いと祈りに満ちたこの作品は私たちの財産となろう。

美しく迫力のある舞台を創りだしたたKバレエ・カンパニーのみなさん、合唱の藤原歌劇団のみなさん、ソプラノ佐々木典子、メゾソプラノ向野由美子、テノール小山陽二郎、バリトン泉良平の各氏、素晴らしい舞台をありがとう。
[PR]
by inadafctokyo | 2013-04-14 18:07

ホーム開幕!

c0068891_9452938.jpg

さあ、行くよ~。
今年も18にした。そんなの聞かなくても分かってる?
そうか~ (笑)
一応毎回考えるんだけどね。

東が加入して、ナオさんの定位置にはルーカスが。
大分戦では僅か5分程度の出場になった。

東に関して、ナオさんは「今年の中心選手になってほしい」と言っている。
冷静に状況を見て、チームのことを考えながら、また闘志を燃やして爪を磨いでいるに違いない。
そうやってずっと戦い続け、成長を続ける18番に今年も期待する!
[PR]
by inadafctokyo | 2013-03-09 09:53

期待の若手

c0068891_12512563.jpg

市川春猿。歌舞伎役者。猿翁一門の若女形。1970年生まれ。「澤瀉屋」
父は画家、母は会社員という一般の家庭に生まれ育ち、幼少の頃より歌舞伎に魅せられ、中学の時には周囲からもその歌舞伎熱を認められるほどだった。
卒業後、運命のように国立劇場第9期歌舞伎俳優研修生になり、88年に修了後念願の猿之助門下に。
笑也、笑三郎とともに人気女形として引っ張りだこ。気風の良い江戸の芸者、可憐な町娘が似合うが、これから経験を積んで芸に深みを増していくことが期待される。

昨年の猿之助襲名披露公演「ヤマトタケル」においては弟橘媛(おとたちばなひめ)を演じた。ニンに合った良い仕事だった。

そしてこちら
c0068891_13261820.jpg
U-18から昇格した期待の大型ボランチ野澤英之選手。11年メキシコで行われたU-17W杯に日本代表として選出、8強という結果を残した。U-18ではキャプテンを務め、プレミアリーグ昇格をめざし、関東プリンスリーグ1部を最終節まで粘り強く戦ったが、得失点差で昇格を逃し、悔しい思いを味わった。
ずっと夢だったトップチームのユニフォームに袖を通し、大きな飛躍を遂げたい。

で、この二人似てませんか?似てますよね~
[PR]
by inadafctokyo | 2013-02-19 14:11

病める人 痛む人

21日の夜に小さな、けれど1人の才能に恵まれた音楽家とその人を愛する人々にとって、そして同じ病に苦しむ人々にとっても大きな意味を持つコンサートがありました。
私が勝手に友人と思っている尊敬するピアニストの松下ベックマン佳代子さんの「ローマ法王御前演奏記念」と銘打った報告会&コンサートです。
松下さんの演奏の前にローマ法王御前演奏時のビデオ上映(抜粋)と演奏会後にバチカンから届いた手紙が紹介され、脳神経外科の高木清先生のお話がありました。

(長いので畳みます)

More
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-25 17:50

聖火に照らされて

オリンピックが終わりました。
2週間あまりのこの日々をめったにお目にかからない極上のチョコレートを貰ったこどものように、大切に楽しみました。
時差もあって、どうしても日本人選手が出る競技中心になりますが、早く寝て早朝起きだしたり、夜更かしをしたり、そして案の定会社では眠気との戦い。意味の分からないメールの文章、電話の途中でうとうと・・いやはやとんでもない勤務状況だったわけですが、なんとかお盆休みに突入しましたよ。

テレビに映し出される選手の表情に魅入られて、眠さや疲れは忘れていました。
どんな言葉よりも選手の見せる表情が全てを物語っていると思いました。

例えば個人総合で金メダルを取った体操の内村航平選手がメダルを手にして見せた表情は、なんとも言えないものがありました。
勝って当然という期待を背負って、しかし団体では失敗が続き、一度は手から零れたと思った団体でのメダルはなんとか手に入れましたが、銀でした。責任感と焦燥感に苛まれた時間があったことは想像に難くありません。少しこけた頬に浮かぶ微笑の本当の意味は本人にしかわからないのですが、私はトリノ・オリンピックで金メダルに輝いた荒川静香選手の表情を思い出していました。
彼女は最初に出場した長野では良い成績を残せず、ソルトレークは出場することも出来ませんでした。ようやく心身のバランスが整い、楽しもうと決めて臨んだトリノで金メダルに輝いたのです。
演技後、そして表彰式での不思議そうな、まるで魔法から覚めたような表情が忘れられません。

