No pain,No gain

c0068891_123311100.jpg
タイトルは鈴木達也選手の好きな言葉。

ナオが移籍してきたときも、東京に来てくれてありがとう~!と思ったけれど、たっちゃんもいい選手ですね。
インタビューからも伺えるまじめさ、一途さに好感度が一挙にアップ。

得点シーンのあの冷静さ。1対1ないし1対2の絶好機をそんなに決めてないような気がする、これまでのうちの選手たち。
たっちゃんはスピードと運動量はあるけど、周りがあんまり見えてないと聞いていたけど、そんなことないね。

柏、豊四季間なら東武野田線より早いと言われた22番の黄色いユニフォームで、ひらすら走るたっちゃんの移籍を悲しむ人も多かったに違いないよ。

マリノス・ユースでも筑波大学でも脚光を浴びる選手の影だったという思いが、冷静な性格を作ってきたのかもしれない。
筑波大4年次には平山とツートップを組んでますね。

No pain,No gain
たっちゃんにとっても辛かったに違いない移籍の決断。
せっかくだから、大活躍してもらいたい。


明日は最下位とはいえ、大分と互角の戦いをしていた札幌、油断せず遠慮せず勝ちきって帰ってくるものと期待します。

札幌は行きたしと思えども、札幌はあまりに遠し、金も無し。
吉祥寺で観戦です。
いつもの明大前ではなく、ちょっとした集まりがあるので吉祥寺HUBで。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-09-27 12:51 | FC東京


<< 熱狂と静けさと わたしたちとってもナオが好き >>