勝っても負けても、4年の日々を賭けてきた一人ひとりの努力は尊いものです。
その努力が必ず晴れの舞台で実るものとは限りません。「努力は必ず報われる」と言った卓球の福原愛選手も、その努力は3歳の時からの長きに渡っているのですから、才能にめぐまrて、なおかつ粘り強くあきらめずにやり続ければ・・・ということで凡人とは違うレベルの話しです。

思いもよらぬ敗戦に呆然とする姿、涙を堪えながらインタビューに応える姿に、オリンピックに日本代表として出場する、そのことの凄さを改めて感じました。
そうした失意の選手たちの表情もまた聖火に照らされて、印象的な陰影を刻んで心に残りました。

サッカーは男女ともにベスト4進出という誇らしい結果となりました。
女子はW杯での優勝から突然の脚光を浴び、簡単ではない道のりだったはずですが、成長をしっかりと見せてくれました。
男子は前評判はあまり良いものではありませんでしたが、よく頑張りました。私は職場で一番期待する種目として、男子のサッカーをあげていたので、面目が保てたというところです。
日韓戦ということもあって、その後政治的な側面ばかりクローズアップされたのは残念です。

ボクシングも、アーチェリーもバドミントンもフェンシングもレスリングも重量上げも水泳もスポーツや勝負の面白さを存分に見せてくれました。
大会を通じて感じたのは、負けから学ぶことが大切だということです。
負けから学べたかどうか、それがこれからも誰にとっても重要なことでしょう。

楽しい祭典でした!
[PR]
by inadafctokyo | 2012-08-15 07:16

8月6日

Googleビューで見られる原爆ドームの内部です。
c0068891_18115187.jpg

原爆ドームは大正4年(1915年)4月、広島県物産陳列館として竣工、昭和に入り産業奨励館と名前を変えました。
そして昭和20年8月6日爆心地から北西約160メートルの至近距離で被爆、大破炎上しましたが、本屋は奇跡的に形を留めました。
昭和30年代には老朽化し、立入禁止の柵が巡らされたこの建物を保存するために、人々が動き、寄付が集まりました。

「ドームを完全に保存し、後世に残すことは、原爆でなくなられた20数万の霊にたいしても、また世界の平和をねがう人々にたいしても、われわれが果たさねばならぬ義務の一つである。」

(原爆ドーム保存を要望する決議より 広島市議会)
[PR]
by inadafctokyo | 2012-08-06 18:15

年に一度の桜

10日に行われた野川の桜ライトアップの様子です。
c0068891_0374959.jpg
野川は多摩川の支流で、小金井市と調布市、三鷹市を縫うように流れています。
c0068891_0422833.jpg
春になると野川の流域は桜に彩られ、多くの人を楽しませます。
c0068891_045672.jpg
このライトアップが行われるのは国領と布田の中間点。住宅街を抜けて野川の流れを目指すと、いきなりこの世のものではないような光景が現れます。
c0068891_048112.jpg
年に一度だけの桜の饗宴を演出するのは地元の撮影機材レンタル会社「アークシステム株式会社」さんです。
c0068891_0503468.jpg
小さな規模で行なっていた会社の花見が評判を呼んで、皆が待ち焦がれるイベントに。
c0068891_0535997.jpg
水面に映る桜の妖しい姿。
c0068891_057056.jpg
ただ明るくしているだけでなく、立体的に映し出すライティングが、さすがプロの仕事です。
c0068891_0584651.jpg
昨年は震災の影響で節電を余儀なくされ、中止になりました。そのせいで今年はいつもより訪れる人がかなり増えたように思います。
c0068891_122226.jpg
色鮮やかな照明での演出も。
c0068891_141658.jpg
こちらは新しい試みのムービングライト。カラーのライトがくるくる動きながら桜を照らして、幻想的な雰囲気が楽しめます。
c0068891_16554.jpg
毎年たくさんの人を感動させるこのイベントは、アークシステムさん、調布市警察、ボランティアのみなさんのご尽力で成立しています。感謝しつつ調布に出てもつ焼きで一杯やりながら、余韻に浸りました。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-04-14 01:16

築地で卵焼きなら丸武でなくて松露だ!

築地市場に遊びに行きました。
築地市場は美味しくて楽しいテーマパークです。
場外に店を構える鳩屋海苔店の鵜飼さんに場内外を案内して頂きました。
c0068891_682418.jpg
場内も場外も朝早い時間は水産物を運ぶ小型特殊自動車が走りまわり、人は早足で活気があります。
c0068891_65458.jpg
場内で店を構えるのは仲卸です。早朝のせりで卸売業者から競り落した鮮魚類を小売業者や飲食店、消費者に販売します。築地には農林水産大臣の許可を受けた卸売業者が7社あります。
c0068891_714594.jpg
仲卸業者は都の営業許可を受けています。卸売も仲卸も取り扱い品目ごとに分かれています。
c0068891_832737.jpg
築地市場の豊洲移転は一応決まっていますが、都の公設市場である場内と区の商店街である場外とは一緒に移転するわけもなく。都内屈指の繁華な町銀座が直ぐ側という立地が珍しい市場であった築地の移転は残念な気もしますが、確かに手狭な印象も。
c0068891_8165790.jpg
場外では卵焼きのお店で卵焼きを買って頬張る客が目につきますが。私は青赤ファンに訴えたい。卵焼きは丸武ではなく、松露だ!松露の常務、齊藤さんはFC東京ファンでスタジアムにも足を運んでいただいているのです。今期は土曜開催なので、なかなか行けなくなってしまったのですが、ACLホームにはいらっしゃるそうです。ポスターも貼っていただいていますよ。
c0068891_822120.jpg
新商品の松露サンド。
c0068891_8231869.jpg
こちらが齊藤さんです。
c0068891_816472.jpg
お昼は「鮨國」で。紀ノ重も良いのですが、ちょっとゆっくりしたかったので。ここのウニ丼はおすすめです。このうにの旨さはちょっとない。
c0068891_8271667.jpg
握り10カン。そりゃもう・・・。満足いたしました。
場外で色々お買い物をしたあとは、浜離宮へ。桜をお楽しみください。
c0068891_8315985.jpg

c0068891_833221.jpg

c0068891_8335123.jpg

c0068891_8344096.jpg

c0068891_8401258.jpg
高層ビルと桜。鳥が桜の花を啄んでいます。
c0068891_8413650.jpg
ヒヨドリ?
c0068891_8422226.jpg

c0068891_843585.jpg
東京ってこんなに海が近いのですね。徳川将軍のお庭であり、船着場だった浜離宮。宴会はできませんが、ゆっくり桜を楽しめました。

月に一度は行きたい築地市場のプチツアーでした。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-04-08 08:48

クリスマスに願うこと

せんがわ劇場のアンサンブル公演「クリスマス・キャロル」が17日の夜から始まっていますが、そのスタッフ向けゲネプロが土曜の昼に行われました。
誰もが知っているディケンズのクリスマス・キャロルはこの時期に家族で観るのにぴったりの演目です。
c0068891_2050648.jpg
キリスト教徒にとって何より大切なクリスマスにもスクルージは人へ心を開くことはありません。
c0068891_20561462.jpg
共同経営者だったマーレーの霊が、自身の悲惨な死後の運命と3人の精霊の訪れを告げます。
過去のクリスマスの精霊が見せるのは、スクルージにもあった暖かな思い出。
c0068891_21125957.jpg
たった一人の甥は仲間と楽しくクリスマスシーズンを過ごしますが、その甥にも心を許さない孤独なスクルージ
c0068891_21132431.jpg
2番目の精霊は現在のクリスマスを彼に見せます。
c0068891_21194759.jpg
スクルージの元で働くクラチットの貧しくても暖かな家庭を見て、スクルージの心にわずかに変化が起こります。
c0068891_21141014.jpg
最後に現れたのは恐ろしげなようすの精霊。このままでは孤独な死が待つばかりという未来を見せ付けます。
c0068891_21142913.jpg
かわいいティムも手を差し伸べなければ病が命を奪ってしまうことを知って、スクルージはこれまでの生き方を改め、身近な人々と喜びを分かち合い生きていくことを決意します。

クリスマスは日本の社会にも根付いた行事となっていますが、ただプレゼントをもらえる日と思っているお子さんも多いのではないでしょうか。
家族や友人と大切なものを分かち合う日として見直してみることも価値のあることかもしれません。

難しいことは言わなくてもこの美しい舞台はお子さんの良い思い出になるでしょう。

25日まで。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-12-19 19:44